光回線

光回線の10Gプランって必要?|知っておきたい3つの注意点

最近は、1Gbpsが主流だった光回線も、NURO光など10Gbpsのハイスピードを実現した通信事業者が増えてきました。

まだまだ10Gbpsの速度をフルに活用することは難しいですが、今後の投資としては非常に最適です。

10Gbpsプランは、まだまだ発展途上ですが、この記事では、わかりやすく紐解いていきます。

【この記事でわかること】
・10Gプランの光回線がおすすめな方について
・10Gプランの光回線のおすすめ通信事業者について
・10Gプランの光回線でよくある質問について
当サイトおすすめの10Gプランがある光回線3選
名称NURO光

auひかり

ソフトバンク光

月額料金(10Gプラン)月額5,700円月額7,018円月額7,480円
通信速度(実測値)900Mbps700Mbps300Mbps
  1. 光回線の10Gプランってなに?|今更聞けない基礎情報
  2. 【2022年最新】10Gプランが利用可能な光回線比較一覧
  3. 光回線の10Gプランは必要なの?|利用するのがおすすめな人
    1. 4Kなどの高画質な動画を快適に楽しみたい人
    2. オンラインゲームなどで高速大容量通信を行う人
    3. ネットの速度が遅いと感じている人
  4. 光回線の10Gプランの評判はどうなってる?|Twitterからわかる良い口コミ
  5. 光回線の10Gプランの評判はイマイチ?|Twitterでの気になる悪い口コミ
  6. 検討前に知っておきたい|光回線10Gプランの注意点
    1. 提供エリアはかなり限られている
    2. 回線変更には工事が必要になる
    3. コース変更ができない光回線もある
  7. 10Gプランはどこで利用できる?|利用可能なおすすめ光回線5選
    1. NURO光:お手頃価格で10Gbpsのインターネットを楽しめる
    2. auひかり:auスマホとセットでお得に
    3. ソフトバンク光:高額キャッシュバックがもらえる
    4. ドコモ光:様々なプロバイダの中から選択可能
    5. eo光:関西エリアで最強な光回線
  8. 光回線の10Gプランに関するよくある質問は?
    1. 光回線の10gプランは別でルーターが必要なの?
    2. 光回線の10gプランの実測値の目安は?
    3. 10ギガ対応ルーターにはどのようなものがある?
  9. 提供エリア内なら10Gプランはおすすめ|快適速度でネットを楽しもう

光回線の10Gプランってなに?|今更聞けない基礎情報

光回線

光回線の10Gプランとは、インターネット接続時の通信速度が最大で10Gbpsになるプランのことを指します

従来のドコモ光やソフトバンク光などは最大でも1Gbpsまでの回線が多かったため、今回の10Gプランでは10倍もの通信速度を実現できることになります。

10Gプランを利用できれば、オンラインゲームや4K動画の視聴が快適になる他、家族などの複数人での利用も軽快にこなします。

まだまだオーバースペックな面もありますが、今後の通信ニーズを踏まえると、非常に良い投資と言えます。

 

当サイトおすすめの光回線の詳細を見る

【2022年最新】10Gプランが利用可能な光回線比較一覧

比較

ここでは、10Gプランが利用可能な光回線についてまとめていきます。

今回比較するのは、「NURO光」「auひかり」「ソフトバンク光」「ドコモ光」「eo光」「コミュファ光」「J:COM NET 光」「フレッツ光」です。

なお、フレッツ光では、別途プロバイダ契約が必須となります。ご注意ください。

名称NURO光

auひかり

ソフトバンク光

ドコモ光

eo光

コミュファ光

フレッツ光(NTT東西)

月額料金(10Gプラン)月額5,700円月額7,018円月額7,480円月額7,150円月額6,970円月額6,655円月額6,930円+プロバイダ料金
通信速度(実測値)900Mbps700Mbps300Mbps2.1Gbps1.2Gbps300Mbps3Gbps
提供エリア北海道・関東・東海・関西・福岡の一部東京・神奈川・千葉・埼玉東京都内の一部エリア・大阪市・名古屋市東京23区・大阪市・名古屋市など関西2府4県愛知・静岡・岐阜・三重
東京23区など(NTT東)・大阪市・名古屋市(NTT西)
契約期間3年3年2年2年最低1年2年なし
キャンペーン月額料金割引キャンペーン他社違約金キャッシュバックなど10ギガ月額利用料無料キャンペーンドコモ光更新ありがとうポイントグレードアップキャンペーンコミュファ光スタート割なし

