光回線

光BBユニットはレンタルの必要なし?レンタルすべき2つのケース

光回線で大人気のソフトバンク光。ソフトバンク光では、ユーザー向けに「光BBユニット」のレンタルサービスを実施しています。こちらについて、なかなかわからないという方も多いと思いますが、今回は光BBユニットについて紹介していきたいと思います。

【この記事でわかること】
・ソフトバンク光の光BBユニットとは?
・光BBユニットのメリットとデメリット
・光BBユニットをおすすめできる方・できない方について
・光BBユニットと市販ルーターのどちらがベストなのかどうか
・光BBユニットでよくある質問について

 

Softbank光の詳細はこちら

  1. ソフトバンク光のBBユニットって何?機器の概要と基礎情報
    1. ソフトバンク光専用のブロードバンドルーター
    2. レンタルには費用がかかる
    3. 使用は絶対ではない
  2. BBユニットはレンタルした方がいい?必要な人とそうでない人
    1. 無料で固定電話を使いたい人は必要だと言える
    2. 快適な速度でインターネットを行いたい人は必要だと言える
    3. Wi-Fiルーターとしての機能だけあれば良い人には不要
    4. 余分な費用をかけたくない人には不要
  3. 光BBユニット導入前に確認|BBユニットのメリットデメリットは?
    1. 簡単接続で速度を速くすることができる
    2. さまざまなオプションを利用できるようになる
    3. 端末・オプションの利用には費用がかかる
    4. 単体でWi-Fiを使うことはできない
  4. 光BBユニットと市販ルーターを徹底比較|状況別で使うべき機材はこれ
    1. ソフトバンク光の電話サービスを使いたい人:BBユニット
    2. 家族2人以上でソフトバンク回線を使っている人:BBユニット
    3. ソフトバンクスマホ以外を使っている人:市販のルーター
    4. 一人だけでおうち割を受けている:市販のルーター
  5. 光BBユニットを使っても回線が遅い場合|切り替えを検討したい光回線比較表
  6. 光BBユニットに関するよくある質問は?
    1. 光bbユニットと市販ルーターを並べてダブルで使うことは可能?
    2. 光bbユニットと市販ルーターではipv6通信の速度に差が出る?
    3. 光bbユニットの設定方法を知りたい
    4. 光bbユニットを交換したいんだけど返却しても大丈夫?
  7. まとめ:少しでも速度を上げたいなら光BBユニットの利用はおすすめできる

ソフトバンク光のBBユニットって何?機器の概要と基礎情報

何?

ソフトバンク光で提供される光BBユニットは、ソフトバンク光を快適に使えるブロードバンドルーターとなっています。

ソフトバンク光を契約する際に、多くの方が借りているルーターとなります。こちらを使えば、快適にインターネットを使える他、「BBフォン」や光電話を使えます。

設置をすれば、誰でもそれらを簡単に使えることから、インターネットやその回線に詳しくない方でも安心です。

ソフトバンク光専用のブロードバンドルーター

光BBユニットは、ソフトバンク光の専用のブロードバンドルーターです。こちらを、NTT東西から提供される機器と接続することで、光BBユニットの機能をフル活用できます。

あくまでも、光BBユニット単独では利用できず、NTT東西のフレッツ回線(NGN回線)の機器と連携することが前提です。

こちらを使えば、IPv6での高速インターネットを利用できる他、光BBユニットは、IP電話「BBフォン」を使う際には必須となります。

なお、光BBユニットを使わなくても、インターネット接続はできますが、設定にあたっては、ネットワークに関する知識が必要な他、難しい用語が多くなっているので、インターネット初心者の方は、光BBユニットをそのまま使うことをおすすめします。

レンタルには費用がかかる

光BBユニットのレンタルには費用がかかります。2022年2月現在、月額513円で提供されていますが、キャンペーンによっては、これよりも料金が低いこともあります。

もちろん、BBフォンやIPv6での高速インターネットを利用する際には、光BBユニットのレンタルは必須と言えますが、それらを使わない方にとってみれば、料金が高いと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、最近のNTT東西のフレッツ回線(NGN回線)は、ソフトバンク光だけでなく、他社のドコモ光やOCN光などでも使われています。そのため、全体的な速度低下が指摘されていて、それらを回避するために、光BBユニットを通じてIPv6でのインターネット接続をすると、速度低下をある程度抑えることも可能となります。それらから考えると、月額513円は、高くないと思います

