光回線

OCN光のIPv6通信は遅い?|口コミからわかった真実

「WiFiを使っていたらIPv6って単語よく聞くけど、何なの」「OCN光にもIPv6通信があると聞いたけど通信速度ってどうなの」など疑問を持たれてはいませんか?

通信規格はIPv4とIPv6の2つに分けられますが、具体的に2つの通信規格がどう違うのか疑問に思ってしまうことってありますよね。

そこで本記事では、そのような悩みを抱えられている方に向けて「OCN光のIPv6とはなんなのか」「OCN光でIPv6を利用する方法」などをお伝えしていきます。

本記事をお読みいただくことで「OCN光のIPv6」について理解を深めることができて、OCN光は自分に適しているタイプの光回線なのかを理解できるようになります。ぜひ最後までご覧ください。

【この記事からわかること】
・OCN光の基礎情報
・OCN光でIPv6を利用する方法
・OCN光のIPv6回線の良い評判・口コミ
・OCN光のIPv6回線の悪い評判・口コミ
・OCN光の利用をおすすめできる人
・OCN光の利用をおすすめできない人
・OCN光を利用してて速度が遅いときの対処法
  1. OCN光のIPv6ってなに?|今更聞けない基礎情報
    1. IPv6|OCNバーチャルコネクトモード
    2. 対応してないサイトも速度が速くなる
    3. 初期費用と月額利用料金は無料
  2. OCN光でIPv6回線を利用する方法は?
    1. レンタルルーターを使う
    2. 対応している市販品を使う
    3. 補足:設定・接続確認方法
  3. OCN光以外でIPv6回線が使えるのはどこ?利用可能な他社との比較表
  4. OCN光のIPv6回線の評判は?|ユーザーからのリアルな口コミ
    1. 月額料金が比較的安め
    2. 通信速度が安定している
    3. いま契約すると月額料金が6ヶ月無料になる
  5. OCN光のIPv6回線には気になる評判も|実際に投稿された悪い口コミ
    1. 開通工事が遅いときがある
    2. 問い合わせが繋がらないときがある
    3. 通信速度が遅いと感じる人もいる
  6. OCN光で使えるIPv6回線のメリットデメリット|利用するのにおすすめな人は?
    1. オプション料金なしでIPv6接続を行いたい人にはおすすめ
    2. 安定したネットワーク環境を使いたいならおすすめ
    3. 料金を抑えたいと考えているならおすすめしない
    4. スマホとのセット割を重視したいならおすすめしない
  7. IPv6接続なのにOCN光が遅い|速度が遅い原因と対処法
    1. ルーターが回線に適合していない
    2. 接続機器の規格が古い
    3. キャパシティを超えてしまっている
  8. OCN光のIPv6回線に関するよくある質問は?
    1. OCN光のv6アルファルーターで中継機は利用できる?
    2. OCN光のv6アルファルーターの性能を知りたい
    3. OCN光のv6アルファルーターはよく切れるって聞いたけど本当?
  9. OCN光はIPv6利用が大前提|利用前は使用機器の規格をしっかり確認しよう

OCN光のIPv6ってなに?|今更聞けない基礎情報

まずは、IPv6に触れていく前にOCN光の基本的な情報を表を使ってお伝えしていきます。

運営会社NTTコミュニケーションズ
月額料金マンションプラン:3,960円(税込)
戸建てプラン:5,610円(税込)
※6ヶ月間無料キャンペーン中
初期費用3,300円(税込)
※キャンペーンで無料になる
通信速度最大下り速度:1Gbps
最大上り速度:1Gbps

OCN光では、2022年1月17日から6ヶ月間の月額料金が無料になる「新生活応援キャンペーン」を実施しています。実施期間としては、2022年5月9日までの期間限定なので、OCN光を契約するならキャンペーンが実施されている内に契約することをおすすめします。

