光回線

「home 5G HR01」とはどんなネット回線?-光回線との違いを徹底レビュー-

「インターネット環境を用意したいけれど、ホームルーターと光回線のどちらを選べばいいのだろう?」と悩んでいませんか?

この記事ではドコモのホームルーター『home 5G HR01』を詳細解説!また光回線サービスと、通信性能や価格を徹底比較します。

最後まで読めば『home 5G HR01』と光回線、どちらを選べば良いかわかりますよ!

【この記事でわかること】 ・home 5G HR01の特徴 ・home 5G HR01と他社ルーターとの比較・home 5G HR01と光回線の性能比較 ・home 5G HR01をおすすめできる人 ・home 5G HR01の口コミ ・home 5G HR01のよくある質問

 

  1. docomoの「home 5G HR01」のスペック解説|どんなサービスなの?
    1. docomo提供のホームルーター
    2. 5G接続時は光回線並みのスピード
    3. 同時接続台数は65台と多い
  2. home5G HR01を他社ホームルーターと詳細比較-機能にはどのような差がある-
  3. 「home 5G HR01」VS「光回線」|おすすめなのはどっち?
    1. 利用までの日数:「home 5G HR01」の方が速い
    2. 回線速度:光回線の方が速い
    3. 応答速度:光回線の方が高い
    4. 月額料金:光回線の方が高い
    5. 通信制限:光回線には無い
  4. docomoの「home 5G HR01」はどんな人に向いてるの?
    1. 光回線の工事をせずに速い回線を繋ぎたい
    2. 1人暮らしなどで将来的に引っ越す予定がある
    3. 光回線以外で無制限で安いWi-Fiが使いたい
    4. 動画視聴やSNS利用がメイン
  5. docomoの「home 5G HR01」はこんな人には向いてない
    1. 料金はできるだけ安く抑えたい
    2. docomoスマホを利用していない
    3. 持ち家で引っ越しの予定がない
    4. 低遅延で繋がるWi-Fiが欲しい
  6. docomoの「home 5G HR01」の口コミは?
    1. 口コミ①4TB使っても速度制限なし!
    2. 口コミ②テレワークでも問題なく使える!
    3. 口コミ③置き場所によって電波が弱くなる!
    4. 口コミ④ポケットWi-Fiよりも遅い!
  7. docomoの「home 5G HR01」に関するよくある質問は?
    1. home 5G HR01はモバイル用途として持ち運びができる?
    2. home 5G HR01とiPhoneなどのスマートフォンセット割引はある?
    3. home 5G HR01は有線LANで接続できる?
    4. home 5G HR01の予約から手元にとどくまでの流れは?
    5. home 5G HR01の設定画面の見方が知りたい
    6. home 5G HR01は一括0円って聞いたけど本当?
    7. home 5G HR01を有線接続したときの実測値は?
    8. home 5G HR01が青点滅した時はどんな意味なの?
  8. まとめ:「home 5G HR01」は光回線が引けないならアリ|工事可能なら光回線一択

docomoの「home 5G HR01」のスペック解説|どんなサービスなの?

home 5G HR01
画像引用:NTTドコモHP

『home 5G HR01』はNTTドコモが提供するホームルーターです。ポケットWi-Fiの置型版と捉えると、イメージしやすいですよ。

以下の表に、『home 5G HR01』の基本情報をまとめました。

機種名home 5G HR01
月額料金4,950円
初期費用3,300円
端末代39,600円 ※3年契約で実質無料
通信速度最大1.2Gbps ※5G対応
通信データ量無制限 ※直近3日間で大量通信をすると、速度制限がかかる場合あり
対応エリアドコモ 5G + 4G LTE
割引・特典home 5G セット割 ドコモスマホ1回線あたり1,100円を永年割引
金額はすべて税込み

ポケットWi-Fiのように工事不要で使え、光回線のように無制限に通信可能。それぞれのサービスの良いとこどりのようなサービスが、ホームルーター『home 5G HR01』です。