使用は絶対ではない

光BBユニットの使用は絶対ではありません。こちらについても、ソフトバンク光の契約時に説明を受けると思いますが、ソフトバンクショップ・家電量販店・Web代理店での申込みでも、光BBユニットのレンタルは強制されません

しかし、光BBユニットを利用しなければ、IPv6での高速インターネットは利用できませんし、BBフォンも使えません。場合によっては、光電話を使うのに不都合なこともあるかもしれません。

光BBユニットのレンタルを考えている方は、ソフトバンクのサポートセンターに電話したり、ソフトバンクショップ・家電量販店で、ソフトバンク光の担当の方から、しっかりと光BBユニットをレンタルするメリットを確認するようにして下さい。

 

Softbank光の詳細はこちら

BBユニットはレンタルした方がいい?必要な人とそうでない人

レンタル

光BBユニットをレンタルするのが良い方としては、無料で固定電話を使いたい方は必要ですし、快適な速度でインターネットを楽しみたい方も必要です

レンタルしなくても良い方としては、Wi-Fiルーターの機能だけ使いたい方や、余分な費用をかけたくない方にとっては、光BBユニットのレンタルは不要です。

こちらについては、ケース・バイ・ケースなので、ソフトバンク光の契約時にはしっかりと確認して下さい

無料で固定電話を使いたい人は必要だと言える

ソフトバンク光を契約すると、固定電話として、「ホワイト光電話」もしくは、「光電話(N)」、「BBフォン」の利用ができます

こちらの「ホワイト光電話」と「BBフォン」は、ソフトバンクが提供するサービスです。前者では、ソフトバンク携帯電話などへの通話が「ホワイトコール24」の加入によって、24時間無料で通話が可能となります。

最近では、携帯電話において、かけ放題プランの展開が進んでいますが、かけ放題に加入するまでではないけれど、ソフトバンク携帯電話へ通話することが多いという方には、「ホワイト光電話」は必須と言えます。

なお、ホワイト光電話の利用にあたっては、光BBユニットが必ず必要です無料で固定電話を使いたい方は、契約時に光BBユニットへのレンタルを申し込んで下さい。

快適な速度でインターネットを行いたい人は必要だと言える

光BBユニットを使うことで、IPv6を利用した快適なインターネット接続が利用可能となります。

最近では、ソフトバンク光が利用するNTT東西のフレッツ回線(NGN回線)が混雑していることが常態化していて、従来のIPv4を利用した接続は、十分な回線のパフォーマンスを発揮できていないことが大半です。

そこで、光BBユニットを利用し、IPv6でのインターネット接続を行うことで、IPv4でボトルネックとなっていたポイントを避けることによって、インターネットが快適に利用できるようになります。

Twitterなどでは、光BBユニットを利用したら、下り300Mbpsも出るようになったと評判の声が上がっています。

やはり、快適にインターネットを使いたい方には、光BBユニットのレンタルは必要と言えます。

Wi-Fiルーターとしての機能だけあれば良い人には不要

光BBユニットには、Wi-Fiルーターの機能も搭載されていますが、快適なインターネットを必要としていなかったり、ホワイト光電話などが不要な方で、Wi-Fiルーターの機能だけ使いたい方には、光BBユニットは不要と言えます。

理由としては、Wi-Fiルーターは、Amazonやヨドバシカメラなどで、数千円程度で販売されており、Wi-Fiの機能のためだけに、月額513円を支払うのは、コストパフォーマンスが良くないと言えるからです。

また、光BBユニットのWi-Fiルーター機能は、スペックが抑えられているため、ハイスペックなWi-Fiを利用したい方には物足りません。

もちろん、IPv6での高速インターネットを利用できることから光BBユニットはあったほうが良いですが、Wi-Fi目当てで光BBユニットを使うのはおすすめできません。

余分な費用をかけたくない人には不要

光BBユニットは、余分な費用をかけたくない方には不要です

光BBユニットがなくても、インターネット接続はできますし、最近は固定電話の重要性が薄れてきてることから、光電話を使わない家庭も増えてきています。そのため、光BBユニットも不要と考えることも多いと思います。

ソフトバンク光を契約するときには、光BBユニットのレンタルについて聞かれると思いますが、光BBユニットのレンタルは必須ではないので、断ることも可能です。

なお、Wi-Fiルーターなどは自前で用意できますし、ネットワークに詳しい方は、ソフトバンク光を使いながらも、通信制限がかからない他社プロバイダ(かもめインターネットなど)を使うこともできます。

光BBユニットの必要性はケース・バイ・ケースと言えますが、事前に光BBユニットの機能と自分の使いたい機能がマッチしているのか確認することをおすすめします。

 

Softbank光の詳細はこちら

光BBユニット導入前に確認|BBユニットのメリットデメリットは?

