光回線 光回線のおすすめ比較

光コラボを比較するとすべて悪質業者?本当かどうかを徹底解剖

「光コラボって本当に安全?どこも悪質業者じゃないの?」

「どこの会社がおすすめなのか知りたい」

「そもそも光コラボって何?」

フレッツ光回線とプロバイダがセットになった通信サービスである光コラボ。

気になる方が多いともいますが、実際にどんなものなのかわからなくて契約を躊躇してしまうという方が多いはずです。

そこで、今回は光コラボが悪質だと言われる理由やおすすめの光コラボや光回線などをご紹介。

最後まで読むことで、光コラボの理解が深まり、自分に合った光回線サービスを選べるようになりますよ。

それでは解説していきます。

【この記事でわかること】
・光コラボが悪質業者だと言われている理由
・光コラボを契約する前に知っておくべき情報
・おすすめの光コラボ
【当サイトおすすめの光コラボ3選】
光コラボ業者使用回線月額料金
フレッツ光5,390円〜
フレッツ光4,620円〜
フレッツ光5,060円〜

光コラボが悪質業者だと言われる理由一覧

光コラボが悪質業者だと言われる理由一覧

まずは光コラボが悪質業者だと言われる理由をいくつかご紹介。

結論から言うと光コラボが悪いという事例はほとんどなく、だいたいが悪質な代理店によるものです。

事前に悪質業者と言われる理由を覚えておくことでトラブルを回避できることがあります。

悪い業者に騙されてしまわないためにもしっかりチェックしておきましょう。

光コラボが悪質業者だと言われている主な理由は次のとおりです。

各理由について詳しく解説していきます。

勧誘電話がしつこくて鬱陶しい

光コラボに悪い印象を与える理由のひとつとして、勧誘電話がしつこくて鬱陶しいことが挙げられます。

代理店の中には何度も光コラボの契約を勧めてくる業者がおり、鬱陶しく思った経験がある方が多いはずです。

断っても断っても電話してくるので、正直良い気分ではないですよね。

「なぜこんなに電話してくるの?」と思った方も多いと思います。

代理店が必死に営業している理由は、契約を結ぶことで光回線会社から紹介料をもらっているためです。

顧客に契約を結ばせれば結ばせるほど代理店は儲かるわけですね。

契約を結んでもらうため、条件を隠して契約を勧めてくることもありますので注意しましょう。

あまりにも鬱陶しいときは、以下のような対処法が有効です。

・何度もかけてくる業社の電話番号を迷惑電話に登録しておく
・すでに他のサービスに契約している旨を伝える
・代理店に直接電話する
勧誘の電話に困っている方は、ぜひ試してみてください。

NTTを装って電話をかけてくる

光コラボが悪質だと言われている2つ目の理由は、NTTを装って電話をかけてくることがあるためです。

悪質な通信会社は、NTTを装って電話をかけてくることがあります。

NTTという大手企業の名前を出すことで、相手を安心させようとしているわけですね。

しかし、光コラボというのはプロバイダが提供しているもの。

そのため、NTTやその関連会社などが光コラボの営業を行うことはまずないです。

さらに言えば、NTTだけでなくプロバイダが電話で直接営業を行うことはほとんどなく、だいたいが代理店による勧誘です

NTTやその関連会社、大手プロバイダ会社などを名乗った業者から電話による営業があった場合は注意しましょう。

乗り換え・転用という説明をせずに話を進めてくる

乗り換え・転用といった説明をせずに契約を進めようとすることも、光コラボが良くないと言われる理由のひとつです。

存在する全ての代理店が悪いわけではありませんが、中には詳しい契約内容を伝えずに光コラボの説明を進めてくる業者がいます。

そのまま契約に進んでしまうと、勝手に乗り換え・転用をさせられるかもしれません。

例えば、以下のような業者は危険な可能性が高いので注意してください。

・不安を煽るようなことを言い、すぐに契約するように迫ってくる
・「安くするために必要」などと言いながら『転用承諾番号』などを聞いてくる
「安くなる」や「インターネットが使えなくなる」といった言葉に惑わされず、冷静に対応しましょう。

