光回線

NURO光は引越し先でも利用可能?お得に引越すテクニック

「NURO光を今使っていて、引越し先でも使いたい!だけど、どのように手続きを進めていけば良いのかわからない……」

「移動に伴って、NURO光から別の光回線への乗り換えたいけど、どこの回線に乗り換えるべきかわからない……」

NURO光ユーザーの中には、引越しに際して、このような悩みを持っている方が多いはずです。

光回線の引越し以外にもやることが多く、自分だけで情報を調べて回線の引越しを行うのはなかなか大変ですよね。

そこで、本記事ではNURO光の引越しに必要な情報を一気に解説。

最後まで読むことで、手続きの手順を理解することができ、スムーズに引越し作業を進めることができるようになりますよ。

それでは、見ていきましょう。

【この記事でわかること】
・NURO光の引越し前に確認したいポイント
・NURO光の引越し手順
・引越しの際にかかる費用
・他回線への乗り換え手順
・乗り換えにおすすめの光回線

 

 

  1. NURO光を引越し先でも使うためにはどうすればいい?引越し前に確認すべきポイント
    1. 引越し先でもNURO光を利用することはできるか
    2. 戸建ての場合の確認方法
    3. マンションの場合の確認方法
    4. 旧居での回線撤去工事は必要か
  2. NURO光を引越し先で使うまでの流れ|一目でわかる4ステップ
    1. 1.Webフォームor電話で情報を入力して申し込み
    2. 2.レンタル機器の回収を行ってもらう
    3. 3.移転先の家屋内での工事を行う
    4. 4.移転先の屋外の工事を行う
  3. NURO光を引越し先で使う為の費用|かかる費用には何がある?
    1. 引越し前の家の工事費の残債
    2. 引越し先で行う回線開通工事費
    3. 引越しに伴って発生する事務手数料
    4. 補足:基本的には「引越しサポート特典」によって0円
  4. NURO光を引越し先で使うときの注意点|引越し費用が発生する特殊なケース
    1. NURO光forマンション・もしくは高速プランの場合
    2. 旧居での回線撤去工事が必要な場合
    3. NURO光でんわを使用していた場合
    4. 引越し先で工事が行えなかった場合
  5. 引越し先でNURO光を使わない場合|乗り換えの流れは?
    1. 1.乗り換え先の回線に申し込む
    2. 2.工事日を調整・NURO光の解約手続きを行う
    3. 3.新規回線の開通工事を行う
    4. 4.NURO光の機器を返却する
  6. 引越しを機にNURO光から乗り換える場合|検討したいおすすめの光回線は?
    1. auひかり
    2. eo光
    3. ソフトバンク光
  7. NURO光の引越しに関するよくある質問は?
    1. NURO光回線は引越しする時に撤去工事は必要?
    2. NURO光が新居に通ってるか確認する方法は?
    3. NUROでんきは引っ越し後もそのまま使える?
    4. NURO光を引越しに合わせて解約する方法が知りたい
  8. まとめ:NURO光なら引越し先でもお得に使える|引越しサポート適用だけ要確認

NURO光を引越し先でも使うためにはどうすればいい?引越し前に確認すべきポイント

NURO光を引越し先でも使うためにはどうすればいい?引越し前に確認すべきポイント

まずはNURO光を引っ越す前に確認しておきたいポイントを紹介していきます。

引越し前に必ず確認しておきたい点は以下のとおり。

それぞれのポイントについて解説していきます。

引越し先でもNURO光を利用することはできるか

引越しをする前にまず確認したいのが、引越し先でもNURO光を使えるかどうかチェックすること。

当たり前ですが、引越し先の地域がNURO光に対応していないと、NURO光の引っ越しはできません。

確認せずに手続きを進めていくと、「NURO光を移動先でも使いたかったのに使えなかった……」というような事態に繋がってしまいます。

NURO光を移動した先でも利用する予定があるのであれば、必ず移動先のエリアでも使えるか確認しましょう。

戸建ての場合の確認方法

次に戸建て向けプランの場合のエリア確認方法を紹介していきます。

NURO光の戸建てプランの主な提供エリアは次のとおり。

【NURO光が使える地域】
北海道
関東(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県)
東海(愛知県、静岡県、岐阜県、三重県)
関西(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県)
中国(岡山県、広島県)
九州(福岡県、佐賀県)