メリットとデメリット

光BBユニットのメリットとして、インターネット初心者でも簡単接続で、回線速度を速くできることや、様々なオプションを利用できるようになります

デメリットとして、端末やオプションの利用には、費用がかかることや、単体でWi-Fiを使うことができないことが挙げられます。

どちらにしても、疑問点などがある場合には、ソフトバンク光の契約時に契約担当者の方に相談することをおすすめします。

簡単接続で速度を速くすることができる

光BBユニットを、NTT東西の機器(ONU)とパソコンやWi-Fiルーターなどと接続すると、インターネット初心者でも、IPv6の高速インターネットを利用できるようになります

他社のドコモ光などでは、自分でルーターの設定操作をしなければならないパターンがあり、ネットワークに知識がない方が、IPv6での高速インターネットを利用するには、難しいこともあります。

しかし、ソフトバンク光では、光BBユニットを利用すれば、IPv6での高速インターネットが利用できるようになるのは、非常に便利かつ魅力的です。

全体的に、ネットワークに関して知識がない方は、ソフトバンク光を検討してみるのも良いかもしれません。なお、ソフトバンク光は、ソフトバンク携帯電話の契約がなくても大丈夫です。

さまざまなオプションを利用できるようになる

光BBユニットを利用すれば、様々なオプションを利用できるようになります。

具体的には、「ホワイト光電話」や「BBフォン」といった固定電話サービス、Wi-Fiルーター機能が使えます。

ホワイト光電話では、「ホワイトコール24」に加入すれば、24時間ソフトバンク携帯電話への通話が無料になりますし、BBフォンは、050番号を利用し、国際電話も安価な料金で利用可能となります。

最近は、携帯電話のかけ放題が展開されていますが、仕事で固定電話を使うSOHOや個人事業をされている方は、ホワイトコール24を利用できるホワイト光電話は便利かもしれません。

なお、これらの機能を使うのには、光BBユニットを使うことが必須です。

端末・オプションの利用には費用がかかる

光BBユニットをレンタルするのにあたっては、月額513円がかかる他、その他のオプションを利用するにあたっても、別途費用がかかります。

なお、光BBユニットを使わなくても、設定さえできれば、インターネット接続ができる他、Wi-Fi機能を利用できるオプションに加入せず、自分でAmazonやヨドバシカメラなどで販売されているWi-Fiルーターを購入しても、Wi-Fiは利用できます。

しかし、ソフトバンク光の契約時に一括して光BBユニットの申し込みができるので、公式サポートを受けることが前提なインターネット初心者は、光BBユニットとWi-Fiのオプションを申し込むのもアリです。

インターネット初心者の光BBユニットのレンタル費用についても、サポート代と思えば、安いと言っても過言ではありません

単体でWi-Fiを使うことはできない

光BBユニットを利用して、Wi-Fi経由でインターネットを使うのにあたっては、光BBユニット単体でWi-Fiは使えず、ソフトバンクで提供されている「Wi-Fiマルチパック」というオプションの加入が必要です。

もちろん、光BBユニットがなくても、市販のWi-Fiルーターを自分で用意すれば、Wi-Fiでのインターネットの利用が可能ですが、その場合、NTT東西の機器とソフトバンクから貸与を受ける光BBユニット、自分のWi-Fiルーターと機器を3つ設置する形となります。

それらの機器の設置場所がない方や設定が面倒な方など、光BBユニットでWi-Fiマルチオプションに加入した上でWi-Fiを使うのも良いかもしれません。

 

Softbank光の詳細はこちら

光BBユニットと市販ルーターを徹底比較|状況別で使うべき機材はこれ

ルーター

光BBユニットをレンタルするにあたって悩む方も多いと思います。光BBユニットを使うべきとされる方、市販ルーターを使うべきとされる方について紹介します。

具体的には、ソフトバンク光の電話サービスや家族2人以上でソフトバンクのスマートフォンを使ってる方は光BBユニットのレンタルを受けるべきですし、ソフトバンク以外のスマートフォンを使っている方、一人だけでおうち割を受けている方は、市販のルーターをおすすめします。

