光回線

インターネットは光回線を使うべき?4種の回線を徹底比較

インターネットの接続方法には、光回線やホームルータ、モバイルルーターといった方法があります。

それぞれに特徴がありますが、通信の安定や速度を重視するのであれば光回線がおすすめです。

本稿では、光回線の基礎情報や種類をわかりやすく解説します。

また、インターネットの用途別におすすめ光回線サービスの紹介もしていきます。

この記事を読んでわかること
・インターネットと光回線の基礎情報
・光回線の種類
・用途別のおすすめ光回線
・光回線を選ぶ時の注意点
  1. 光回線のインターネットとはそもそも何?|今更聞けない基礎情報
    1. 光ファイバーを通してデータを送受信する回線
    2. 光回線は電磁波の影響を受けない
    3. 電話回線を利用したインターネットよりも圧倒的に速い
  2. 光回線のインターネットにはどのような種類がある?
    1. フレッツ光系の光回線
    2. 独自回線系の光回線
    3. 電力会社系の光回線
    4. CATV系の光回線
  3. 光回線のインターネットはどのような人が使うのにおすすめ?
    1. インターネット通信を高速で行いたい人
    2. オンラインゲームなど、高速応答ができる安定した回線を使いたい人
    3. 日常生活に関わる料金負担を安く抑えたい人
    4. 通信量の制限なく大容量の通信を行いたい人
  4. インターネットを使うならここがおすすめ|用途別のおすすめ光回線
    1. 通信速度が速い回線を使いたいならNURO光
    2. オンラインゲームで勝率を上げたいならauひかり
    3. 日常生活の料金を抑えたいならドコモ光
  5. 光回線インターネットを選ぶときの注意点|こんな光回線はおすすめしない
    1. 違約金が高額な回線
    2. キャッシュバックの受け取り方法が不明瞭な回線
    3. 利用者数があまりにも多い光回線
  6. 光回線のインターネットに関するよくある質問は?
    1. 光回線のインターネット料金が安い戸建て向けのランキングはある?
    2. 光回線のインターネットの速度は他の回線と比較するとどれくらい違う?
    3. 光回線のインターネットの料金は他の回線と比較するとどれくらい違う?
  7. まとめ:光回線のインターネットは用途に合わせて選びたい|状況に合わせて最適なものを選ぼう

光回線のインターネットとはそもそも何?|今更聞けない基礎情報

今さら聞けない

CMや広告などで光回線と言う言葉に触れることが多いですが、光回線とはそもそもどういう回線なのかを正確に理解している人はあまり多くありません。

光回線の仕組みや特徴、電話回線とどう違うのかといった、光回線の基礎情報をここで抑えておきましょう。

光ファイバーを通してデータを送受信する回線

光回線とは、光ファイバーを利用してデータを送受信する通信回線のことをさします。

光ファイバーとは、「光を通す繊維」のことで、ガラスやプラスチックでできた細くて透明な線です。

一本一本は細い光ファイバーを複数束ねたのが光ファイバーケーブルで、電柱をつたって日本中に張り巡らされています。

光ファイバーケーブルは主にインターネット通信に利用されていることから、光ファイバーケーブル=光回線の意味で使われることが多くなっています。

光回線を使ったインターネット通信では、インターネットのサーバー上にあるWebサイトや動画、音楽などのデータがレーザー光に変換されて光ファイバーケーブルを通り、再びデータに戻されてパソコンやスマホに届きます。

光回線は電磁波の影響を受けない

光回線は、光の特性を利用する伝送方式のため、電磁波などの外部からのノイズの影響を受けにくい特徴があります。

そのため、速度が速くて安定した通信が可能です。

突然通信が切れたり動作が遅くなったりすることがないため、ストレスなくインターネットを楽しめます。

電話回線を利用したインターネットよりも圧倒的に速い

光回線は、電話回線を利用したADSLと比べて圧倒的に速度が速く、ADSLの数十倍〜数百倍の速度で通信を行うことが可能です。

ADSL下り〜50Mbps/上り〜5Mbps
光回線下り〜2Gbps/上り〜1Gbps

また、光回線はADSLと比べると伝送損失が低い特徴もあります。

伝送損失とは、信号が回線を流れる過程で減衰してしまう現象のことです。

ADSLは伝送損失が高いためNTTの基地局から離れるほど通信が不安定になっていましたが、光回線は伝送損失が低いためADSLより格段に通信が安定します。

 

当サイトおすすめの光回線はこちら

光回線のインターネットにはどのような種類がある?