光コラボを比較して契約する前に知っておきたい事

光コラボを比較して契約する前に知っておきたい事

次に光コラボを比較して契約する前に知っておきたい事について解説していきます。

結論から言うと、フレッツ光に加入しているほとんどの方は光コラボにした方がお得です。

同じ回線を使っているのにも関わらず月額料金が安くなる可能性が高いですし、各事業者ごとの特典やサービスを受けられます。

契約する前に知っておきたいことは次のとおり。

各項目について順番に解説していきます。

光コラボは全てフレッツ光回線

光コラボの回線は全てフレッツ光の回線が使われています。

光コラボを提供している会社がフレッツ光回線を借りて、さまざまな特典やサービス、キャンペーンなどとセットにしたものが光コラボというわけです。

特典やサービスは各会社によって異なり、この違いによって他の会社との差別化を図っている訳ですね。

特典やサービスには以下のようなものがあります。

・キャッシュバック
・スマホ料金の割引
・Wi-Fiルーターの無料貸し出し
光コラボの会社を選ぶ際は自分の使っているスマホのキャリアやキャッシュバック金額を見ながら、自分にあった会社を選ぶようにすると良いでしょう。
また、フレッツ光から変更する場合は、オプションに注意しなければなりません。
以下のようなオプションは転用してしまうと利用できなくなります。
・『フレッツメンバーズクラブ』や『CLUB NTT-West』
・『フレッツ・まとめて支払い』
上記のオプションをよく利用している方は気をつけていください。

転用ならフレッツ光の違約金はかからない

転用する際に、フレッツ光の解約金および違約金はかかりません。

通常、フレッツ光のプランである『にねん割』や「光はじめ割」を更新月以外で解約してしまうと以下の解約金がかかります。

2年わり光はじめ割
一戸建て10,450円11,000円
集合住宅1,650円7,700円

転用であれば、新月以外に解約しても高額な解約金が請求されません。

また、フレッツ光と全く同じ回線を利用しているので、工事費用を払い終えてるのであれば工事費用も無料です。

ただし、契約しているプロバイダによっては違約金を支払わなければならなくなるケースがあります。

それは、他の会社が行なっているサービスに転用する際にプロバイダの変更を行う場合です。

会社によって異なりますが、場合によっては5,000円ほど請求されることがあります。

フレッツ光から転用するときは違約金などを考慮しつつ、利用中のプロバイダをそのまま利用するのか、または変更するのかしっかり考えましょう。

光コラボ同士なら何度でも乗り換えできる

光コラボ同士であれば何度でも乗り換えられるとういメリットも。

他の事業者に変更することで以下のような恩恵を受けられる可能性があります。

・回線速度が向上する
・月額料金が安くなる
・自分にあったキャンペーンが受けられる

「今使っているものよりも他の会社の方が自分には良さそう!」

と思ったときに気軽に変更することができるわけですね。

また、同じ回線を利用しているので、もちろん工事費用は無料です。

ただし、事業者の変更に伴い3,000円程度の事務手数料はかかります。

フレッツ光と比較した時は光コラボの方が安い

月額料金で比較すると、ラボの方が安い傾向があることも覚えておきましょう。

今回はプロバイダ『OCN』を例に見ていきます。

『OCN』の各プランの月額料金は以下のとおりです。

フレッツ光(OCN光)光コラボ(OCN光)
一戸建てNTT東日本:6,710円
NTT西日本:5,940円
5,160円
集合住宅NTT東日本:4,565円
NTT西日本:4,026円
4,026円

