光回線

【2022年最新版】j:com光がおすすめできない4つの理由

インターネット回線を提供するj:com光。j:comが提供するケーブルテレビや電気などのサービスと一緒に契約するとお得になるプランが特徴的です。

そんなj:com光を検討している方の中には、「どんなインターネット回線なの?」「どんな人に向いているの?」このような疑問がある方も多いですよね。

そこで本記事を読むと、次のことがわかります。

【この記事でわかること】
・j:com光ってどんな回線?気になるサービスの特徴
・j:com光は他社とどこに差がある?主要光回線との比較表
・j:com光を利用するメリット
・j:com光を利用するデメリット
・j:com光の実際の評価は?ネットでの口コミ一覧
・j:com光が向いているのはこんな人
・j:com光はこんな人には向いていない
・j:com光に関するよくある質問は?

j:com光の基本的な情報からメリットデメリット、口コミなど網羅的にお伝えするので、自分がj:com光に向いているのか確認してみてください。

※料金は全て税込価格です
※2022年2月時点での内容です

↓当サイトが厳選したおすすめ光回線3社↓

So-net光
auひかりフレッツ光
フレッツ光 ロゴ
月額料金(税込)4,928円~ 4,730円〜2,420円〜
平均通信速度(実測値)・平均下り速度:298.8Mbps
・平均上り速度:229.7Mbps
・平均下り速度:415.22Mbps
・平均上り速度:351.97Mbps
・平均上り速度:46.6Mbps〜
・平均下り速度:53.9Mbps〜
詳細公式URL公式URL公式URL

 

j:com光ってどんな回線?気になるサービスの特徴

j:com

まずは、j:com光の基本情報やサービスの特徴をお伝えします。j:com光がどんな回線なのか知らない方は、是非確認してみてください。

先にj:com光の基本情報をお伝えすると、次のとおりです。

運営会社JCOM株式会社
月額料金・光 10Gコース:8,756円
・光 5Gコース:7,898円
・光 1Gコース:7,348円
初期費用41,250円(工事費+事務手数料)
通信速度平均ダウンロード速度:441.42Mbps

運営会社は「JCOM株式会社」

j:com光の運営会社は、『JCOM株式会社』です。もともとは『株式会社ジュピターテレコム』という会社名でしたが、2021年7月1日より『JCOM株式会社』に変更しています。

『JCOM株式会社』は、札幌・仙台・関東・関西・九州エリアを中心にインターネット回線を提供している会社です。

ケーブルテレビやインターネット回線だけでなく、格安SIMや電力など幅広いサービスも提供しています。

同じ名称で2種類のサービス展開

j:com光は、J:COM NETというインターネット回線サービスのくくりで提供されていますが、J:COM NETにはj:com光以外のインターネット回線サービスもあります。

どちらもJ:COM NETではありますが、通信速度や対応エリアが全く異なるので注意しましょう。見分け方としては、コース名に光がつく方がj:com光です。

j:com光のコースは、光10G・5G・1Gコースの3つとなります。

j:com光はマンション契約不可

光回線であれば、ほとんどの回線でマンションと戸建てどちらも契約できるのですが、j:com光はマンションでの契約ができません。

j:com光はauひかりの回線を利用しているので、マンションも利用できるはずなのですがなぜか契約できないようです。理由は不明で、公式からの発表もありません。

j:com光には戸建て専用のプランしかないので、マンションに住んでいる方は他の回線の契約を検討しましょう。

j:com光は他社とどこに差がある?主要光回線との比較表

他社との比較

ここまでj:com光の基本情報をお伝えしてきましたが、他社と比較してどのような違いがあるか気になりますよね。料金や回線の速度などを他社と比較した結果は次のとおりです。

