光回線

光ギガ(giga)は遅いという評判だらけ?消費者センターが介入したって本当?

光ギガというサービスをご存じでしょうか?
過去にトラブルを起こしてしまい総務省から指導が入ったことも・・。

最近では急に光回線速度が低下するといったような口コミがチラホラ。
実際のところ光ギガとはどんなサービスなのでしょうか?詳しく解説していきます。

【この記事を通して理解できること】
・光ギガとはどんなサービスなのか
・光ギガをおすすめできるのは?
・光ギガの評判について

↓当サイトが厳選したおすすめ光回線3社↓

So-net光
auひかりフレッツ光
フレッツ光 ロゴ
月額料金(税込)4,928円~ 4,730円〜2,420円〜
平均通信速度(実測値)・平均下り速度:298.8Mbps
・平均上り速度:229.7Mbps
・平均下り速度:415.22Mbps
・平均上り速度:351.97Mbps
・平均上り速度:46.6Mbps〜
・平均下り速度:53.9Mbps〜
詳細公式URL公式URL公式URL

 

光ギガってそもそも何?サービスの特徴と情報解説

光ギガというのをあまり耳にしたことがない光回線かもしれません。
株式会社ハイホーが運営しているプロバイダ事業をおこなっている会社です。

光ギガはあまり聞かないかもしれませんが、「Toppa」といったプロバイダなら聞いたことがあるかも。
では光ギガとはいったいどんなサービスを提供しているのでしょうか。特徴を確認しておきましょう。

フレッツ光回線利用の光コラボ

光ギガでは、フレッツ光回線利用の光コラボを提供しています。

光コラボとは、NTT東日本、NTT西日本が提供しているフレッツ光回線を借りて
プロバイダとセットで提供しているサービス
光コラボなので、フレッツ光エリアであれば契約しインターネットを始めることができます。
エリアの広さについては問題なさそうです。

運営会社は「株式会社Hi BIT」

光ギガの運営会社は「株式会社HiBit」がサービスを提供し運営しています。

株式会社Hi-bitは、2005年9月に設立された、本社を東京都池袋に置いている会社です。
インターネットサービスプロバイダ「Toppa」を2005年10月から提供しています。

光ギガサービスは、2015年2月からNTT東西の光コラボとして提供を開始。

比較的新しい会社ということがわかりますね。

2021年6月に「株式会社ハイホー」に事業継承済み

光ギガの運営会社Hibitより、2021年6月に「株式会社ハイホー」に事業を継承しております。

株式会社Hi-bitでサポートは継続して行い、運営は事実上ハイホーにて行われております。

 

光ギガは他社と何が違う?代表的な光回線との比較表

光ギガは、他社とどんな点が違うのでしょうか。サービスの違いを確認しておきましょう。
今から契約しようと検討している方も、比較することで自分の適切な光回線を選ぶ基準にしてください。

プロバイダ光ギガ

auひかり

NURO光

回線速度平均ダウンロード:
110.2Mbps
平均アップロード:
142.3Mbps
平均ダウンロード:
426.1Mbps
平均アップロード:
370.3Mbps
平均ダウンロード:
508.3Mbps
平均アップロード:
452.6Mbps
月額料金戸建て:5,830円戸建て:5,610円戸建て:5,217円
マンション:4,620円マンション:4,180円マンション:2,090円〜
キャンペーン情報なし10,000ポンタポイント
解約金相当キャッシュバック
1年間980円キャンペーン
工事費26,400円41,250円(実質無料)44,000円(実質無料)
違約金2年間9,975円3年契約16,500円3年契約10,450円

平均速度:みんなの速度より引用

光ギガと2社と比較をしています。
他社より速度が遅く、キャンペーンもないためあまりおすすめできません。

料金面においても他社より高いため余程がないと契約したいという気持ちにはなりにくいでしょう。

 

光ギガはなぜ遅い?原因を解明

光ギガはなぜそこまで遅いと言われているのでしょうか。原因はどこにあるのか解説していきます。

プロバイダーに問題がある

光ギガのプロバイダに問題があるために速度が遅いです。

提供元:くらべてネット

プロバイダの役割として、インターネットに繋ぐための橋渡し的役割があります。
プロバイダが混雑したり、処理能力を超えてしまうと速度が低下します。
フレッツ光回線が遅い場合、他のプロバイダでも遅くなるはずですが、
光ギガのみが遅いので、接続するプロバイダに問題があると言えます。

勧誘電話の手法が良くない

光ギガを契約するための勧誘電話の手法が良くないという評判があります。

光ギガは光コラボを提供しているため、フレッツ光回線を契約していていた場合は
回線の切り替えのみで簡単に乗り換えることができます。

光ギガでは、勧誘電話の中でフレッツ光回線から切り替わる旨をきちんと説明せずに契約を勧めたり
切り替え費用が不明瞭だという理由で過去に2回総務省から指導を受けている過去があります。

光コラボの「再転用不可」の縛り

光ギガで提供されている光コラボは、「再転用不可」という縛りが存在します。

光コラボを契約する場合、NTT東西より転用番号を取得し、乗り換えます。
光回線とプロバイダをセットしまとめることができますが、ひかり電話も乗り換えることに。もしプロバイダに問題があった場合でも、元の回線に戻すことができないためひかり電話の番号が消失することも。