ざっと、まとめてみましたが、最近話題のNURO光では、提供エリアが広い上、お手頃価格での利用が可能なため、選択肢の1つに入ってきます。

また、auひかり、コミュファ光、eo光と利用できるエリアが広いため、10Gプランを検討されている方は、選択肢に入れても良いでしょう。

ただし、ドコモ光・ソフトバンク光といったNTT東西のフレッツ回線(NGN回線)を利用した通信事業者では、まだまだNTTのネットワークが10Gbps対応に追いついていないため、エリアが狭くなっています。

全体的に、10Gプランのキャンペーンは控えめです。キャッシュバックなどを希望サれる方は、従来の1Gbpsの回線を検討して下さい。

実測値については、Twitterや計測サイトを参考に調査しましたが、利用場所や時間帯によって数値のばらつきがあります。必ずしも、この速度は出るとは限らないので気をつけて下さい。

フレッツ光・ドコモ光では、プロバイダによってスピードが変わる場合があります。

当サイトおすすめの光回線の詳細を見る

光回線の10Gプランは必要なの?|利用するのがおすすめな人

光回線の10Gプランは、まだまだオーバースペックな一面もありますが、ハイスペックさを主に求める方にはおすすめです。

具体的には、4Kなどの高画質動画をインターネット経由で見たり、オンラインゲームを快適に楽しみたい方や、複数人で利用したりすることから、ネットの速度が遅いと感じている方に、筆者は10Gのプランをおすすめしたいと思います。

4Kなどの高画質な動画を快適に楽しみたい人

10Gプランの光回線では、10Gbpsものスピードが最大で出ます。実測値はここから落ちてしまいますが、それでも十分高速です。

10Gプランでは、4K動画の視聴も快適で、複数人が同時に4K動画を見たとしても、回線速度が遅くなることがなく、快適に閲覧できます。

さらには、今後展開が進むと思われる4K以上にも高画質な8K動画も、かなり余裕で見ることが可能です。

また、10Gプランでは、宅内機器とクライアント端末を有線ではなく、Wi-Fi 6で無線接続すれば、自宅において、どこでも4K動画が快適に楽しめます。

10Gプランは、まだまだオーバースペックかもしれませんが、今後のことを踏まえて、サブスクで4K動画がメインに配信されることが増えてきても、柔軟に対応ができるでしょう。

今後、4Kでの映像コンテンツを配信するサブスクも増えるかもしれません。

オンラインゲームなどで高速大容量通信を行う人

オンラインゲームなどで、高速かつ大容量通信を行う方に、10Gプランの光回線がおすすめです。

最近のPS4・PS5などのゲームでは、大型のアップデートでは30GB以上の通信が多くなっており、1Gbpsの光回線でもこれらは対応可能ですが、10Gbpsの光回線を利用すれば、さらに高速にダウンロードが可能となります。

さらには、複数人で対戦する『Apex』といったFPSゲームも、より快適にプレイできるようになりますし、10Gプランは、オンラインゲームのプレイヤーにはおすすめしたいと思います。

また、仕事の都合で、Zoomをしたり、リモートデスクトップやオンラインストレージのでファイルのダウンロード・アップロードも10Gプランでは、従来の1Gbpsの光回線よりさらに快適です。

eスポーツには、10Gプランの光回線がベターです。

ネットの速度が遅いと感じている人

10Gの光回線は、インターネットの速度が遅いと感じている方にもおすすめできます。

最近では、家族でWi-Fiを使って同時にインターネット接続することが増えてきており、1Gbpsの回線を利用した場合、4K動画などの視聴やオンラインゲームをすると、速度が落ちてしまうことも挙げられます。

しかしながら、10Gbpsの光回線を利用すると、単純計算では、1Gbpsの10倍ものキャパシティが上がるので、大人数でのインターネットの同時利用も快適に行えます。

また、宅内機器にはWi-Fi 6に対応したものもあるので、対応するスマートフォンやタブレットから、従来よりもさらに高速にインターネットが接続できるようになりますよ。