次の章から、以下の内容について詳細に解説していきます。

docomo提供のホームルーター

『home 5G HR01』は、大手スマホキャリアであるNTTドコモが提供しています。

利用する回線はもちろんドコモの5G・4G回線。デバイスへ最大1.2Gbpsの高速通信を提供します。

また安定した通信だけでなく、お得なセット割も魅力的。

ドコモのスマホと『home 5G セット割』を組むことで、家族のスマホを含めて最大20回線まで割引可能。1回線あたり最大1,100円が永年割引されますよ。

端末代金は12・24・36回払いから選択可能。月々サポートで毎月1,100円の割引が36回入り、端末代金39,600円相当分の割引を受けられます。

無制限※にデータ通信できる環境を手軽に整えられるため、工事が難しい環境に住んでいる方や、急ぎでネット環境を用意したい方にぴったりなサービスですね。

※直近3日間で大量通信を行った場合、制限される可能性あり

5G接続時は光回線並みのスピード

『home 5G HR01』の受信時の最大速度は、5Gで4.2Gbps、4Gで1.7Gbpsです。その通信をパソコンやスマホなどの機器へ送る際は、最大1.2Gbpsとなります。

つまり『home 5G HR01』が受信時点で1.2Gbpsを超える通信を受信できていれば、最大1.2Gbpsで通信可能ということ。

光回線の最大速度は1Gbpsが一般的なので、同程度の速度が出ることになります。光回線並みの速度が出るとは、ホームルーターと思えないスピードです。

光回線よりも簡単に使い始められるのに、光回線並みの速度が出るとは驚きの性能ですね。住まいが工事不可などで光回線を導入できない方にとっては、うれしいサービスです。

同時接続台数は65台と多い

『home 5G HR01』は、パソコンやスマホを同時に65台まで接続できます。

「そんなに必要ないから、自分には関係ないかな」と感じる方もいるかもしれません。しかし近年では、ネットを利用できるデバイスがどんどん増えてきているのは知っていますか?

外出先からエアコンをつけたり、鍵を開け締めしたりできる『スマートホーム』が普及しつつありますよね。便利になる動作のひとつひとつに対応デバイスが必要なため、接続台数にどんどん上乗せされていきます。

また家族の人数が多ければ、それだけデバイスの数も多くなりますよね。プログラミングが必修化されたことによって、小学生でもパソコンとスマホを持っているのは珍しくありません。

『home 5G HR01』はそれらの状況を一手に引き受けられる、懐の広いホームルーターなのです。  

home5G HR01を他社ホームルーターと詳細比較-機能にはどのような差がある-

home5G-H2-2

home5G HR 01のスペックを他社のホームルーターと比較してみましょう。

まず、ポイントを表にまとめてみます。

 ドコモhome 5GSoftBank Airモバレコ Air5G CONNECT
月額料金(*1)4,950円5,368円(36ヶ月)

5,368円

(25ヶ月以降)

4,950円

(契約期間縛り無)

実質通信速度(*2)211.93Mbps67.32Mbps67.32Mbps89.28Mbps(*4)
提供エリアドコモのスマホ対応エリアSoftBankスマホ対応エリアSoftBankスマホ対応エリアauスマホ対応エリア
おすすめ度(*3)☆5☆3☆3☆4
最新キャンペーン永年最大月額料金1,100円割引(セット割)端末購入で最大25,000円キャッシュバック端末購入で最大35,200円キャッシュバック2年契約で3ヶ月まとめ払いで月額料金5ヶ月分0円。

(*1)月額料金は基本料金(税込)。

(*2)直近3ヶ月に計測された平均ダウンロード速度(下り)測定結果の平均値。(参照:みんなのネット回線速度)

(*3)☆5(特におすすめ)・☆4(おすすめ)・☆3(ふつうにつかえる)・☆4(あまりおすすめしない)・☆5(おすすめしない)

(*4)Speed Wi-Fi HOME 5G L11

<月額料金>

各社で展開しているキャンペーンを利用した“実質月額料金”を比較してみます(*5)。

(*5)スマホとのセット割も適用しています。

【実質月額料金4社比較(安い順)】〜トップはモバレコ Air〜
①モバレコ Air > ②SoftBank Air> ③5G CONNECT > ④ドコモhome 5G
 
 ドコモhome 5GSoftBank Airモバレコ Air5G CONNECT

実質月額料金

(1年目)

