光回線

nifty光は遅すぎて評判が悪い?口コミからわかる真実

「nifty光のネットは遅いって聞いたけど、実際はどうなんだろう?どんな特徴のある回線か知りたい」

ニフティ株式会社が運営する光コラボである@nifty光。

光回線を調べているとよく出てくる名前ですので、どのような回線なのか気になっている方が多いはずです。

そこで、本記事では、評判・口コミから@nifty光の特徴を徹底解剖。

どのような人に向いているのか、逆にどのような人に向いていないのかついても解説していきますので、光回線選びに悩まれている方はぜひ最後までお付き合いください。

【この記事でわかること】
・@nifty光の評判について
・@nifty光と他社回線との比較
・@nifty光と契約してメリット/デメリットを感じる人

↓当サイトが厳選したおすすめ光回線3社↓

So-net光
auひかりフレッツ光
フレッツ光 ロゴ
月額料金(税込)4,928円~ 4,730円〜2,420円〜
平均通信速度(実測値)・平均下り速度:298.8Mbps
・平均上り速度:229.7Mbps
・平均下り速度:415.22Mbps
・平均上り速度:351.97Mbps
・平均上り速度:46.6Mbps〜
・平均下り速度:53.9Mbps〜
詳細公式URL公式URL公式URL

 

@nifty光の評判の前に|nifty光とはそもそも何?

@nifty光の評判の前に|nifty光とはそもそも何?

「@nifty光の評判が気になるのはもちろんだけど、そもそも@nifty光ってどんなものなのかわからない……」

このような方が多いはずです。

最初に簡単に説明しておくと、@nifty光は光回線を提供するインターネットサービスを指しています。

本項ではさらに詳しく@nifty光を解説。

評判を知る前に、どのようなサービスなのかしっかり理解しておきましょう。

どんな回線であるのか丁寧に解説していきます。

@niftyが運営する「光コラボ」

@nifty光は、@niftyが運営している光コラボです。

光コラボというのは、光回線の普及のために始まったフレッツ光の回線と他のプロバイダを組み合わせたサービスを指す言葉です。

例としては、『So-net光プラス』や『ソフトバンク光』などが挙げられます。

フレッツ光だけではできないようなキャンペーンや月額料金を実現することで、多くのユーザーを集めることに成功しています。

混同しやすいサービスに『@nifty光ライフ』や『@nifty光ライフwithフレッツ』がありますが、これらのサービスとは全くの別物。

もし契約しようとしているのであれば、間違いがないか十分にしてから、契約するようにしましょう。

ノジマグループに買収された子会社である

@nifty光を運営している@niftyは、インターネットサービスを主に提供している通信会社です。

元々は株式会社エヌ・アイ・エフとして始まり、後にニフティ株式会社に変更。

そして、2017年にはノジマ株式会社の子会社となりました。

ノジマ電気とのタイアップ特典など豊富なキャンペーンが使える

@nifty光は、ノジマグループの子会社が運営していることもあり、ノジマ電気と提携した特典など豊富なキャンペーンが用意されています。

@nifty光で使える主な特典は次のとおり。

最大で30,000円受け取れるキャッシュバック申し込むだけでキャッシュバックが受け取れるキャンペーン
【3年契約:WEB上での申し込み】
30,000円
【3年契約:電話からの申し込み】
27,000
【2年契約:WEB上での申し込み】
7,000円
【2年契約:電話からの申し込み】
5,000円
月額費用割引キャンペーン月額費用を最大25,520円分割引できるキャンペーン
【戸建て向けプラン】
開通月の月額料金5,720円と2〜25ヶ月の月額料金が825円の割引
【マンション向けプラン】
開通月の月額料金4,378円と2〜25ヶ月の月額料金が687.5円の割引
Wi-Fiルーターレンタルの割引IPv4 over IPv6対応のWi-Fiルーターのレンタルが最大25ヶ月無料になるキャンペーン
@nifty光を3年契約で申し込んだユーザーのみが利用できる
常時安全セキュリティ24が最大12ヶ月無料バンキング保護や怪しいサイトへのアクセスを防止できるサービスが最大12ヶ月の間、無料で使えるキャンペーン
適用条件は@nifty光と同時申し込みをするだけ
auスマートバリュー対応auスマートフォンの月額料金を割引できるauスマートバリューが利用できる特典
利用するには、@nifty光と@nifty光電話への申し込みが必須
ノジマ店頭での買い物割引ノジマでの買い物時に表示価格より8%を割引できる特典
利用回数のは毎月1回のみ

