光回線

docomo(ドコモ)光の評判はプロバイダで全て決まる|本当の評判は?

在宅ワークやオンラインゲームを快適に行うためにドコモ光を検討されているのではないでしょうか?

ドコモ光は回線も比較的に安定しており、ドコモユーザーであればお得に光回線を利用することが可能です。

また、ドコモ光を検討する中で

「どんなプランがあるの?」

「評判は良いの?悪いの?」

「どんなメリットデメリットがあるの?」

などといったお悩みも合わせてお持ちかと思います。

【この記事で分かること】
・ドコモ光の基本情報

・ドコモ光の評判
・ドコモ光のメリットデメリット

といった内容について解説していきます。

 

  1. ドコモ光はどんな光回線?基本情報を押さえておこう
    1. ドコモ光の料金プラン
    2. ドコモ光の提供エリア
  2. docomo(ドコモ)光は何が評判?|競合他社との比較表
  3. docomo(ドコモ)光の評判はどうなってる?|良い口コミを解説
    1. 特にファミリー層にはお得
    2. 通信速度はかなり安定している
    3. プロバイダを選べるのはドコモ光だけ
  4. docomo(ドコモ)光の評判は良いものだけじゃない|悪い口コミを解説
    1. 月額料金が高くなることがある
    2. 通信速度が遅い場合がある
    3. プロバイダによって性能や特典が異なる
  5. docomo(ドコモ)光の評判から考える|利用するメリットは?
    1. プロバイダが自由に選べる
    2. docomoユーザーならセット割がきく
    3. 提供エリアが広いため基本的には利用可能
  6. docomo(ドコモ)光の評判から見えた|利用するデメリットは?
    1. 違約金などの料金が比較的高い
    2. 割引金額が少ない
    3. サービス利用までが長い
  7. docomo(ドコモ)光の評判からわかる注意点
    1. プロバイダによって速度がかなり変わる
    2. docomoユーザー以外は料金が割高
    3. 急ぎで光回線を用意したい場合は不向き
  8. docomo(ドコモ)光の評判はプロバイダ次第|2022年おすすめのプロバイダ
    1. GMOとくとくBB:とにかく特典が豊富なプロパイダ
    2. ぷらら:解約金が発生しないローリスクなプロパイダ
    3. nifty:サポート面がしっかりしているプロパイダ
  9. docomo(ドコモ)光に関するよくある質問は?
    1. ドコモ光は苦情が殺到してるって聞いたけど本当?
    2. ドコモ光の10ギガプランについて詳しく知りたい
    3. ドコモ光は後からプロバイダ変更できる?
  10. docomo(ドコモ)光は評判の良いプロバイダから選ぶのがおすすめ

ドコモ光はどんな光回線?基本情報を押さえておこう

ここではドコモ光の評判をお伝えする上で必要になる基本情報について表を用いて解説していきます。

通信速度月額料金事務手数料解約金
戸建て最大1Gbps5,720円3,300円14,300円
マンション4,400円8,800円

表の通りドコモ光は戸建て・マンションによって月額料金や解約金が異なることがわかります。

また、ドコモ光は光コラボですのでモバイルWi-Fiやホームルーターと比べ回線は安定しており、速度も最大1Gbpsと快適にネットを利用することができます。

このほかにも、

「プラン別の料金も知りたい」

「提供エリアを確認したい」

といったお悩みをお持ちかと思うのでここでは、

といった2つの内容について詳しく解説していきます。

ドコモ光の料金プラン

ドコモの料金プランは

・タイプA
・タイプB
・タイプC
・ドコモ光ミニ
・単独タイプ

といった5つのプランが存在します。

では、各プランの2年契約の際に必要になる月額料金をご覧下さい。

戸建てマンション
タイプA5,720円4,400円
タイプB5,940円4,620円
タイプC5,720円4,400円
ドコモ光ミニ2,970円〜6,270円4,180円
単独タイプ5,500円×

戸建ての場合タイプA・Cに値段の違いがありませんが、タイプCはケーブルテレビがプロパイダとなりネット回線を利用することが可能となります。また、タイプCは提供エリアが絞られているため注意が必要です。