3,850円3,080円0円3,151円

キャンペーンを利用した実質の月額料金(最初の1年目)を比較してみると、モバレコ Airの『0円』が突出してますね。

月額料金の安さにこだわる方には、“モバレコ Air”の方がおすすめです。

<実質通信速度>

各ホームルーターの“実質通信速度”を詳しく比較してみます。

【実質通信速度比較】〜トップはドコモhome 5G〜
(下り):①ドコモhome 5G > ②5G CONNECT > ③SoftBank Air = ③モバレコ Air 
(上り):①ドコモhome 5G > ②5G CONNECT > ③SoftBank Air = ③モバレコ Air
( Ping値):①SoftBank Air = ①モバレコ Air > ③ドコモhome 5G > ④5G CONNECT
 
実質通信速度ドコモhome 5GSoftBank Airモバレコ Air5G CONNECT
①下り(*5)211.93Mbps67.32Mbps67.32Mbps89.28Mbps
②上り(*6)19.6Mbps7.72Mbps7.72Mbps12.02Mbps
Ping値(*7)50.62ms43.5ms43.5ms50.74ms

(*5)ダウンロード速度のこと。

(*6)アップロード速度のこと。

(*7)応答速度のこと。この数字が低いほど反応速度が速く、オンラインゲーム等でラグが少なくなります。

上り・下りの実質通信速度はドコモhome 5GPing値はSoftBank Air・モバレコ Airがトップでした。

仕事やメールがメインユースならば“ドコモhome 5G”オンラインゲームや動画がメインの方は“SoftBank Air”や“モバレコ Air”がおすすめです。

<提供エリア>

各社の通信サービス提供エリアは、それぞれ「ドコモhome 5G=ドコモ」「SoftBank Air・モバレコ Air=SoftBank」「5G CONNECT=au」とスマホ3大キャリアの提供エリアと同じです。

対象エリアとしては、各社ともほぼ全国一律にカバーできていると言えるでしょう。

ポイントは“つながりやすさ”で、各社が割り当てられている『バンド(周波数帯)』によって変わります。

特に『プラチナバンド(障害物があってもつながりやすい周波数帯)』がいくつ割り当てられているかによって優劣が生じます。

ここでは、このあたりも見ていきましょう。

まず結論から…

【各社繋がりやすさの比較】〜割り当てバンド(周波数帯)の状況から〜
①ドコモhome 5G ﹥ ②5G CONNECT > ③SoftBank Air = ③モバレコ Air
4G回線における各社の“割り当てバンド数””プラチナバンド数”を見ていきましょう。
 
(4G回線)ドコモhome 5GSoftBank Airモバレコ Air5G CONNECT
バンド数6回線3回線3回線5回線(*8)
プラチナバンド数2回線(B19・B28)0回線0回線1回線(B 18)(*8)
  • (*8)5バンド(周波数帯)のうちB18とB28は有料になります。
  •  
  • 各社の使用しているバンド(周波数帯)は以下の通り
  • (4G回線)使用バンド(赤字はプラチナ)必須バンド(周波数帯)(*9)
    ドコモhome 5G B1B3B19・B21・B28・B42B1B3B19
    SoftBank AirB1・B41・B42B1B3B8
    モバレコ AirB1・B41・B42B1B3B8
    5G CONNECT

    B1B3B18(有料)・B28(有料)(*8)・B41

    B1B3B18(有料)B26

(*9)必須バンドとは「このバンドを押さえていれば最低限の通信環境は得られる周波数帯」のこと。

5G回線についても見ておきましょう。

  ドコモhome 5GSoftBank Airモバレコ Air5G CONNECT
Sub6n 77 
 n78  
 n79   
ミリ波n 257××××

 5Gは、現在メインで普及している電波はSub6のn78かn79なので、この2つに対応しているかいないかを見ていくことになります。

SoftBank Airとモバレコ Airは、この2つの電波が対応されいません

ミリ波(n257)は、日常ユースというよりもイベント会場や競技場などの特殊な電波状況に対応しやすいものなので、今現在で未対応でも問題ありません。

結論としては、プラチナバンドの割り当て数、必須バンドの確保数とも“ドコモhome 5G”がおすすめですね。

 

<総括してホームルーター比較では“ドコモhome 5G”がおすすめ>

ホームルーターを日常ユースで使用する際の優先順位としては、

①つながりやすさ ﹥ ②通信速度 ﹥ ③料金

となりますよね。

どんなに月額料金が安くてキャンペーンが充実していても、「つながらない」とかつながっても「時間がかかる」ということでは、長期で利用する気になれません。

結果として、ホールルーター比較では『ドコモhome 5G』をおすすめします。

「home 5G HR01」VS「光回線」|おすすめなのはどっち?