魅力的な特典がたくさんありますが、特に注目したいのは『最大で30,000円受け取れるキャッシュバック』と『ノジマ店頭での買い物割引』です。

@nifty光では、WEB上での申し込みまたは電話で申し込みをするだけでキャッシュバックの受け取りが可能。

ひかり電話などのオプションに加入せずに、適用できるので、そのまま利益として受け取ることができますね。

また、@nifty光に加入していると、ノジマ店頭での買い物時に8%の割引を適用できます。

例えば、100,000円の商品を購入時にこの割引を適用することで、92,000円で購入可能。

さらにノジマスーパーポイントも還元されるのでとってもお得です。

使い方はノジマのアプリをインストールして、クーポンをもらうだけ。

機械操作が苦手な方でも簡単に扱うことができますよ。

ただし、クーポンは月に1度しか利用できない点には注意してください。

 

@nifty光と他社の光回線を比較検証

@nifty光と他社の光回線を比較検証

ここからは@nifty光と他のサービスを比較検証していきます。

今回検証する光回線は次の6種類です。

名称速度実測値(下り)料金キャッシュバック
nifty光

219.75Mbps【戸建て向け】
5,720円
【マンション向け】
4,378円
新規申し込みで最大30,000円キャッシュバック
ソフトバンク光

315.76Mbps【戸建て向け】
4,180円
【マンション向け】
5,720円
他社からの乗り換えで最大24,000円キャッシュバック
Fon光

784.62Mbps4,378円なし
NURO光

503.53Mbps【戸建て向け】
5,200円〜
【マンション向け】
2,090円〜
NURO光への新規申し込みに加えて申し込みから12ヶ月後まで利用すると43,000円キャッシュバック
auひかり

418.33Mbps【戸建て向け】
5,610円〜
【マンション向け】
3,740円〜
auひかりで『ネット』と『電話』同時加入でと20,000円のキャッシュバック
ドコモ光

268.15Mbps【戸建て向け】
5,500円〜
【マンション向け】
4,180円〜
なし

これらの光回線を以下の観点から徹底比較していきます。

結論から述べると、最も優れているのは『Fon光』という結果に。
実質速度が最も早く、口コミ・評判にも優れている優秀な光回線ということがわかりました。
それでは、各比較項目ごとに詳しく解説していきます。