ドコモ光の提供エリア

結論を先にお伝えすると、ドコモ光は全ての都道府県が提供エリア内です。

また、提供エリアは

・NTT東日本エリア
・NTT西日本エリア

といった2つに区分されています。

しかし、全国にドコモ光が提供されているとお伝えしましたが、一部地域は提供エリア外の場合があります。ですので、ドコモ光を検討される場合は、提供エリアの確認が重要になります。

 

docomo(ドコモ)光は何が評判?|競合他社との比較表

実際に光回線の契約を検討する上で、最初に上がる候補が

・ドコモ光
・au光
・ソフトバンク光

といったスマホキャリア連携している光回線ではないでしょうか?

結論を先にお伝えすると、3社ともに月額料金や通信速度などといった内容に大差はありません。

参考までに3社の月額料金や通信速度などをまとめた表をご覧下さい。

月額料金最大速度対応エリアセット割解約金
戸建てマンション戸建てマンション
ドコモ光

5,720円4,400円1Gbps全国1,100円 14,300円8,800円
au光

5,720円4,455円1Gbps 16,500円7,700円
ソフトバンク光

5,720円4,180円1Gbps 10,450円

表をご覧頂くと、月額料金や速度・そのほかの項目も大差はないことがわかります。また、特別差が出るのは解約金くらいになります。

では、あまり差がない3社の光回線ですが、この中でもドコモ光はプロパイダが選ぶことができるという点で評判が高いです。

詳しくは「プロバイダを選べるのはドコモ光だけ」で解説していきます。

 

docomo(ドコモ)光の評判はどうなってる?|良い口コミを解説

ドコモ光の基本情報や他社の光回線との違いをお伝えしてきましたが、実際に気になるのはドコモ光に寄せられる口コミではないでしょうか?

ここではドコモ光の良い口コミを

といった3つの内容をもとにお伝えしていきます。

特にファミリー層にはお得

家族全員がドコモユーザーだとお得にドコモ光を利用することが可能です。というのもドコモ光はドコモユーザーであれば、スマホ代が毎月最大1,100円の割引が適用されます。

この割引は家族の一人一人のスマホに適用されるので、4人家族で全員がドコモユーザーであれば毎月最大4,400円割引されることになります。

例えば、4人家族でマンション住まいの場合ですと、月額料金が4,400円ですので実質無料でドコモ光を利用することが可能です。

口コミの通り、家族全員がドコモユーザーであればドコモ光の利用はおすすめです。

通信速度はかなり安定している

ドコモ光の通信速度は比較的に安定しています。通信速度が安定している要因として、回線方式にIPv6が利用されるようになったことが考えられます。

IPv6をざっくり説明すると、”よりネット回線への接続が簡単になる”ということです。従来のIPv4では回線の渋滞が起き、快適にネットを利用することができませんでした。しかし、IPv6が新しく導入されたことで、回線の渋滞を緩和することができ、快適にネットを利用することが可能となりました。

Twitter / ?

口コミの通り、IPv6に対応しているルーターを利用することで、通信速度が改善していることがわかります。

プロバイダを選べるのはドコモ光だけ

数ある光回線の中でプロパイダを選べるのはドコモ光だけです。

プロパイダとは、回線とインターネットを繋ぐ事業者のことです。

後の「プロバイダが自由に選べる」で詳しくお伝えしますが、プロパイダによって通信速度は異なります。他社の光回線であればプロパイダを選ぶことができないため、リスクが大きいです。

しかし、ドコモ光の場合であれば約20種類のプロパイダの中から自分にあった最適なプロパイダを選ぶことができます。

口コミの通り、数多くあるプロパイダの中から選ぶのは少々大変ということがわかります。

ですのでプロパイダは

・料金
・速度
・特典

などといった3つの点を踏まえ、選ぶことがおすすめです。

 

docomo(ドコモ)光の評判は良いものだけじゃない|悪い口コミを解説

ドコモ光の良い口コミについて解説していきましたが、良い評判があれば当然悪い評判もSNS上に存在します。その悪い評判のなかでもここでは

以上3つの内容をもとに解説していきます。

月額料金が高くなることがある

ドコモ光は月額料金が高くなる場合があります。その原因として、追加オプションが考えられます。具体的には

・保証オプション
・テレビオプション

などが挙げられます。この2つのオプションに加入してしまうと、合わせて月々約1,000円〜3,000円程度の費用が発生してしまいます。契約前にすすめられますが、基本的には必要ありません。