ソフトバンク光の電話サービスを使いたい人:BBユニット

ソフトバンク光で提供される「ホワイト光電話」や「BBフォン」を使いたいなら、光BBユニットの設置は必須です。

これらのサービスを利用することで、ソフトバンク携帯電話への通話料が無料となったり、国際電話などが安価な価格で利用できるようになります。

もちろん、NTT東西が提供する光電話も、ソフトバンク光の契約でも使えますが、固定電話番号をソフトバンクにMNPする形でホワイト光電話を使うのをおすすめします。

しかし、ホワイト光電話などを利用する際には、光BBユニットへ固定電話機を接続することで初めて利用できるようになります。

どうしても、ホワイト光電話などの利用にあたっては、光BBユニットのレンタル料金を支払う必要がありますので、ご注意下さい。

家族2人以上でソフトバンク回線を使っている人:BBユニット

家族2人以上でソフトバンク回線を使っている方なら、断然、光BBユニットのレンタルをおすすめします。

光BBユニットを使うことで、IPv6での高速インターネットを利用できるようになり、複数人で同時に動画サイトなどの閲覧を行っても、問題ないような速度が出ます。

最近では、従来の通信規格のPPPoE方式でのインターネット接続は、NTT東西のフレッツ回線(NGN回線)の利用者急増により、速度が遅くなることも多いと言えます。そこで、光BBユニットをレンタルして、IPv6のインターネットを利用することで、複数人での同時利用も問題なくなります。

もちろん、家族2人以上のソフトバンク回線利用でも、光BBユニットのレンタルは1台で済むので、家族で割り勘をすれば、実質的な負担を軽くできます

ソフトバンクスマホ以外を使っている人:市販のルーター

ソフトバンク光ユーザーで、ドコモやau、楽天モバイル、格安スマホ(格安SIM)のスマートフォンを使っている方には、光BBユニットを使わず、市販のルーターの利用をおすすめします

主に、ソフトバンク光で光BBユニットのレンタルは、ソフトバンクのスマートフォンを持っている方にメリットが多いと言えます。もちろん、ソフトバンク以外のスマートフォンを持っている方でも、IPv6での高速インターネットが利用可能なため、光BBユニットのレンタルをするのも良いですが、光BBユニットのレンタル代金は、月額513円とお高めです。

もちろん、光BBユニットを使わなくてもインターネット接続が可能なので、月額513円かかる光BBユニットのレンタルを受けず、市販のルーターを用意するのも十分アリな選択肢と言えます

一人だけでおうち割を受けている:市販のルーター

単身世帯で一人だけでおうち割を受けている方は、費用の問題から、光BBユニットのレンタルを受けず、市販のルーターを利用することが良いかもしれません

ひかり割では、それぞれ「光BBユニット」、「Wi-Fiマルチパック」、「ホワイト光電話」などの電話サービスの加入が必要です。3つセットで月額550円となりますが、実際のひかり割の割引からすると、あまり料金面でのメリットがないと言えます。

光BBユニットがなくてもインターネットは利用できますし、Wi-Fiマルチパックがなくても、市販のWi-Fiルーターを購入すれば、Wi-Fiを利用できます。なお、Wi-Fiルーターは、数千円程度でAmazonなどで買えるので、価格面でWi-Fiマルチパックのメリットは感じられないかもしれません。

 

Softbank光の詳細はこちら

光BBユニットを使っても回線が遅い場合|切り替えを検討したい光回線比較表

遅い

光BBユニットを利用しても回線速度が遅いという場合もあります。回線速度が遅くなる原因は様々あり、一概には何とも言えません。

そのため、回線速度の向上を望む方は、思い切って他社への乗り換えを検討するのも良いかもしれません。

今回、ソフトバンク光から他社へ乗り換える候補として、auひかり・eo光(関西エリアのみ)・NURO光・@nifty光で検討してみたいと思います。

運営会社
実質速度433.14Mbps507.77Mbps502.25Mbps206.63Mbps
月額料金(プラン別)月額5,610円月額5,448円月額5,200円月額5,200円
ルーターレンタルの有無ありありありあり
キャッシュバック現金45,000円商品券10,000円現金43,000円ニフティポイント30,000ポイント

早速ですが、スピードテストの結果からすると、eo光とNURO光はほぼ同格と言えます。

筆者はeo光を使っていたこともありますが、関西エリアでは速度がかなり出ることから、最強の光回線です。一方、NURO光は、最大2Gbpsまでの通信に対応することから、速さを求める方には最適な光回線だと思います。

また、auひかりは、NTT東西のフレッツ回線(NGN回線)を使わず、独自回線を使っています。auスマートフォンを使っていなくても、対応エリアが広いことから、使いたい場所で使えることの多い光回線です。

一方、@nifty光は、NTT東西のフレッツ回線(NGN回線)を使いながらも、速度では健闘している光回線で、こちらもIPv6でのIPoEを利用することで高速さを享受できます。

こちらで挙げた光回線ですが、どれが正解ということはありません。人によって、最適な光回線が異なりますし、ケース・バイ・ケースと言えます。契約の際には、下調べをしっかりとするようにして下さい。

 

Softbank光の詳細はこちら

光BBユニットに関するよくある質問は?

