光回線

【2022年最新】Wi-Fiが弱い時の解決法|今すぐできる対応策

  • Wi-Fiの接続のスピードが遅すぎて使えない…。
  • Wi-Fiの接続が悪い時の対処法はないのかな…。

Wi-Fiを接続した際に、このように感じてはいませんか?

Wi-Fiはインターネットを有線ではなく「無線」で接続するため、どうしても接続が悪いと感じる場面が多いのかもしれません。しかし、動画やゲームを見る際に速度が遅いと不満が溜まってきますよね。

そこで今回は、Wi-Fiが遅いと感じた時に自分でできる解決法を紹介します。この記事を読んだ今すぐできる対応策も紹介するので、快適なインターネット回線を利用したい方は是非最後まで見て参考にしてみてくださいね。

【この記事でわかること】

↓当サイトが厳選したおすすめ光回線3社↓

So-net光
auひかりフレッツ光
フレッツ光 ロゴ
月額料金(税込)4,928円~ 4,730円〜2,420円〜
平均通信速度(実測値)・平均下り速度:298.8Mbps
・平均上り速度:229.7Mbps
・平均下り速度:415.22Mbps
・平均上り速度:351.97Mbps
・平均上り速度:46.6Mbps〜
・平均下り速度:53.9Mbps〜
詳細公式URL公式URL公式URL

 

 

当サイトおすすめのWi-Fiはこちら

  1. Wi-Fiの電波が弱い時の原因5つ|今すぐできる確認ポイントは?
    1. ルーターの置き場所に問題がある
    2. 家電などと電波が干渉してしまっている
    3. 接続している端末そのものに問題・不具合がある
    4. 接続している端末の数が多い
    5. 使用している機器のバージョンが古い
  2. 【今すぐできる】Wi-Fiの電波が弱い時の5つの状況別対処法
    1. 置き場所に問題がある場合:遮蔽物が少ない場所に置き直す
    2. 電波が干渉している場合:電化製品から遠ざける
    3. 接続している端末に不具合がある場合・端末のバージョンをアップデートさせる
    4. 接続台数が多い場合:使っていない端末の接続をきる
    5. 機器のバージョンが低い場合:最新のものと取り替える
  3. WiFiの電波が弱いままどうしても治らない場合|検討すべき最終手段
    1. Wi-Fiルーターの再起動を試みる
    2. 無線LANの中継機を用意する
    3. 回線ごと乗り換えを検討する
  4. WiFiの電波が弱い原因が回線にある場合|乗り換えを検討したい光回線は?
    1. auひかり:他社回線から乗り換えると最大172,250円還元
    2. NURO光:月額料金が安いうえ通信速度が安定していて総合的にNo1
    3. Softbankひかり:キャンペーンが豊富で新規申し込みなら最大209,000円還元
  5. WiFiの電波が弱いことに関するよくある質問は?
    1. Wi-Fiの電波強度を上げる設定はどうすればいい?
    2. Wi-Fiの電波強度はアルミホイルで上げることができるって聞いたけど本当?
    3. Wi-Fi中継器で接続強度が最強なものはどれ?
    4. Wi-Fi中継機の設定はどうやって行えばいい?
    5. wi-fiの電波強度を上げるアプリはある?
  6. まとめ:Wi-Fiが弱い時は回線の質を上げることも心掛けよう

Wi-Fiの電波が弱い時の原因5つ|今すぐできる確認ポイントは?

Wi-Fiの電波が弱くなる時は、どんな原因があるか分かりますか?

実はWi-Fiの電波が弱くなる原因として以下の5つが挙げられます。

では、電波が弱くなる5つの原因を詳しく解説して、今すぐできる確認ポイントを紹介していきます。

ルーターの置き場所に問題がある

Wi-Fiの電波が弱い場合の原因1つ目は、「ルーターの置き場所に問題がある」ことです。例えば、こんな場所にルーターを置いていませんか?

  • 電子レンジなどの家電製品の付近
  • 部屋の隅
  • 棚の中
  • 水回りの付近

これらに当てはまる場所の付近にルーターを置いてしまうと、電波が弱くなってしまいます。本来ルーターは、全方位に電波を飛ばすので、ルーターの周りに壁やドアがあると電波を弱めてしまうので部屋の隅はNGです。

しかし、部屋の隅や棚の中を避けて置いても、電波を弱くしてしまうものがあります。それは、「電波の吸収」です。電波を吸収しやすいものとして代表的なものをあげると「」になります。

よく雨の日は電波が繋がりにくいと聞きますよね。それは水が電波を吸収して弱めているということになります。そのため家の中だと、水槽や加湿器などの付近に置くのはNGです。

