光回線 光回線のおすすめ比較

最速の光回線は結局どこ?一目でわかる速度重視の光回線Top7

光回線を契約するときに「どこの会社の光回線が最速なの?」など疑問を持つ人は多いでしょう。

各会社のホームページを見ると、2Gbpsなどと記載がありますが光回線について詳しい知識がないと、どれくらいの速さかイメージできません。

自分の環境にあった光回線を選べると、インターネットをより快適に使えるようになります。

この記事では最新の光回線や速い光回線の基準値目安などを紹介します。光回線を悩んでいる人は参考にしてください。

この記事でわかること
・最速の光回線の種類
・光回線の基準値目安
・光回線を選ぶ際の注意点

↓当サイトが厳選したおすすめ光回線3社↓

So-net光
auひかりフレッツ光
フレッツ光 ロゴ
月額料金(税込)4,928円~ 4,730円〜2,420円〜
平均通信速度(実測値)・平均下り速度:298.8Mbps
・平均上り速度:229.7Mbps
・平均下り速度:415.22Mbps
・平均上り速度:351.97Mbps
・平均上り速度:46.6Mbps〜
・平均下り速度:53.9Mbps〜
詳細公式URL公式URL公式URL

 

最速の光回線はこれでOK|光回線速度ランキング2022年最新版

光回線の種類は様々ありますが、光回線速度ランキングはどんな順位になっているのでしょうか?

ここでは光回線速度ランキング2022年最新版を紹介します。

実測下り実測上り実測Ping値提供エリア料金
1.Fon光

2Gbps1Gbps32.4ms20都道府県戸建て マンション 4378円
2.NURO光

466.2Mbps406.2Mbps12.3ms21都道府県戸建て 5200円
マンション 5200円
3.auひかり

382.4Mbps273Mbps19.1ms36都道府県戸建て 5500円
マンション 4180円
4.SoftBank光

287.2Mbps196.3Mbps18.4ms47都道府県戸建て 5720円
マンション 4180円
5.docomo光

235.7Mbps181.3Mbps22.1ms47都道府県戸建て 5720円
マンション 4400円
6.eo光

425.5Mbps282.6Mbps18.9ms7府県戸建て 5448円
マンション 3876円
7.So-net光

281.8Mbps196.3Mbps17.9ms47都道府県戸建て 6138円
マンション 4928円

 

戸建てプランで最速なのはfon光

戸建プランで最速の光回線は、Fon光です。

Fon光は戸建てプランとマンションプラン、どちらも金額が同様の4378円です。他社の戸建てプランと比較しても、1000円程安くかなりお得な金額で光回線を利用できます。

光回線を契約しようとしても「毎月かなりの出費になるからすぐに決められない」という人もいるでしょう。戸建てプランが他社よりも1000円程安いFon光を契約すると、年間12000円程のお金が浮く計算になります。

Fon光は毎月の光回線代を、少しでも下げたいという人におすすめできます。

また、実測下りが2Gbpsで実測上りが1bpsという高速回線を実現しているので、容量の重いデータの送信やインターネットを気軽に使えるでしょう。

昨今はテレワークの導入や自宅で過ごす時間が増えてきているので、高速回線の光回線と契約し自宅の環境を整えて、より快適にインターネットを使うのがおすすめです。

 

マンションプランで最速なのはNURO光

NURO光公式ロゴ

マンションプランで最速の光回線は、NURO光です。

NURO光の最大の特徴は、高速回線です。上り値と下り値の数値が、各光回線の中で最大級の数値で、データ送受信にかかるping値も低いため、高速回線が可能となっています。

また光回線を使っている際「混雑していて速度が遅い」という経験をした人もいるのではないでしょうか?

大手の光回線の場合、全国47都道府県に回線が通っていて、利用者の数も多いです。同時に回線を使う人が必然的に多くなるので、結果的に速度の遅延を感じます。

NURO光は現在、21都道府県限定の回線になっているので回線が混雑することなく、快適に使用できるでしょう。

回線の混雑をできるだけ避けたい人にNURO光はおすすめなので、自分の住んでいる地域にNURO光の回線が通っているか確認してください。

 

料金が安くて最速なのはeo光

料金が安くて最速の光回線は、eo光です。

eo光の料金プランは、戸建てプランで5448円、マンションプランで3876円です。戸建てプランではFon光やNURO光の方が安いですが、マンションプランが業界最安値クラスなのが特徴です。

料金プランが安いため、回線の速度を心配する人もいるでしょう。

eo光は上り値282.6Mbps、下り値425.5Mbpsで十分な速度を実現しています。更に、eo光が高速回線を実現している要因として、対象地域があげられます。

eo光は関西地方限定の回線のため、全国47都道府県が対象の大手キャリアの回線と比較すると、つながりやすく速度も速いです。

またeo光の回線と電気代、ガス代をまとめて契約できるプランもあるので、日常生活でかかるお金を節約できます。

 

最速の光回線って何?速い光回線の基準値目安

「速い回線を契約したいけど基準がわからない」という人もいるのはないでしょうか?