回線速度
(平均ダウンロード速度)
月額料金キャンペーン情報スマホとのセット割
j:com光441.42Mbps・光 10Gコース:8,756円
・光 5Gコース:7,898円
・光 1Gコース:7,348円
・WEBからの申し込みで6,000円分のQUOカードPayプレゼント
・対象プラン加入で工事費無料
auユーザーは毎月最大1,100円割引
503.04Mbps・G2Tプラン(3年の絵継続契約):5,200円
・G2Dプラン(2年の絵継続契約):5,700円
・G2Nプラン(契約期間なし):6,100円
・NURO光 20Gs:8,517円
・NURO光 10G:G10Tは5,700円、G10は8,300円
・1年間月額料金980円
・NURO光とNUROでんきをセットで契約すると最大1年間月額料金0円
・NURO光申し込みで最大43,000円キャッシュバック
ソフトバンクユーザーは毎月最大1,100円割引
ソフトバンク光表用画像315.99Mbps【東日本エリア】
・5年自動更新プラン(ファミリー・ギガスピード、ファミリー・ハイスピード、ファミリー):5,170円
・2年自動更新プランファミリー・ギガスピード、ファミリー・ハイスピード、ファミリー:5,720円
・5年自動更新プラン(ファミリー・10ギガ):6,380円
・2年自動更新プラン(ファミリー・10ギガ):6,930円
・2年自動更新プラン(ファミリーライト):4,290〜6,160円
【西日本エリア】
・5年自動更新プラン(ファミリー・スーパーハイスピード、ファミリー・ハイスピード、ファミリー):5,170円・2年自動更新プランファミリー・ギガスピード、ファミリー・ハイスピード、ファミリー:5,720円
・5年自動更新プラン(ファミリー・10ギガ):6,380円
・2年自動更新プラン(ファミリー・10ギガ):6,930円
・2年自動更新プラン(ファミリーライト):4,290〜6,160円
・他社からの乗り換えで最大24,000円キャッシュバック
・引越し先でソフトバンク光を契約すると月最大1,100円×24ヶ月割引
・他社からの乗り換えで違約金を満額還元
ソフトバンクユーザーは毎月最大1,100円割引

※参照:みんなのネット回線速度

まず、月額料金に圧倒的な差があるとわかりますよね。他の回線よりも数千円高いです。通信速度に関しては、j:com光も優れています。

しかし、どの回線も300Mbpsを超える速度が出ているので、体感として通信速度が遅いと感じる程の差はありません。

キャンペーン情報を見ると、j:com以外の回線にはキャッシュバックが設定されているとわかります。月額料金も他の回線の方が安いので、できるだけお得に契約したい方は他の回線を契約するのがおすすめです。

j:com光を利用するメリット

チェックリスト

j:com光は基本的におすすめできませんが、メリットはいくつかあります。j:com光のメリットが気になる方は、確認してみましょう。

ケーブルテレビ回線に比べて速度が速い

J:COM NETには、j:com光のような光回線を使う回線と、ケーブルテレビ回線を使う回線がありますが、j:com光はケーブルテレビ回線より通信速度が速いです。

j:com光の光回線とケーブルテレビ回線の通信速度を比較すると、次のような差があります。

平均ダウンロード速度
j:comの光回線(j:com NET光)441.42Mbps
j:comのケーブルテレビ回線(j:com NET)199.63Mbps

※参照:みんなのネット回線速度

ケーブルテレビ回線よりも光回線の方が2倍以上速いとわかりますね。今までケーブルテレビ回線を利用していた方にとっては、メリットが大きいです。

高速通信でWi-Fiが利用可能

j:com光は、他の光回線と比較しても通信速度が速く、高速通信でWi-Fiを利用できます。他の光回線の通信速度と比較すると次のとおりです。

平均ダウンロード速度平均アップロード速度
j:com光
j:com光
441.42Mbps346.83Mbps
NURO光
NURO光
503.04Mbps448.19Mbps
auひかり
432.43Mbps376.69Mbps
ドコモ光
270.67Mbps208.83Mbps
ビッグローブ光
商標5
249.78Mbps206.52Mbps

