光回線

ドコモ光のエリア検索はここを見ればOK|最短5秒で検索完了

「ドコモ光が気になる!だけど、引っ越し先で使えるかどうかわからない……。どうすれば確認できるんだろう?」

このような疑問をお持ちの方がいるはずです。

そこで、本記事ではドコモ光が使える場所の検索手順に詳しく解説。

あわせて確認しておきたいポイントや、ドコモ光が使えない方におすすめのサービスなども紹介していきます。

最後まで読むことで、利用を予定している場所でドコモ光が使えるか自分だけで確認できるようになりますよ。

それでは、解説していきます。

【この記事でわかること】
・ドコモ光のエリアを検索する方法
・エリア検索とあわせて確認しておきたいポイント
・ドコモ光が使えない場合におすすめのサービス

↓当サイトが厳選したおすすめ光回線3社↓

So-net光
auひかりフレッツ光
フレッツ光 ロゴ
月額料金(税込)4,928円~ 4,730円〜2,420円〜
平均通信速度(実測値)・平均下り速度:298.8Mbps
・平均上り速度:229.7Mbps
・平均下り速度:415.22Mbps
・平均上り速度:351.97Mbps
・平均上り速度:46.6Mbps〜
・平均下り速度:53.9Mbps〜
詳細公式URL公式URL公式URL

 

  1. ドコモ光のエリア検索方法|ネットで調べる時はどこを見る?
    1. フレッツ光東日本公式ページ
    2. フレッツ光西日本公式ページ
    3. 補足:ドコモ光の公式サイトでは調べられない
  2. ドコモ光のエリア検索をするときははこちらも確認|10Gプランの提供エリア
    1. 東日本での提供エリア
    2. 西日本での提供エリア
    3. 補足:提供エリアは拡大の予定あり
  3. ドコモ光はエリアを検索するだけでは不十分|合わせて確認するべき2つのポイント
    1. マンションの場合:配線方式を確認
    2. マンション戸建て共通:工事可能かどうか確認
  4. ドコモ光のエリア検索の結果提供エリア外だった場合|ネットを利用するための対処法
    1. 他社の光回線を検討する
    2. モバイルルーターの導入を検討する
    3. ホームルーターの導入を検討する
  5. ドコモ光がエリア外の場合|おすすめしたい光回線比較表
    1. NURO光との比較|速度が魅力の光サービス
    2. auひかりとの比較|auユーザーはかなりお得に使える
  6. ドコモ光のエリア検索から申し込み・開通までの流れは?
    1. 提供エリア確認後に申し込み手続きを行う
    2. プロバイダとの契約を行う
    3. 工事日の予約・工事の実施
  7. ドコモ光の提供エリア検索に関するよくある質問は?
    1. ドコモ光の10ギガプランのエリア拡大はいつごろ?
    2. ドコモ光が開通できるかどうかはどこで判断すればいい?
    3. そもそも光回線がエリア外だった場合はどうするのがベスト?
  8. まとめ:ドコモ光はエリア検索だけでなく開通可能かも調べよう

ドコモ光のエリア検索方法|ネットで調べる時はどこを見る?

ドコモ光のエリア検索方法|ネットで調べる時はどこを見る?

