光回線 光回線のおすすめ比較

1人暮らしで使うWi-Fiの決定版|これさえ読めば問題なし

一人暮らしを始める時、Wi-Fiを契約される方が多いです。では「なぜ、一人暮らしをする場合にWi-Fiは必要なのでしょうか?」

そして、「一人暮らしで使えるWi-Fiの種類はどのくらいあるのでしょうか?」

このような悩みを抱えている方は、ぜひ今回の記事を読んでみてください。

この記事では、一人暮らしで使えるWi-Fiの種類と選ぶポイント・一人暮らしで使えるWi-Fiの質問などを紹介します。

読み終えた頃には、自分に合った一人暮らしで使えるWi-Fiを見つけることができるでしょう。

【この記事でわかること】
・一人暮らしで使えるWi-Fiの種類
・一人暮らしで使えるWi-Fiのメリット・デメリット
・一人暮らしで使える光回線のメリット・デメリット
  1. 一人暮らしで使えるWi-Fiの種類にはどのようなものがある?
    1. 固定回線(光回線など)
    2. モバイル型WiFi:(WiMAX・クラウドWi-Fiなど)
    3. ホームルーター:(WiMAX・置くだけWi-Fiなど)
    4. スマホのテザリング
  2. 一人暮らしでWi-Fiを使うときの選び方|失敗せずに選ぶポイントは?
    1. 回線工事を行うことができる場合:光回線一択
    2. 工事ができない場合で家でしか使わない場合:ホームルーターがおすすめ
    3. 外でも使う可能性があるなら:モバイル型Wi-Fiがおすすめ
    4. 補足:スマホのテザリングはおすすめしない
  3. 一人暮らしでもWi-Fiは光回線で使用するのがおすすめ|光回線のメリットは?
    1. データ通信料は完全無制限
    2. 光回線使用なのでWi-Fiも速い
    3. 月額料金は他のWi-Fiと大きく変わらない
    4. スマホとのセット割ができればさらに安くなる
  4. 一人暮らしの光回線WiFiはこんな人には向いてない|光回線のデメリット
    1. 回線工事を行うことができない人
    2. 引越しの予定が2年以内にある人
    3. 家ではあまりインターネットを使わない人
  5. 一人暮らしのWi-Fi利用におすすめの光回線は?一目でわかる比較表
    1. ドコモ光:ドコモのセット割が唯一使える光回線
    2. SoftBank光:どんな時間帯でも通信速度が低下しない
    3. auひかり:割引キャンペーンが豊富
  6. 一人暮らしのWi-Fiに関するよくある質問は?
    1. 一人暮らしのwi-fiで工事不要で使えるものはどれ?
    2. 一人暮らしの時のwi-fiってどうしてる人が多いの?
    3. 一人暮らしでWi-Fiを使わずにスマホだけでも生活できる?
    4. 一人暮らしのネット料金の平均は?
  7. まとめ:1人暮らしのWi-Fiは工事が出来るなら光回線が一番おすすめできる

一人暮らしで使えるWi-Fiの種類にはどのようなものがある?

一人暮らしで使えるWi-Fiは、さまざまな種類があります。

それは、「固定回線」・「モバイルwi-fi」・「ホームルーター」・「スマホのテザリング」などです。

下記では、そんな一人暮らしで使えるWi-Fiの種類を詳しくご紹介します。

固定回線(光回線など)

一人暮らしで使えるWi-Fiは、固定回線があります。固定回線とは光ファイバーなどの物理的なケーブルを使用して、自宅に回線を引いてインターネットを利用する接続方法です。

この回線方法は、ネット回線の中で最も回線速度が速く安定して利用できます。

しかし、回線工事などの開通まで期間がかかってしまいます。

機関としては、光回線の工事をインターネットから申し込んでからだいたい2週間から3週間程度かかります。

人気の回線や時期によっては1ヶ月程度かかる場合も。

固定回線は、家の中でしか利用することができませんが、通信回線を安定して速く利用できるため、パソコンでオンラインゲームや画質の良い動画などを視聴したい人には固定回線がおすすめです。