速度実測値

まずは速度実測値の比較を行なっていきます。

公式サイトなどに記載されている回線速度というのは、実測値ではなく技術規格上可能な最大速度です。

これは一応可能な最大速度を記載しているだけで、必ずその速度が出るということではありません。

対して、速度実測値というのは実際に利用したときに出る回線速度を指しています。

回線スピードを比較したいは、スペック上可能な最大速度で比べるよりも速度実測値を比較した方が良いです。

実際に出る速度で比べないと、利用したときに違う結果になる可能性があるからですね。

各回線の速度実測値は次のような結果となりました。

名称速度実測値(下り)
nifty光

219.75Mbps
ソフトバンク光

315.76Mbps
Fon光

784.62Mbps
NURO光

503.53Mbps
auひかり

418.33Mbps
ドコモ光

268.15Mbps

今回ピックアップした回線で比べると、Fon光が最も速度実測値が速いという結果に。

対して、nifty光は最も遅い回線という結果になってしまいました。

スピードを求める方にnifty光は向いていないようですね。

料金

続いて料金の比較を行います。

各回線の月額料金は次のとおりです。

名称料金
nifty光

【戸建て向け】
5,720円
【マンション向け】
4,378円
ソフトバンク光

【戸建て向け】
4,180円
【マンション向け】
5,720円
Fon光

4,378円
NURO光

【戸建て向け】
5,200円〜
【マンション向け】
2,090円〜
auひかり

【戸建て向け】
5,610円〜
【マンション向け】
3,740円〜
ドコモ光

【戸建て向け】
5,500円〜
【マンション向け】
4,180円〜

戸建て向けプランを見てみると、月額基本料金はソフトバンク光が最も安く、次点でFon光が安いという結果になりました。

しかし、auひかりやドコモ光では、auまたはドコモユーザーを対象にした割引キャンペーンを行なっています。

そのため、ユーザーによってはauひかりやドコモ光の方が安くなることもあるでしょう。

マンションプランを比べると、最も安いのがNURO光となりました。

NURO光では、同じマンション内でマンション向けプランを利用している人数が増えれば増えるほど、安くなるという特徴があります。

NURO光のマンション向けプランの利用を考えている方は、どのくらい割引されるのか契約前に確認すると良いでしょう。

口コミ評判

次に口コミや評判の比較を行なっていきます。

口コミや評判が良かった光回線サービスは、NURO光やFon光でした。

NURO光とFon光は、速さが自慢の独自回線を使っていることが特徴。

速さを求める光回線ユーザーからの評価が高く、多くの支持を集めていました。

逆にネガティブな口コミや評判が目立ったのは@nifty光。

@nifty光の回線速度に不満を持つ意見が多く見られました。

しかし、@nifty光ユーザーの中には、速度に不満を持っていない方もちらほら。

速度をそこまで気にしないのであれば、利用しても良いでしょう。

キャッシュバック

次はキャッシュバックに焦点をあて、各サービスの比較を行なっていきます。

それぞれのキャッシュバック特典は以下のとおり。

名称キャッシュバック
nifty光

新規申し込みで最大30,000円キャッシュバック
ソフトバンク光

他社からの乗り換えで最大24,000円キャッシュバック
Fon光

なし
NURO光

NURO光への新規申し込みに加えて申し込みから12ヶ月後まで利用すると43,000円キャッシュバック
auひかり

auひかりで『ネット』と『電話』同時加入でと20,000円のキャッシュバック
ドコモ光

なし

キャッシュバックが最も優れているのは、NURO光という結果に。

NURO光では、新規申し込みを行うだけで、12ヶ月後に43,000円キャッシュバックを受け取ることができます。

特に難しい条件もなく、高額なキャッシュバックを受け取れるのはありがたいですね。

次点だと無条件で最大30,000円のキャッシュバックがもらえる@nifty光が優れています。

 

@nifty光の口コミや評判を検証

@nifty光の口コミや評判を検証

次に@nifty光に関する実際の口コミや評判を検証していきます。

@nifty光の口コミや評判で見られたは次のような意見です。

回線の速度に関するものやサポートに関するものが多く見られました。
それでは、各評判や口コミについて解説していきます。

速度制限をかけられて遅くなるのがストレス

速度制限をかけられることに対してのストレスを感じているユーザーも多く見られました。

@nifty光では、通信の混雑を避けるために、通信量の多いユーザーの速度制限を行なっています。

一見、良いサービスのようにも見えますが、ユーザー側にとってはデメリットしかありません。

特に夜間は多くのユーザーが利用するため、速度制限が起きやすいと言われています。

遅くなるのが嫌でV6プラスを利用しているのに遅い

@nifty光は、V6プラスに対応しています。

本来、V6プラスに対応していれば混雑しにくく、速度も安定しやすいはずです。

しかし、@nifty光ではV6プラスに対応しているのにも関わらず、速度が遅いという口コミが多く見られました。

やはり、上述した速度制限によってかなりインターネットの速度がかなり遅くなる時があるようです。

V6プラスによる安定感を求めて@nifty光と契約すると後悔することになるでしょう。

キャッシュバックが出るまでが遅い

キャッシュバックがもらえるまでの期間に悪い印象を持っている方も多く見られました。

@nifty光では、新規の申し込みを行うことで最大30,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。