いきなり結論になりますが、ドコモ光に対応しているエリアは、フレッツ光の公式サイトで検索をかけることでチェックすることができます。

「ドコモ光なのになぜフレッツ光を調べるの?」

と思った方もいるはずです。

仕組みを説明すると、ドコモ光はフレッツ光の回線を用いたインターネットサービスである光コラボの一種。

そのため、フレッツ光が使える範囲であれば、ドコモ光も利用できるというわけですね。

エリアを調べる上で注意したいのが、東日本と西日本で微妙に手順が違うという点。

東西でサービスを運営している企業が異なり、それぞれの対応しているエリアが違うためですね。

利用する場所に応じた手順を踏まないと、正確に利用できる範囲を確認することができません。

「今は東日本に住んでいるけど、ドコモ光を使うのは引越し先である西日本」というような方は間違えないように注意しましょう。

それでは、それぞれの地域の検索手順を紹介していきます。

フレッツ光東日本公式ページ

東日本でドコモ光を利用する場合の対応エリアの検索手順を紹介していきます。

東日本での利用を考えている場合は、以下の手順を踏みましょう。

1.『NTT東日本公式ホームページ』にアクセス
2.利用する予定の場所の住所を入力する
3.対応エリア状況の確認を行う
まずは、『NTT東日本公式ホームページ』に移動しましょう。
ここで西日本ページを利用してしまうと、ドコモ光を使えるか確認することができませんので注意してください。
しっかり東日本ページに移動していることが確認できたら、利用予定地の郵便番号を入力します。
番号を入力すると、フレッツ光回線の利用可能状況が検索結果として表示されますので、自分の利用予定地が含まれているかチェックしましょう。

フレッツ光西日本公式ページ

続いて西日本でドコモ光を利用する場合のエリア確認手順を紹介していきます。

大まかな手順は以下のとおりです。

1.『NTT西日本公式ホームページ』にアクセス
2.提供エリア検索ページに移動
3.利用する予定の場所の住所を入力する
4.対応エリア状況の確認を行う
最初は『NTT西日本公式ホームページ』にアクセスを行います。
こちらも東西を間違えてしまうと、チェックすることができませんので気をつけましょう。
西日本ページにアクセスした後は、提供エリアの検索ページに移動します。
検索ページに移動後、ドコモ光の利用予定地の住所を入力。
検索結果として利用できる住所が表示されますので、利用予定地が含まれているか確認しましょう。

補足:ドコモ光の公式サイトでは調べられない

ドコモ光が使える範囲を検索しようとドコモ光の公式ページの中を探し回っている方もいるはずです。

しかし、ドコモ光の公式ページ内では利用可能なエリアを調べることはできません。

使える場所を調べる際には注意しましょう。

なお、ドコモショップやドコモのサポートセンターに問い合わせなどでも使えるエリアの検索は可能です。

検索と同時にプラン内容の説明なども受けられますので、自分だけで全て選べないという方におすすめですよ。

ドコモ光のエリア検索をするときははこちらも確認|10Gプランの提供エリア

ドコモ光のエリア検索をするときははこちらも確認|10Gプランの提供エリア

インターネットサービスを探している方の中には、速度を重要視しているユーザーも多いはずです。

そのような方には、ドコモ光の中には10Gプランというものがおすすめ。

最大通信速度が10Gbpsと通常のプランよりも遥かに性能の高い回線を持っていることが特徴で、一般向けとは違う高速のインターネットが楽しめます。

本項ではそんなドコモ光10Gプランの提供エリアをご紹介。

ドコモ光が気になっている方や、速いインターネットを求めている方はチェックしておきましょう。

東日本での提供エリア

東日本では以下のエリアでドコモ光10Gプランを使うことができます。

東日本【東京都】23区・狛江市・調布市・三鷹市の対象エリア

東日本では東京でしかドコモ光10Gプランは使うことができません。

かなり狭いエリア内だけでのみの提供されていることがわかりますね。

西日本での提供エリア

西日本では以下のエリアでドコモ光10Gプランを使うことができます。

西日本【大阪府】大阪市、東大阪市、八尾市、松原市、藤井寺市、豊中市
【和歌山県】和歌山市
【京都府】京都市
【滋賀県】草津市
【兵庫県】加古川市、伊丹市
【愛知県】名古屋市、岡崎市、豊川市、刈谷市、江南市、小牧市、津島市
【静岡県】藤枝市、袋井市、富士宮市、三島市
【岐阜県】美濃加茂氏