詳細な対応エリアについては、NURO光の公式サイトから確認することができます。

気になる方はチェックしてみましょう。

>>NURO光エリア確認ページ

確認方法は引越し先の郵便番号を入力して、検索するだけと非常に簡単。

NURO光の引越し予定のある方は、ぜひ試してみてくださいね。

マンションの場合の確認方法

次にマンション向けプランの場合のエリア確認方法について解説していきます。

NURO光のマンショプランの主な提供エリアは以下のとおりです。

【NURO光forマンションが使える地域】
北海道
関東(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県)
東海(愛知県、静岡県、岐阜県、三重県)
関西(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県)
中国(岡山県、広島県)
九州(福岡県、佐賀県)

使えるエリアは戸建て向けてプランと同じですね。

ただ、マンション向けプランの場合は、戸建て向けプランとは異なり、使えるかどうかマンションごとの確認が必要です。

NURO光を利用できる物件の確認は以下のページから行えます。

>>NURO光マンション向けエリア確認ページ

検索手順は以下のとおり。

【NURO光が使える物件の確認手順】
1.マンション向けのエリア確認ページに移動
2.利用するマンションの郵便番号を入力
3.検索結果に利用するマンション名があれば利用可能

マンションプランを使う予定の方はぜひ確認してみてください。

旧居での回線撤去工事は必要か

基本的にNURO光からは、回線撤去の工事依頼がくることはありません。

ただ、住居の管理人や管理会社から求められた場合は回線の撤去工事が必要です。

以下のような撤去工事が必要になることがあります。

【撤去工事の内容】
・自宅内の光ファイバーの撤去
・光コンセントの撤去
・外に置いた光キャビネットの撤去

なお、予約がたくさん入ってるなど混雑期状況次第では、大幅に撤去工事が遅れることもあります。

引越す予定があるのであれば、できるだけ早めに撤去工事を進めた方が良いですよ。

 

