光回線

Fon光の評判は実際どうなの?|速度や料金などを口コミから分析

「いま光回線の契約を検討していて、その光回線の中でも、Fon光の評判はどうなのかが気になる…」と悩まれてはいませんか?

光回線を契約するのであれば、少なくとも2年は契約しないと解約金を払わなければならなくなるので、契約を検討している光回線の評判はチェックしておきたいと思ってしまいますよね。

そこで本記事では、そのような悩みを抱えられている方に向けて「Fon光の評判・口コミ」などの情報をお伝えしていきます。ぜひ最後までご覧ください。

【この記事からわかること】
・Fon光の基本情報
・Fon光の良い評判・口コミ
・Fon光の悪い評判・口コミ
・Fon光をおすすめできる人
・Fon光をおすすめできない人
・Fon光を契約するにあたっての注意点

↓当サイトが厳選したおすすめ光回線3社↓

So-net光
auひかりフレッツ光
フレッツ光 ロゴ
月額料金(税込)4,928円~ 4,730円〜2,420円〜
平均通信速度(実測値)・平均下り速度:298.8Mbps
・平均上り速度:229.7Mbps
・平均下り速度:415.22Mbps
・平均上り速度:351.97Mbps
・平均上り速度:46.6Mbps〜
・平均下り速度:53.9Mbps〜
詳細公式URL公式URL公式URL

 

  1. Fon光の評判の前に知っておきたい|Fon光とはそもそも何?
  2. Fon光の評判は他社と比べてどうなの?|主要回線との比較一覧
  3. Fon光の評判はどうなってる?|良い口コミを一覧解説
    1. 月額料金が安くコスパがいい
    2. 通信速度は速くゲーマーにおすすめ
    3. カスタマーセンターの対応が丁寧
  4. Fon光の評判は賛否両論|悪い口コミを一覧解説
    1. キャンペーンがない
    2. Wi-Fiが切れてしまうことがある
    3. カスタマーセンターが無知すぎる
  5. Fon光の評判からわかる|利用するのがおすすめな人の3つの特徴
    1. 料金が安くて速い光回線を使いたい人
    2. 長期的な利用を考えている人
    3. NURO光の提供エリア内に住んでいる人
  6. Fon光は使わない方がいい?|おすすめしない人の3つの特徴
    1. 数年以内に引っ越す予定がある人
    2. すぐに使える光回線を探している人
    3. 口コミ評判を参考に光回線を決めていきたい人
  7. Fon光の評判から分析|検討する際に注意したい4つのこと
    1. 解約金は比較的高い
    2. 開通工事までには時間がかかる傾向
    3. キャッシュバックなどのキャンペーンはなし
    4. ユーザーがまだ少ないため口コミを参考にしづらい
  8. Fon光の評判に関するよくある質問は?
    1. Fon光にクーポンがあるって聞いたんだけど本当?
    2. Fon光はどこのプロバイダを契約できるの?
    3. Fon光とNURO光の違いは何?乗り換えは可能?
    4. Fon光で光テレビを見ることはできる?
    5. Fon光が繋がらない時の対処法は?
    6. Fon光でルーターレンタルはある?
  9. Fon光の評判は悪くない|他社と比較して最適な回線を選ぼう

Fon光の評判の前に知っておきたい|Fon光とはそもそも何?

Fon光の評判・口コミをお伝えする前に、まずは、そもそもFon光とは一体どんなものなのか、表を使って基本情報をお伝えしていきます。

月額料金4,378円
初期費用47,300円(工事費の44,000円込み)
契約期間2年間
キャンペーン特になし
通信速度下り最大速度:2Gbps
上り最大速度:1Gbps

初期費用については、工事費の44,000円も含めた料金を記載しています。

しかし、工事費については割引サービスを利用すれば実質無料にできるので、厳密には初期費用は3,300円が適切な料金価格といえます。

キャンペーンについては、いまのところ実施されているキャンペーンはありません。

通信速度については、理論上の数字を記載しました。常に日頃から表に記載してある数字のスピードが出るわけではないので、ご注意ください。

Fon光の評判は他社と比べてどうなの?|主要回線との比較一覧

 

ここでは、Fon光と他社の光回線の「回線速度」や「月額料金」などを、表を使って比較していきます。

今回、比較の対象となる光回線は「NURO光」「ソフトバンク光」「ソネット光」の3つです。

光回線回線速度月額料金キャンペーン提供エリア
Fon光

下り最大速度:2Gbps

上り最大速度:1Gbps

4,378円特になし北海道
関東(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬)
東海(愛知・静岡・岐阜・三重)
関西(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良)
中国(広島・岡山)
九州(福岡・佐賀)
NURO光