大家族の利用なら、10Gプランの光回線は絶対に満足できます。

当サイトおすすめの光回線の詳細を見る

光回線の10Gプランの評判はどうなってる?|Twitterからわかる良い口コミ

レビュー

10Gプランの光回線は、宅内機器から、クライアントとなるPCを繋ぐ有線LANの限界値まで速度が出ると評判です。

ただし、10Gbpsものスピードに対応するネットワーク機器は、まだまだ価格が高いので、揃えるのにはなかなか大変とのこと。

しかしながら、10Gプランの回線速度のポテンシャルはかなりあることがわかりました。まだまだ10Gbpsに対応したネットワーク機器が高いのは残念ですね。

当サイトおすすめの光回線の詳細を見る

光回線の10Gプランの評判はイマイチ?|Twitterでの気になる悪い口コミ

比較

光回線の10Gプランは料金が高いと嘆くユーザーもいます。

最近では、ソフトバンクの「SoftBank Air」やドコモの「home 5G」といったホームルーターが展開されていて、光回線を引かない選択肢もありますが、光回線の10Gプランはそれらからすると、料金が高めです。

また、10Gプランに変えても、現時点では関連するネットワーク機器が高価なことから、メリットが見出しにくいという指摘もあります

しかし、固定回線の安定性は、携帯電話系のホームルーターといったモバイルにはないメリットですよ。

当サイトおすすめの光回線の詳細を見る

検討前に知っておきたい|光回線10Gプランの注意点

注意点

光回線の10Gプランは、残念ながら、まだまだ全国で使えません。その上、回線の工事が必要になる他、従来の光回線のプランから変更が難しいこともあります

10Gプランは、将来的に普及が進むと考えられるものの、現時点では、まだまだ制約が多いことから、切り替える際には、いろいろと下調べや検討が必要となります。今後、10Gプランの光回線はエリアが拡大するでしょう。

提供エリアはかなり限られている

10Gプランの提供エリアは、現時点で限られており、全国一律で利用することはできません

具体的には、NURO光において、2022年1月現在、北海道、関東(東京、神奈川、埼玉、千葉)、東海(愛知、静岡、岐阜、三重)、関西(大阪、兵庫、奈良)、九州(福岡)とされており、当該エリア外では、NURO光自体は契約できても、10Gプランは利用できません。

当該エリアに在住していても、通信事業者の都合で、10Gプランが利用できないことは、NURO光に限らず、多々あります。

10Gプランが利用できる場所については、通信事業者のサイトで調べることもできますし、サポートセンターに電話することで教えてくれる場合もあります。

引っ越しなどを考えている際は、必ず、10Gプランを使えることを必ず確認してからするようにして下さい

引っ越しの際には、各通信事業者のサポートセンターに問い合わせるのはベストです。

回線変更には工事が必要になる

10Gプランの利用にあたっては、1Gbpsのプランとは異なり、最新の通信規格に対応した光ファイバーや宅内機器のような通信設備を使う必要があります

そのため、既に1Gbpsの回線を利用していても、工事が必須です。

工事と言っても、通信事業者によっては、宅配便で送られてくる宅内機器を自分で交換するだけで済むこともあれば、専門のスタッフが来宅して大掛かりな工事するということもあり得ます。

ただし、既に光回線を利用している場合は、簡単な工事で済むことが多いようです。

どちらにしても、10Gプランを新規で契約する場合は、1Gbpsのプランと開通までの必要なステップは変わりません。光ファイバーの引き込み工事なども行われることが多くなっています。

コース変更ができない光回線もある

通信事業者によっては、1Gbpsのプランから10Gのプランにコース変更ができない光回線もあります

その場合、10Gプランに乗り換えるにあたっては、他の通信事業者の回線に乗り換えるか、再度、使いたい事業者で解約をし、新規契約をし直す必要があります。

ただし、契約している固定電話の番号が引き継げない可能性もありますし、不通期間もある場合も考えられます。さらには、キャンペーンの適用を受けられないことも想定されます。

現状、オンラインゲームなどのインターネットのヘビーユーザーでない限り、10Gプランにするメリットは、あまりないので、特に現時点で問題がなければ、1Gbpsのプランに据え置いたままで良いこともあります。1Gbpsでもまだまだ速いので、無理して契約切り替えをする必要はないでしょう。