また口コミの通り、解約するにも解約金が発生するうえ、解約手続きも面倒ですので無駄な出費を抑えたい方はオプションに加入しないことがおすすめです。

以上のオプションの内容とは別に、契約プランのドコモ光ミニと単独タイプは基本料金に加え、別途プロパイダの費用も発生するので注意が必要になります。

通信速度が遅い場合がある

SNS上には

「通信速度が遅い」

といった悪い評判やクレームも多く見受けられますが、実際にドコモ光はお住まいの地域や建物によって通信速度が異なります。なかでもマンションにお住まいの方は特に影響を受けやすいです。

口コミからわかることは、マンションは戸建てに比べ月額料金が安く利用できますが、配線設備の関係で速度が出にくいということです。マンションの回線は、ほかの契約者と共有しないといけないために回線の混雑が発生してしまいます。

改善策としては、プロパイダを変更することが挙げられます。

口コミの通り、プロパイダを乗り換えることで速度が改善する例もあるので、ぜひマンションにお住まいの方で速度が改善しない場合は、プロパイダを変更することがおすすめです。

プロバイダによって性能や特典が異なる

ドコモ光は約20種類のプロパイダの中から選べるとお伝えしました。種類が豊富なためプロパイダを適当に選んでしまうと

「特典がない」

「料金が高い」

「速度が遅い」

などといったトラブルに遭遇してしまう可能性があります。

口コミの通りにプロパイダによって速度が異なることがわかります。

「特にこだわりがない」

といった方は、料金が安くキャッシュバックが高額なプロパイダを選ぶことがおすすめです。

 

docomo(ドコモ)光の評判から考える|利用するメリットは?

ドコモ光の評判について解説していきましたが、口コミの内容を踏まえた上で、ここではドコモ光のメリットを

といった3つの内容をもとに解説していきます。

プロバイダが自由に選べる

再三にわたりお伝えしていますが、ドコモ光の最大のメリットはプロパイダが自由に選べるということです。

ドコモ光の選べるプロパイダの料金はタイプA・Bに分けられています。おすすめはタイプAです。なぜなら、タイプAがタイプBよりも月額料金が安いからです。さらには、タイプAのプロパイダはキャッシュバックを行なっているところが多いです。

タイプAの方が

・月額料金が安い
・キャッシュバックを行なっているところが多い

とお伝えしましたが、このほかにタイプAのプロパイダでは無料でルーターを貸し出してくれるところが多いです。

月額料金も安く無料でルーターも利用できるので

「価格を抑えたい」

と考えられている方におすすめします。

docomoユーザーならセット割がきく

ドコモユーザーであれば真っ先にドコモ光を検討するべきです。なざなら、前でもお伝えした通り、ドコモユーザーであればセット割が適用されるからです。au・ソフトバンクなどのユーザーの方には残念ながらセット割が適用されないのでおすすめできません。

セット割は、一人一人のスマホに月額最大1,100円の割引が適用されます。

「親元を離れている」

「単身赴任で自宅を空けている」

などといった場合でもファミリー割引で契約されていれば割引の対象となります。なお、このセット割が適用される条件として

・ギガプランの利用かつ、ドコモ光の定額プランで解約している
・「カケホーダイ&パケあえる」に契約している
などといった条件を満たしておかなければなりません。

提供エリアが広いため基本的には利用可能

ドコモ光は全国で利用できるため提供エリアは広いです。しかし、お住まいの地域や建物によってはドコモ光回線が開通してないところもあるので利用することができません。

提供エリアの確認から申し込みの手順は以下の通りです。

1:ドコモ光に提供エリアについて問い合わせ

2:提供エリア判定

3:契約の確認/工事日程の調整

4:回線開通

万が一提供エリア外だった場合は、ドコモ光に限らずほかの光回線も利用できない可能性が高いです。

その際は、ホームルーターの検討をおすすめします。

 

docomo(ドコモ)光の評判から見えた|利用するデメリットは?