西日本では東日本に比べると多くのエリアで10Gプランが提供されています。

しかし、通常のプランと比べるとまだまだ利用できる範囲が限られているのが現状です。

補足:提供エリアは拡大の予定あり

なお、本項で紹介した提供エリアはあくまで2022年2月時点での話です。

使える範囲はどんどん拡大されていく予定ですので、対象外となっている場所でも使えるようになる可能性があります。

対象外の場所で10Gプランを使いたいという方は気長に待ちましょう。

ドコモ光はエリアを検索するだけでは不十分|合わせて確認するべき2つのポイント

ドコモ光はエリアを検索するだけでは不十分|合わせて確認するべき2つのポイント

より良いインターネット環境を使いたいと考えている場合、使えるエリアかどうか調べるだけでは不十分です。

対応しているかどうかチェックできたら、合わせて次のポイントも確認しましょう。

それぞれのポイントについて順番に解説していきます。

マンションの場合:配線方式を確認

マンションでの利用を考えている場合、まず配線方式をチェックしましょう。

配線方式ごとに接続の安定感や最大速度が異なるためですね。

マンションで使われている配線方式の種類とそれぞれの特徴は以下のとおり。

配線方式名VDSLLAN配線方式光配線
最大速度100Mbps1Gbps1Gbps
繋ぎ方光ファイバーと電話回線光ファイバーとLANケーブル光ファイバー

3種類ありますが、最もおすすめなのは光配線方式。

VDSLと比べると10倍の最大速度を持ち、通信の安定感も抜群です。

インターネットの回線速度にこだわりたい方はぜひ光配線方式を採用しているマンションを選びましょう。

なお、配線方式はインターネットが使えるエリアの検索やマンションを管理している方に問い合わせることで確認することができますよ。

マンション戸建て共通:工事可能かどうか確認

対応エリアかどうか検索した後は、工事可能かどうかチェックしておくことも大事です。

インターネットが使える対象の範囲に含まれていても使えない可能性があるためですね。

それでは、ケースごとに取るべき対応を紹介していきます。

工事可能の場合

工事可能な場合、工事を行うことでドコモ光を利用できるようになります。

戸建で利用する予定の方は、インターネット会社で連絡を取ることですぐに工事を進めることが可能です。

ただ、マンションなど集合住宅の場合は管理人とインターネット会社と連絡を行い、どちらの合意も得る必要があります。

管理人に連絡を通さず、勝手に工事を進めるのは絶対にやめましょう。

工事不可能の場合

工事不可能と言われた場合は、工事を進められないため、ドコモ光を利用することができません。

また、工事不可能な理由としては以下のような理由が考えられます。

・電柱まで距離がある
・他の回線がすでに導入されている
電柱までの距離がある場合は、光回線を自宅まで引っ張ってこれないことがあります。

また、他の回線がすでに導入されている場合も、ドコモ光の工事を進められません。

ドコモ光のエリア検索の結果提供エリア外だった場合|ネットを利用するための対処法

ドコモ光のエリア検索の結果提供エリア外だった場合|ネットを利用するための対処法

「検索してみたら、ドコモ光が使えないことがわかった……。だけど、インターネットは使いたい」

ドコモ光の契約を考えていた方の中には、このような方も多いはずです。

そのような方には以下の対処法が有効ですよ。

これらの方法を使うことで、たとえドコモ光が利用できない地域でもインターネットを使えるようになることがあります。
それでは、各方法について順番に解説していきます。

他社の光回線を検討する

ドコモ光が利用できないとわかった場合は、他社の光回線を検討してみることもひとつの手です。

ここで注意したいのが、光コラボレーション系のサービスは検討しないこと。

光コラボおよびフレッツ光は、ドコモ光と同様の回線を使っているため、ドコモ光が利用できないと利用することができません。

検討するだけ時間が無駄になってしまうというわけですね。

もし他社の光回線を検討する場合は、NURO光やauひかりといった独自の回線を提供しているインターネットサービスを選ぶようにしましょう。

モバイルルーターの導入を検討する

ドコモ光が使えないときにはモバイルルーターの導入も有効です。

モバイルルーターというのは、持ち運びができるWiFiルーターのこと。

単独でインターネット環境を構築できるので、外出先での仕事が多い方やノマドワーカーにおすすめです。

サービスとしては、WiMAXやTHE WiFiなどが有名ですね。