月額料金が半年間無料だと、マンションプランを契約の方は23,760円、戸建てプランを契約の方は33,660円もの金額が無料になるので、気になる方は契約を検討してみると良いでしょう。

IPv6|OCNバーチャルコネクトモード

OCN光のIPv6とは、通信速度が速くなる仕組みのことをいいます。IPv6は、回線の混雑箇所を回避して通信することができるので、通信を速くすることができます。

ちなみに、IPv4という仕組みもありますが、IPv6との具体的な違いは回線の利用者の数が大きな違いです。

IPv4はIPv6と比べて利用者が多い分、どうしても通信速度が低下してしまうといった弱点があります。それに比べてIPv6は利用者が少ないため回線が混雑しにくくデータの流れがスムーズだといえるでしょう。

IPv6は回線が混雑しにくいため、IPv4よりも高速通信が可能です。とくに通信速度が遅くなってしまう平日の昼間の時間帯や、休日などに有効的なシステムだといえます。具体的な効果としては、以下が主な効果内容です。

【OCN光のIPv6を使う具体的な効果内容】
①Webページの読み込みが速くなる
②動画がスムーズに再生できる
③リモートワークがスムーズにできる
④大容量のファイルであっても速くダウンロードができる

対応してないサイトも速度が速くなる

OCN光のIPv6は接続の仕方を変換する機能が備わっているため、対応していないサイトでも速度が速くなります。この変換機能のことを「IPv4 over IPv6」といいます。

接続変換機能「IPv4 over IPv6」を使うと、従来のサイトでも回線の混雑状況を回避して通信ができます。

OCN光のIPv6でも、「IPv4 over IPv6」機能を使うことで従来の速度よりも速くアクセスすることができるようになるといえるでしょう。

初期費用と月額利用料金は無料

OCN光のIPv6は、初期費用と月額料金が無料です。ネットサービスとセットで提供されているため、面倒な申し込み手続きも必要ありません。

ただし、IPv6接続に対応したルーターは必要になります。市販売のルーターでも利用が可能ですが、使える機種は一部に限られます。レンタルする場合だと月額550円でレンタルができます。

OCN光でIPv6回線を利用する方法は?

ハテナ

ここでは、OCN光でIPv6回線を利用する方法をお伝えしていきます。具体的な利用方法は以下の通りです。

レンタルルーターを使う

OCN光のIPv6は、対応ルーターさえ用意すれば利用ができます。レンタルルーターについては月額550円払えば利用することができます。

ただし、レンタルルーターではなくても市販売されているルーターを購入して利用することもできます。安いルーターだと3,500円程度で購入できるものも存在するので、長年ルーターを利用する予定なら市販品を購入した方がお得になることもあります。