家電などと電波が干渉してしまっている

Wi-Fiの電波が弱い場合の原因2つ目は、「家電などと電波が干渉してしまっている」ことです。

電波が干渉するのは以下の2パターンになります。

  • 電子レンジや家電製品と同じ周波数で干渉する
  • 近隣住民のWiFiと同じ周波数で干渉する

まずWiFiの周波数には、2.4GHzと5GHzの2つがあります。電子レンジなどの家電製品は2.4GHz帯の周波数を使用しているので、WiFiの周波数が2.4GHzの場合、同じ周波数になるので干渉してしまい電波が弱くなります。

さらに、家の中で回線が通りやすい窓際にルーターを移動しても、電波が弱いままの場合があります。これは近隣住民とWiFiの周波数が同じで干渉してしまっているのが考えられます。

接続している端末そのものに問題・不具合がある

Wi-Fiの電波が弱い場合の原因3つ目は「接続している端末そのものに問題・不具合がある」ことです。WiFiが接続するには必ず「端末(ルーター)」という機器を使用しなければなりません。

そのため、電波が届きやすい場所であっても接続している端末に問題がある場合は、もちろん電波が弱くなります。では、端末に発生する問題・不具合には、以下のような事例があります。

  • 端末に熱がこもり、熱暴走を起こしている
  • 端末に繋げているケーブルが断線、劣化している

上記のようなことが起きるとWi-Fiの電波が弱くなり、最悪の場合端末自体が使えなくなる場合があります。

接続している端末の数が多い

Wi-Fiの電波が弱い場合の原因4つ目は「接続している端末の数が多い」ことです。Wi-Fiの端末には必ず同時接続可能台数が決められています。

そしてこの同時接続可能台数を超えると電波が弱くなったり、場合によっては接続しているすべての端末の電波が届かなくなってしまう恐れがあるのです。

同時接続台数が上限近くまで端末を接続している場合も同様です。端末にはあくまで最大数を表しているだけなので、端末1つ1つが大きな通信量を使用していると電波が弱くなります。

これらには、端末のみに異常が出るわけでもなく、接続していルーターにも影響されます。接続台数が多いと通信に負担がかかり、熱暴走が起きて電波が遅れない状態になる場合があるのです。

使用している機器のバージョンが古い

Wi-Fiの電波が弱い場合の原因5つ目は「使用している機器のバージョンが古い」ことです。まずWiFiルーターは、ファームウェアのバージョンを確認しなければなりません。

このファームウェアのバージョンが最新のバージョンより低い場合は、使用しているルーターが古いため、電波が弱くなってしまいます。これはルーターに繋げる機器も同じで、バージョンが低いと同じく電波が弱いです。

 

当サイトおすすめのWi-Fiはこちら

【今すぐできる】Wi-Fiの電波が弱い時の5つの状況別対処法

 

Wi-Fiの電波が弱くなる原因を5つ紹介しましたが、これらの原因に対しての状況別対処法を一つずつ紹介していきます。

上記の対処法について詳しく解説していきます。

置き場所に問題がある場合:遮蔽物が少ない場所に置き直す

置き場所に問題がある場合は「遮蔽物が少ない場所に置き直す」ようにしましょう。原因の中でも紹介しましたが、電波を妨げる壁やドアの近くに置くことは避けて、なるべく四方に物が置いていない場所を選びましょう。

さらに置く場所のポイントとして理想的な場所は以下になります。

  • 床から機器まで1m~2m離して、天井も近くない場所
  • 大きな壁やドアがないように、家の中心になるべく近づける

上記の理想的な場所を紹介しましが、家によってはできない場所もありますよね。そこで、おすすめなのが「無線LAN中継器」になります。

無線LAN中継器のメリットとしては、Wi-Fi電波の利用範囲が広がることや、機器によって電波が強くなることもあるという点です。しかし料金も発生するのでできるだけ理想的な場所に置くのが良いですね。

電波が干渉している場合:電化製品から遠ざける

電波が干渉している場合は、「電化製品から遠ざける」ようにしましょう。これは簡単な対策で、電波を干渉させる2.4GHz電化製品「電子レンジなど」から、できるだけ離しておくと電波が干渉しにくくなります。

それ以外の方法としては、Wi-Fi端末の周波数を変更する方法があります。これは、近隣住民と電波が干渉している場合にも使えて、2.4GHzから5GHzに変更するのみで干渉させるのを防ぐことが可能です。