下り最大速度:2Gbps

上り最大速度:1Gbps

戸建てプラン:5,200円〜8,300円

マンションプラン:2,090円〜3,630円

・NURO光の1年間の月額料金が980円
・他社からの乗り換えの際の解約金を最大60,000円まで保証
・公式特設窓口から申し込むと45,000円のキャッシュバック
北海道
関東(東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・栃木・茨城)
東海(愛知・静岡・岐阜・三重)
関西(大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良)
中国(広島・岡山)
九州(福岡・佐賀)
ソフトバンク

下り最大速度:1Gbps

上り最大速度:1Gbps

戸建てプラン:5,720円

マンションプラン:4,180円

・光回線開通までWi-Fi機器を無料でレンタルできる
・他社から乗り換えの場合、解約金・初期費用費を還元してくれる
全国47都道府県
ソネット光

下り最大速度:1Gbps

上り最大速度:1Gbps

戸建てプラン:6,138円

マンションプラン:4,928円

・最大60,000円のキャッシュバック
・工事費用無料
・Wi-Fiルーター永年無料
・開通前のWi-Fiルーターのレンタル無料
全国47都道府県

 

Fon光の評判はどうなってる?|良い口コミを一覧解説

 

ここからは、Fon光の評判・口コミを詳しくお伝えしていきます。まずは良い評判・口コミからです。

月額料金が安くコスパがいい

1つ目の良い評判・口コミは「月額料金が安くコスパがいい」ところですね。

「Fon光の評判は他社と比べてどうなの?|主要回線との比較一覧」の見出しでも紹介しましたが、Fon光の月額料金は4,378円です。

もしも、戸建てに住んでいる場合だと「NURO光」と比較しても、月額料金は最低でも1,000円近く安くなるといえるでしょう。

下り最大通信速度が同じでも、月額料金にこれだけの差が出るということは、大きな差になるといえますね。

通信速度は速くゲーマーにおすすめ

2つ目の良い評判・口コミは「通信速度は速くゲーマーにはおすすめ」なところですね。

前の見出しでもお伝えしましたが、Fon光の下り最大速度は2Gbpsです。

そのため、インターネットを使ったオンライン対戦ゲームをする機会が多い人にとっては、おすすめできるといえるでしょう。

なぜなら、最大通信速度が速ければ速いほど、オンライン対戦中に発生するラグが少なくなるからです。

そのため、Fon光は、オンラインゲームをプレイする機会が多い人で、なおかつ光回線を探している人にとっては、ベストな光回線だといえますね。

カスタマーセンターの対応が丁寧

3つ目の良い評判・口コミは「カスタマーセンターの対応が丁寧」なところですね。

「クチコミネット」という掲示板でFon光の口コミを探してみたところ、「カスタマーの対応が一生懸命で丁寧」だという書き込みを見つけました。

このクチコミからFon光のカスタマーは、誠実に一生懸命に対応をしてくれることがわかりますね。

 

Fon光の評判は賛否両論|悪い口コミを一覧解説

悪い

ここでは、Fon光の悪い評判・口コミを紹介していきます。前の見出しで紹介した、良い情報だけに目を奪われずに、悪い評判・口コミもチェックしておきましょう。

キャンペーンがない

1つ目の悪い評判・口コミは「キャンペーンがない」ところですね。

「Fon光の評判は他社と比べてどうなの?|主要回線との比較一覧」の見出しを確認してもらうとわかると思いますが、Fon光では、現在実施されているキャンペーンはありません。

月額料金が安かったり、通信速度も速く安定していますが、キャンペーンがないことは、他の会社と比べると劣ってしまう点だといえますね。

Wi-Fiが切れてしまうことがある

2つ目の悪い評判・口コミは「Wi-Fiが切れてしまうことがある」ことですね。

Wi-Fiが切れてしまう理由としては、ルーターと繋がっているケーブルが故障していたり、接続が悪かったりなどの理由が考えられます。

そのため、ルーター側に問題がある場合もありますが、接続が悪く繋がらないという可能性もあります。

もしも、Wi-Fiがブチブチ切れてしまう場合は、ルーターを繋ぎ直してみると意外と復旧することもあるので、試してみてください。

カスタマーセンターが無知すぎる

3つ目の悪い評判・口コミは「カスタマーセンターが無知すぎる」ことですね。

このクチコミについても「クチコミネット」という掲示板でFon光の口コミを探してみたところ、「カスタマーセンターの人間が無知すぎてサービス内容すら把握していない人もいる」という書き込みを見つけました。