レンタルする場合だと、1年間で6,600円かかる計算になるので自分にとってどちらが合っているのかを理解した上でレンタル品か市販品を選ぶようにしましょう。

対応している市販品を使う

市販品を購入する場合は「OCNバーチャルコネクト対応」のルーターを購入する必要があります。

なぜなら、対応しているルーターを購入しないとIPv6回線を利用できないからです。

仕様が違うものを購入してしまうと、回線速度が速くなることはありません。

例えば、「IPv4 over IPv6」対応と書かれていても、OCN光のIPv6全てに対応しているわけではないので、IPv6回線を利用ができない場合もあります。

「OCNバーチャルコネクト対応」のルーターを購入すれば、IPv6回線を利用できるので必ず確認するようにしましょう。

補足:設定・接続確認方法

最新モデルの市販売ルーターやレンタルルーターは設定が自動で設定されていることが多いですが、一部の古いルーターでは手動で設定をする必要があります。

メーカーごとに設定手順が違うので、4つのメーカーごとに設定手順を確認していきましょう。

【バッファロー製の場合】
①本体裏面のROUTERスイッチをオンにする
②2つ目のスイッチをMANUALにする
③「設置画面」を開く
④「詳細設定」を開く
⑤「OCNバーチャルコネクトを利用する」にチェックする
⑥「設定」をクリック
【NEC製の場合】
①本体裏面にスイッチを「RT」に合わせる
②「設定画面」を開く
③「基本設定」を開く
④「自動設定」をOFFにする
⑤動作モードを「OCNバーチャルコネクト」にする
⑥設定を押して、左メニューの「保存」を押す
【IO-DATA製の場合】
①「設定画面」を開く
②左メニューの「インターネット」をクリック
③「IPv4 over IPv6(MAP-E)」を選択する
④「設定」を押して再起動する
【エレコム製の場合】
①「設定画面」を開く
②「かんたんセットアップ4」をクリック
③「自動設定」をクリック
④「ひかりTVモード」を選択(通常は無効)
⑤「次へ」をクリック
以上がメーカーごとの設定方法です。機種によっては上記の設定方法と異なる場合もあるので、もし設定がうまくいかない場合は、メーカーの製品ページを確認してみてください。

IPv6接続ができているか確認する方法は、「IPoE接続環境確認サイト」から確認できます。サイトを開いて「確認開始」という赤いボタンを押すだけで確認できるので、接続確認をしたい方は試してみてください。

OCN光以外でIPv6回線が使えるのはどこ?利用可能な他社との比較表

ここでは、OCN光以外でIPv6回線が使える他の光回線会社を紹介していきます。

今回比較の対象となる光回線会社は「NURO光」「auひかり」の2社です。

商標
月額料金マンションプラン:3,960円(税込)
戸建てプラン:5,610円(税込)
※6ヶ月間無料キャンペーン中
マンションプラン:2,090〜3,630円
戸建てプラン:5,200〜6,100円(税込)
マンションプラン:4,180〜4,510円(税込)
戸建てプラン:5,390〜6,930円
初期費用3,300円(税込)3,300円(税込)3,300円(税込)
通信速度最大下り速度:1Gbps
最大上り速度:1Gbps
最大下り速度:2Gbps最大下り速度:1Gbps
最大上り速度:1Gbps
縛り期間2年間

2年間
3年間

2年間
3年間
解約金11,000円(税込)10,450円(税込)+開通工事費の負債額7,700〜16,500円(税込)
キャンペーン・6ヶ月間月額料金が無料
・工事費用が無料
・45,000円キャッシュバック
・工事費実質無料
・訪問/リモートサポート1回無料
・おうち割光セット
・スマホの月額料金を割引
・他社の解約違約金を還元
・開通工事費が実質無料になる

他の光回線会社と比較してみてわかることは、月額料金とキャンペーンの差が違うことがわかりますね。

月額料金に関しては、OCN光の方がauひかりよりは格安で使えますが、NURO光と比べるとOCN光の方が若干高めだとわかります。

キャンペーンの充実度は、契約を検討している人の求めているものによって変わってくると思いますが、大きなキャッシュバックを受けたい人は「NURO光」の契約を検討し、毎月かかる月額料金を半年間抑えたいのであれば「OCN光」の契約を検討するといいでしょう。

所持している携帯端末が「au」なら、「auひかり」の契約を検討するのも1つの手だといえます。

OCN光のIPv6回線の評判は?|ユーザーからのリアルな口コミ

ここでは、OCN光の良い評判・口コミをお伝えしていきます。

月額料金が比較的安め

1つ目の良い評判・口コミは「月額料金が比較的安め」なことです。

「OCN光以外でIPv6回線が使えるのはどこ?利用可能な他社との比較表」の見出しの表に記載した通り、月額料金は比較的安めに設定されています。「NURO光」よりは月額料金が若干高めですが、「auひかり」と比べると若干安めに設定されています。