「home 5G HR01」VS「光回線」

ここまでは『home 5G HR01』の特長を紹介してきましたが、本章では光回線と性能を比較していきます。

同じNTTドコモの提供である、『ドコモ光』と以下の表で各項目を見比べてみましょう。

 home 5G HR01 ドコモ光 (戸建ての場合)
月額料金4,950円5,720円
通信速度 ※実測値下り:150.01Mbps 上り:17.69Mbps下り:258.17Mbps 上り:203.49Mbps
契約期間なし2年
利用開始日即日可能2週間〜1ヶ月
通信制限原則なし※なし
※直近3日間で大量通信を行った場合、制限される可能性あり

それぞれのサービスに一長一短がありましたね。次の章から項目ごとに詳細を見比べ、メリット・デメリットを洗い出していきます。

利用までの日数:「home 5G HR01」の方が速い

使い始めるまでの期間は、置いてコンセントを差すだけの『home 5G HR01』が圧勝です。

店頭で契約をした場合は、持ち帰ってすぐに利用開始できるため、急いでいる方にはありがたいスピード感ですね。

ドコモ光はほとんどのケースで、利用開始までに工事が必要です。各地域を担当する業者と日程調整が必要なため、長いと開通までに数ヶ月かかってしまうケースも。

アプリのアップデートなど、Wi-Fi通信でなければできない急ぎの作業がある方にとっては、とても困ってしまいますよね。

なによりも開通までの日数を優先したい!という方は『home 5G HR01』、それ以外の方は次の章以降も参考にして見極めましょう。

回線速度:光回線の方が速い

実測値で速度を比較すると、『ドコモ光』の方が高速。カタログやホームページ上に載っている最大速度は、技術上可能な上限速度を表していますが、実測値は実際に測ったものです。 そしてホームルーターは無線サービスのため、利用場所の周辺環境に速度が左右されやすい特性があります。そのため、単なる速さだけではなく安定性においても、『ドコモ光』が優位ですね。 しかしどちらも動画を視聴したり、SNSをチェックしたりするために必要な目安速度はクリアしています。そのため利用用途次第で、いずれも問題なく利用できますよ。 自身の用途ごとに快適な目安速度を確認し、それを上回っているサービスを選びましょう。

応答速度:光回線の方が高い

応答速度を言い換えると、「いかにタイムラグなく、サクサク通信できるか」ということになります。

例えばオンラインゲームをしていて、キャラクターを操作しているのに、画面上に反映するまでに何秒もかかっていたら困ってしまいますよね。これは「応答速度が低い」という状態です。