接続している端末に不具合がある場合・端末のバージョンをアップデートさせる

接続している端末に不具合がある場合、「端末のバージョンをアップデートさせる」ようにしましょう。ルーターのバージョンでは、ファームウェアをアップデートできるかを確認しましょう。

アップデートの確認方法として、Wi-Fiルーター「BUFFALO」の手順を紹介します。

  1. Wi-Fiルーターの設定画面を表示します。
  2. 「詳細設定」をクリックします。
  3. 「ステータス」-「システム」を選択し、「商品名(ルーター)」欄のファームウェアのバージョンを確認します。

もし確認したファームウェアのバージョン値がダウンロードページに記載されているファームウェアのバージョンの値よりも低い場合は、アップデートをするようにしましょう。

接続台数が多い場合:使っていない端末の接続をきる

接続台数が多い場合は、「使っていない端末の接続をきる」ようにしましょう。原因の中でも紹介しましたが、同時接続台数が多いと電波が弱くなります。

ルーターの同時接続可能台数を超えないようにするのはもちろんですが、使っていない不要な端末の接続はきるようにしましょう。Wi-Fiはパソコンやスマホなどの機器が近づくと自動的に入る設定になっている場合があるので忘れずに確認しましょう。

機器のバージョンが低い場合:最新のものと取り替える

機器のバージョンが古い場合は、「最新のものと取り替える」ようにしましょう。どうしてもWi-Fiルーターは、開通後触れる機会がなく放置されてしまい、いつのまにか古くなっていて電波を拾いにくくなってしまう場合があります。

ちなみにWi-Fiルーターの寿命は「4年~5年」と言われています。もちろん、寿命を超えたからと言って急に電波が弱くなるわけではないので、あくまで「目安」として覚えておきましょう。

しかし、一度電波が弱いと感じた場合は最新のものと取り替えることをおすすめします。

 

当サイトおすすめのWi-Fiはこちら

WiFiの電波が弱いままどうしても治らない場合|検討すべき最終手段

Wi-Fiの電波が弱い時の対処法を試しても電波が弱いままだった場合、電波を強くする最終手段を紹介します。

Wi-Fiの電波が弱い時に電波を強くする上記3つ最終手段について詳しく解説していきます。

Wi-Fiルーターの再起動を試みる

Wi-Fiの電波が遅いと感じた場合は、まず「Wi-Fiルーターの再起動」を試してみましょう。Wi-Fiの電波が悪いと感じた人が再起動すると治ったという話をよく聞きますよね。

ではなぜ端末を再起動すると電波の入りが良くなるのかわかりますか?それは、「Wi-Fiルーターは熱を持っていて熱暴走してしまうことが多く、電源を落とすと発熱が止まり、熱が自然に放出する」からなんです。

熱を放出して冷ました後にWi-Fiルーターを再起動すると、電波が入りやすくなり不具合が解消されるでしょう。もし、解決しない場合はルーターの問題じゃないので違う方法を試しましょう。

無線LANの中継機を用意する

Wi-Fiルーターを再起動しても変化がない場合は、「無線LANの中継器」を用意しましょう。前回も紹介しましたが、無線LANの中継器のメリットはWi-Fi電波の利用範囲が広がることや、機器によって電波が強くなることもあるという点です。

Wi-Fiを使用する場合は、できるだけ近くで使用するのに越したことはありません。しかし、家によっては遠くに置かなければならないときがありますよね。

例えば、2階建ての建物で場合はWi-FiルーターからWi-Fiを使用する機器まで遠いですよね。このような場合は、無線LANの中継器を用意することで電波が良くなるのでおすすめです。

回線ごと乗り換えを検討する

「ルーターを再起動する」「無線LANの中継器」を使用しても変化がない場合、「回線ごと乗り換えを検討する」のが良いかもしれません。というのも、回線自体が届きにくい場所の場合、初めから電波が弱くなります。

電波は、回線からルーターに伝わってパソコンやスマホなどの機器に繋がります。その途中で、多少遮蔽物や干渉されることを考えたら、初めから弱い電波だと機器に繋がるまでにかなり遅くなると思われます。

そのため、まずはご自身の住んでいる地域で速い回線を選ぶことが重要になってきます。次項で、Wi-Fiの電波が弱く乗り換えする際におすすめする光回線を紹介するのでチェックしてみてくださいね。

 

当サイトおすすめのWi-Fiはこちら

WiFiの電波が弱い原因が回線にある場合|乗り換えを検討したい光回線は?