OCN光の月額料金は業界では決して最安値ではありませんが、どちらかというと安めに設定されているということが分かりますね。

通信速度が安定している

2つ目の良い評判・口コミは「通信速度が安定している」ことです。

上の口コミに表示されている数値は「みんなのネット回線速度」という、実際に利用しているユーザーがリアルでデータを公表しているサイトのことです。

下り速度・上り速度と記載されていてますが「速度が速いことはわかったけど具体的にどんなことができるの?」と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

具体的なイメージがつきやすいように表を作成したので、以下から確認してみてください。

用途下り速度の目安数値
メールやSNSのメッセージ受信128Kbps〜1Mbps
WebサイトやSNSの閲覧1Mbps〜10Mbps
動画視聴(YouTubeなど)3Mbps〜25Mbps
オンラインゲーム30Mbps〜100Mbps
用途上り速度の目安数値
メールやSNSのメッセージ送信1Mbps
SNSの写真投稿3Mbps
SNSやYouTubeなどの動画投稿10Mbps

表と上の口コミに記載されている「みんなのネット回線速度」の情報からわかることとしては、通信速度に問題なく光回線を利用できることがわかりますね。

なぜなら、通信を行う上で1番の通信容量がかかるオンラインゲームでも、必要な最大の目安数値は「100Mbps」だからです。

下り速度も上り速度も計測数値は「100Mbps」を大幅に超えているので、通信速度に問題なく利用できるといえます。

ただし、どこでも必ず上の口コミに記載してある通信速度が出るわけではないので注意が必要です。住んでいる地域や利用する時間帯によっては、速度は変わってくるので頭に入れておきましょう。

いま契約すると月額料金が6ヶ月無料になる

3つ目の良い評判・口コミは「いま契約すると月額料金が6ヶ月無料になる」ことです。

現在OCN光では「新生活応援キャンペーン」が開催されており、開通工事費・事務手数料・月額料金6ヶ月分が無料になるキャンペーンが実施されています。

このキャンペーンは2022年の5月9日までなので、「OCN光」の契約を検討している方は、キャンペーンの適応を受けれるまでに契約することをおすすめいたします。

OCN光のIPv6回線には気になる評判も|実際に投稿された悪い口コミ

ここでは、OCN光の悪い評判・口コミをお伝えしていきます。

悪い評判やデメリットをきちんと把握していないと、後になってから「自分に合わないしやっぱり契約すべきじゃなかった‥」など後悔に繋がってしまう恐れがあります。

もし契約するにしても悪い評判やデメリットを理解して、後悔のないように契約しましょう。

開通工事が遅いときがある

1つ目の悪い評判・口コミは「開通工事が遅いときがある」ことです。

OCN光の開通工事までの期間は、申し込んでから2週間〜1ヶ月程度だといわれています。具体的な流れとしては以下の通りです。

【申し込み〜工事の流れ】
1.OCN光を申し込む
2.電話で工事日の連絡がくる
3.開通工事が行われる
ただし、上の口コミのように開通工事までに約2ヶ月程度の時間が掛かってしまう場合もあります。
掛かる目安の時間としては2週間〜1ヶ月ですが、開通までに2ヶ月程度の時間がかかってしまう恐れがあることは頭にいれておくといいでしょう。

問い合わせが繋がらないときがある

2つ目の悪い評判・口コミは「問い合わせが繋がらないときがある」ことです。

問い合わせセンターが混雑して対応が遅くなってしまうのは、昼間などの利用ユーザーが増える時間帯や休日などに問い合わせをした場合に考えられます。

なぜなら、問い合わせるユーザーが増えてしまうと、対応できるスタッフの数が減ってしまい需要と供給が逆転してしまうからです。

電話予約などはできないので、平日の4時など混雑しない時間帯を見計らって電話してみると、スムーズに繋がって問い合わせできる可能性が高まるので、試してみてください。

通信速度が遅いと感じる人もいる

3つ目の悪い評判・口コミは「通信速度が遅いと感じる人もいる」ことです。

「通信速度が安定している」の見出しで紹介しましたが、住んでいる場所や時間帯によっては通信速度が遅くなってしまうこともあります。

例えば、電波が届きにくい山奥や田んぼだらけの田舎をイメージしていただくとわかりやすいかと思います。

電波提供エリアにギリギリ入ってるような場所で光回線を契約してしまうと、通信速度が遅くなってしまうことがあるので、きちんと電波提供エリアに入っているかチェックした上で、契約はするようにしましょう。

OCN光で使えるIPv6回線のメリットデメリット|利用するのにおすすめな人は?