そのため、サポートを受けるにしても、スムーズなサポートを受けられない場合があるので、「問い合わせてみたら、スムーズな対応を受けられないかも」と頭の片隅に入れておくといいでしょう。

Fon光の評判からわかる|利用するのがおすすめな人の3つの特徴

ここでは、Fon光の利用をおすすめできる人の特徴をお伝えしていきます。

料金が安くて速い光回線を使いたい人

おすすめできる人の1つ目の特徴は「料金が安くて速い光回線を使いたい人」ですね。

Fon光は、他の光回線会社と比べると、お得なキャンペーンがない分、月額料金は業界でも最安値に近く、最大通信速度も「2Gbps」と最速です。

そのため、キャンペーンを適応するまでの手続きを手間に感じているが、月額料金はできるだけ安くで使いたいと思っている人にとっては、おすすめできる光回線だといえますね。

長期的な利用を考えている人

おすすめできる人の2つ目の特徴は「長期的な利用を考えている人」ですね。

なぜなら、長期的に利用することで、他社との年間利用料金に差がでるからです。

他社と年間利用料金に差がでる理由としては、毎月の月額料金の差額にあります。

例えば、Fon光を1年間使った場合と、ソフトバンク光を1年間使った場合で料金を比較してみましょう。

Fon光を1年間利用した場合だと、月額料金「4,378円」×「12ヶ月」=52,536円という金額になります。

一方で、ソフトバンク光を1年間利用した場合だと、月額料金「5,720円」×「12ヶ月」=68,640円という金額になります。

それぞれの年間にかかる金額を比較すると、Fon光が16,000円ほど安くなることがわかりますね。

Fon光を長期的に利用することで、トータルでかかる金額を抑えられるということがいえます。

NURO光の提供エリア内に住んでいる人

おすすめできる人の3つ目の特徴は「NURO光の提供エリアに住んでいる人」ですね。

なぜなら、NURO光の提供エリアと、Fon光の提供エリアは全く同じだからです。

NURO光とFon光は、全国共通で使えるわけではありません。使える地域が限られています。

対応地域については「Fon光の評判は他社と比べてどうなの?|主要回線との比較一覧」の見出しに記載してある「提供エリア」から調べることができるので、確認してみてください。

 

Fon光は使わない方がいい?|おすすめしない人の3つの特徴

ここでは、Fon光の利用をおすすめできない人の特徴をお伝えしていきます。

数年以内に引っ越す予定がある人

おすすめできない人の1つ目の特徴は「数年以内に引っ越す予定がある人」ですね。

なぜなら、引っ越すときには、固定回線を解約しなければならない可能性が生まれるからです。

光回線を契約していて引っ越しをする場合、引っ越し先では、既にインターネット回線を引いてある場合があります。特にマンションなどの集合住宅に多いですね。

そうした場合、いま契約している光回線を不必要に感じてしまい解約するとなったときに、契約年数を下回っている場合は「解約違約金」がかかってしまいます。

さらに、撤去費用も30,000円ほど追加で取られてしまうことになるので、数年以内に引っ越す予定がある人にはおすすめできないといえるでしょう。

すぐに使える光回線を探している人

おすすめできない人の2つ目の特徴は「すぐに使える光回線を探している人」ですね。

通常の光回線の工事をする場合だと、工事の回数は1回で済むのですが、Fon光の場合だと、宅内と屋外2回に分けて工事を行う必要があります。

そのため、どうしても通常の光回線よりも工事期間が長くなってしまいます。

すぐに使える光回線を探しているとっては、Fon光は工事期間が長くなってしまうため、おすすめできないといえるでしょう。

口コミ評判を参考に光回線を決めていきたい人

おすすめできない人の3つ目の特徴は「口コミ評判を参考に光回線を決めていきたい人」ですね。

なぜなら、Fon光はサービスの開始がわりと最近のため、その分口コミや評判が少ないからです。

Fon光のサービスが開始した日は、2020年9月28日です。それと比較して「Fon光の評判は他社と比べてどうなの?|主要回線との比較一覧」の見出しで紹介した、NURO光のサービスが開始した日は、2013年4月13日となっています。

他の光回線会社と比較すると、Fon光はサービスの開始の日にちが遅く、口コミや評判が少ないため、口コミ・評判を気にする人にはおすすめできないといえるでしょう。

 