もしプロバイダに問題がありプロバイダを簡単に乗り換えることができない問題が光コラボにあります。
そのため契約は安易に行うべきではありません。

 

光ギガに乗り換えるのは遅いからダメ?おすすめできるorできない人

光ギガへの乗り換えの検討している方は、どうしたら良いのでしょうか?
おすすめできるパターンとおすすめできないパターンを解説していきます。

安易に乗り換えると、光コラボのため後悔する可能性が高くなります。
慎重に検討していきましょう。

おすすめできる人はいない

光ギガに乗り換えるべき人は、ほとんどいません。
当サイトではおすすめできる人はいないという結論に至ります。

光ギガは、総務省に2度指導を受けており運営会社も変わっています。
そのため、光ギガに乗り換えるべきではありません。

さらに光ギガは他社の光コラボ回線よりも平均速度が遅く、その差は100Mbps以上です。
同じフレッツ光回線を利用しているにも関わらず遅いというのはプロバイダに原因があると言えます。

キャンペーンを期待している人にはおすすめできない

光ギガに乗り換えがおすすめできない理由は、キャンペーンを期待している人はおすすめできません。

光ギガではキャンペーンをほとんどやっていないのが実情。
乗り換え時にキャッシュバックを狙っていたり、工事費の無料キャンペーンなど
他社の方が圧倒的にキャンペーンが多くお得に契約できるパターンが多いです。

光ギガではこうしたキャンペーンは今後も期待できないため、乗り換えをおすすめできません。

悪い評判が気になる場合はおすすめできない

光ギガでは、口コミがあまり良いものが見当たりませんのでおすすめできません。

特に評判が悪い口コミが多いので、そうしたものを気にされる方は契約しない方が良いでしょう。

ほとんどの場合は、営業に関する悪い口コミや、契約したものの速度が想定より遅く
通常の使用に問題がある口コミが散見されました。

他社の方が光ギガよりも良い口コミが多かったので、今光ギガに乗り換えることはお得と言えないでしょう。

 

光ギガが遅いという評判に関するよくある質問は?

光ギガは全体的に遅いという評判が散見されます。
よくある質問をまとめていますので、契約前の人も、すでに契約した人も参考にしてみてください。

光ギガを解約する方法が知りたい

光ギガをすでに契約しており、解約したい人は光ギガ公式ホームページより申し込みを行います。

公式ホームページはこちら

光ギガを解約するステップ
・光ギガホームページより解約の旨をお伝えする。もしくは、光ギガサポートセンターへ問い合わせ

光ギガサポートセンター
0570-064-102 受付:10:00-17:00(日曜日・年末年始除く)
ナビダイヤルのため通話料金が発生します。
もしくはホームページから、折り返し希望フォームより入力し電話を待ちましょう。

光ギガを解約したのに請求が来るって本当?

光ギガを解約したのちに、請求が来ることがあります。

公式ホームページにこのような記載があります。

光ギガは、解約希望のご連絡を頂いた廃止工事が完了した日が解約日となります。
解約完了後、翌月が最終請求となります。
※1月にご解約の場合、1月ご利用分の2月請求が最終
※クレジットカードでのお支払いの場合、カード会社の締日によっては、更に翌月に送れる可能性が御座います。
クレジットカードの請求の締日の関係で遅れて請求が来ることがあります。
請求締日によっては、月をまたいで請求が来ることも。
解約してから請求までにタイムラグがあることを覚えておきましょう。

ハイビットが解約に関わるトラブルで消費者センターからの指摘を受けたって本当?

ハイビットが解約に関してのトラブルで消費者センターから指摘を受けたことがあります。

過去にハイビットは総務省から行政指導が入ったことがあります。
2015年2月27日に、光コラボで転用するときの営業の仕方に問題があり
お客様との間でトラブルになったことがあります。

契約に関してしつこい営業や、身に覚えのない請求などが続いている場合は
すぐに消費者センターに相談することをおすすめします。

光ギガはルーターの無料レンタルができる?

光ギガでは、無線LANルータの無料レンタルはできません。

無線LANルータを利用したい場合は、オプションサービスとして提供されています。

光ギガ電話を利用している場合は、オプションとして220円
光ギガ電話を利用していない場合は、オプションとして330円

光ギガ電話を利用しているかどうかでオプション料金が変わっているようです。
自宅で無線LANを利用したい場合、オプションの場合は機械が一つになるため
すっきりとした配線にすることができます。

しかしオプションは解約するまで払い続けなければならないため、
自分で用意した方が最新の無線環境を整えることができるでしょう。

 

まとめ:光ギガの利用はおすすめできない|他社の回線から最適なものを選ぼう

光ギガのサービスや運営会社について解説してきました。
サービス内容や光回線の口コミを見てみると、おすすめできるサービスではないことがわかります。

過去に行政指導を受けたこともありますし、運営会社が変わっているために
サポートも万全とは言い難い状態です。

他社の方がキャンペーンなどを活用しコストを下げることができますし
運営会社もしっかりしています。

光ギガをあえて今契約する必要はないでしょう。
他社から自分の使用用途にあった最適なものを選ぶことをおすすめします。