当サイトおすすめの光回線の詳細を見る

10Gプランはどこで利用できる?|利用可能なおすすめ光回線5選

おすすめ

具体的には、NURO光、auひかり、ソフトバンク光、ドコモ光、関西エリアではeo光が10Gプランに対応しています。

事業者によっては、1Gbpsの光回線を引くことができても、10Gプランを引けない可能性もあるので、10Gプランを検討している際には、複数の通信事業者で確認するようにして下さい。

 

NURO光:お手頃価格で10Gbpsのインターネットを楽しめる

NURO光公式ロゴ

お手頃価格で高速のインターネットを利用できると話題のNURO光。NURO光でも10Gプランがあり、対応エリアなら、通常の2Gbpsの5倍もの速度でインターネットを楽しめます

光回線は長期で利用することを踏まえると、3年縛りのプランでも問題ありません。その場合、料金は通常で5,700円。2Gbpsのプランと比較して、500円高くなる形ですが、キャンペーンなども用意されています。

10Gプランは、戸建て・マンションともに対応しています。

しかしながら、マンションでは2Gbpsのプランは利用できても、10Gプランを利用できない可能性もあるので、事前にNURO光のサポートセンターに問い合わせることをおすすめします。

10Gプランなら、まずはNURO光と言っても過言ではありません。

 

auひかり:auスマホとセットでお得に

auひかり公式ロゴ

auブランドで携帯電話サービスを展開するKDDIの光回線サービス「auひかり」。関西エリア・東海エリアでは、auひかりは提供されていないものの、混雑が常態化しているNTTのフレッツ網(NGN回線)を使わないことから、安定したスピードが出ると評判です。

auひかりでは、10Gプランは、通常の1Gbpsのプランに858円を足すだけで利用が可能です。

やはり、auスマホとのセット割引「auスマートバリュー」が10Gプランが適用され、auスマホを使う家族の人数が多ければ多いほど、光回線の料金が実質的に無料になることもあり得ます。

また、既にauひかりを利用しているユーザーが10Gプランに変更する際は、専門スタッフの派遣不要かつ自分で宅内機器の交換のみで対応できることもあるそうです。

 

ソフトバンク光:高額キャッシュバックがもらえる

ソフトバンク光

ソフトバンクがNTTのフレッツ回線(NGN回線)を借り受けて提供するソフトバンク光。まだまだ、1Gbpsの通常プランが主流なものの、ハイスペックさを望むユーザー向けに、10Gプランの提供を行っています

残念ながら、ソフトバンク光では、1Gbpsプランと異なり、他社光コラボからの事業者変更はできず、新規契約のみとなりますが、代理店によっては、高額なキャッシュバックがもらえることもあります

また、ソフトバンク光は、既にソフトバンクのスマートフォンを持っている方には、料金割引が適用されるので、非常にお得です。

なお、NURO光でもソフトバンクスマートフォンからの料金割引を受けられますが、他社光コラボやフレッツ光の契約で、NTTの光回線を引いている場合、ソフトバンク光が良いこともあります。

ソフトバンク光は、代理店で申し込むべきです。

 

ドコモ光:様々なプロバイダの中から選択可能

ソフトバンク光と同じく、NTTのフレッツ回線(NGN回線)を利用したドコモ光。

まだまだ展開は小規模ながらも、10Gプランの契約も受け付けています

ドコモ光の特徴として、豊富なプロバイダーの中から、自分にあったものを選択できるという点です。

フレッツ光をもともと契約していた方は、以前のプロバイダを引き継ぐことも可能で、メールアドレスもそのまま移行できることも可能になります。

個人的なプロバイダーのおすすめは、v6プラスに対応したGMOとくとくBBです。

もちろん、ドコモのスマホユーザーは、ドコモ光の契約で割引を受けられます。さらに、家族において、複数人でドコモのスマホを契約している場合、それぞれ一人ずつ、割引が適用されます。