Fon光の評判から分析|検討する際に注意したい4つのこと

ここでは、Fon光の契約を検討する際に、注意しておきたいポイントを紹介していきます。

解約金は比較的高い

1つ目の注意点は「解約金は比較的高い」ことですね。

Fon光は2年間の定期契約となっており、もしも契約期間内に解約してしまうと「21,780円」の解約違約金がかかってしまいます。

NURO光の解約金「10,450円」と比較すると、2倍近くの金額となってしまうため、解約金が高いということは頭に入れておきましょう。

開通工事までには時間がかかる傾向

2つ目の注意点は「開通工事までには時間がかかる傾向」があることですね。

「Fon光は使わない方がいい?|おすすめしない人の3つの特徴」の見出しで紹介しましたが、Fon光は工事を宅内と屋外と2回に分けて工事をしなければならないため、光回線が開通するまでには時間がかかる傾向があります。

工事が終わるまでにかかる期間は、戸建ての場合だと、1〜2ヶ月、集合住宅・マンションの場合だと、1〜3ヶ月ほど掛かってしまうので、それぐらい時間が掛かってしまうということは頭に入れておきましょう。

キャッシュバックなどのキャンペーンはなし

3つ目の注意点は「キャッシュバックなどのキャンペーンはなし」なところですね。

光回線に限らず、モバイルWi-FiなどのWi-Fi会社では、様々なキャンペーンが実施されていますが、Fon光では、キャッシュバックなどのキャンペーンは現在実施されていません。

Fon光では、現在キャンペーンが実施されていないので、Fon光にはキャンペーンがないということは頭に入れておきましょう。

ユーザーがまだ少ないため口コミを参考にしづらい

4つ目の注意点は「ユーザーがまだ少ないため口コミを参考にしづらい」ところですね。

「Fon光は使わない方がいい?|おすすめしない人の3つの特徴」の見出しでも紹介しましたが、Fon光はサービス開始したのがわりと最近なため、他の光回線会社と比較すると、利用しているユーザーが少ないです。

そのため、口コミや評判の情報も少ないため、世間からの情報が少ないということは頭に入れておきましょう。

 

Fon光の評判に関するよくある質問は?

ここでは、Fon光に関する質問内容と、質問に対する回答を紹介していきます。もしも、気になる質問内容があれば参考にしてみてくださいね。

Fon光にクーポンがあるって聞いたんだけど本当?

現在Fon光には「工事費無料」「契約事務手数料無料」「解約違約金なし」といったクーポンがあります。

しかし、クーポンには期限があり、いつクーポン適応期間が終わるかわからないので、もしもクーポンを利用する際には、適応期限には気をつけておきましょう。

Fon光はどこのプロバイダを契約できるの?

Fon光では、プロバイダ会社との契約は不要と言われています。

そのため、他のプロバイダと契約する必要はないので、プロバイダ会社とは契約できないというのが質問の回答です。

Fon光とNURO光の違いは何?乗り換えは可能?

Fon光とNURO光は、提供エリアが同じだったり、最大通信速度が同じだったりで、同じものと認識してしまう人がいるかもしれませんが、全くの別物です。

具体的に違う点は、キャンペーンの実施があるかないか、月額料金の違い、契約できるプロバイダがあるかないかなどが挙げられます。

乗り換えに関しては、2つとも全くの別物なので、乗り換えはできるというのが質問の回答だといえるでしょう。

Fon光で光テレビを見ることはできる?

Fon光で、光テレビを見ることはできます。

しかし、追加オプションに入る必要があるので、無料では見ることができないというのが質問の回答となります。

Fon光が繋がらない時の対処法は?

Fon光が繋がらないときには、まず機器を再起動してみましょう。

機器内のデータがパンパンに膨れ上がって、Wi-Fiが繋がらないことが起きることがあります。そうなってしまう理由は、機器を長らく起動しっぱなしにしてしまっているのが理由です。

そのため、1つの対処法として、機器を再起動してみるのをおすすめいたします。

Fon光でルーターレンタルはある?

Fon光では、無線LANルーター機能が搭載されている「ONU」が無料でレンタルできます。

そのため、Fon光では「ONU」を無料でルーターレンタルできるというのが質問の回答です。

Fon光の評判は悪くない|他社と比較して最適な回線を選ぼう

いかがでしたでしょうか?

Fon光の評判は悪くないですが、サービスを開始し始めての期間が長くないので、世間からの評判・口コミの情報は少ないといえます。

注意点としては、キャンペーンがないところや、開通期間が長いところが挙げられます。

しかし、これまでに紹介させていただいた注意点やデメリットの内容も把握した上で、「契約してみようかな」と思えた方は、ぜひFon光へ契約してみてくださいね。

最後までご精読いただきありがとうございました。