質問

ここでは、光BBユニットに関するよくある質問を取り上げたいと思います

具体的な質問として、「光BBユニットと市販ルーターを並べてダブルで使うことは可能か?」といったことや、「光BBユニットと市販ルーターでIPv6通信の速度差が出るのか?」、「光BBユニットの設定方法を知りたい」、「光BBユニットを交換したいけれど、返却して大丈夫?」といった疑問に答えていきます。

光bbユニットと市販ルーターを並べてダブルで使うことは可能?

光BBユニットと市販ルーターを並べてダブルで使うことも可能です

その場合、NTT東西のONUと光BBユニットと市販のWi-Fiルーター3台を並べて使う形となり、設置場所において、十分なスペースを確保する必要もあります。

なお、光BBユニットをルーターとして利用するため、Wi-Fiルーターはブリッジモードにすることが必須です。

こちらでは、光BBユニットでIPv6での高速インターネットを利用できるので、Wi-Fiルーター側でIPv6のIPoE通信に対応していなくても問題ありません。

しかし、ネットワークに詳しい方からすると、光BBユニットの設定項目は必要最低限となっているので、高度な使い方は難しいかもしれません

光bbユニットと市販ルーターではipv6通信の速度に差が出る?

光BBユニットと市販ルーターでは、IPv6通信の速度には差が出ないと思われます

しかし、市販ルーターだけでIPv6通信を使うのにあたっては、Amazonやヨドバシカメラで高額な対応ルーターを購入する必要もありますし、ソフトバンク光のIPv6に対応したモデルを選ぶ必要があります。

とは言っても、最近の市販ルーターでは、ソフトバンク光に対応したものはあまりなく、あくまでも光BBユニットを利用することが前提、とソフトバンクはしています。

仮に、光BBユニットとソフトバンク光のIPv6に対応したルーターでは、IPv6の規格に関して違いはないので、それぞれのルーターのスペックに通信速度は依存する形となります。

光bbユニットの設定方法を知りたい

光BBユニットを使ってインターネットに接続する場合は、デフォルトで、インターネット接続がすぐにできるように、光BBユニットの設定は完了しているので、NTT東西のONUと光BBユニットを接続するだけでインターネット接続が可能となります。

もし、インターネットに関して詳細な設定をしたいならば、「http://172.16.255.254/」へアクセスすることで、設定が可能です。

しかし、ほとんどの場合で、光BBユニットでの詳細な設定をする必要がないので、ネットワークに関して知識がある方以外の操作はやめておくのがベターです。仮にこの設定を行うことで、インターネット接続ができなくなることも十分考えられます。

光bbユニットを交換したいんだけど返却しても大丈夫?

光BBユニットを交換したいけれども、光BBユニットをソフトバンクに返却したいという場合も問題ありません。

光BBユニットは、ソフトバンクのコールセンターへ連絡することで、古い機種から新しい機種への交換も可能です。この場合の料金は無料です。

返却にあたっては、ソフトバンク側で不通期間がないように手配してもらえ、ユーザー側ですぐに機種交換を行えます。

返却は、ヤマト運輸などでの着払いで問題ありませんが、期日までに返却しなければ、違約金として18,000円が発生します。

設置や設定なども、新しい機種と古い機種ではあまり違いがないようなので、インターネット初心者やネットワークにあまり知識がない方でも安心です。

 

Softbank光の詳細はこちら

まとめ:少しでも速度を上げたいなら光BBユニットの利用はおすすめできる

ソフトバンク光で少しでも回線速度を上げたいなら、IPv6での高速インターネットが利用できる光BBユニットのレンタルはおすすめです。

レンタル代金はもちろんかかりますが、ホワイト光電話やBBフォンなどを使いたい方には必須ですし、借りておくのも良いかもしれません。

また、インターネット初心者やネットワークにあまり詳しくない方でも、簡単に設置できるというメリットもあるのも魅力的です

光BBユニットのレンタルは、ソフトバンク光契約時にも選択可能です。ぜひとも検討してみて下さい。

 

Softbank光の詳細はこちら