NURO光を引越し先で使うまでの流れ|一目でわかる4ステップ

NURO光を引越し先で使うまでの流れ|一目でわかる4ステップ

次にNURO光を引越し先で使うまでの一連の流れを解説していきます。

初めての光回線の引越しで不安に思う方もいると思いますが、誰にも必ずできますので安心してくださいね。

NURO光の引越しは、以下の4ステップで行えます。

それでは、各ステップの詳細を確認していきましょう。

1.Webフォームor電話で情報を入力して申し込み

まずは、NURO光の公式ホームページもしくは電話から引越しの申し込みを行いましょう。

どちらからでも問題なく手続きは行えますが、いつでも手続きを行えるWebページからの申し込みがおすすめです。

通信周りに不安があるなどの理由から、スタッフと相談しながら手続きを進めたい方は電話からの申し込みが良いでしょう。

それぞれ下記からアクセス可能です。

WEB引越し申し込みページ
電話0120-080-790

NURO光でんわを契約している場合は、MNPの発行手続きも済ませておきましょう。

MNPの手続きを済ませておかないと、現在使っている電話番号を使うことができなくなります。

引越し先でも利用する予定がある方は忘れないようにしてください。

引越しの手続きの途中では、レンタル機器の返却日と工事日の相談を行います。

なお、NURO光の家屋内と屋外工事で日程が分かれていることが特徴です。

他の光回線と比べて工事に時間がかかりますので、日程に余裕を持って早めに申し込んでおいた方が良いですよ。

2.レンタル機器の回収を行ってもらう

申し込みが済んだ後は、レンタル機器の返却を行いましょう。

手続き段階で決定した返却日に、運送業者が回収に向かいます。

スムーズに返却するためにも、レンタル品はあらかじめ用意しておきましょう。

NURO光に返却する必要のあるものは以下のとおりです。

【返却の必要がある主なレンタル品】
・ONU
・スタンド
・電源アダプタ
・LANケーブル
・ユーザーガイド

また、NURO光でんわと契約している場合はさらに以下の機器の返却も必要です。

【返却の必要がある主なレンタル品(NURO光でんわ)】
・TAとその周辺機器
・モジュラーケーブル

返却する際は間違えて私物を返却してしまわないようにしましょう。

間違えて返却したものは180日経つと廃棄されてしまいます。

NURO光の引越しを行う際は注意してください。

3.移転先の家屋内での工事を行う

あらかじめ決めておいた工事日になると、いよいよ工事が開始します。

1日目は家屋内の工事からです。

家屋内の工事では以下の内容の工事が行われます。

【1日目の工事内容】
・光キャビネットの設置
・光ファイバーの引き込み
・光コンセントの設置
・ONUの設置

なお、工事には必ず立ち合いが必要です。

長引くこともありますので、当日の予定は空けておきましょう。

4.移転先の屋外の工事を行う

家屋内の工事が無事に済んだ後は、屋外の工事に移ります。

屋外工事では家屋内工事とは別の日に行われますので覚えておきましょう。

2回目の工事では以下の作業を行います。

【2日目の作業内容】
・電柱から光ファイバーを引き込む
・光キャビネットと光ファイバーの接続

こちらも家屋内の工事と同様に立ち合いが必要ですので、忘れないようにしましょう。

 

NURO光を引越し先で使う為の費用|かかる費用には何がある?

NURO光を引越し先で使う為の費用|かかる費用には何がある?

続いて、移動後にもNURO光と契約するための費用について説明していきます。

引越しには意外とさまざまな費用がかかります。

事前に知っておくことで、支払いの計算がしやすくなり、知らない状態よりも気持ちに余裕を持つことができますよ。

NURO光の引越しにかかる主な費用は次のとおりです。

それぞれの費用についてさらに詳しく述べていきます。

引越し前の家の工事費の残債

回線の引越しにかかる費用の中でも大きな額になるのが、引越し前の家の工事費の残債です。

NURO光を解約してしまうと、工事費の残債を支払う必要が出てきます。

工事費用は戸建て・マンション問わずどちらも44,000円。

実際に払う額はこの44,000円から、工事費の割引を適用した月分を差し引いた分となります。

ひと月あたりの割引額は以下のとおり。

プラン名割引額
G2Tプラン(戸建て)開通2ヶ月目:1,230円
3〜35ヶ月目:1,222円
36ヶ月目:2,444円
G2Dプラン(戸建て)開通2ヶ月目:1,841円
3〜23ヶ月目:1,833円
24ヶ月目:3,666円
M2Tプラン(マンション)開通月:最大3,980円
2〜36ヶ月目:1,222円
M2Dプラン(マンション)開通月:最大5,031円
2〜24ヶ月目:1,833円

各プランの最終月まで利用していれば、工事費用の総額分の割引が適用されていることになるので残債はありません。

気兼ねなく引越しを行うことができますよ。

引越し先で行う回線開通工事費

引越し先の工事費用もユーザーが負担しなければなりません。

工事費は移転前の工事費用と同じく44,000円。

他の会社と比べてもかなり高めに設定されています。

ただ、こちらの費用も分割割引が適用されますので、一定の期間利用することで打ち消すことができますよ。

引越しに伴って発生する事務手数料

NURO光の契約時には3,300円の事務手数料がかかります。

引越し行った際も、同額の3,300円の手数料が発生。

以前支払っている方も、再び支払う必要があります。

補足:基本的には「引越しサポート特典」によって0円

「こんなに費用がかかってしまうのか……」

移動後もNURO光を利用しようと考えていた方は、想像以上の費用の多さに落胆されているはずです。

特に工事費の残債がある方はかなり大変ですよね。

しかし、これらの費用は『引越しサポート』を使うことで実質0円にすることができます。

本キャンペーンの概要は次のとおり。

【『引越しサポート』の内容】
・契約解除料の補填
・工事費用の残債の補填
・移動先の工事費が実質0円
・事務手数料0円
・設定サポートが1回に限り無料

適用することで最大54,450円まで解約時にかかる費用を抑えることが可能です。

およそ月額料金10ヶ月分ほどのコストを抑えられるので、かなり優秀な特典と言えますね。

ただ、以下のプランの方は『引越しサポート』を利用することができません。

【『引越しサポート』を適用できないプラン】
・NURO 光 G10
・NURO光 for マンション

戸建向けプラン限定のキャンペーンですので、その他プランを契約している方は注意してください。

 