種類

光回線のインターネットには、主に4つの種類があります。

フレッツ光系の光回線

フレッツ光は、NTT東日本とNTT西日本が運営する光回線です。

NTTが全国に整備した光ファイバー網を使って光回線のサービスを提供しています。

フレッツ光の回線は全国各地に張り巡らせているため、対応エリアが広いのが特徴です。

フレッツ光系にはNTTが運用するサービスの他に、NTT以外の事業者がNTTフレッツ光回線の提供を受けて独自のサービスと組み合わせた光回線サービスを提供しているものもあります。

このようなサービスを光コラボレーションと呼びます。

光コラボは、プロバイダーとセットになっているサービスも多く、フレッツ光より料金がやすくなりやすいのが特徴です。

また、フレッツ光からの乗り換え(転用)であれば光回線工事が不要というメリットもあります。

フレッツ光系の主な光回線を紹介します。

回線初期費用実質速度

(下り/上り)

月額料金キャッシュバック実質料金

(3年)

フレッツ光

<戸建て>

・契約料:880円

・初期工事費:19,800円

<マンション>

・契約料:880円

・初期工事費:16,500円

 

276.82Mbps/206.29Mbps<戸建て>

回線利用料:5,940円〜

プロバイダ利用料:550~1,320円

<マンション>

回線利用料:3,355円~

プロバイダ利用料:539~1,045円

 

個人向けはなし<戸建て>

254,320円〜

<マンション>

157,564円〜

フレッツ光

(NTT西日本)

<戸建て>

・契約料:880円

・初期工事費:19,800円

<マンション>

・契約料:880円

・初期工事費:16,500円

 

276.82Mbps/206.29Mbps<戸建て>

回線利用料:4,730円〜

プロバイダ利用料:539~1,210円

<マンション>

回線利用料:3,355円~

プロバイダ利用料:539~1,045円

 

個人向けはなし<戸建て>

210,364円〜

<マンション>

157,564円〜

ドコモ光

<戸建て>

・初期契約料:3,300円

・初期工事費:無料

<マンション>

・初期契約料:3,300円

・初期工事費:無料

 

268.76Mbps/207.22Mbps<戸建て>

5,720円

<マンション>

4,400円

20,000円キャッシュバック

+dポイント2,000pt

(GMOとくとくBB、他)

<戸建て>

187,220円

<マンション>

139,700円

ソフトバンク光

・初期契約料:3,300円

・初期工事費:26,400円

315.63Mbps/213.46Mbps<戸建て>

5,720円

<マンション>

4,180円

25,200円キャッシュバック

(株式会社STORY

)

<戸建て>

184,020円

<マンション>

128,580円

So-net光プラス

・初期契約料:3,300円

・初期工事費:実質無料

308.11Mbps/225.21Mbps<戸建て>

6,138円

<マンション>

4,928円

60,000円キャッシュバック

(公式)

<戸建て>

164,268円

<マンション>

120,708円

独自回線系の光回線

独自回線系の光回線とは、NTTフレッツ光とは別の光回線を自社で保有して光サービスを行っている回線や、NTTのダークファイバーをレンタルして光サービスを行っている回線をさします。

ダークファイバーとは、電柱に敷設しただけで活用されていない光ファイバーケーブルのことです。

NTTは将来の利用を予測して多めに光回線を敷設しており、現在ではまだ未使用のダークファイバーが多くあります。

独自回線は、混雑が少ないため、通信が高速になりやすい特徴があります。

回線の敷設襟はフレッツ光系の光回線ほど広くないため、提供エリアが限定されます。

回線初期費用実質速度

(下り/上り)