モバイル型WiFi:(WiMAX・クラウドWi-Fiなど)

モバイル型Wi-Fiも1人暮らしで使えるwi-fiの1つです。モバイル型Wi-Fiは、持ち運びができるコンパクトサイズのWi-Fiルーターです。コンパクトサイズで持ち運びが自由なため、外出先でも利用することができます。

そのため、学校や仕事で外出することが多い人にはとてもおすすめです。

また、料金的にも固定回線と比較をすると2,000円から4,000円くらい安いですが、固定回線よりも通信速度は落ちるので、オンラインゲームなど自宅で楽しみたい方にはお勧めはできません。

しかし、持ち運びが便利なため、外出が多い方にはおすすめです。

そして、モバイルWi-Fiで認知度が高いのは、『WiMAX』と『クラウドWi-Fi』です。

ホームルーター:(WiMAX・置くだけWi-Fiなど)

ホームルーターは回線工事がないWi-Fiです。ホームルーターはWi-Fi端末にコンセントを差し込むだけで回線通信を利用することができます。

そのため、Wi-Fi端末の取り外しがとても簡単なため、引っ越しなど行って引き続きホームルーターを利用したい場合には、簡単に手続きが行えるでしょう。

そして、ホームルーターは、モバイルWi-Fiよりも、通信回線が安定しています。

そして、ホームルータで認知度が高いサービスは『WiMAX』や『置くだけWi-F』です。

スマホのテザリング

また、スマホのテザリング機能もひとり暮らしでWi-Fiが利用できます。スマホのテザリングとは、スマートフォンの通信回線を使って、タブレット端末やノート型パソコンなどをネットで繋ぐことができるオプション機能です。

そのため、スマートフォンがあれば通信回線として使うことができます。

しかし、スマートフォンのオプション機能の一つなため、固定回線やホームルーターのように回線が速度は遅く安定はしていません。

したがって、スマホのテザリングは、タブレットなどでゲームや少しの時間パソコン作業をしたいなど、外出先でWi-Fiを少し利用したい方におすすめです。

一人暮らしでWi-Fiを使うときの選び方|失敗せずに選ぶポイントは?

一人暮らしで使えるWi-Fiはさまざまな種類があります。

では失敗しない選び方はどんなポイントがあるのでしょうか?

失敗しないポイントは「回線工事を行うことができる場合」・「工事ができない場合で家でしか使わない場合はホームルーターがおすすめ」・「外でも使う可能性があるならモバイル型Wi-Fiがおすすめ」・「スマホのテザリングはおすすめできな」の4つあります。

次は一人暮らしでWi-Fiを選ぶ時の失敗しないポイント4つを詳しく紹介します。

回線工事を行うことができる場合:光回線一択

自宅で回線工事が可能であれば、光回線がおすすめです。なぜなら光回線はネット回線サービスの方法で一番通信速度が安定して速いからです。

光回線は、開通工事を申し込んでから約2週間から3週間程度かかってしまいますが、開通後はどのWi-Fiサービスよりも通信速度が速く、安定しています。

なので、自宅が回線工事が行える物件であれば光回線の工事を行うといいでしょう。

工事ができない場合で家でしか使わない場合:ホームルーターがおすすめ

自宅が開通工事ができない人にはホームルーターがおすすめです。なぜなら、工事なしでWi-Fiを使え、通信速度が安定して、速度が速いからです。

しかし、固定回線と一緒で、家の中でしかWi-Fiを使うことができません。

そして、固定回線よりは通信速度は遅くなってしまいます。

しかし、モバイルWi-Fiと比較すると通信速度は速く、安定しているため、自宅でしかWi-Fiを使わないで、通信速度は安定して充実させたい人はホームルーターを契約しましょう。