この応答速度について、『home 5G HR01』VS『ドコモ光』の結果は、『ドコモ光』の圧倒的な勝利です。

これは『home 5G HR01』がサービスとして劣っているというわけではなく、無線通信と有線通信の特性の違いから生まれるもの。

導入の手軽さを取るか、サクサク操作を取るかを天秤にかけて、利用用途に合ったものを選びましょう。

月額料金:光回線の方が高い

月額料金は戸建ての『ドコモ光』と『home 5G HR01』を比較した場合、『home 5G HR01』の方が安価な設定です。

『ドコモ光』は住んでいる建物の種類によって、月額料金が異なります。マンションタイプの場合は、『home 5G HR01』とほぼ同額。

そのため料金面で『home 5G HR01』を選択する場合、メリットを享受できるのは戸建てに住んでいる方になります。

『home 5G HR01』は置くだけで通信ができるため、その場所が戸建てであってもマンションであっても、プランや月額料金には影響がありません。

料金で選ぶ場合、戸建てに住んでいる方は『ドコモ光』、マンションに住んでいる方はどちらでもOKという結果となりました。

次の章以降もぜひ参考にして選んでくださいね。

通信制限:光回線には無い

通信制限とは「一定以上のデータ量を通信した場合に、速度を低速にする」という制度。『ドコモ光』をはじめとした光回線サービスには、基本的に通信制限がありません。

しかし『home 5G HR01』はホームルーター。

「当日を含む直近3日間のデータ利用量が特に多い方は、それ以外の方と比べて通信が遅くなることがあります」という注意がありました。

月間の通信データ量の制限はないため、『home 5G HR01』を利用する際は短期間で大量に通信しないよう、気を配りたいですね。

大量に通信する方は『ドコモ光』一択、そこまでではない方は『home 5G HR01』も検討可能というのが本章の結論です。  

docomoの「home 5G HR01」はどんな人に向いてるの?

向いている

ここまでは『home 5G HR01』と『ドコモ光』を比較する形で、特徴を解説してきました。本章ではどんな方に『home 5G HR01』をおすすめできるか、具体的に紹介します。

次の章から上記をひとつずつ深堀りしていきます。当てはまるポイントがあったら、ぜひチェックしてくださいね。

光回線の工事をせずに速い回線を繋ぎたい

光回線を利用するためには、多くのケースで工事が必要です。

工事するためには建物の所有者や管理組合から許可を取ったり、工事日に立ち会いが必要だったり、なにかと手間がかかります。

また安くはない工事費もかかるため、「手間もお金も節約したい!」と思ってしまいますよね。

ホームルーター『home 5G HR01』はその気持ちに応えるサービスです。

端末をコンセントに接続するだけで、ドコモの5G・4G回線で通信ができ、その速度は光回線並み。

工事ができない建物に住んでいる、または忙しくて工事の立ち会いができない方でも、簡単にWi-Fi環境を整えられますね。

インターネットの導入工事ができない方は、ぜひ『home 5G HR01』を検討してみてください。

1人暮らしなどで将来的に引っ越す予定がある

就職や転勤などの事情で、すでに将来引っ越しをする予定がある方は、光回線の契約をためらってしまうことが多いですよね。

解約して違約金を支払って、工事費の残債を一括で支払って……と、途方もない手間と金銭的な負担がかかることが見えているからです。

しかし『home 5G HR01』は引っ越し先で使うなら、コンセントから抜いて持っていくだけ。引っ越し先で光回線を使用するなら、違約金なしで解約できるから手続きをするだけ。とても手軽です。

端末代金を分割で支払っている場合は、引き続き残債の支払いが必要になりますが、これは分割のまま支払えます。金銭的な支払いの負担を分散させられて、安心ですね。

引っ越しでかかる負担を軽減したい方に、おすすめのサービスです。

光回線以外で無制限で安いWi-Fiが使いたい

戸建てに住んでいる場合は、光回線よりも『home 5G HR01』の料金のほうが安いケースがほとんど。

節約したい方にとって、毎月の支払いが安く済むのはありがたいですよね。

料金が安いだけでなく、『home 5G HR01』は1ヶ月あたりの通信データ量に制限がありません。

好きなだけ動画を視聴したり、アプリのアップデートや、クラウドサービスへデータをバックアップできます。 無制限に通信ができて、工事不要で置くだけで使えるホームルーターは、「無制限の通信を安く利用したい」という方のニーズを満たせるサービスです。 光回線以外で通信サービスを検討している方は、ぜひ『home 5G HR01』をチェックしてくださいね。

動画視聴やSNS利用がメイン

速くて安いホームルーター『home 5G HR01』ですが、オンラインゲームなどのいわゆる”重い作業”には適しません。 しかし、スマホの4Gや5G回線で快適に利用できるような、動画視聴やSNS利用には十分な性能を持っています。 「普段4Gや5G回線でしている作業を、データ量無制限でできたらなあ……」と思っている方に『home 5G HR01』は最適。 なぜなら『home 5G HR01』で使用している回線は、ドコモのスマホで使用しているものと同じであるためです。 もし「これって、『home 5G HR01』で快適に通信できる作業かな?」と迷ったら、スマホの4Gや5Gで問題なく通信できているかどうかをチェックすればOKですよ。  

docomoの「home 5G HR01」はこんな人には向いてない

向いていない

ホームルーターとして優秀な『home 5G HR01』ですが、もちろん人によってはデメリットになる部分もあります。 本章では『home 5G HR01』ではなく、ほかのサービスを選んだ方が良い方の特徴を紹介します。