なお、フレッツ光の集合住宅プランの料金は最も安くなった時の料金を表示しています。

どちらも光コラボの方が安いことがわかりますね。

また、フレッツ光では光回線の利用料金とプロバイダ料金が分かれていますが、光コラボはプロバイダ込みの料金です。

支払い先がひとつにまとまるため計算がしやすいというメリットがあります。

できるだけ支払い先を減らしてシンプルにしたい方にも光コラボへの転用はおすすめです。

勧誘電話から契約するメリットはない

勧誘電話から光コラボに契約するメリットはまずありません。

先述したように電話による光コラボの勧誘は、NTTや大手プロバイダによるものではなく、代理店が行なっていることがほとんど。

自社の利益だけを最優先する悪質な企業も多いため、電話からの契約はおすすめできません。

光コラボへの乗り換え・転用を行うときは、事前に各事業者の評判や料金プランなどをよく調べ、自分で契約することをおすすめします。

 

当サイトおすすめの光回線はこちら

光コラボレーション事業者の種類一覧|本当におすすめな事業者はどこ?

次に光コラボレーション事業者をいくつかご紹介。

本当におすすめできる会社のみをピックアップしていますので、光コラボ選びに悩まれている方は必見ですよ。

今回紹介する光コラボ事業は次のとおり。

それでは、各光コラボの詳細を見ていきましょう。

SoftBank光(ソフトバンク光):ソフトバンクユーザーならセットで安い

会社名ソフトバンク株式会社
使用回線フレッツ光
最大速度上り:1Gbps、10Gbps
下り:1Gbps、10Gbps
月額料金【SoftBank 光 ファミリータイプ(戸建て)】
6,930円(※自動更新ありプランの場合5,720円)
【SoftBank 光 ファミリータイプ(集合住宅)】
5,390円(※自動更新ありプランの場合4,180円)
【SoftBank 光 ファミリータイプ・10ギガプラン(自動更新あり)】
7,480円(キャンペーン適用で5,720円)
【SoftBank 光 ファミリータイプ・10ギガプラン(自動更新なし)】
8,690円(キャンペーン適用で6,930円)
事務手数料契約事務手数料:3,300円
開通工事費用【派遣工事費あり(屋外・宅外工事あり)】
工事費用:26,400円
【派遣工事費あり(宅外工事あり)】
工事費用:10,560円
【派遣工事費なし】
工事費用:2,200円
※『乗り換え新規でキャッシュバック/割引キャンペーン』適用で実質0円

SoftBank光は、ソフトバンク株式会社が提供している光コラボレーションサービス。

回線はフレッツ光を使用し、プロバイダはYahoo!BBです。

最大の魅力はソフトバンクユーザーに対する割引で、家族4人がソフトバンクのスマホを利用していれば最大4,400円の割引ができます。

月額基本料金は光コラボの中では高いとも安いとも言えないラインのため、しっかり割引のできるソフトバンクユーザーにおすすめの光コラボです。

 

docomo光(ドコモ光):docomoユーザーなら更に割引

会社名NTT docomo
使用回線フレッツ光
最大速度上り:1Gbps、10Gbps
下り:1Gbps、10Gbps
月額料金【ドコモ 光 1ギガ タイプA(戸建て)】
7,370円(※自動更新ありプランの場合5,720円)
【ドコモ 光 1ギガ タイプB(戸建て)】
7,590円(※自動更新ありプランの場合5,940円)
【ドコモ 光 1ギガ 単独タイプ(戸建て)】
7,150円(※自動更新ありプランの場合5,500円)
【ドコモ 光ミニ(戸建て)】
4,620〜7,920円(※自動更新ありプランの場合2,970〜6,270円)
【ドコモ 光 1ギガ タイプA(集合住宅)】
5,500円(※自動更新ありプランの場合4,400円)
【ドコモ 光 1ギガ タイプB(集合住宅)】
5,720円(※自動更新ありプランの場合4,620円)
【ドコモ 光 1ギガ 単独タイプ(集合住宅)】
5,280円(※自動更新ありプランの場合4,180円)
【ドコモ 光 10ギガ タイプA】
8,580円(※自動更新ありプランの場合6,930円)
【ドコモ 光 10ギガ タイプB】
8,800円(※自動更新ありプランの場合7,150円)
【ドコモ 光 10ギガ 単独タイプ】
8,140円(※自動更新ありプランの場合6,490円)
事務手数料契約事務手数料:3,300円
開通工事費用【戸建て】
工事費用:19,800円
【集合住宅】
工事費用:16,500円

docomo光は、NTT docomoが運営している光コラボ。

回線はフレッツ光、プロバイダは24社の中から選択可能です。

ドコモのスマホを利用していれば最大1,100円の割引が可能なため、ドコモユーザーはかなりお得に利用できます。

また、定期契約プランを更新するたびに3,000ポイント分のdポイントも手に入れられます。

月額料金を割引できるドコモユーザーにおすすめの光コラボです。

 