月額料金キャッシュバック実質料金

(3年)

auひかり

・初期契約料:3,300円

・初期工事費:実質無料

425.32Mbps/368.69Mbps1年目:5,610円

2年目:5,500円

3年目5,390円

・電話サービス加入で最大55,000円キャッシュバック

・指定プロバイダ+指定オプション加入で25,000円キャッシュバック

・電話サービス加入+即日申し込みで41,000円キャッシュバック

・auスマートバリューに申し込みで10,000円キャッシュバック

149,164

円〜

NURO光

・初期契約料3,300円

・初期工事費:実質無料

508.82Mbps/452.76Mbps5,200円

 

45,000円キャッシュバック139,860円
Fon光

・初期契約料3,300円

・初期工事費:実質無料

779.46Mbps/639.76Mbps4,378円

 

なし160,908円

電力会社系の光回線

電力会社系の光回線は、電力会社が独自に敷設した光ファイバー網を使った光回線です。

独自の回線を使っているという点では独自回線系と同じですが、電力会社の回線を使っているものを特に電力会社系と呼んでいます。

電力会社が光回線のサービス事業を直接運営しているわけではなく、基本的にはグループ会社を設立してその会社が光回線サービスを提供しています。

独自回線系と同じで、混雑が少ないため通信が高速になりやすいという特徴があります。

回線初期費用実質速度

(下り/上り)

月額料金キャッシュバック実質料金

(3年)

コミュファ光

コミュファ光ロゴ

・初期契約料:770円

・初期工事費:無料

546.62Mbps/376.65Mbps<戸建て>

3,980円+機器利用料

<マンション>

3,380円+機器利用料

 

※機器利用料:763円(初月のみ781円)

最大75,000円キャッシュバック<戸建て>

168,484円

<マンション>

146,884円

eo光

eo光表用画像

・初期契約料3,300円

・初期工事費:実質無料

494.65Mbps/350.71Mbps1年目:3,280円

2年目以降:5,448円〜

商品券10,000円分プレゼント163,412円
MEGA Egg光

・初期契約料3,300円

・初期工事費:実質無料

410.22Mbps/259.4Mbps<戸建て>

4,620円

<マンション>

3,620円

最大15,000キャッシュバック<戸建て>

154,620円

<マンション>

118,620円

ピカラ光

無料383.54Mbps/274.69Mbps<戸建て>

4,620円〜

<マンション>

3,520円〜

最大30,000円キャッシュバック(フルコミット株式会社)<戸建て>

166,320円

<マンション>

126,720円

BBIQ

・初期契約料880円

・初期工事費:2,200円

316.54Mbps/211.97Mbps<戸建て>

1年目:4,070円

2年目以降:5,170円

<マンション>

1年目:3,300円

2年目以降:4,400円

最大3ヵ月間月額料金0円<戸建て>

163,790円

<マンション>

138,380円

CATV系の光回線

CATV系の光回線は、各地域にあるケーブルテレビ局が提供している光回線で、光ファイバーと同軸ケーブルを組み合わせて接続しています

同軸ケーブルを組み合わせることにより、光回線の提供エリア外や、構造・立地の都合で光回線の工事が難しい建物でもインターネットが利用できます。

またインターネットだけでなく地上波デジタル放送やBS・放送がアンテナ無しで視聴できるのも特徴です。

回線初期費用実質速度

(下り/上り)

月額料金キャッシュバック実質料金

(3年)

J:COM光

<戸建て>

・初期契約料3,300円

・初期工事費:41,250円

424.74Mbps/309.0Mbps<戸建て>

1年目:4,049円

2年目以降:5,478円

<マンション>

光回線プランなし

QUOカードPay6,000円分218,610円
ITSCOMひかり

・初期契約料:無料・初期工事費:無料346.53Mbps/204.8Mbps<戸建て>

5,720円〜

<マンション>

3,520円〜

なし<戸建て>

205,920円

<マンション>

126,720円

Baycom光

・初期契約料:2,200

・初期工事費:無料

407.87Mbps/283.41Mbps<戸建て>

5,390円〜

<マンション>

光回線プランなし

デジタルカタログギフト10,000円分プレゼト

乗り換えなら商品券最大30,000円分

186,240円

 

当サイトおすすめの光回線はこちら

 

光回線のインターネットはどのような人が使うのにおすすめ?