なお、ドコモではモバイルWiFiのレンタルサービスも行なっています。

光回線が工事中で使えない方など、短期間で契約できるインターネットを探している方におすすめですよ。

ホームルーターの導入を検討する

光回線の工事が難しいのであれば、ホームルーターの導入もおすすめです。

ホームルーターというのは、据え置き型のモバイルルーターのようなもの。

光回線では光ファイバーを用いて通信を行なっていますが、ホームルーターではキャリア回線を使って通信を行います。

そのため、光回線のように工事が要らず、申込後すぐに使い始めることができますよ。

ドコモではホームルーター『home 5G』の取り扱いを2021年8月から始めています。

気になった方はぜひチェックしてみてください。

ドコモ光がエリア外の場合|おすすめしたい光回線比較表

ドコモ光がエリア外の場合|おすすめしたい光回線比較表

続いて、ドコモ光がエリア外であった場合におすすめしたい光回線をご紹介。

ドコモ光とおすすめしたい光回線と比較を行い、それぞれどんな特徴があるのか詳しく解説していきます。

各サービスの比較表は以下のとおり。

サービス名ドコモ光NURO光
auひかり
運営会社株式会社NTTドコモソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社KDDI株式会社
月額料金【戸建向け】
2,970〜7,920円
【マンション向け】
4,180〜5,720円
【戸建向け】
5,200〜6,100円
【マンション向け】
2,090〜3,630円
【戸建向け】
5,610〜6,930円
【マンション向け】
4,180〜5,720円
実質速度上り:206.5Mbps
下り:269.1Mbps
上り:446.06Mbps
下り:504.78Mbps
上り:370.6Mbps
下り:429.38Mbps
工事費用16,500〜19,800円44,000円33,000円
提供エリア全国関東中心関西地方、中部地方の一部、沖縄を除く全国

それでは、各サービスをそれぞれ解説していきます。

NURO光との比較|速度が魅力の光サービス

NURO光公式ロゴ

サービス名ドコモ光
NURO光
運営会社株式会社NTTドコモソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
月額料金【戸建向け】
2,970〜7,920円
【マンション向け】
4,180〜5,720円
【戸建向け】
5,200〜6,100円
【マンション向け】
2,090〜3,630円
実質速度上り:206.5Mbps
下り:269.1Mbps
上り:446.06Mbps
下り:504.78Mbps
工事費用16,500〜19,800円44,000円
提供エリア全国関東中心

まずおすすめしたいのがNURO光。

NURO光の魅力はなんといっても回線速度の速さです。

ドコモ光の下り実質速度が269.1Mbpsなのに対し、NURO光の実質速度は504.78Mbpsと約1.9倍の速度を持っていることになります。

常に豊富なキャンペーンを開催している点も魅力で、自分にあった特典を選択して利用可能な点もメリット。

速度を重視しているのは第一に考えておきたい光回線です。

auひかりとの比較|auユーザーはかなりお得に使える

auひかり公式ロゴ

サービス名ドコモ光
auひかり
運営会社株式会社NTTドコモKDDI株式会社
月額料金【戸建向け】
2,970〜7,920円
【マンション向け】
4,180〜5,720円
【戸建向け】
5,610〜6,930円
【マンション向け】
4,180〜5,720円
実質速度上り:206.5Mbps
下り:269.1Mbps
上り:370.6Mbps
下り:429.38Mbps
工事費用16,500〜19,800円33,000円
提供エリア全国関西地方、中部地方の一部、沖縄を除く全国

続いておすすめしたいのがauひかり。

KDDIが運営しており、auユーザーであれば安く使えることが魅力の光サービスです。

『auスマートバリュー』を利用することでauのスマホ1台あたりの料金を最大1,100円抑えることができます。

例えば、5人家族であれば月のスマホ料金を最大5,500円抑えられる可能性があるというわけですね。

独自回線を使っていることもあり、実質速度が429.38Mbpsと速い点も魅力。

auユーザーや速度を求める方におすすめしたいサービスです。

ドコモ光のエリア検索から申し込み・開通までの流れは?

ドコモ光のエリア検索から申し込み・開通までの流れは?