次の章から上記の内容を深堀りしていきます。ぜひ参考にしてくださいね。

料金はできるだけ安く抑えたい

戸建てプランの光回線と比較すれば、確かに安い『home 5G HR01』ですが、安さを最優先するのであればもっと良い方法があります。 例えばドコモのスマホには無制限プランが存在し、テザリングも無制限で利用可能。また無制限に通信できるWiMAXなどのポケットWi-Fiの中には、『home 5G HR01』よりも料金が安いサービスがあります。 また賃貸物件の中には、オーナー負担でインターネットが導入されているものがあります。家賃や管理費にインターネット料金が含まれているため、別途料金を支払う必要はありません。 以上のように通信費全体で、さらに安くインターネット環境を用意できる方法は複数あります。安さを追求するのであれば、ほかの方法を選びましょう。

docomoスマホを利用していない

ドコモのスマホを利用していると、1回線あたり毎月最大1,100円の割引をずーっと受けられます。家族分まで含めると最大20回線まで適用可能。 しかしドコモのスマホを使用していない場合は、当然この割引を受けられません。これだけで料金的なメリットが減ってしまいますね。 前述の通り、『home 5G HR01』よりも安い手段がほかに複数あるため、あえて『home 5G HR01』を選ぶ必要がなくなるのです。 ドコモの電波しか届かない地域で、光回線以外の通信手段を探している方以外は、『home 5G HR01』にこだわる必要はありません。

持ち家で引っ越しの予定がない

『home 5G HR01』の魅力のひとつに、導入と解約の手軽さがあります。これは引っ越しが多い方にとってはメリットですが、引き換えに通信の速さや安定性を犠牲にしている側面も。 引っ越しの予定がなければ、長期契約を前提として『home 5G HR01』より安い光回線サービスもあります。また持ち家であれば解約する必要もないため、『home 5G HR01』のメリットの大半を享受できません。 あえて『home 5G HR01』を選択する理由がなくなってしまいますね。 持ち家であればぜひ光回線を導入して、高速で快適な通信環境を整えることをおすすめします。

低遅延で繋がるWi-Fiが欲しい

『home 5G HR01』は優秀なホームルーターですが、遅延を気にするのであれば選択するべきではありません。 ホームルーターはスマホと同じく無線で通信するサービスのため、通信の仕組み上、光回線の反応速度を超えることはできないからです。 反応速度が求められる作業の代表例は、デイトレードやオンラインゲームなど。すこしの反応速度の違いで儲けが減ってしまったり、ゲームの勝負がついてしまったら、困ってしまいますよね。 これらの作業をシビアに行いたい方はぜひ光回線を選びましょう。導入の手間の差が気にならなくなるほど、快適な通信ができますよ。  

docomoの「home 5G HR01」の口コミは?

口コミ ここまでは通信の仕組みやプラン内容から、『home 5G HR01』について解説してきました。しかし通信サービスは、実際使ってみないとわからない部分が多いもの。

本章では『home 5G HR01』を実際に利用した方の口コミを紹介します。

通信の快適さはさまざまな要因で変わります。口コミの状況が必ず再現できるとは限りませんが、快適に利用できている方がいるとわかるのは安心ですよね。 ぜひ検討材料のひとつにしてください!

口コミ①4TB使っても速度制限なし!

1件目は、速度制限についての口コミです。

4TBと膨大な通信をしても速度制限がかからなかったというのは、驚きです。実は『home 5G HR01』について、ドコモは速度制限が入る基準を公開していません。 現時点では、利用者の口コミから、速度制限が入るラインを推測することしかできないため、このような口コミはとても貴重な情報です。 ポケットWi-Fiでは3日間で10GBなどの制限を明言している以上、超えたら一律速度に制限がかかります。はっきりしないのはやや不安な面もありますが、ここまで使っても速度が落ちないのはうれしいですね。 これからユーザーが増えていくにあたって、情報が増えていくと思われます。今後も注視していきましょう。

口コミ②テレワークでも問題なく使える!