So-net光プラス(ソネット光プラス):安定回線でサクサク快適

会社名ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
使用回線フレッツ光
最大速度上り:1Gbps
下り:1Gbps
月額料金【So-net 光(戸建て)】
6,270円(※自動更新ありプランの場合5,720円)
【So-net 光(集合住宅)】
5,060円(※自動更新ありプランの場合4,510円)
事務手数料契約事務手数料:3,300円
開通工事費用【戸建て】
工事費用:26,400円
【集合住宅】
工事費用:26,400円

So-net 光プラスは、フレッツ光回線を利用したSo-netの光コラボサービスです。

本サービスの特徴は、安定した回線速度にあります。

v6プラスというIPv4/IPv6の両方に接続できる技術を採用することで、回線の混雑を避けることが可能に。

また、v6プラスに対応したWiFiルーターの無料貸し出しも行なっています。

安定した回線を求めている方にはうってつけの光コラボです。

 

光コラボ以外で比較|独自回線でおすすめの光回線の種類は?

光回線インターネットが安いマンション利用料金ランキングTop3

光回線サービスには、フレッツ光を用いた光コラボだけでなく、独自回線を利用するという選択肢も。

フレッツ光に比べて提供範囲は狭いですが、混雑が起こりづらく、安定した通信ができるというメリットがあります。

おすすめの独自回線サービスは次のとおり。

それぞれのサービス内容を詳しく紹介していきます。

Fon光:独自回線で速度が最速値

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3N21N3+7FX302+47FO+BXIYP
会社名フォン・ジャパン株式会社
使用回線NURO回線
最大速度上り:1Gbps
下り:2Gbps
月額料金【Fon 光】
4,378円
事務手数料契約事務手数料:3,300円
開通工事費用工事費用:44,000円

Fon光は、フォンジャパンが提供する高速インターネットサービス。

高性能なONUと通信規格GPONを採用することで、下り最大2Gbpsという速さを実現していることが最大の特徴です。

そのため、高画質な動画コンテンツの再生やオンライゲームを快適に行えます。

工事費用が44,000円と高いように見えますが、実際は工事費用と同額の割引が行われるため、実質無料。

料金の割に高速な通信が使えるため、コストパフォーマンスに優れた高速回線を探している方にぴったりの光回線です。

 

NURO光:マンションプランなら2000円台で利用可能

NURO光

会社名ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
使用回線NURO回線
最大速度上り:1Gbps、10Gbps、20Gbps
下り:2Gbps、10Gbps、20Gbps
月額料金【NURO 光 G2T プラン(戸建て)】
5,200円
【NURO 光 G2D プラン(戸建て)】
5,700円
【NURO 光 G2N プラン(戸建て)】
6,100円
【NURO 光 M2T プラン(集合住宅)】
2,090〜2,750円
【NURO 光 M2D プラン(集合住宅)】
2,530〜3,190円
【NURO 光 M2 プラン(集合住宅)】
2,970〜3,630円
【NURO 光 M2T プラン(集合住宅)】
2,090〜2,750円
【NURO 光 G10T】
5,700円
【NURO 光 G10】
8,300円
【NURO 光 20Gs】
8,517円
事務手数料契約事務手数料:3,300円
開通工事費用工事費用:44,400円(G10Tなど超高速プランは66,000円)

NURO光は、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供している高速通信がウリの光回線サービスです。