おすすめ

インターネットへ接続する方法は、光回線の他にホームルーターやモバイルルーターがあり、それぞれに特徴があります。

ホームルータは、工事不要で簡単にインターネットに接続できるのが特徴で、モバイルルーターは外出先でもインターネットに接続することができます。

それに対して、光回線のインターネットは安定した高速通信が特徴で、次のような人におすすめです。

インターネット通信を高速で行いたい人

光回線は、ホームルーターやモバイルルータに比べて速度が格段に速いのが特徴です。

その理由は、利用する物理回線の違いにあります。

ホームルーターやモバイルルーターは電波を使ってインターネットに接続する方式です。

電波は電磁波などの外部ノイズや気候の影響を受けやすく、コンクリートなどの障害物に遮断されたり、金属や水に吸収される特性があるため、通信が安定せず遅くなります。

特に夜20時〜24時あたりの混雑する時間帯では極端に遅くなることもあります。

それに比べて、光回線は光ファイバーケーブルを使った通信のため、外部ノイズの影響を受けにくく安定した高速通信が可能です。

代表的なホームルーターと光回線の実際の速度を比較すると、この通り光回線が数倍速いことがわかります。

回線回線の種類下り平均速度/上り平均速度
ソフトバンクエアーホームルーター51.89Mbps/6.72Mbps
UQ WiMAXモバイルルーター66.86Mbps/10.48Mbps
フレッツ光光回線276.82Mbps/206.29Mbps

インターネット通信を高速で行いたい人には、光回線がおすすめです。

オンラインゲームなど、高速応答ができる安定した回線を使いたい人

オンラインゲームで重要となるのがPing値です。

Ping値とは、ゲームサーバとの通信にかかる時間のことで、具体的にはデータを送信してからゲームサーバーからの応答が返るまでの時間です。

Ping値が低いほどゲームサーバーからの応答が速く返るため、ゲームがスムーズに動作します。

Ping値が高いと、ラグが発生して次のような現象が起きます。

  • あたったはずの攻撃が当たっていない
  • 避けたはずの攻撃でダメージを受ける
  • キャラが突然ワープする

特にFPSやTPSのようなシューティングゲームではラグが原因で敗北することもあるため、ゲームを安心して楽しむためにはPing値が低いことが重要になります。

各回線の実際のPing値を比較してみました。

回線回線の種類平均ping値
ソフトバンクエアーホームルーター44.1ms
UQ WiMAXモバイルルーター83.27ms
フレッツ光光回線22.53ms

このように光回線がもっともPing値が低い(サーバーからの応答が高速)であることがわかりました。

オンラインゲームなどで、高速応答ができる安定した通信を重視する人には光回線がおすすめです。

日常生活に関わる料金負担を安く抑えたい人

光回線は、スマホのセット割や電気とのセット割が選べるサービスもあります。

このようなサービスを活用することで、スマホの料金や電気料金の割引を受けられ、日常生活に関わる料金を安く抑えることが可能です。

スマホセット割が受けられる光回線の例です。

スマホキャリアセット割の内容セット割が使える光回線サービス
ドコモ最大1,100円/月割引(スマホ1回線あたり)ドコモ光
au1,100円/月割引(スマホ1回線あたり)auひかり、ビッグローブ光、So-net光プラス、@nifty光、コミュファ光、eo光、MEGA Egg光、ピカラ光、BBIQ、J:COM
ソフトバンク1,100円/月割引(スマホ1回線あたりソフトバンク光
Y!mobile1,100円/月割引(スマホ1回線あたりソフトバンク光
楽天モバイル光回線の月額基本料が1年無料楽天ひかり

 

電気セット割が受けられる光回線の例です。

電力会社セット割の内容セット割が使える光回線サービス
中部電力253円/月割引コミュファ光
中国電力中国電力のポイントの2倍相当の金額をMEGA Egg料金から割引MEGA Egg光
四国電力最大1,000円/月割引ピカラ光
九州電力最大330円/月割引BBIQ
NUROでんき501円/月割引NURO光

 

通信量の制限なく大容量の通信を行いたい人

通信できる容量に制限がないのも光回線のメリットです。

ホームルータやモバイルルーターには一定期間内に通信できる容量に制限があるものが多く、通信容量が制限を超えると速度制限がかかります。

一方光回線は、通信できる容量に制限がなく、好きなだけ大容量通信が可能です。

オンラインゲームや高画質動画などを、制限なく楽しみたい人には通信容量に制限がない光回線がオススメです。

 