2件目は、テレワークでの使い勝手に関する口コミです。

テレワークで仕事をする場合、ビデオ通話や大量のデータ通信が伴うことが想定されます。支障が出ていないということは、そのいずれの作業についても問題なく遂行できているようですね。 ゲームには向かないという率直な口コミも織り込まれていますが、逆説的に困っていることはそれだけであると言えます。 この口コミを書いた方のように、メインの利用は仕事関連でゲームはしないという用途であれば、問題なく『home 5G HR01』は利用可能だと読み取れます。 ぜひ利用予定の用途と照らし合わせて、検討してくださいね。

口コミ③置き場所によって電波が弱くなる!

3件目は電波強度についての口コミです。

スマホなどで利用している場所と、『home 5G HR01』の置き場所が離れていて、間に障害物(壁や扉)などがある場合、電波が弱くなることがあります。 また建物の構造によってその程度は異なり、一般的に壁が厚い鉄筋コンクリートの建物は、電波を遮ってしまう場合が多いようです。 『home 5G HR01』は置き場所を簡単に変更できるため、やや手間がかかりますが自宅内で持ち運んで利用すると、電波が弱くなって通信が不調になることが減りますよ。 また接続台数が増えると、通信を分け合うことになるため、1台だけ繋いでいる状態に比べて通信が遅くなることがあります。 不要なデバイスは、接続を切るなど工夫すると改善が期待できます。

口コミ④ポケットWi-Fiよりも遅い!

4件目はポケットWi-Fiと速度を比較した口コミです。

持ち運びを重視したポケットWi-Fiよりも、一般的にはホームルーターの方が速い傾向にあります。しかしこちらの口コミを書いた方は、UQのポケットWi-Fiの方が速いと評価していますね。 『home 5G HR01』はドコモ回線、UQのポケットWi-FiはUQ回線と会社が異なるため、UQの電波の方が好調な地域で利用されている可能性もあります。 しかし最終的には「酷いレベルではない」と言っているため、『home 5G HR01』を大きな問題はなく使えている模様です。 また本体のランプ点滅については、ほかの口コミでも「意外に明るくて目に痛い」という表現が散見されました。置き場所を工夫して、ストレスにならないようにしたいですね。  

docomoの「home 5G HR01」に関するよくある質問は?

よくある質問

ここまで『home 5G HR01』について、さまざまな側面から紹介してきました。 しかし「おおよその内容は理解できたけど、気付いていない注意点があるかもしれない」と不安に思っている方はいませんか?使い始めてからデメリットに気づくことは避けたいですよね。 本章では『home 5G HR01』に対して、いろいろな方から挙げられたよくある質問を8つ紹介します。実際の利用者が知りたいと思ったことばかりを集めました。 今までとは違う角度から『home 5G HR01』について理解を深められますよ。 より納得してサービスを選ぶために、ぜひ最後までチェックしてくださいね。

home 5G HR01はモバイル用途として持ち運びができる?

『home 5G HR01』はモバイル用途として持ち運び利用することはできません。

『home 5G HR01』にはモバイルWi-Fiルーターに見られる電池も内蔵しておらず、屋外では電波を捕らえられません。

仮に屋外のAC電源に接続したとしても、“最初に登録した設置場所住所以外では利用できない仕組み”になっています。

最初に登録した場所以外で使用する場合は、「設置場所住所の変更手続き」が必要です。

home 5G HR01とiPhoneなどのスマートフォンセット割引はある?

『home 5G HR01』はスマホと一緒に契約すると“スマートフォンセット割引”の特典を受けられる。

home 5G  H2-7

(画像引用:ドコモ公式ホームページ

ドコモのスマホとドコモhome 5Gをセットで契約すると、“月額料金(ドコモのギガプラン)が永年最大1,100(税込)割引”になります。

ファミリー割引の場合、ドコモのギガプランを契約している家族全員それぞれの月額料金が、永年最大1,100円(税込)割引”になります。

home 5G HR01は有線LANで接続できる?

『home 5G HR01』は、1台のみ有線LAN接続が可能です。

『home 5G HR01』は同時に65台まで接続できるので、厳密にいうと“1台がLAN接続、64台がWi-Fi接続できる”ことになりますね。

LAN接続により、無線接続よりさらに安定した環境でインターネットを楽しめます。

home 5G HR01の予約から手元にとどくまでの流れは?