外でも使う可能性があるなら:モバイル型Wi-Fiがおすすめ

自宅だけではなく、外でもWi-Fiを利用したい人は、コンパクトサイズで、持ち運びが簡単なモバイル型Wi-Fiがおすすめです。

そして、開通工事不要で、契約してからすぐに利用できるのもメリットの一つです。

また、外出先でスマホをにも利用できるため、通信量を減らさないように使うことができます。

また、格安SIMなどのプランに変更することも可能なので、料金的にもメリットがあるでしょう。

ホームルーターや固定回線よりは通信速度は遅くなってしまいますが、外出先で利用されたい方は、モバイル型Wi-Fiがおすすめです。

補足:スマホのテザリングはおすすめしない

スマホのテザリングはおすすめできないです。なぜなら、固定回線やモバイルWi-Fiより、通信速度が遅いからです。

テザリングはスマホのオプションサービスつの1つなため、通信速度はWi-Fiとして作られている端末よりは劣ってしまいます。

また、オプションサービスなため、データ量の消費が激しいのもデメリットの一つです。

そして、テザリングは、携帯でWi-Fiの電波を飛ばしているため、通常の使用しているよりもさらにバッテリーの消費量が速くなってしまいます。

そのため、長時間使用してしまうと携帯を使いたい時にバッテリーがなくて使えなくなってしまいます。

したがって、スマホのテザリングはおすすめできないです。

一人暮らしでもWi-Fiは光回線で使用するのがおすすめ|光回線のメリットは?

上記では、一人暮らしでも使えるWi-Fiの失敗しない選ぶポイントがわかっていただけたと思います。

では、光回線のメリットってどんなことがあるのでしょうか?

光回線のメリットは4つあります。

「データ通信料は完全無制限」・「光回線使用なのでWi-Fiも速い」・「月額料金は他のWi-Fiと大きく変わらない」・「スマホとのセット割ができればさらに安くなる」の4つです。

次は、光回線のメリット4つを詳しく解説していきます。

データ通信料は完全無制限

光回線は、通信量が1日に利用できる通信量が決まっている場合があります。光回線は、完全無制限なサービスが多いため、1人暮らしをされているなら、光回線がおすすめです。

また、光回線は光ファイバーを使っているため、通常の電話回線を使わずにひかり電話を使用できます。ひかり電話は、一般の電話回線よりも使用料金が安いのも魅力の一つでしょう。

そのため、経済的に考えても一人暮らしの方には光回線がおすすめです。

光回線使用なのでWi-Fiも速い

また、光ファイバーケーブルを使用している光回線は、wi-fiの通信速度も速いです。通常の回線は電気信号を変化させて通信をさせるのですが、光の場合は、光の点滅を使って電気信号をより大量に通信を送れるからです。

例えば電気信号が1秒間に約100億個遅れた場合、光信号は、1秒間位1兆個も信号を送れることになります。(1Mbpsだと1秒間に約6万以上の文字を送信することができます。)

また、Wi-Fiルーターを使用してもほとんど通信速度は変わらないのでWi-Fiでも速度は速いです。

月額料金は他のWi-Fiと大きく変わらない

月額料金は他の種類のWi-Fiと月額料金に大きく差がありません。無線LANタイプの料金は4,000円〜5,000円程度で、光回線の場合だと、4,000円〜6,000円程度なため、他の種類のWi-Fiと月額料金大きく差がありません。

そのため自分のライフスタイルに合わせてWi-Fiを選ばれるといいでしょう。

スマホとのセット割ができればさらに安くなる

WiFiはスマホとセットで契約するとさらに安くなることが多いです。

なぜなら、各社オリジナルのスマホと通信回線のセットで割り引く料金サービスを提供しているからです。

そのため、スマホとセットで契約すると安くなります。

料金は、800円から1,100円程度です。

2年間の契約で計算をすると、19,200円から26,400円の割引になります。

一人暮らしの光回線WiFiはこんな人には向いてない|光回線のデメリット

Unsatisfying young asian woman. Discontent.

光回線にはさまざまなメリットがありました。では、光回線にはデメリットはあるでしょうか?