ここでは、速い光回線の基準値目安を紹介します。

ネット検索:1Mbps〜5Mbps

ネット検索するには1Mbps〜5Mbpsが必要です。

ネット検索は通信速度が低くても、検索できるのでどこの会社の光回線でも問題なく使用できます。しかし、中には「少しでも早く検索したい」「情報を早く知りたい」という人もいるでしょう。

そのような人は、より通信速度の速い回線を選ぶことをおすすめします。

通信速度の速い光回線を選ぶことで、検索から表示されるまでのラグが少なくなり、自分の納得いく速さで検索できるようになるでしょう。

動画視聴:5Mbps〜25Mbps

動画視聴するには、5Mbps〜25Mbpsが必要です。

5Mbps〜25Mbpsが必要ですが、動画によってはそれ以上の速さが必要になることもあるでしょう。動画の種類は様々であり、時間や重さも異なります。

容量が大きい動画の場合、5Mbps〜25Mbpsでも視聴できるかもしれませんが、動画が止まったり画質が悪くなることが考えられます。

動画は流れても、満足できる画質や速さで視聴することはできないので、楽しんで動画を視聴できなくなるでしょう。

容量の大きい動画でも、快適に視聴したい人は30Mbps以上が必要です。

30Mbps以上あれば動画が止まることや画質の低下が起きることは少ないので、快適に動画を楽しめるでしょう。

4K高画質動画視聴:25Mbps〜100Mbps

4K高画質動画を視聴するには25Mbps〜100Mbpsが必要です。

絶対ではありませんが、動画は画質が上がれば容量も重くなる傾向にあります。4Kの高画質動画になれば、容量も大きくなるので、普通の動画で足りていた3Mbps〜25Mbpsでは足りない可能性が高いです。

現在高画質の動画が増えています。

例えば、YouTubeでは144p〜1080p60まで画質を選べる仕様になっており、好みの画質で動画を楽しんでいる人も多いでしょう。「スポーツ動画は少しでも高画質で楽しみたい」など、人によって楽しみ方は異なるため、高画質に対応できる光回線が求められています。

多くの光回線は100Mbpsを超えているので、4K高画質動画も気軽に楽しめるでしょう。

自分が動画を楽しむ際、どれくらいの画質を求めているのか確認してから、光回線を選ぶことをおすすめします。

オンラインゲーム:100Mbps〜

オンラインゲームを楽しむには、100Mbps以上の速さが必要です。

オンラインゲームの種類によって異なりますが、容量の小さいオンラインゲームであれば低くて30Mbps、容量の大きいオンラインゲームは100Mbpsが必要になるでしょう。

またオンラインゲームは回線の速さも必要ですが、安定性も重要です。

オンラインゲームは長い時間やる人が多く、人によっては1日中やる人もいるのではないでしょうか?長い時間ゲームすると、光回線の種類によっては画面が固まったり、一緒にゲームしている人との間にラグが起きる可能性があります。

オンラインゲームを長い時間楽しむためには、100Mbps以上で安定感のある光回線を選ぶようにしましょう。

当サイトおすすめの光回線はこちら

最速の光回線を選ぶときの注意点4つ

光回線を契約しようと考えている人の中には「どんなところに注意すればいいの?」など、疑問を感じている人もいるでしょう。

ここでは最速の光回線を選ぶときの注意点を4つ紹介します。

理論値ではなく「実測平均値」を比較する

光回線を選ぶ際、理論値も大切ですが「実測平均値」の比較を忘れないようにしましょう。

光回線の理論値とは、各種光回線ごとが出せる最大速度のことを意味します。各会社から販売されている光回線の理論値は「1Gbps」であることが多く、回線によっては「2Gbps」ということも。

理論値は光回線が出せる最大パフォーマンスのことで、環境によっては理論値の速度を出せない場合もあります。住んでいる場所や家の状況によっては、理論値を下回ることもあるので全てを鵜呑みにしないようにしましょう。

より重要視するべきは、実測平均値です。

実測平均値は様々な条件下で検証された速度の統計の、平均をとったものなので実際に光回線を使用するときは、実測平均値に近い速度になることが多いです。

各光回線の、実測平均値に注目し比較検討しましょう。

Ping値の実測値も合わせて比較する

Ping値の実測値も合わせて比較するようにしましょう。

Ping値とは、インターネットを使用しているときの反応速度のことを指します。Ping値の数値が低いとインターネットからの反応が早くなるので、より快適に使えます。

例えば「NURO光」のPing値は12.3ms、「au光」は19.1msです。この場合NURO光の方がPing値が低いため、反応が早く遅延もないということになります。特にオンラインゲームをする人は、できるだけ遅延が少ない方がオンラインゲームを楽しめますよね。