※参照:みんなのネット回線速度

auやドコモなどの大手キャリアが提供する光回線の通信速度よりも速いとわかります。

ダウンロード速度だけでなくアップロード速度も速いので、動画視聴やSNSの利用だけでなく、容量の大きいファイルをアップロードする際などにも快適な通信が可能です。

j:com光を利用した時のデメリット

デメリット

j:com光は、契約するメリットよりもデメリットの方が多いです。契約してから後悔しないよう、1つずつ確認してみてください。

工事に時間がかなりかかる

j:com光は、回線工事にかなり時間がかかるので注意しましょう。

なぜなら、j:com光の回線工事はauとj:comの工事を行う必要があるので、単純に一般的な回線工事よりも工数が多いのが理由です。

他の光回線は数時間程度で終了しますが、j:com光は工事にまる1日かかる場合もあるようなので、すぐに使い始めたい方にとっては大きなデメリットと言えます。

割引プランがややこしい

j:com光には、回線とj:comのサービスを一緒に申し込むと割引が受けられる割引プランがあるのですが、割引プランの数が多く内容が複雑でかなりややこしいです。

例えば、一部の割引プランをお伝えすると次のようなプランがあります。

 プラン内容
スマートお得プランネット+TV+固定電話orVOD
スマートお得セレクトTV+ネット
スマートお得オンデマンドTV+VOD+ネット

プランがややこしいと、どれを選ぶのが1番最適なのかわかりづらく、探すのも面倒ですよね。

他の光回線を見ると、シンプルなプランや割引サービスを提供している回線も多いので、j:com光のデメリットと言えます。

使えるプランがかなり限られている

j:com光は、使えるプランがかなり限られるデメリットがあります。j:com光で契約できるプランはつぎの3つのみです。

・光10Gコース
・光5Gコース
・光1Gコース

さらに、上記のコースでも契約でいる地域とできない地域があります。例えば、光10G・5Gコースは、北海道・九州・下関地域にお住まいの方が契約できないプランです。

さまざまなプランから自分に最適なプランを選びたい方は、注意してください。

ケーブルテレビタイプは光回線じゃない

j:comで提供されているケーブルテレビタイプは光回線ではないので、高速通信が期待できません。

j:comで契約できる回線の中で、次の回線は光回線ではなくケーブルテレビタイプの回線です。

・40M・12Mコース
・120Mコース
・320Mコース
・1Gコース

逆に光回線なのは、コース名に「光」とあるコースのみです。ケーブルテレビタイプは光回線ではないので、快適な通信は期待できないと理解しておきましょう。

j:com光の実際の評価は?ネットでの口コミ一覧

評価

ここまでj:com光のメリットやデメリットをお伝えしてきしたが、実際に利用している方はどのように感じているのか気になりますよね。

そこでここでは、実際の利用者の口コミをお伝えします。良い口コミと悪い口コミの両方をお伝えするので、是非確認してみてください。

通信速度が速い

j:com光の口コミを見ると、次のように通信速度が速いという口コミが目立ちました。

先ほど、j:com光のメリットでもお伝えしましたが、他の光回線と比較してもj:com光の速度は速いです。

オンラインゲームなど通信速度が必要な作業を頻繁に行う方には、メリットが大きいのではないでしょうか。

料金が安い

j:com光は通信速度以外にも、j:comのサービスと一緒に契約すると料金が安いと口コミで評判でした。

j:com光は、j:comが提供するケーブルテレビや電力を一緒に契約すると、お得な料金でインターネットやサービスが利用できます。

さらに、auユーザーがj:com光を契約すると『auスマートバリュー』が適用され、毎月最大1,100円の割引も受けられるのでお得です。

しかし、j:com光をインターネットのみ利用すると、他社よりも料金が高くなってしまいます。

上記のような割引を利用すれば、インターネットだけでなく他のサービスもお得な料金で利用できるので、j:comのサービスを利用する予定の方にはおすすめです。

料金が高い

j:comの口コミには、良い口コミではなく悪い口コミも多数見られます。次のように料金が高いという口コミが多くみられました。

先ほどもお伝えしたとおり、j:com光はケーブルテレビなどのj:comが提供するサービスと一緒に契約すると安いのですが、インターネット回線単体で契約すると高くなってしまいます。

料金についての口コミで、高いと感じる方と安いと感じる方の両方がいるのは、そのような理由からです。

j:com光とj:comのサービスを一緒に契約しない方には、契約をおすすめできません。

通信障害が多い

j:com光の悪い口コミの中には、通信障害が多いという口コミもありました。

口コミによっては、毎日通信障害が起きているという方もいたので、頻繁に起きていることが予想できます。

せっかく回線を契約しても、通信障害で利用できないことが多いともったいないですよね。通信障害が起きても、利用者側でできることはほとんどなく、復旧するのを待つしかありません。

快適に通信できないのはかなりのストレスなので、通信障害が少ない他の回線の契約をおすすめします。

j:com光が向いているのはこんな人

パソコンをする人

j:com光のメリットやデメリットを確認しても自分に合う回線かわからない方も多いですよね。そこでここでは、j:com光に向いている人を紹介します。

ここで紹介するポイントに当てはまる方は、契約を検討してみてください。

テレビサービスを利用したいと考えている人

j:com光は、インターネット回線とj:comのテレビサービスを一緒に契約できる方に向いています。

j:com光の回線とテレビサービスを契約すると、通常料金8,338円が12ヶ月間5,412円で利用できるのでお得です。(WEB限定スタート割適用時の料金)