新規の申し込みだけで、最大30,000円もの金額をもらえるのは嬉しいですよね。

しかし、ネックとなるのは受け取り期間までの長さです。

キャッシュバックを受け取れるのは、回線の開通した月を含む12ヶ月目。

ほぼ1年後に受け取れるということですね。

また、受け取りが可能な月の前月には受け取り方法の詳細が記載されたメールが届きます。

見逃さないように必ず確認するようにしましょう。

解約時に発生する違約金が高額

解約時に発生する違約金の高さに不満を持つユーザーも見受けられました。

@nifty光では、契約更新期間外にコースの変更や解除をしてしまうと、違約金が発生してしまいます。

その金額はプランによって異なり、2年契約で10,450円、3年契約では22,000円の違約金が発生。

20,000円以上となると気軽に解約することはなかなかできませんよね。

@nifty光ユーザーの契約を考えている方、特に2〜3年以内に解約する可能性が高い方は十分注意してください。

サポート対応に不満が残る

@nifty光のサポート対応に不満を持っているという意見も見られました。

対応に問題があると感じている方も少なからずいるようです。

サポートの品質が悪いと、通信周りや機械操作が苦手な方はかなり苦労するはず。

初めてのインターネット回線として@nifty光を利用することはあまりおすすめしません。

 

@nifty光の評判から考察|利用するのにメリットがある人は?

@nifty光の評判から考察|利用するのにメリットがある人は?

ここからは@nifty光の評判からわかる利用するメリットがある人について解説していきます。

@nifty光を利用するメリットがある人は次のような人たちです。

工事を実質無料で行いたい人

回線の工事を実質無料で行いたい人に@nifty光はおすすめです。

@nifty光では、2年プラン/3年プラン問わず工事費用分の割引が適用されます。

工事費用分の割引は長い間継続され、24ヶ月で工事費用全額分の割引が可能。

工事費用は戸建て向けプランだと19,800円、マンション向けプランだと16,500円分ですので、かなりお得なことがわかりますね。

しかし、契約してから24ヶ月経つ前に@nifty光の解約をしてしまうと残りの工事費用を全て負担しなければならなくなります。

加えて、解約金も加わりますので合計するとかなりの額に。

@nifty光の解約を考えている方は注意しましょう。

スマホ料金を抑えたい人

スマホ料金を抑えたい人は、@nifty光でメリットを感じることができるでしょう。

@nifty光は、auの割引特典『auスマートバリュー』に対応しています。

『auスマートバリュー』を利用することで、auのスマホ1台につき最大1,100円の割引が可能です。

10回線まで割引が適用されるので、家族でauを使っている場合はスマホ料金がかなりお得に。

auユーザーは光回線候補として@nifty光を覚えておくことをおすすめします。

3年以内に引っ越す予定がある人

3年以内に引っ越す予定がある人にも@nifty光はおすすめ。

理由は3年プランを契約していれば、移転工費用が無料になるためです。

引越し先でも移転費用をかけずに、引き続き@nifty光を利用し続けることができます。

利用経験のあるインターネット回線をそのまま引越し先でも使えるのは心強いですね。

頻繁に引っ越しが必要になる人はぜひ@nifty光をチェックしてみてください。

 

@nifty光の評判から考察|利用するとデメリットにしかならない人は??

@nifty光の評判から考察|利用するとデメリットにしかならない人は??

