光回線

光回線の工事費用はトラブルになりがち?|確認したい3つのこと

この記事では光回線の工事費用について解説しています。

「光回線をできるだけ安く契約したい」
「引っ越しが決まったけど光回線のケーブルはそのままでいいのかな」
「光回線の工事費用が無料になるのはどんな時か知りたい」

このような悩みを抱えていませんか?

光回線を利用するには開通工事が必要ですが、工事費用は事業者によって異なります。

工事費用に関して何も知らずに契約してしまうと

「他の事業者よりも3万円も多く工事費用を払ってしまっていた」
「分割払いにすれば0円になるのはずなのに適用されなかった」
「解約時に撤去費用がかかるなんて知らなかった」

このようなことになってしまいます。

そこで本記事では、光回線の工事費用に関して以下を解説しています。

【この記事で分かること】
・10回線の工事費用比較

・光回線の工事の内容
・光回線の撤去費用
・光回線の工事が無料になる3つのパターン
・光回線の工事費用の負担がなり光回線3選

本記事を読むことで、光回線の工事費用で損をすることは無くなります。

光回線をできるだけ安く契約をしたい、工事費用でトラブルになりたくないという人は最後まで読んでいただくと幸いです。

 

当サイトおすすめの光回線はこちら

光回線の工事費用比較一覧|人気の10回線の工事

光回線の中でも人気の10回線の工事費用を比較しました。

工事費用は事業者によってかなり差があるので確認しましょう。

運営会社回線速度月額料金工事費用違約金
NURO光

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社下り:2Gbps
上り:1Gbps
戸建て:5,200円
マンション:4,378円
44,000円10,450円
Softbank光

ソフトバンク株式会社下り:1Gbps
上り:1Gbps
戸建て:5,720円
マンション:4,180円
26,400円5,500円
Fon光

フォン・ジャパン株式会社下り:2Gbps
上り:1Gbps
戸建て:4,378円
マンション:4,378円
44,000円21,780円
au光

KDDI株式会社下り:1Gbps
上り:1Gbps
戸建て:5,390円
マンション:4,180円
41,250円戸建て:16,500円
マンション:7,700円
ドコモ光

株式会社NTTドコモ下り:1Gbps
上り:1Gbps
戸建て:5,940円
マンション:4,620円
戸建て:19,800円
マンション:16,500円
戸建て:14,300円
マンション:8,800円
コミュファ光

中部テレコミュニケーション株式会社下り:1Gbos
上り:1Gbps
戸建て:5,775円
マンション:4,000円
27,500円29,700円
eo光

株式会社オプテージ下り:1Gbps
上り:1Gbps
戸建て:5,274円
マンション:3,876円
29,700円1年未満:13,200円
1年~2年目:6,600円
BIGLOBE光

ビッグローブ株式会社下り:1Gbps
上り:1Gbps
戸建て:5,478円
マンション:4,378円
戸建て:19,800円
マンション:16,500円
2年プラン:9,500円
ぷらら光

株式会社NTTぷらら下り:1Gbps
上り:1Gbps
戸建て:5,280円
マンション:3,960円
戸建て:19,800円
マンション:16,500円
0円
OCN光

ブロードバンドナビ株式会社下り:1Gbps
上り:1Gbps
戸建て:5,610円
マンション:3,960円
戸建て:19,800円
マンション:16,500円
11,000円

 

当サイトおすすめの光回線はこちら

光回線の工事は何に費用がかかる?|光回線工事の内容

「そもそも光回線工事って何をするの?」
「光回線工事の費用は何で事業者によって差があるの?」

このような疑問を持っている人も多いかもしれません。

結論として、光回線工事は光回線ファイバーケーブルを建物内に引っ張るということをやっています。

しかし、工事内容は戸建てかマンションタイプかによって異なるので詳しく解説します。

戸建てに光回線工事をする場合

戸建ての場合だと光ファイバーケーブルを電柱から家に引っ張ってくる工事をします。

電柱から家の中のコンセントへ光ファイバーケーブルを引っ張ります。

このときケーブルを通す穴はどうするの?と疑問に思うかもしれません。

主に以下の3つの方法を使います。

・電話配線の穴から通す
・エアコンダクトの穴を通す
・壁に1㎝ほどの穴を開ける

一般的には電話線の穴を利用します。

電話線はコンセントまで伸びていることがほとんどです。

光ファイバーケーブルも専用のコンセントへ繋ぐので電話線の穴を利用できます。

しかし、電話線やエアコンダクトの穴が使えない状況の人は、1㎝ほどですが穴を開けることが必要です。

マンションに光回線工事をする場合

マンションの場合だと建物内から各部屋へ光ファイバーケーブルを繋ぐ工事です。

建物内の共有スペースから各部屋へ光ファイバーケーブルを引っ張ります。

しかし、共有スペースに既に光回線の設備があるかないかで工事の内容が変わってきます。

建物内に設備がある場合

建物内に設備がある場合でも、配線方式によってケーブルを繋ぐ方法が変わります。

光配線方式:建物内の共有スペースから各部屋までを光ファイバーケーブルで繋ぐ。通信速度が速い。
VDSL方式:建物内の共有スペースから各部屋までを電話線で繋ぐ。光配線方式よりも通信速度は遅くなる。
LAN配線方式:建物内から各部屋までをLANケーブルで繋ぐ。通信速度はかなり遅い。