デメリットは3つあります。

それは、「回線工事を行うことができない人」・「引越しの予定が2年以内にある人」・「家ではあまりインターネットを使わない人」です。

下記では、光回線のデメリット3つを詳しく解説していきます。

回線工事を行うことができない人

光回線は、外から光ファイバーケーブルを自宅に引き込む工事が必要なため、回線工事ができない家に住んでいる場合は、光回線は向いていません。

しかし、マンションなどの集合住宅で、光回線が導入している場合は、コンセントが設置されているため、工事の必要がなく光回線は使えます。

導入されていない場合は工事が必要になってくるので、光回線の工事を行うことができない家に住んでいる人は、光回線は向いていないでしょう。

引越しの予定が2年以内にある人

引っ越しの予定が2年以内にある人は、おすすめできません。なぜなら、光回線は契約で最低利用期間2年から3年程度の契約があることが多いからです。

そのため、最低利用期間内に解約してしまうと、違約金が発生してしまいます。

違約金は、だいたい10,000円前後かかる場合があるのですが、高いと20,000円程度違約金が発生してしまう場合があります。

なので、引っ越しの予定が2年以内にある人は、光回線がおすすめできません。

しかし、解約期間や料金プランによっては違約金が発生しない場合があるため、引越しの予定が2年以内にあるけど、光回線に入りたい人は、違約金が発生しないサービスを探してみましょう。

家ではあまりインターネットを使わない人

また、家であまりインターネットを使わない人もおすすめはできません。

なぜなら、光回線は家でしか使うことができないからです。

光回線は、光ファイバーケーブルを自宅に引き込んで、自宅で通信回線を行うための通信サービスなため、外に出ると通信回線が使えなくなります。

なので、仕事や趣味などで外出が多く、家であまりインターネットを使わない人にはおすすめはできません。

一人暮らしのWi-Fi利用におすすめの光回線は?一目でわかる比較表

光回線は、いろいろな企業からさまざまな特徴があるサービスが提供されています。

特におすすめな光回線は、「ドコモ光」・「SoftBank光」・「auひかり」です。

次は料金やキャンペーンなどの比較表を使って、おすすめの光回線を詳しく解説します。

ドコモ光ロゴソフトバンク光表用画像auひかり表用画像
月額料金(マンション)4,400円4,180円4,730円
月額料金(戸建て)5,720円5,720円6,160円
工事費16,500円26,400円33,000円
キャッシュバックキャンペーンなどのキャンペーンドコモ光セット割softbank光セット割

乗り換え新規キャンペーン

 

auひかりセット割

高額キャッシュバック

auひかり 乗りかえスタートサポート

プロバイダキャッシュバック特典

ドコモ光:ドコモのセット割が唯一使える光回線

ドコモ光回線はNTTドコモが運営している光回線サービス。NTT会社が提供しているフレッツ光回線とプロバイダーがセットで行っています。

ドコモ光の特徴は、スマホと光回線のセット割が唯一使える光回線ということです。

ドコモのセット割は毎月最大1,100円割引になるため、2年利用すると26,400円のお得になります。

そのため、スマホのキャリアがドコモの人は料金が割安になります。

なので、ドコモユーザーの人にはとてもおすすめの光回線です。

また、工事費用無料キャンペーン中であれば工事費(8,360円)が無料で行ってもらえます。

他には、『訪問設定サポート』と呼ばれるサービスを提供しているため、初期設定などのサポートを訪問してインターネット初心者の方でも安心です。

SoftBank光:どんな時間帯でも通信速度が低下しない

ソフトバンク光は、ソフトバンクBB株式会社が運営している光回線です。SoftBank光は、『IPv6高速ハイブリッド』と呼ばれるサービスを提供しており、通信速度が安定した通信が可能な光回線です。

他社の光回線などは、時間帯によっては通信速度が遅くなったりするのですが、このIPv6高速ハイブリッドサービスを採用しているこのによって、どの時間帯でも高速で安定した通信を可能できます。

そして、『おうち割光セット』という割引サービスが提供されます。

このサービスを受けることによって、スマホの月額料金がずっと月550円から1,100円の割引サービスを受けられるため、SoftBankユーザーの人におすすめです。

他には、『あんしん乗り換えキャンペーン』などのサービスを提供しており、最大10万円まで回線撤去費用や解約違約金などの費用をSoftBankが還元してくれます。

auひかり:割引キャンペーンが豊富

auひかりはKDDIが運営している光回線サービスです。auひかりの特徴は他社よりも割引キャンペーンが多いことです。

auセット割などのサービスはもちろん提供しており、さらに初期費用を月額料金から割引してもらえる『初期費用相当割引』や乗り換えの時にかかる違約金などを還元してもらえる『乗り換えスタートサポート』などのキャンペーンが豊富に提供されています。