ここでは、OCN光を契約して利用するのにおすすめな人の特徴と、おすすめできない人の特徴をお伝えしていきます。契約を検討している方はチェックして自分が求めているタイプの光回線なのかをチェックしていきましょう。

オプション料金なしでIPv6接続を行いたい人にはおすすめ

おすすめできる人の1つ目の特徴は「オプション料金なしでIPv6接続を行いたい人」です。

OCN光には以下のような様々なオプションが用意されています。

オプション名月額料金
IPoEアドバンス1,848円
OCN v6 アルファ550円
OCNひかり電話550円〜1,650円
OCNひかりテレビ825円
ひかりTV for OCN1,650円〜3,850円
OCNプレミアムサポート429円〜550円
マイセキュア275円〜550円
マイポケット330円
おまかせマルチパック1,045円
メールウィルスチェックサービス220円/1アドレス
迷惑メールブロックサービス220円/1アドレス
ファミリーメール275円/1アドレス
2回目以降は110円
ABEMAプレミアム960円
Amazon Music Unlimited個人プラン880円
OCNニコニコ動画プレミアム550円
OCN朝日新聞デジタル500円〜3,800円

表を見ていただいたら分かる通り、オプションを使えるようにするには毎月あたり料金がかかります。

オプションを適応してしまうと毎月あたりの月額料金が上がってしまうため、オプションを適応したい方にはおすすめできません。

逆に、オプションを適応せずにIPv6接続を行いたい人にはおすすめできます。

安定したネットワーク環境を使いたいならおすすめ

おすすめできる人の2つ目の特徴は「安定したネットワーク環境を使いたい人」です。

OCN光の通信速度は「通信速度が安定している」の見出しからわかる通り、通信速度は安定しています。

そのため、安定したネットワーク環境で日常的に暮らしたいという方にはおすすめできるといえますね。

料金を抑えたいと考えているならおすすめしない

おすすめできない人の1つ目の特徴は「料金を抑えたいと考えている人」です。

光回線を契約する大きなメリットは、自宅に光回線を設置することで通信速度が安定することです。

しかし契約するときにこだわるポイントが、通信速度の速さよりも月額料金を抑えたいという気持ちが強ければ、モバイルWiFiを契約するのがおすすめできるといえるでしょう。

なぜなら、光回線よりもモバイルWiFiの方が月額料金を安く設定されているからです。

毎月かかる月額料金を抑えたいと考えているのであれば、光回線よりもモバイルWiFiへの契約をおすすめします。

スマホとのセット割を重視したいならおすすめしない

おすすめできない人の2つ目の特徴は「スマホとのセット割を重視する人」です。

多くの光回線会社ではスマホ3大キャリア「docomo・au・SoftBank」に対して、最大1,100円のスマホ料金の割引が設定されていることが多いですが、OCN光では、大手キャリアと連動したスマホのセット割サービスが実施されていません。

3大キャリアに契約していて、スマホセット割の適応を受けたいのであれば、OCN光と別の光回線を契約することをおすすめします。

ただし、自社の格安SIMである「OCNモバイルONE」ならセット割を適応できます。具体的な割引額については以下の表の通りです。

割引額2年間の割引総額
1台220円5,280円
2台440円10,560円
3台1,100円26,400円

IPv6接続なのにOCN光が遅い|速度が遅い原因と対処法

よくある質問

ここでは、OCN光を利用していてIPv6接続なのに速度が遅くなってしまうときの原因と、原因に対する対処法をお伝えしていきます。

ルーターが回線に適合していない

1つ目に考えられる原因は「ルーターが回線に適合していない」ことです。

OCN光は最大1Gbpsの高速通信です。しかし、現在使っているルーターが回線に適合していなかった場合だと、通信速度が落ちてしまいます。

例えば、ルーターを利用しだして5年以上経っているルーターや、5,000円以下の格安のルーターを利用している場合だと回線に適合していないことがあるので、通信速度が遅くなってしまうことがあるといえるでしょう。