WiFiの電波が弱くなる原因は回線にある場合あります。その際に、乗り換えをおすすめする光回線を紹介します。

auひかり

NURO光

Softbank光

月額料金戸建て「5,610円」
マンション「4,180円」
戸建て「5,200円」
マンション「5,200円」
戸建て「5,720円」
マンション「4,180円」
回線実測値上り「364.74Mbps」
下り「429.92Mbps」
上り「443.6Mbps」
下り「500.73Mbps」
上り「209.37Mbps」
下り「313.42Mbps」
光回線種類KDDI・NTTNTTNTT
提供エリア全国エリア北海道
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬)
東海(愛知、静岡、岐阜、三重)
関西(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良)
九州(福岡、佐賀)
中国(広島、岡山)
※サービス提供エリアは一部エリアを除く
全国エリア
スマホセット割りauスマホの方は月額最大1,100円引きSoftbankスマホの方は月額最大1,100円引きSoftbankスマホの方は月額最大1,100円引き
工事費用戸建て「41,250円」
マンション「33,000円」
※土日は別途+3,300円
戸建て「44,000円」
マンション「44,000円」
戸建て「26,400円」
マンション「26,400円」
キャンペーン・キャッシュバックキャンペーン
・プロバイダキャッシュバック
・乗りかえスタートサポート
・初期費用相当額割引
・月額料金が1年間ずっと980円
・開通した方全員に43,000円キャッシュバック
・最大3か月間のお試し期間
・ひかりTVとセット割引
・NUROでんきセット割引
・乗り換え特典
・当社オリジナル特典「最大75,000円キャッシュバック」
・月額料金を実質割引「25,200円分」
・Softbank光新生活応援!割引キャンペーン
・Softbank あんしん乗り換えキャンペーン
・おうち割光セット
・オプション利用料が最大1カ月無料
・開通前レンタル「Air・ポケットWiFi
・ADSLを利用している方限定工事費無料
・Softbank光乗り換え新規キャッシュバックキャンペーン

※実質速度は「みんなのネット回線速度」を参照

上記3つの光回線はどれもおすすめの光回線になっています。それぞれの光回線の特徴を紹介します。

上記3つの光回線について詳しく解説していきます。

auひかり:他社回線から乗り換えると最大172,250円還元

auひかり公式ロゴ

運営会社KDDI株式会社
実質月額料金戸建て「6,160円~」
マンション「4,730円~」
通信速度上り・下り最大1Gbps「一部エリアは最大10Gbpsあり」
初期費用3,300円
契約期間なし・2年・3年から選べる
支払い方法クレジットカード・口座振替・※請求書振替
請求書支払いの場合、別途手数料がかかります

auひかりは、他社回線から乗り換える方におすすめの光回線になっています。では、auひかりの魅力を紹介します。

  • 最大10Gbpsの高速通信
  • 月額料金がプロバイダ・機器レンタル料コミコミ
  • 特典が豊富
  • auスマホの方は割引適用

auひかりを一番おすすめしたい理由は、特典が豊富なところです。他社からのりかえした際の特典は以下のようになります。

特典内容還元金額
契約キャッシュバック特典最大66,000円
他社から乗り換え特典最大55,000円
auスマートバリューまたは自宅セット割
インターネットコースに加入特典
最大10,000円
電話サービス同時申込で工事費相当額特典最大41,250円
初期費用相当額割引&開通月は月額料金無料
5つの特典最大172,250円

上記の5つの特典にすべて当てはまると最大172,250円が還元されますよ。この金額を見れば乗り換えする人がどれだけお得か分かりますよね。

さらに通信速度も実際に使用しているユーザーの平均値を見ると、上り「364.74Mbps」下り「429.92Mbps」と問題ない速度が出ていることが分かります。乗り換えをする方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

auひかりの詳細はこちら

NURO光:月額料金が安いうえ通信速度が安定していて総合的にNo1

NURO光公式ロゴ

運営会社ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
実質月額料金3年契約「戸建て・マンション」
1回目:1,230円・2回目~25回目:1,222円
2年契約「戸建て・マンション」
1回目:1,841円・2回目~25回目:1,833円
通信速度上り1Gbps・下り2Gbps
初期費用3,300円
契約期間なし・2年・3年から選べる
支払い方法クレジットカード

NURO光は初めて契約する人で、安くて速度が安定しているのを探している場合におすすめの光回線になっています。ではNURO光の魅力を紹介します。

  • 実質料金が安く、キャンペーンにより最初の1年980円
  • 実質通信速度が速く、今回紹介する3社の中で1番早い
  • 最大3カ月のお試し期間がある
  • キャンペーンが多い

NURO光をおすすめしたい理由は、実質月額料金が安いうえに、実質通信速度も速いところです。総合的に見るとNo1なので、とにかく通信速度を重視する方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