また、『IPv4/IPv6デュアルスタック方式』と呼ばれるauが独自で開発されたインターネットサービスを導入することによって回線の混雑などを回避しやすくなり、通信が安定して利用することができます。

一人暮らしのWi-Fiに関するよくある質問は?

Young slim woman full of doubts and hesitation. Yep concept.

おすすめの光回線は、それぞれ特徴がありました。

では、一人暮らしのWi-Fiに関するよくある質問はどんな質問があるでしょうか?

それは、「工事費用やWi-Fiを使ってどうして使っているのか?」「スマホだけでも生活できるんではないか?」・「一人暮らしのネット料金はいくらなのか?」・などの質問が多いです。

次は、一人暮らしのWi-Fiに関するよくある質問をご紹介します。

一人暮らしのwi-fiで工事不要で使えるものはどれ?

固定回線の場合は、開通工事を行わないといけませんが、一人暮らしで工事不要でWi-Fiを使いたい人は、『ホームルーター』と『モバイル型Wi-Fi』が工事不要で使えます。

ホームルーターは、Wi-Fiの端末にコンセントを差し込むだけで回線通信を使用でき、モバイルWi-Fiは、端末が持ち運びができるようなコンパクトサイズなため、工事不要で利用ができます。

そのため、工事不要でWi-Fiを使いたい方は、ホームルーターかモバイルWi-Fiを選ぶといいです。

一人暮らしの時のwi-fiってどうしてる人が多いの?

一人暮らしの時のWi-Fiの使い方は、リモートワークなどの仕事で利用したり、インターネットや動画を視聴したりする時に使うことが多いです。

また、携帯の通信容量を制限を超えないために利用したり、通信速度の低下を避けるためにWi-Fiを使われることが多いです。

なので、ネットをよく使われる方は、Wi-Fiを利用するといいでしょう。

一人暮らしでWi-Fiを使わずにスマホだけでも生活できる?

一人暮らしでWi-Fiを使わなくても生活はできますが、Wi-Fiが使わないとつらいでしょう。

なぜなら、インターネットをWi-Fiを使うことが多いからです。

インターネットで調べ物をしたり、動画視聴したりなど、生活をしている中でインターネットを使うことが多いです。

また、格安SIMなどの、月に使えるデーター通信量が少ないプランで契約している人もWi-Fiがなければすぐに通信量が減って通信制限がかかってしまうので、特につらさを感じてしまうでしょう。

そのため、一人暮らしでWi-Fiを使わずに生活するのはできるけどつらいです。

一人暮らしのネット料金の平均は?

一人暮らしのネット料金は、さまざまな企業やサービスによって料金は異なりますが、大体光回線やホームルーターだと4,000円から5000円で、モバイルWi-Fiは約3,000円から4,000円程度でしょう。

値段的には若干モバイルWi-Fiのほうが安いですが、光回線やホームルーターよりは通信速度は遅くなります。

したがって、料金を少しでも抑えたいのであればモバイルWi-Fi、通信速度を安定した速度で使いたい人は光回線やホームルーターがおすすめです。

まとめ:1人暮らしのWi-Fiは工事が出来るなら光回線が一番おすすめできる

一人暮らしで使える種類は、光回線やホームルーター・モバイルWi-Fiなど、さまざまな種類があります。

そして、自宅しか使えないが通信速度が安定して使える光回線やホームルーター、通信速度は遅くなるが外でもWi-Fiが使えるモバイルWi-Fiなど種類によってさまざまな特徴がありました。

通信速度が一番安定して速いのが光回線です。

そのため、自宅だけでWi-Fiを使うと考えると開通工事が可能であれば、モバイルWi-Fiよりも通信速度が安定している光回線が一番おすすめです。