続いて、@nifty光と契約してもデメリットにしかならない人を紹介していきます。

本項で紹介する人に当てはまるのであれば、他の回線にした方がメリットを感じられるでしょう。

後悔しないようにするためにも、契約前には必ず確認するようにしてください。

デメリットを感じるであろう人たちは以下のとおり。

各項目の詳細を順番に見ていきましょう。

速度が出る光回線を求めている人

回線速度を求めているのであれば、@nifty光はあまりおすすめできません。

先述したとおり、@nifty光は今回ピックアップしたい光回線の中では最も速度実測値が遅いという結果でした。

速度が遅いという口コミや評判も多いため、回線のスピードはそこまで期待できません。

オンラインゲームをもっと快適に遊びたい人など回線速度を重視している人は注意してください。

月額料金が安い光回線を使いたい人

@nifty光は、月額料金が安い光回線を探している人には向いていない回線と言えます。

@nifty光の月額基本料金は、戸建て向けプランで5,720円。

光回線の中では特別安いとは言えない料金ですよね。

『auスマートバリュー』を利用すればお得に利用できる可能性はありますが、auユーザー以外が利用できる割引特典はありません。

コストパフォーマンスを求めるのであれば、@nifty光以外のサービスを選んだ方が無難です。

すぐに使える光回線を求めている人

すぐに使える光回線を求めている人は、@nifty光は選ばない方が良いでしょう。

光回線を開通するには以下の手順を踏む必要があります。

1.回線の申し込み
2.工事日の決定
3.開通するための工事
4.利用開始
開通までに少なくとも上記のステップは踏まなければなりません。
そのため、申し込みから利用まで必ずラグが発生します。加えて、電話が繋がりにくいなど、サポートに問題がある場合はさらに時間がかかることも。
サポート対応に不安を感じる口コミが多い@nifty光は、開通まで時間がかかる可能性がありますので注意してください。

@nifty光の評判に関するよくある質問は?

@nifty光の評判に関するよくある質問は?

ここからは@nifty光の評判に関する質問をいくつか紹介していきます。

契約を進めていく前にしっかり確認しておきましょう。

V6サービスの料金はどのようになっている?

@nifty光でV6プラスの利用する際には、追加の料金は一切かかりません。

ただし、V6プラスを使うには次の手順を踏む必要があります。

・V6プラスへの申し込み
・V6プラスに対応したルーターを用意する
まずはV6プラスへの申し込みを行いましょう。
新規で申し込みの方は必要ありませんが、すでに契約している人でまだV6プラスに対応していない方は申し込みが必要です。
V6プラスへの申し込みが完了した後は、V6プラスに対応した機器を用意しましょう。
V6プラスに対応しているルーターは@nifty光から月額550円でレンタル可能。
現在であれば最大25ヶ月間無料で光ルーターをレンタルすることができますよ。

V6サービスの設定はどのように行うの?

@nifty光ではV6プラスの初期設定を自分で行わなければなりません。

ルーターごとに設定方法は異なりますが、ほとんどの機器は詳細設定で『V6プラスを有効にする』ことでV6プラスを使い始めることができます。

レンタルできる各ルーターの詳しい設定方法は、@nifty光の公式サイトでチェック可能。

V6プラスを利用する予定のある方は確認しておきましょう。

ドコモ光から乗り換えようと思うのだけど評判的に大丈夫なの?

同じ光コラボであることから、ドコモ光から@nifty光への乗り換えを検討している方が多いはずです。

しかし、本記事ではドコモ光から@nifty光への転用はおすすめしません。

理由は次のとおり。

・ドコモユーザー向けの割引が使えなくなる
・速度が遅くなる可能性があります
ドコモ光ユーザーの多くは、スマートフォンもドコモを利用しているはずです。
ドコモユーザー向けの割引を適用できるためですね。
その方たちが@nifty光に乗り換えてしまうと、割引が適用できなくなり、今までよりも大幅に毎月の支払いが増える可能性があります。
乗り換える前にどのくらい支払額に差があるかしっかり計算するようにしましょう。
また、ドコモ光に乗り換えることで回線速度が遅くなる可能性もあります。
速度実測値を比べると、@nifty光は219.75Mbpsでドコモ光は268.15Mbps。
回線速度の改善を求めて乗り換えを検討しているのであれば、@nifty光はやめたほうが良いでしょう。

@nifty光の評判は「遅い」|速度重視なら乗り換えも視野に入れよう

本記事では@nifty光の評判について解説してきました。

@nifty光は、速度制限があることもあり、速度が速いとは正直言えない回線です。

仕事や趣味に関わらず、ガンガン光回線を利用する方にはおすすめできません。

速度を求めるのであれば他の回線をおすすめします。

特におすすめしたいのがFon光。

速度実測値が本記事で紹介した回線の中では最も速く、データ量を必要とする作業もラクラク行えますよ。

光回線を探している方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。