ドコモ光の良い評判をもとにメリットについて解説していきました。では、実際にドコモ光のデメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

ここでは悪い評判のなかでも特に多い

などといった内容をもとに、ドコモ光のデメリットについて解説していきます。

違約金などの料金が比較的高い

ドコモ光は契約期間途中で解約してしまうと、最大約40,000円近くの違約金を支払わないといけなくなります。具体的な解約金の内訳が

・解約違約金
・工事撤去費
・レンタル備品の返送料

などといった大きく3つに分けられます。

レンタル備品の返送料は数百円程度ですが、解約違約金や工事撤去費は20,000円近くなるので契約途中の解約はおすすめできません。

「違約金を抑える方法はないの?」

と悩まれている方もいらっしゃると思いますが、結論をお伝えすると違約金を抑える方法はあります。その方法は

・契約更新の当月〜翌々月の間で解約手続きを行う
・キャッシュバックで違約金を補う

といった2つの方法です。

契約更新を迎えた当月から翌々月を合わせた計3ヶ月の間に解約手続きを行えば違約金は発生しません。また、あらかじめ高額キャッシュバックを保管しておくことで、途中解約でも違約金を補うことができるので実質無料で解約することが可能です。

割引金額が少ない

ドコモ光は他社と比べ割引金額が少ないです。三代キャリアと言われているソフトバンクやauの光回線にはキャッシュバックがあるのに対し、ドコモ光はdポイントの贈呈とやや見劣りしてしまいます。

・ドコモ光:dポイント最大10,000p贈呈
・ソフトバンク光:最大75,000円キャッシュバック
・au光:最65,000円キャッシュバック

しかしながら、ドコモユーザーであればdポイントは

・コンビニ
・飲食店

などといったあらゆる場面でキャッシュレス決済として利用することができるので、ドコモユーザーは嬉しい特典といえます。

私自身、ドコモユーザーとしてdポイントをコンビニなので頻繁に利用するので、この特典はかなり嬉しいです。

サービス利用までが長い

ドコモ光は申し込みからサービスを利用するまでの期間が長いです。具体的には、工事期間が2週間〜1ヶ月かかるのですぐには利用できません。また、繁忙期であれば回線の開通までに1ヶ月以上かかることも考えられます。

口コミを見ても、回線の開通まで2週間かかることがわかります。

開通工事は立ち合いでの作業になりますが、土日・祝日では追加料金(3,300円)が発生するので、追加料金を払いたくない場合は平日に工事を依頼することをおすすめします。

また、契約するプロパイダによっては無料でWi-Fiをレンタルできるサービスがあるので、開通するまでWi-Fiをレンタルすることでネットを利用することが可能です。

 

docomo(ドコモ)光の評判からわかる注意点

ここまでで、ドコモ光への評判をもとにメリットデメリットなどについて解説していきました。では、ドコモ光を利用する上での注意点はあるのでしょうか?

「契約したけど望むものと違った」

といったことが起きないよう、ここでは

などといった3つの内容をもとに、ドコモ光の注意点を解説していきます。

プロバイダによって速度がかなり変わる

ドコモ光で選ぶことができるプロパイダは種類によって速度が前後します。価格が安いタイプAのプロパイダの中で、通信速度が速いと言われているのが以下の3つです。

平均速度順位プロパイダ名タイプ平均速度
1GMOとくとくBBA284Mbps
2SYNAPSEA257Mbps
3ドコモnetA253Mbps

平均速度が速い上位3つのプロパイダでも約30Mbpsの差があります。また、タイプAの中で一番平均速度が遅いと言われているのが「hi-no」というプロパイダで、平均速度が100Mbpsです。