次にドコモ光をエリア検索してから、開通するまでの手順を解説していきます。

ドコモ光の利用までの手順は以下のとおりです。

1.提供エリア確認後に申し込み手続きを行う
2.プロバイダとの契約を行う
3.工事日の予約・工事の実施
各手順を確認しておくことで、スムーズに開通を進められるようになりますよ。
それでは、各ステップを順番に解説していきます。

提供エリア確認後に申し込み手続きを行う

まずは利用予定地がドコモ光にしっかり対応しているチェックしましょう。

利用予定地の場所によって、確認ページが異なりますので注意してください。

>>東日本エリアはこちらから
>>西日本エリアはこちらから

エリアの確認後は、ドコモ光の申し込み手続きを進めていきましょう。

申し込みは以下の方法で進めることができます。

・電話
・WEB
・ドコモショップ
どれでも申し込み自体は行うことはできますが、おすすめはWEBからの申し込み。
WEBであれば24時間対応しているので、自分のペースで申し込みを進められますよ。

プロバイダとの契約を行う

次はプロバイダとの契約を行います。

ドコモ光ではBIGLOBEやplalaなど、24社のプロバイダの中からプロバイダを選択可能。

各社それぞれ魅力的なサービスを展開していますが、特におすすめなのはGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBをおすすめする理由は以下のとおり。

・他よりも速度が速い傾向がある
・違約金の補助を行なってくれる
・セキュリティソフトが1年無料で使える
特典が非常に豊富で、多くのユーザーが満足できる内容となっています。
プロバイダに悩まれている方は、ぜひ参考にしてみてください。

工事日の予約・工事の実施

プロバイダを選択した後は、工事日の予約に移ります。

光回線の工事を行う際には、必ず誰か立ち会わなければなりません。

そのため、工事日を予約する際ときは必ず予定のない余裕のある日を選択するようにしましょう。

その後はいよいよ開通工事に移ります。

工事に必要な時間はおおよそ2時間ほど。

設置してほしい場所の希望などを聞かれることもありますので、事前に機器の設置場所を決めておくと良いでしょう。

工事が完了した後は、各接続機器の設定次第、すぐにインターネットを使い始めることができますよ。

ドコモ光の提供エリア検索に関するよくある質問は?

ドコモ光の提供エリア検索に関するよくある質問は?

最後にドコモ光の提供エリア検索に関する質問をいくつか紹介していきます。

今回取り上げる質問は以下の3つです。

それでは各質問に順番に回答していきます。

ドコモ光の10ギガプランのエリア拡大はいつごろ?

ドコモ光の10ギガプランのエリア拡大予定は特に決まっておりません。

規則性などもないので、利用できない地域にお住まいの方で10ギガプランを使いたいという方は気長に待つしかないのが現状です。

どうしても高速のインターネット環境を整えたいのであれば、速度が速い傾向にある独自回線を使っているサービスもおすすめですよ。

ドコモ光が開通できるかどうかはどこで判断すればいい?

ドコモ光が開通できるかどうかは、以下の手順を踏むことでチェック可能です。

・使えるエリアかどうか検索する
・利用予定地で工事を行えるか確認する
まずはドコモ光を使えるエリアかどうか検索を行いましょう。
検索はフレッツ光の提供エリア確認ページから行うことが可能。
利用予定地のエリアによって、確認ページが異なりますので注意してください。
使えることが確認できた後は、利用予定地で工事を行えるのか確認しましょう。
利用予定地を管理している方に連絡を取り、工事ができるかどうかチェックしてください。

そもそも光回線がエリア外だった場合はどうするのがベスト?

そもそも光回線がエリア外という方には以下のサービスがおすすめです。

・モバイルルーター
・ホームルーター
モバイルルーターとホームルーターは光ファイバーではなく、各キャリアの回線を用いることで通信を行います。
そのため、光ファイバーが引っ張られていないエリアでも利用可能。

最近ではかなり速度も速くなってきているので、光回線が使えない環境に住んでいる方には自信を持っておすすめできます。

まとめ:ドコモ光はエリア検索だけでなく開通可能かも調べよう

本記事ではドコモ光のエリア検索について解説してきました。

ドコモ光が使えるかどうか調べる際には、エリア検索だけでなく、工事ができるかどうか事前に調べておくことも重要です。

また、光ファイバーが通っていないなどの理由で光回線が使えない場合は、モバイルルーターやホームルーターなどのサービスがおすすめですよ。

ドコモ光が気になっている方はぜひ本記事を参考にしながら、利用予定地で使えるかどうかチェックしてみてください。