 

eo光:関西エリアで最強な光回線

関西電力の関連会社のオプテージが手掛けるeo光。関西エリアのみの展開となりますが、顧客満足度もかなり高いサービスとなります。

eo光では、積極的に10Gプランの展開も行っていて、1Gbpsのプランに1,082円を足すことで利用が可能です。

eo光は、NTTのフレッツ回線(NGN回線)を使わず、関西電力系の独自回線を利用することで、ハイスピードを実現します。そのため、スピードも安定して出るため、関西エリアでは最強の光回線と言って、過言ではありません。

また、auスマートバリューにも対応しており、auスマホの料金から毎月一定額の割引を受けられます。さらには、オプテージが提供する格安スマホ・mineoユーザーも、同じような割引施策を受けられます。

関西エリアなら、eo光は絶対に満足できます。

 

光回線の10Gプランに関するよくある質問は?

ここでは、光回線の10Gプランに関してのよくある質問について取り上げます。

やはり、10Gプランでは、対応のルーターを用意しなければならない他、実測値がイメージしづらいこともあり得ます

また、10ギガ対応ルーターについても、どのようなものがあるのか把握しづらいことも考えられます。残念ながら、10ギガ対応ルーターは、まだまだ普及途中なので、高額なものもあります。

光回線の10gプランは別でルーターが必要なの?

光回線の10Gプランでは、別にルーターを必要としない場合があります

具体的には、auひかりにおいては、宅内機器において、Wi-Fiルーター機能が内蔵されているものもあります。「Wi-Fi 6」といった最新の通信技術に対応しており、高速でインターネット接続ができるようになります。

また、ドコモ光やソフトバンク光などでは、宅内機器とは別に、自分で対応ルーターを用意する必要があるようです

対応ルーターは、まだまだ10Gbpsのインターネット環境が普及途中なので、かなり高額なものが多く、初期投資が大変ということも考えられます。

さらに、LANケーブルも10Gbps対応のものに交換しなければ、10Gプランの真髄を発揮することはできません。こちらに関しては、通信事業者に確認して下さい。

光回線の10gプランの実測値の目安は?

光回線の10Gプランの実測値としては、Twitterや個人ブログ、IT系ニュースサイトを見る限り、多くの場合、下りと上りともに、2Gbps程度とのことです。

この数値が出るにあたっては、宅内機器とルーターが10Gbps対応のもので接続されていたり、Wi-Fi 6のルーターを使わないと、ここまでの数値が出ないことが大半です。

さらには、PCのLANポートは1Gbpsまでのものもあるので、10Gプランのスペックを最大発揮するのは、様々な点で設備の更新が必要と言えます。

しかしながら、Wi-Fi 6での無線LAN接続は、10GbpsがMAXで出る訳ではないので、無線LAN(Wi-Fi)でのスマートフォンからの利用にあたっては注意してください。

10ギガ対応ルーターにはどのようなものがある?

10ギガ対応ルーターは、Amazonやヨドバシカメラなどで、Wi-Fiルーターでお馴染みのバッファローやNECなどから発売されています

価格帯は、2万円台から展開されているようです。

10ギガ対応ルーターでは、最新のWi-Fiの通信技術「Wi-Fi 6」に対応したものがほとんどですが、まだまだWi-Fi 6に対応したスマホ・タブレット・PCは少ないので気をつけて下さい。なお、具体的には、最新のiPhone 13といったハイエンドのスマホはWi-Fi 6に対応していることが多くなっています。

ただし、10ギガ対応ルーターを使う際には、LANケーブルを10Gbps対応のものにしたり、必ず10Gbpsに対応しているWANポートに接続したりすることが必須です。

当サイトおすすめの光回線の詳細を見る

提供エリア内なら10Gプランはおすすめ|快適速度でネットを楽しもう

光回線

10Gプランが提供されているエリアなら、10Gプランは非常におすすめです。

まだまだオーバースペックな一面もありますが、今後のことを踏まえると、非常に良い投資だと言えます。

料金もお高めですが、オンラインゲームを頻繁にプレイしたり、4K動画などをよく見る方はかなりおすすめできます。

対応ルーターもまだまだ普及途中で価格が高いですが、一度揃えてしまえば、今後のインターネット事情を踏まえると、かなり良いでしょう。

10Gプランのインターネットを使うと、きっと従来の1Gbpsの回線には戻れないと思います。

当サイトおすすめの光回線の詳細を見る