一番速い「GMOとくとくBB」と比べると約180Mbpsもの差があります。これだけ速度に違いが出ると日常生活でネットを利用する上でも影響が出ることがわかります。

このことからプロパイダによって速度が変わるので、プロパイダ選びは重要だということが言えます。

docomoユーザー以外は料金が割高

ドコモ光はドコモユーザーに特化した光回線ですので、それ以外の方がドコモ光を利用するのは割高です。基本的には、現在使用されているスマホのキャリアが提供している光回線を利用することがおすすめになります。

・au→au光
・SoftBank→ソフトバンク光/NURO光
補足までに、ソフトバンクはNURO光とも連携しているので、NURO光の料金プランにはソフトバンクとセット割が存在します。
ドコモ光の基本料金は、戸建ての場合月額5,720円です。ドコモユーザーであれば携帯代が最大1,100円割引されるので、4人暮らしだと携帯代が4,400円もお得ということになります。この場合だと、ドコモ光の月額料金が実質2,000円以下で利用することができます。
この家族割もドコモユーザーのみの適用なので、それ以外の方がドコモ光を利用するとかなり割高になります。

急ぎで光回線を用意したい場合は不向き

今すぐにでも光回線を利用したいと思われている方にはドコモ光は不向きです。というのも、光回線を開通させるには開通工事が必要不可欠になります。

ですので、申し込みをして開通させるまでに早くて2週間、遅くて1ヶ月という期間を要します。

「今すぐにオンラインゲームをやりたい」

「オンライン会議でネットが至急必要」

といった方に光回線は、時間を要するためおすすめできません。どうしても今すぐにネット環境を整えたい方はホームルーターの検討をおすすめします。

口コミの通りホームルーターは、申し込みが最短で翌日発送されるほか、コンセントを差すだけでネット環境を利用することが可能です。このことから、今すぐにネットを利用したい方にはホームルーターが大変おすすめになります。

ホームルーターの詳しい内容はこちらから確認できます。「据え置きWi-Fiのおすすめランキング5選!最も手軽に使えるWi-Fiはこれだ

 

docomo(ドコモ)光の評判はプロバイダ次第|2022年おすすめのプロバイダ

結論からお伝えすると、光回線の速度の安定性などはプロパイダ次第です。したがって、ドコモ光を契約するとともに

「どこのプロパイダと契約するか」

といったことが重要になります。

ですのでここでは2022年おすすめの

以上3つのプロパイダについてご紹介します。先にお伝えしておくと3つのプロパイダは、いずれもIPv6の回線方式を利用しているので、さくさくネットを利用することが可能です。

GMOとくとくBB:とにかく特典が豊富なプロパイダ

GMOとくとくBBはとにかく特典が豊富なプロパイダです。主な特典は以下の通りになります。

・Wi-Fiルーター無料レンタル
・セキュリティー1年間無料
・ドコモ光契約で2,000pt還元
・他社からの乗り換えで20,000円キャッシュバック
・GMOとくとくBB契約で20,000円キャッシュバック