テレビサービスを一緒に利用したいと考えている方は、j:com光を検討してみましょう。

他社回線の開通が出来なかった人

他社の回線が提供エリアなどの関係で開通できなかった方の中で、j:com光であれば開通できるという方にも向いています。

j:com光は開通まで4日ほどで開通でき、独自の回線網を持っていることから、他社回線が開通できなかった方もすぐに開通できる可能性があるからです。

スマホでデータ容量を消費しすぎてギガをたくさん購入するくらいであれば、j:com光を契約した方がお得ですし、快適な通信ができます。

j:com光はこんな人には向いていない

no

ここまでj:com光に向いている人を紹介してきましたが、ここでは反対に向いていない人を紹介します。

今から紹介する点に当てはまる人は契約すると後悔する可能性が高いので、自分が当てはまるか確認し、契約を検討してみてください。

テレビサービスの利用は考えていない人

j:com光と一緒にテレビサービスの利用を考えていない方は、向いていません。

なぜなら、テレビサービスと一緒に回線を申し込むとお得な料金で利用できるのですが、回線のみ申し込む場合は料金が高くなるからです。

回線のみの申し込みであれば、他社の方が確実に安く利用できます。

他の回線が利用できるエリアに住んでいる人

他の回線が利用できるエリアに住んでいる方には、j:com光は向いていません。

j:com光よりも安く利用できる回線はたくさんあるので、わざわざ料金の高いj:com光を契約する必要がないからです。

「料金は高いけど速度は速いから契約したい」このように考える方もいるかと思いますが、NURO光のように最大20Gbpsの高速通信できるプランを提供する回線もあります。

通信速度でj:com光を検討している方は、他社のプランを一度確認してみましょう。

マンションに住んでいる人

j:com光は、マンションに住んでいる人に向いていません。

そもそも、j:com光はマンションでの契約ができないので、利用するのは不可能です。マンションに住んでいてj:com光を契約しようと考えている方は、他の光回線を検討しましょう。

j:com光に関するよくある質問は?

疑問

ここではj:com光に関する良くある質問と回答をお伝えします。j:com光に疑問がある方も解決できる可能性があるので、一度確認してみてみましょう。

マンションがjcomしかないんだけど他の回線は工事できない?

マンションにj:comしかない場合でも、他の回線を契約できる可能性はあります。他の回線と契約するには、物件近くの電柱から物件内に光ファイバーが引き込まれている必要があります。

光ファイバーが引き込まれているか確認する際は、管理会社などに電話して確認しましょう。

回線によっては、光ファイバーが引き込まれていても契約できない場合もあるので、契約したい回線側にも確認してみましょう。

j:com netの1gコースはマンションや集合住宅では使えないの?

j:com netの1gコースはマンションや集合住宅では利用できません。

j:com光はauひかりの回線を利用しているので、マンションや集合住宅でも利用できると考える方も多いですが、対象はauひかりの提供エリアの戸建てのみです。

さらに、戸建ての場合でも、エリア外である場合は契約できないので注意してください。

j:comのテレビ番組表はどこで確認できる?

j:comのテレビ番組表は、『MY J:COM番組表.Gガイド』で確認できます。

j:com TVで楽しめる全チャンネルの番組表や番組情報を確認できるので、是非活用してみてください。

jcomは今後エリア拡大の予定はないの?

j:comは順次エリアを拡大しています。

例えば、2021年7月にはJ:COM仙台が名取市へサービスエリアを拡大しました。

エリアの拡大などの情報は、MY J:COM内の「あなたの街のJ:COM」で拡大したエリアを発表しているので、是非確認してみてください。

J:COM光は他社が契約出来なかった場合にのみおすすめ|基本は他社を選べばOK

契約

今回は、j:com光がおすすめできない理由を中心に、j:com光の基本情報や口コミ、メリットデメリットなど幅広くお伝えしてきました。

j:com光は、テレビサービスの利用を考えている方や他社が契約できなかった方にのみ、おすすめできる回線です。

反対に、次のような方にはおすすめできません。

  • テレビサービスの利用は考えていない人
  • 他の回線が利用できるエリアに住んでいる人
  • マンションに住んでいる人

本記事内でも紹介したとおり、料金の面で契約するメリットが少なくデメリットが多いので、j:com光の契約を検討している方は、他社で自分に合う光回線を探してみてください。