対処法としては、現在利用している回線に適合する新しいルーターへ買い替えることをおすすめします。

接続機器の規格が古い

2つ目に考えられる原因は「接続機器の規格が古い」ことです。

OCN光の通信規格は最新の「IPv6(IPoE) 通信」に対応しています。

しかし、多くのユーザーは「IPv4(PPPoe)通信」のままになっていることが多いため、「IPv6(IPoE) 通信」に設定を変更すると、通信速度が速くなることがあるので試してみてください。

キャパシティを超えてしまっている

3つ目に考えられる原因は「キャパシティを超えてしまっている」ことです。

光回線は、契約するプロバイダによって受け入れられるユーザー数が変動してきます。

OCN光が貸し出しているプロバイダには「ぷらら」「ドコモnet」「DTI」「東名」などがありますが、貸出先のユーザーが増えれば増えるほどサーバーが圧迫されるといっても過言じゃありません。

対処法として、しばらく様子を見てみて通信速度の遅さが改善されないのであれば、他の光回線会社に乗り換えることをおすすめします。

OCN光のIPv6回線に関するよくある質問は?

eo光 7

ここでは、OCN光のIPv6回線に関するよくある質問と、質問に対する回答をお伝えしていきます。

もしも質問の中に気になる質問内容があれば、チェックしてみてください。

OCN光のv6アルファルーターで中継機は利用できる?

OCN光のv6アルファルーターで中継機は利用できます。中継機として利用できます。

OCN光のv6アルファルーターの性能を知りたい

OCN光のv6アルファルーターの性能・スペックは以下の通りです。

無線LAN規格IEEE802.11a/b/g/n/ac
無線LAN速度2.4GHz:300Mbps
5GHz:867Mbps
有線ポート数3
有線LAN速度1000Mbps/100Mbps

有線LANの速度は1,000Mbpsなので、1Gbpsの高速通信に対応しています。

無線LANに関しても速度は最大867Mbpsなので、Wi-Fi接続でもストレスなくインターネットを利用できるでしょう。表から分かる通り「高性能」だということがわかります。

OCN光のv6アルファルーターはよく切れるって聞いたけど本当?

OCN光のv6アルファルーターの口コミで「回線が途中で切れる」という口コミを見つけました。

通信回線を利用中に、接続がよく切れるとイライラしてしまいますよね。特に大事な作業中などに回線が突然切れてしまったら、怒りのボルテージは最高潮に達すると思います。

上の口コミを記載している方は、NARTと呼ばれるIPアドレスを変換する技術変更でトラブルは解決したみたいですが、まだ使い始めの方などには自己解決は難しそうです。

回線が途中で切れてしまうのは、自分が住んでいる場所や時間帯も関係しているとは思いますが、OCN光のv6アルファルーターは途中で回線が切れることがあることは事実ですね。

OCN光はIPv6利用が大前提|利用前は使用機器の規格をしっかり確認しよう

ソフトバンク光の引越しは確認必須

OCN光を使うならIPv6利用が大前提になります。IPv4を利用してもOCN光を利用するメリットがなくなってしまうので、利用前は使用機器の規格をしっかりと確認しておきましょう。

ルーターの通信規格が適応していなかったら、IPv6を利用できないので購入するときは必ずIPv6に適応しているルーターなのかチェックを忘れないようにしてくださいね。最後までご精読いただきありがとうございました。