まだまだこのほかにも特典があるので、GMOとくとくBBは特典が豊富なプラパイダということがわかります。

また、GMOとくとくBBは2年連続でお客様満足度No.1とかなり評判も良いです。

これだけ特典の豊富なGMOとくとくBBですが、通信速度も安定しており

・在宅ワーク
・オンラインゲーム

といった際にもストレスなく快適にネットを利用することが可能です。

「多くの特典を受けたい」

「速度も安定したプロパイダが良い」

といった方には特におすすめのプロパイダになります。

ぷらら:解約金が発生しないローリスクなプロパイダ

ぷららは、数あるプロパイダの中で解約金の発生しないという特徴があります。

「途中で解約するかもしれない」

と頭の片隅で思っている方はとくにおすすめです。通常のプロパイダでは、解約金が発生します。参考までに、以下の解約金の相場をご覧下さい。

居住形態解約金
戸建て約10,000〜20,000円程度
マンション約8,000〜20,000程度

冒頭でぷららは解約金は発生しないとお伝えしましたが、工事費の残債は発生します。

・1年での解約:約13,000円
・2年での解約:約3,000円

とはいえ、他社のプロパイダでは解約金が基本的に発生するものなのでリスクを抑えることは可能です。

口コミの通り、ぷららは通信速度も安定しているので、ネットを利用する上では十分なプロパイダということがいえます。

nifty:サポート面がしっかりしているプロパイダ

niftyは、サポートやセキュリティーがしっかりしているプロパイダです。よくプロパイダに関する苦情で多いのが、

「サポート対応が最悪」

といったものが目立ちます。しかしniftyは、公式のサポートページが充実しているため、電話で問い合わせしなくても十分に悩みを解決することが可能です。

niftyは、ネットに弱い方のために月額550円の「@まかせてnifty 365」という有料通話サービスもあります。こちらは無料の通話サービスより繋がりやすいということが特徴です。

口コミの通りniftyは、速度も十分に速いことがわかるので、

「サポート体制を重視したい」

「快適な速度でネットを利用したい」

という方におすすめなプロパイダになります。

 

docomo(ドコモ)光に関するよくある質問は?

ドコモ光の問い合わせサイトには数多くの質問が寄せられています。ここでは、その質問の中でも特に多い

といった3つの内容について詳しく解説していきます。

ドコモ光は苦情が殺到してるって聞いたけど本当?

結論をお伝えすると、ドコモ光に苦情が殺到しているのは本当です。しかしながら、悪い印象だけが汲み取られているのもまた事実になります。

苦情の内容で一番多いものが「ネットが遅い」といったものです。

実際に速度が遅くなるのは、光回線・ホームルーター・モバイルWi-Fiすべての回線にいえることですので、一概にドコモ光が悪いわけではありません。

改善策としては、

・ルーターを再起動させる
・ルーターの配置を変更する
・プロパイダを乗り換える

といった方法を試すことで速度が戻る可能性が高いです。

ドコモ光の10ギガプランについて詳しく知りたい

ドコモ光の10ギガプランとは、最大通信速度が10Gbpsの超高速インターネットを利用することが可能なプランです。

通常の光回線は最大速度が1〜2Gbpsといわれているなか、なんとドコモ光の10ギガプランでは10Gbpsでるのでおよそ5倍も速度に差があります。これだけの速度があれば

・大容量のコンテンツ
・複数デバイスの接続

といったことも快適に利用することが可能です。

10ギガプランには以下の3つの料金タイプに区分されます。

タイプAタイプB単独タイプ
契約内容定期契約あり定期契約なし定期契約あり定期契約なし定期契約あり定期契約なし
月額料金6,930円8,580円7,150円8,800円6,490円8,140円

これだけ有能な10ギガプランですが、残念ながら提供エリアが限られています。

提供エリア市区町村
東京都東京23区
狛江市
調布市
三鷹市の一部
名古屋県名古屋市
大阪府大阪市

今後も提供エリアは順次拡大予定ですので、お住まいの地域でも10ギガプランを利用できる可能性は十分にあります。

ドコモ光は後からプロバイダ変更できる?

ドコモ光では、契約期間中でもプラパイダの変更は可能です。変更の問い合わせをすると、最短10日で変更が可能です。10日以降は日時指定が可能なので

「届く日時を把握しておきたい」

とお考えの方は日時指定することをおすすめします。

しかし、プロパイダの変更には手数料(3,300円)が発生します。ですので、プロパイダの変更際には、手数料が無駄にならないように選択するプロパイダは十分に考えなといけないことがわかります。

 

docomo(ドコモ)光は評判の良いプロバイダから選ぶのがおすすめ

ここまででおすすめのプロパイダについて

・GMOとくとくBB
・ぷらら
・nifty

などといったプロパイダを解説してきましたが、最終的には評判の高いプロパイダをおすすめします。

なぜなら特典や解約金・サポートの他にもお住まいの地域や建物によってもプロパイダの評判は異なるからです。この点を踏まえた上でプロパイダを選ぶと失敗する確率を抑えることが可能になります。

また、ドコモ光ではプロパイダの変更も可能なので、満足のいく性能でなければ変更することをおすすめします。