ベーシックなプランでも下り最大2Gbpsの通信が可能ですが、さらに上のプランだと10Gbpsを超える超高速通信が体験できます。

マンションプランであれば2,000円台から利用可能。

また、豊富な特典の中から自分に合った特典を選べることも特徴です。

集合住宅向けの光回線を探している方や、10Gbpsを超える環境が欲しい方におすすめ。

 

auひかり:auユーザーなら料金がお得

会社名KDDI株式会社
使用回線KDDI回線
最大速度上り:1Gbps、10Gbps
下り:1Gbps、10Gbps
月額料金【au ひかり ずっとギガ得プラン】
〜5,610円
【au ひかり ギガ得プラン】
5,720円
【au ひかり 標準プラン】
6,930円
【au ひかり ホーム5ギガ ずっとギガ得プラン】
〜5,610円
【au ひかり ホーム5ギガ ギガ得プラン】
6,270円
【au ひかり ホーム5ギガ 標準プラン】
7,480円
【au ひかり ホーム10ギガ ずっとギガ得プラン】
〜6,468円
【au ひかり ホーム10ギガ ギガ得プラン】
7,128円
【au ひかり ホーム10ギガ 標準プラン】
8,338円
事務手数料契約事務手数料:3,300円
開通工事費用工事費用:41,250円

auひかりは、KDDI株式会社が提供している独自回線の通信サービスです。

auユーザー向けのキャンペーンが豊富で、上手く使うことができれば大幅に割引できます。

例えば、光電話オプションに加入し『auスマートバリュー』を使えば1人あたり最大1,100円の割引が可能です。

KDDIの独自回線を利用していることもあり、インターネット通信も安定しています。

auユーザーで光回線を探している方にうってつけの光回線サービスです。

 

光コラボを比較する上でよくある質問は?

光コラボを比較する上でよくある質問は?

次は光コラボを比較する上での多くの方が疑問を紹介していきます。

ここからは、よくある以下の質問に答えていきます。

自分で光コラボを比較する際にぜひ参考にしてみてください。

光コラボはなぜ始まったの?

光コラボは、光回線の普及率を高めるために始まったサービスです。

以前まではフレッツ光の回線と他のプロバイダを別々に契約するのが一般的でした。

ただ、この方法では契約が複数になり、支払いの手間が増えるといった問題があります。

そこで光回線を普及させるためにフレッツ光は回線をオープンにします。

複数のプロバイダや携帯キャリアなどが、独自の強みをそれぞれ作り、それぞれの光コラボが誕生したというわけです。

このサービスの登場は、結果的に多くの光回線ユーザーを誕生させました。

光コラボはおすすめしないからやめとけって言われたけど本当に大丈夫なの?

光コラボは危険だと思っている方がいますが、光コラボというサービス自体は全く危険ではありません。

むしろ、フレッツ光よりも月額料金を安くできたり、さまざまな恩恵を受けられたりするなど、メリットが盛り沢山です。

注意したいのは電話や訪問による直接の営業をしてくる代理店です。

代理店の言われるがままに契約を進めてしまうと、知らず知らずのうちに高額なプランに契約されることもあるので気をつけましょう。

光コラボでトラブルは起きない?

光コラボの契約を進めていく中で、相手側がしっかりしたお店であれば、トラブルは起きる可能性は非常に低いです。

ただし、悪質なセールスを行う業者を相手に光コラボの契約を行なってしまうと、以下のようなトラブルに巻き込まれる可能性があります。

・自分が想定していないプランに契約していた
・無駄なオプションを大量に付けられる
・ただのプラン変更だと思ったら別の光回線と契約していた
このようなトラブルを避けるためにも、契約内容に関して気になる点があれば、光コラボを実際に提供している会社に直接問い合わせましょう。

光コラボを比較した時にメリットが無ければ独自回線のものがおすすめ

本記事では光コラボについて詳しく解説してきました。

光コラボは、通常のフレッツ光よりも安く利用できたり、豊富な特典を受けられたりといったメリットがあります。

ただし、光コラボを比較していて良いプランが見つからない場合は、回線速度が安定している独自回線もおすすめです。

ぜひ本記事を参考にしながら、自分に合った光回線サービスを探してみてください。

 

当サイトおすすめの光回線はこちら