建物内に設備がない場合

住居が賃貸やマンションであっても光回線の契約は必ずマンションタイプを選べるというわけではありません。

契約予定の光回線の設備が無い場合は、戸建てタイプで契約することになるんです。

もしくは、既に設備が整っている光回線の中から選ぶといいかもしれません。

しかし、賃貸やマンションに戸建てタイプを導入するには工事が必要になります。

管理会社へ確認して、工事の許可を取っておきましょう。

補足:無派遣工事の場合

無派遣工事は光回線の設備が既に整っている状態での工事です。

光回線を契約すると業者が自宅へ訪問して工事をするのが一般的ですが、既に設備が整っていると事業者側の工事だけで済みます。

無派遣工事になる主なケースは以下の2つです。

・前の住人が使用していた光回線の設備が残っている
・マンション建築時に工事が終わっている

無派遣工事は工事が簡単なので光回線を早く利用できて、料金も安くなるというメリットがあります。

 

当サイトおすすめの光回線はこちら

光回線の工事は開通する時だけじゃない|撤去工事に費用がかかる3つのケース

「光回線の撤去にもお金がかかるって本当?」
「撤去費用は建物のオーナーが払うものじゃないの?」

このように考える人が多いかもしれません。

一般的に開通工事だけ費用がかかると思われがちですが、実は撤去費用が発生して負担するケースもあります。

しかし、必ず発生するわけではありません。

主に撤去工事に費用がかかるケースは以下の3つです。

建物のオーナーから回線撤去を依頼される場合

建物のオーナーから光回線の撤去を依頼されると撤去工事をしないといけません。

また、撤去工事の費用も負担しないといけません。

光回線の設備に維持費がかかるため撤去工事を求められると言われていますが、このケースはあまり多くないようです。

回線事業者から光回線撤去の契約になっているケース

光回線の契約内容に解約時の撤去工事まで入っているケースがあります。

そのときは、撤去工事の費用まで負担しないといけません。

契約内容に含まれている場合は拒否できないので、契約時に確認が必要です。

個人で撤去作業を行うことができないケース

自分で光回線機器を取り外しができない時は、撤去費用を負担しないといけません。

基本的に撤去工事は事業者へ依頼しますが、管理会社や大家から撤去工事は不要と言われるケースもあります。

しかし、撤去工事が不要でもルーターやモデムのケーブルは自分でしなくてはいけません。

ケーブルを抜くだけの機器もありますが、中には壁から直接繋がれていることもあります。

取り外しには工具が必要になるので、事業者へ依頼するのがいいかもしれません。

撤去費用は負担になりますが、機器の破損を防げます。

 

当サイトおすすめの光回線はこちら

光回線の工事費用は安くならない?|工事費が無料になる3つのパターン

「工事費用はできるだけ安くおさめたい」

このように考える人も多いかもしれません。

光回線の工事費用は無料になることがあります。

工事費用が40,000円ほどかかる事業者もあるなかで、無料になるのはとても嬉しいですよね。

しかし、全ての光回線で無料になるわけではありません。

無料になるパターンを把握していないと、工事費用を払うことになってしまいます。

工事費用が無料になるパターンは以下の3つです。

キャッシュバック利用で実質無料のパターン

キャンペーンとして工事費用と同額の現金が貰えるキャッシュバックがあります。

この現金を工事費用の支払いに利用することで実質無料になります。

キャッシュバックは契約後に受け取る流れなので、いったん自分で工事費用を支払わないといけません。

キャッシュバックの受け取りが契約から1年後というケースもあります。

すぐに現金が欲しい人は契約前に受け取り期間の確認が必要です。

分割工事による割引適用で実質無料のパターン

工事費用を分割払いにすると、割引になるパターンがあります。

月々の工事費用と同額を割引してくれるので実質無料となります。

キャッシュバックとは異なり、いったん支払う前に初月から適用されるのは嬉しいですよね。

ただし、工事費用の支払いが終わる前に解約すると、工事費用の残債は一括で支払わないといけません。

本当に工事費用が0円のパターン

光回線の事業者の中には工事費用が完全無料になるキャンペーンを行っているパターンがあります。

完全に工事費用が無料なのが、一番シンプルでわかりやすいです。

実質無料のケースのように、いったん工事費用を支払うことや解約時に工事費用を請求されません。

 