NURO光の詳細はこちら

Softbankひかり:キャンペーンが豊富で新規申し込みなら最大209,000円還元

ソフトバンク光

運営会社BIGUP株式会社
実質月額料金戸建て「3766円~」
マンション「2,226円~」
通信速度上り・下り1Gbps
初期費用3,300円
契約期間2年
支払い方法クレジットカード・口座振替・未払いの場合コンビニ支払い

Softbank光は、新規申し込みをする方でキャッシュバックを多く受けたい方におすすめの光回線になっています。では、Softbank光の魅力を紹介します。

  • 月額料金値引きキャンペーンで最初の12か月間2,080円
  • Softbankスマホが永年毎月お得
  • 高額還元キャンペーン

Softbank光を一番おすすめする理由は、高額還元キャンペーンがあるところです。キャンペーンの詳細を還元金額合わせて紹介します。

特典内容還元金額
Web申し込みの特典最大80,000円
他社からの乗り換え特典最大100,000円
Softbank光乗り換え新規でキャッシュバック特典最大24,000円
合計最大204,000円

上記の特典だけで、最大204,000円のキャッシュバックになり、今回紹介した光回線の中では一番高額還元キャンペーンだと言われることが分かりますよね。高額還元キャッシュバックを受け取りたい方は是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

Softbank光の詳細はこちら

WiFiの電波が弱いことに関するよくある質問は?

eo光 7

WiFiの電波が弱いことに関するよくある質問は以下になります。

上記の5つのよくある質問について詳しく解説していきます。

Wi-Fiの電波強度を上げる設定はどうすればいい?

WiFiの電波強度を上げるには以下のような方法があります。

  • ルーターの設置場所を変える
  • ルーターのバージョンを最新にする
  • 無線LANの中継器を設置する
  • 端末を再起動する

上記の作業によって電波強度を上げることが可能になります。

Wi-Fiの電波強度はアルミホイルで上げることができるって聞いたけど本当?

Wi-Fiの電波強度をアルミホイルであげることは可能です。その方法は、ルーターの周りにアルミホイルで囲みだけで大丈夫です。そうすることで電波強度をあげることができます。

しかし、アルミホイルが触れてしまうと電波を遮断してしまうので使い方には気を付けましょう。

Wi-Fi中継器で接続強度が最強なものはどれ?

Wi-Fi中継器で接続強度が最強なものは「10段多段最大エリアの中継器】TP-Link Deco M5」になります。

この中継器は無線LANルーターと兼用されていてます。特徴として、広いエリアのWi-Fi環境を容易に組み立てられますよ。

Wi-Fi中継機の設定はどうやって行えばいい?

Wi-Fi中継機の設定をするためには、「WPSで設定する方法」と「手動で設定する方法」の2つから選んで設定を変更することが可能です。

操作方法は、ルーターによって異なるのでホームページなどで確認してから設置するようにしましょう。

wi-fiの電波強度を上げるアプリはある?

結論、wi-fiの電波強度を上げるアプリはあります。電波を上げるおすすめのアプリは以下になります。

  • SpeedTest
  • 節電バッテリーマニア
  • タウンWiFi
  • power Clean

電波強度を上げるアプリには、節電や、余分なデータを削除したりする機能がついています。しかし、電波が弱いからと言ってすべてのアプリをインストールするのはおすすめしません。

アプリの入れすぎはスマホに無駄な負荷をかけてしまうのでが逆効果です。電波強度を上げるアプリは他にもありますが、適度に入れて様子を見るようにするとよいでしょう。

 

当サイトおすすめのWi-Fiはこちら

まとめ:Wi-Fiが弱い時は回線の質を上げることも心掛けよう

NURO光の過去キャンペーンにはどのようなものがある?

この記事では、

  • Wi-Fiの電波が弱い時の原因5つ|今すぐできる確認ポイント
  • 【今すぐできる】Wi-Fiの電波が弱い時の5つの状況別対処法
  • WiFiの電波が弱いままどうしても治らない場合|検討すべき最終手段
  • WiFiの電波が弱い原因が回線にある場合|乗り換えを検討したい光回線

を紹介しました。まとめとして、Wi-Fiが弱い時は回線の質を上げることも心掛けるようにしましょう。ルーターの設置場所や寿命、バージョンをいま一度確認して、不具合があれば対処しましょう。

これらを確認して対処しても電波が弱い場合は、回線ごと乗り換えることも視野に入れましょう。やはり、もともとの電波が弱いと、もともこもありません。是非参考にしていただけたら幸いです。

 

当サイトおすすめのWi-Fiはこちら