当サイトおすすめの光回線はこちら

 

インターネットを使うならここがおすすめ|用途別のおすすめ光回線

用途別おすすめ

インターネットの用途別に、おすすめの光回線を紹介します。

通信速度が速い回線を使いたいならNURO光

通信速度が速い回線を使いたいならNURO光がおすすめです。

NURO光は、ソニーネットワークコミュニケーションズが展開している光回線で、フレッツ光とは異なる独自の光ファイバーケーブル網を使った独自回線系です。

独自の回線のためフレッツ光系と比べると混雑しにくく、通信速度が早くなりやすいのが特徴で、最大20Gbpsの高速通信プランを用意しています。

みんそくの光回線ランキング(2022年1月24日時点)では、NURO光は48番中2位の速度です。

光回線ランキング光回線平均下り速度/平均上り速度
1位コミュファ光546.62Mbps/376.65Mbps
2位NURO光508.82Mbps/452.76Mbps

ランキング1位はコミュファ光で、下り速度はコミュファ光の方が速いですが、上り速度はNURO光の方が速くなっており、NURO光は下り上りでバランス良く高速通信できます。

NURO光はキャンペーン利用でさらにお得に

次の公式サイトからNURO光に申し込むと45,000円のキャッシュバックが貰えるキャンペーンを展開しています。

NURO光 公式サイト

キャンペーンを利用することで、NURO光を使ったインターネットをお得に楽しめます。

オンラインゲームで勝率を上げたいならauひかり

オンラインゲームで勝率を上げたいならauひかりがおすすめです。

auひかりは、KDDI独自の光ファイバーケーブル網を使っているため、インターネット利用者が多い夜20〜24時の時間帯でも混雑しにくく、高速な通信ができます。

オンラインゲームで特に重要となるPing値も速く、みんそくのデータではPing値が10ms前後というデータも多くあります。

そのため、FPSやTPSのようなシビアな高速応答性が求められるゲームでも、ラグが原因で敗北する事はほとんどなく、安心してプレイできます。

auひかりで組み合わせるおすすめのプロバイダはSo-net光

auひかりで組み合わせるおすすめのプロバイダはSo-net光です。

みんそくでは、auひかりで選べるプロバイダの中ではSo-net光がもっとも速度が速いというデータになっています。

そのため、オンラインゲームなどで通信速度を重視する人はSo-net光と組み合わせるのがおすすめです。

またauひかりとSo-net光を組み合わせることで、最大総額141,250円の特典を受けることができるため、料金を重視する人にもおすすめできます。

日常生活の料金を抑えたいならドコモ光

日常生活の料金を抑えたいなら、ドコモ光がおすすめです。

ドコモ光は、ドコモスマホとセットで家族全員が毎月最大1,100の割引を永年受けられます。

4人家族なら、スマホ料金から毎月4,400円も割り引かれるため、日常生活の料金を抑えることができます。

 

ドコモ光で組み合わせるおすすめのプロバイダはGMOとくとくBB

ドコモ光で組み合わせるオススメのプロバイダはGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBは、20,000円のキャッシュバックが受けられる上に、通信速度も比較的速いのが特徴です。

GMOとくとくBB キャッシュバックキャンペーンサイト

ドコモ光で組み合わせるプロバイダのオススメはこちらの記事も参考にしてください。

ドコモ光のおすすめプロバイダは?料金・キャンペーン・速度・評判を検証

光回線インターネットを選ぶときの注意点|こんな光回線はおすすめしない

注意

光回線を選ぶときは次の点に注意しましょう。

違約金が高額な回線

契約期間に縛りがある光回線は、契約の更新月以外のタイミングで解約する場合、違約金がかかります。

違約金は10,000前後のサービスが多いですが、これらの光回線のように20,000円を超える違約金がかかる光回線もあります。

光回線契約期間違約金
So-net光プラス3年20,000円
@nifty光3年22,000円
ビッグローブ光3年20,000円
AsahiNet光最低1年22,000円
@スマート光最低2年22,000円
BBIQ光2年~12ヶ月:26,500円
12~18ヵ月:22,000円
18~24ヵ月:11,000円
ピカラ光2年~16ヶ月:35,000円
16~24ヶ月:11,000円