当サイトおすすめの光回線はこちら

光回線工事費用が無料の光回線はどこ?|工事の費用負担がない光回線3選

「光回線の契約はできるだけ安くしたい」
「工事費用が無料の光回線を知りたい」

このような人へ向けて、工事費用が無料の光回線を3つ紹介します。

工事費用が無料の事業者もあるなか、工事費用に数万円を払うのは非常にもったいないと言えます。

数万円のお金を無駄にしないためにも、工事費用が無料の光回線を選ぶのがおすすめです。

工事費用が無料の光回線は以下の3つです。

NURO光

NURO光公式ロゴ

NURO光はキャンペーンで工事費用が実質無料になります。

工事費用を分割払いにすることで、工事費用と同額が割引になります。

NURO光は最大速度が2Gbpsと業界トップクラスの速さで高速通信が魅力です。

また、工事費用実質無料のキャンペーンに加えて、最大45,000円キャッシュバックもあるのでかなりお得に契約できます。

ただし、工事費用の分割は36ヶ月となります。

36ヶ月以内に解約をすると、工事費用の残債を一括で支払わないといけないので注意が必要です。

 

Softbank光

ソフトバンク光

Softbank光はキャンペーンで工事費用が実質無料になります。

工事費用を分割払いにすることで、工事費用と同額が割引になります。

また、工事費用無料のキャンペーンに加えて、他社からの乗り換え費用を最大10万円まで負担してくれるんです。

証明書の提示が必要ですが、違約金や工事費用の残債を全額負担してくれるので利用しないと損ですね。

工事費用の分割は24ヶ月で、それ以内に解約をすると残りの費用を一括で支払わないといけないので注意が必要です。

 

ドコモ光

ドコモ光はキャンペーンで工事費用が完全無料になります。

完全に無料なので分割払いにして解約時に残債を支払うことも、いったん工事費用を支払うこともありません

また、Wi-Fiルーターの永年レンタル無料や出張で初期設定サポートなどキャンペーンが豊富です。

 

光回線の工事費用に関するよくある質問は?

「光回線工事のトラブルは避けたい」
「引っ越し先で光回線の工事が必要か確認したい」
「光回線を利用したいけど家に穴を開けたくない」

このような疑問を解決できます。

よくある質問は以下のとおりです。

光回線工事でのトラブルにはどのようなものがある?

光回線工事でのトラブルは以下のようなものがあります。

・工事の日程ミス
・工事ができない建物だった

工事に日程ミス

工事の予定日に業者がこないといったトラブルがあるようです。

引っ越しなど他の予定に合わせて工事日を決めるのも多いので、日程にミスがあると困りますね。

工事予定日に近づいたら、カスタマーサービスに確認するなどの対策をするといいかもしれません。

工事ができない物件だった

マンションや建物によっては基本的に管理会社やオーナーから許可が下りないと工事ができません。

工事ができない物件と知らずに、業者を手配して当日にキャンセルになったケースもあるようです。

工事の前に管理会社やオーナーに工事の許可を取るといいかもしれません。

h3 光回線の工事済みかどうかの確認方法は?

光回線の工事済みかどうかの確認方法は以下の3つです。

・オーナーや管理会社に確認する
・光コンセントの有無を確認する
・光回線事業者の公式サイトで確認する

一番手っ取り早く確実なのは、オーナーや管理会社に確認することです。

光回線のコンセントがありますが、実際に利用できるかは業者でないと判断できません。

公式サイトでも確認できますが、住所や個人情報などを入力する手間があります。

オーナーや管理会社への確認であれば、電話一本で可能なのでそちらがおすすめです。

光回線工事は穴あけ必須なの?

光回線工事の穴あけは必須ではありません。

一般的にはエアコンダクトなどから引き込まれますが、狭いなどの原因でケーブルが通らないケースもあります。

そんなとき、最終手段として穴をあけることがあります。

 

当サイトおすすめの光回線はこちら

光回線工事費用はキャンペーン利用で無料にできる|特典を使って安く工事しよう

本記事では、光回線工事に関して解説しました。

・10回線の工事費用比較
・工事の内容
・撤去費用
・工事が無料になる3つのパターン
・工事費用の負担がなり光回線3選

光回線工事費用はキャンペーンで無料になります。

【工事費用が無料になる3つのパターン】
・いったん支払い、キャッシュバックで実質無料

・分割払いにして、工事費用と同額が割引になり実質無料
・工事費用が0円で完全無料

工事費用が無料とは言ってもこの3つのパターンがあり、注意点もあるので確認が必要です。

【工事費用が無料の光回線】
・NURO光
・Softbank光
・ドコモ光

光回線を利用するときの工事費用は高額ですが、全ての事業者で無料になるわけではありません。

工事費用が無料の事業者を選んで、できるだけ安く光回線を利用しましょう。

 

当サイトおすすめの光回線はこちら