光回線を決める際、理論値や実測値に注目が集まりがちですが、インターネットを快適に使うにはPing値の確認も必要不可欠です。

Ping値に注目し光回線を契約しましょう。

IPv6規格に対応しているかどうか確認する

光回線を選ぶ際は、IPv6規格に対応しているかどうか確認しましょう。

IPv6とは、接続方法のことです。近年発売されている光回線では、IPv6を採用しているものが多く、販売数に比例して利用者も増加傾向にあります。

IPv6が採用される理由は、回線が混んでいても快適に使用できるからです。

インターネット回線は、種類によって差はありますが利用者が増え、同時に使う人数が多くなるとつながりにくく、通信が遅くなる傾向にあります。しかし、IPv6に対応している光回線は人数が増えても混みにくく、遅延が起こりにくいので快適に利用できます。

光回線の契約を考えている人は、IPv6規格に対応しているか確認してから契約しましょう。

戸建てとマンションで速度が変わるかどうかを確認する

戸建てとマンションで速度が変わるかどうか確認しましょう。

全ての戸建てやマンションで速度が落ちるわけではありません。光回線は電柱から家にケーブルを物理的につなげる構造になっているため、場合によって光回線の速度が落ちる可能性があります。

例えばマンションで光回線を使う場合、速度の遅延が考えられます。マンションに住んでいると、一人で光回線を使用できるわけではありません。

マンションにケーブルをつなぎ、そこから各部屋に回線が供給されるので混雑もしやすく、遅延が起こりやすいです。

光回線の種類によっては、戸建てとマンションで回線の速度に差がないこともあるため契約する前に、自分の住んでいる環境の確認と光回線の特徴をチェックしましょう。

当サイトおすすめの光回線はこちら

最速の光回線に関するよくある質問は?

最速の光回線に関してよくある質問に対して順番に答えていきます。

光回線は夜になると遅くなると聞いたんだけど本当?

光回線は夜になると、遅くなることが多いです。

夜になると遅くなる要因として、利用者の増加が考えられます。昼と夜を比較すると、夜の方がインターネットを使う人が多く、光回線への負担が増えます。

光回線への負担が増えると、遅延が起きたりサイトが表示されにくくなるなど、使いにくくなるでしょう。

夜に光回線が遅くなるのは、利用者側では改善するのが難しいので、遅延すると困るようなデータのやり取りは、回線がスムーズな昼に行いましょう。

光回線の10gプランの速度ってどうなの?

光回線の10gプランは、高速通信が魅力のプランです。

10gプランは最大で10Gbpsになるプランで、4Kの高画質動画の視聴やオンラインゲームを趣味にしている人におすすめです。

容量の大きいデータのやりとりも快適に行えるため、仕事で容量の大きいデータをやりとりすることが多い人にもおすすめです。

通信が遅い回線では、データのやりとりが遅延する可能性があるため、仕事中に不安を抱えなくない人も、光回線の10gプランを契約しても良いでしょう。

複数人で光回線を使うと遅延が起こりやすくなるので、光回線の10gプランを使うと家族で生活している人も快適に使えるのでおすすめです。

工事までの期間が最速な光回線はどれ?

工事までの期間が最速な光回線は、NTT回線です。

NTT回線を提供しているサービスは、SoftBank光やdocomo光などが挙げられます。NTT回線は、契約後工事が始まるのが早く、約2週間ほどで工事が完了するためできるだけ早く光回線を開通させたい人におすすめです。

NTTは光回線を工事する業者を数多く抱えているため、工事の日程や期間を早くすることができます。

NTT回線より他の光回線の方が速度が速いものもあるので、速度かすぐに使えるようになるか重視するポイントをしっかり決めてから契約しましょう。

光回線の速度を後から最速にする方法はある?

光回線の速度を後から最速にする方法は、LANケーブルの位置などの調整です。

光回線のLANケーブル位置は、回線を速くするために重要です。例えば、LANケーブルの近くに物が積み重なっている場合電波が悪くなってしまいます。電波が悪くなることで、回線がつながりにくく遅延が起こりやすくなります。

LANケーブルの近くから物を避ける、位置を変えることによりつながりやすくなるので、速度が改善される可能性があるでしょう。

ケーブルの交換やパソコンと有線でつなぐなどの方法がありますが、改善されない場合光回線を乗り換えを検討しましょう。

当サイトおすすめの光回線はこちら

最速の光回線が使いたいなら今のところNURO光一択

いかがでしたでしょうか?

ここまで最新の光回線や速い光回線の基準値目安などを紹介しました。

最速の光回線を使いたい人は、現在NURO光一択です。戸建てやマンションどちらでも料金が変わらず、実測下り466.2Mbps、実測上がり406.2Mbpsで他社と比較しても速度が速いです。

最速の光回線を使いたい人は、NURO光を契約し快適にインターネットを使いましょう。