『home 5G HR01』の在庫状況をドコモオンラインショップで確認し、在庫がなければ予約の手続きをします

在庫の確認から商品が届くまでの流れは以下のとおりです。

<STEP1:在庫の確認>

1、ドコモオンラインショップにアクセス。

2、画面中段「商品を探す」→「データ通信製品」を選択。

3、「home 5GHR01」を選択。

4 、在庫状況を確認。

<STEP2:予約>在庫状況を確認して「予約可能」と表示されたら、在庫がなく予約が必要。

1、ドコモオンラインショップにアクセス。

2、画面中段「商品を探す」→「データ通信製品」を選択。

3、「home 5GHR01」を選択。

4、予約手続きする。

5、商品入荷のメールがとどく。

6、新規契約・購入手続き(または機種変更)をする。

7、商品が届いたら「初期設定・利用開始の手続き」をする。

home 5G HR01の設定画面の見方が知りたい

『home 5G HR01』の設定画面は、接続しているパソコンやスマホから開けます。

パソコンの方は「http://192.168.128.1/」を、スマホの場合は「http://web.setting/」をアドレスバーへ入力するとログイン画面が表示されます。

端末の底面に記載されている初回ログインパスワードを入力して、ログインしましょう。パスワードの変更はログイン後に可能です。 こちらの設定画面は普通に使用するだけであれば、触る必要はありません。ネットワークに詳しい方向けの設定ばかりのため、わからない項目はあまり触らないようにしましょう。

home 5G HR01は一括0円って聞いたけど本当?

ドコモホームページから購入する場合は、39,600円となります。キャンペーンを実施している代理店があれば、一括0円で手に入れられる場合もあります。 家電量販店の店頭や、オンライン受付限定の代理店など、『home 5G HR01』の申し込みができる窓口はたくさんあります。しかしどの窓口でも一括0円で手に入れられるわけではありません。 また一括0円に対して「他社インターネットからの乗り換え」や「スマホと同時契約」など、代理店ごとに条件が異なる場合もあります。 お得な代理店を探すために、SNSや各代理店のホームページなどのチェックを欠かさず、キャンペーンの時期に契約できるよう目星をつけておきましょう。

home 5G HR01を有線接続したときの実測値は?

『home 5G HR01』にLANケーブルで接続した場合、最大速度は1Gbpsとなります。Wi-Fi接続の場合は最大1.2Gbpsのため、意外なことに有線接続の方が遅いのですね。

またLANケーブルの規格や接続するパソコンの対応規格によって、実測値は変動します。 高速通信を使用したい場合は、LANケーブルを「CAT.5」以上の規格から選ぶことをおすすめします。 また通信速度は『home 5G HR01』が捉えるドコモの4G・5Gネットワークに依存します。本体で感知している電波強度を手がかりに、感度が良い場所で使用しましょう。

home 5G HR01が青点滅した時はどんな意味なの?

『home 5G HR01』には3つのランプが備えられています。 一番左が青ランプの点滅の場合は5Gで通信中を、緑ランプの点滅なら4Gで通信中を表現。 中央のランプは青・黄色・赤の3色で電波の強度を表し、青は「強」、黄は「中」、赤は「弱」です。このランプを手がかりに、自宅内でベストな設置場所を探すと良いですよ。 右側のランプは、ルーターの状態を表しています。青色の場合は正常を表し、黄色は自分が設定した容量を超過するかソフトウェア更新がある合図。赤色は位置を正常に捉えられない場合を示しています。 調子が悪いかもしれない、と思ったら右側のランプをチェックしましょう。  

まとめ:「home 5G HR01」は光回線が引けないならアリ|工事可能なら光回線一択

『home 5G HR01』と光回線、どちらも導入できる環境で選ぶなら、光回線をおすすめします。ホームルーターでは提供が難しい完全無制限の通信や速度、安定性においては、やはり光回線が圧倒的に優秀。

しかし立地の都合で光回線を引き込めないなど、工事ができない事情がある場合『home 5G HR01』は救世主になります。 光回線を申し込みできなかった経験のある方は、代替手段として『home 5G HR01』を検討してみましょう!