急な引っ越しなどで解約しなければならなくなった時の出費リスクを抑えたいなら、違約金が高い光回線は避けた方が良いでしょう。

キャッシュバックの受け取り方法が不明瞭な回線

お得なキャッシュバックキャンペーンを展開している光回線は少なくありませんが、キャッシュバックの受け取り方法はサービスによって異なります

また、受け取れる時期もサービスによってまちまちで、数ヶ月間契約を維持することが受け取りの条件になっているキャッシュバックも多くあります。

注意したいのは、数ヶ月間契約を維持してキャッシュバック受け取り条件を満たしたあとに、こちらから手続きをしてキャッシュバックを受け取るパターンです。

契約から期間があくためキャッシュバックの存在を忘れてしまい、受け取らないままになってしまう可能性があるためです。

確実にキャッシュバックを受け取るには、キャッシュバックの受け取り方法が不明瞭だったり煩雑だったりする光回線は避けたほうが良いでしょう。

利用者数があまりにも多い光回線

利用者が多い回線は、一定の評価を得ていて安心して使えるイメージがあるため、みんなが使っている光回線を選択したくなるかもしれません。

ですが、利用者が多いということは混雑しやすく、その分速度が低下しやすいというデメリットもあります。

ですので、通信速度をある程度重視するのであれば、利用者が多すぎる回線は避けたほうが無難です。

利用者が少ない回線を選ぶのであれば、独自回線系や電力会社系の光回線を選択しましょう。

 

当サイトおすすめの光回線はこちら

 

光回線のインターネットに関するよくある質問は?

FAQ

ここからは光回線のインターネットに関するよくある質問に回答します。

光回線のインターネット料金が安い戸建て向けのランキングはある?

はい。あります。

こちらの記事を参照ください。

料金が安い光回線ランキング|戸建て・マンション絶対に損しない回線はどこ?

光回線のインターネットの速度は他の回線と比較するとどれくらい違う?

光回線とホームルーター、モバイルルーターそれぞれで、価格COMで人気No.1になっているサービスの速度比較です。

回線回線の種類実効速度(下り平均/上り平均)
カシモWiMAX

Speed Wi-Fi HOME 5G L12

ホームルーター45.92Mbps/6.56Mbps
カシモWiMAX

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi

モバイルルーター19.23Mbps/3.81Mbps
NURO光光回線508.82Mbps/452.76Mbps

光回線は、ホームルータやモバイルルータと比べると数倍〜数十倍の速度が出ています。

光回線のインターネットの料金は他の回線と比較するとどれくらい違う?

 

光回線とホームルーター、モバイルルーターそれぞれで、価格COMで人気No.1になっているサービスの月額料金の比較です。

回線回線の種類月額料金
カシモWiMAX

Speed Wi-Fi HOME 5G L12

ホームルーター初月:1,408円

1ヶ月目以降:4,455円

カシモWiMAX

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi

モバイルルーター初月:1,408円

1ヶ月目以降:4,455円

NURO光光回線5,200円

ホームルーターやモバイルルーターの月額料金と比較すると、光回線は若干割高になる傾向があります。

通信速度の遅さや容量制限を許容できるのであれば、ホームルーターやモバイルルーターを選択したほうが、月額料金を安く抑えられる可能性が高くなります。

ただし、ホームルーター、モバイルルーター、光回線それぞれにさまざまな料金プランのサービスがあったりお得なキャンペーンもあったりするため、必ず光回線のほうが高くなるということではありません。

当サイトおすすめの光回線はこちら

まとめ:光回線のインターネットは用途に合わせて選びたい|状況に合わせて最適なものを選ぼう

まとめ

光回線と一口に言っても、サービスによって通信速度や月額料金はまちまちです。

  • オンラインゲームや高画質動画の目的でインターネットを使うなら速度が速い光回線を選ぶ
  • Webサイトやニュースの閲覧がメインであれば通信速度よりも料金を重視する

このように、用途に合わせて最適なサービスを選ぶようにしましょう。

 

当サイトおすすめの光回線はこちら