NURO光を引越し先で使うときの注意点|引越し費用が発生する特殊なケース

NURO光を引越し先で使うときの注意点|引越し費用が発生する特殊なケース

ここからは引越し費用が増加する特殊なケースをいくつかご紹介。

確認しておかないまま手続きを進めていくと、思わぬトラブルに繋がってしまうこともありますので必ずチェックしておきましょう。

次のような場合には注意が必要です。

それでは順番に確認していきます。

NURO光forマンション・もしくは高速プランの場合

まず気をつけたのがNURO光forマンション、もしくは高速プランを利用しているケースです。

これらのプランでは、『引越しサポート』を適用することができません。

つまり、契約解除料と工事費の残債の補填が受けられないことに。

最大54,450円の補填が受けられないのはなかなか厳しいですよね。

マンションもしくは高速プランを利用している方は気をつけましょう。

旧居での回線撤去工事が必要な場合

次に注意したいのが旧居での回線撤去工事が必要なケースです。

NURO光側から撤去工事を催促されることはまずありませんが、住居の管理人や管理会社に頼まれた場合は撤去工事を行う必要があります。

残しおくとトラブルにつながることもありますので、他の住居へ移動する前に撤去は必要か管理人にチェックしておきましょう。

回線の撤去にかかる費用は11,000円。

だいたい月額料金2〜3ヶ月分ということを考えると、なかなか大きい額ですよね。

さらに撤去費用は『引越しサポート』の対象外となっているので、必ず契約者が支払わなければなりません。

『引越しサポート』で全費用を負担できると考えている方は注意してください。

NURO光でんわを使用していた場合

NURO光でんわを利用している方も引越す際には注意が必要です。

引越しをするのであれば、まずNURO光でんわの解約金として1,100円が発生します。

加えて、前回と同じ電話番号を利用していた場合は、プラスで1,650円の番号ポータビリティ費が発生。

さらに、移動先での回線工事として3,300円の費用がかかります。

これらの費用は『引越しサポート』の対象外となっているので、ユーザー側が負担しなければなりません。

引越し先で工事が行えなかった場合

引越しを考えている方の中には、確認不足によって工事ができないのに手続きを進めていたという方もいるでしょう。

このようなケースでは引越しが不可能なため、気の毒ですが1度NURO光を解約するしかありません。

以下の手順で解約を進めましょう。

【解約の手順】
1.NURO光の解約フォームもしくは電話から申し込む
2.サービスを解約したい日を指定
3.レンタル品を返却
4.必要であれば撤去工事を行う

なお、引越しが不可能だった場合、『引越しサポート』は適用外となります。

場合によっては多額の解約金や工事費残債が発生しますので注意してください。

 

引越し先でNURO光を使わない場合|乗り換えの流れは?

引越し先でNURO光を使わない場合|乗り換えの流れは?

NURO光の利用者の中には、移動先では別の回線を使う予定の方も多いはずです。

そこで、次はNURO光から別の回線に乗り換えたい時の手順について説明していきます。

基本的にはNURO光の引越しと同様ですが、一部、相違点があるので気をつけましょう。

別回線への乗り換え手順は以下のとおりです。

事前に流れを確認しておくことで、スムーズに乗り換えを行えますよ。

それでは、各ステップについて詳しく解説していきます。

1.乗り換え先の回線に申し込む

まずは移動先で使いたい回線への申し込みを行います。

引越し先のエリアでも利用したい回線が使えるかどうか確認しましょう。

使える場合は申し込みに進んでください。

なお、NURO光は光コラボではないため、光コラボに乗り換える場合は転用や事業者の変更ではなく新規契約となります。

光コラボへの乗り換えを考えている方は覚えておきましょう。

光コラボとは?
フレッツ光の回線と他社プロバイダを組み合わせた通信サービスのこと。「光コラボ内での乗り換えが簡単」「料金が安めの傾向にある」などの利点があります。

また、移動先の住居によってはすでに回線が引かれている、もしくは工事ができないということもあります。

トラブルを避けるためにも、契約前には必ず移動先の管理人または管理会社に連絡するようにしてください。

2.工事日を調整・NURO光の解約手続きを行う

手続きが順調進めば、工事日の相談に移ります。

ほとんどの回線工事には立ち合いが必要になるので、余裕のある日を選択するようにしてください。

工事日が決定した後は、NURO光の解約手続きを進めましょう。

解約はNURO光の解約フォーム、もしくは電話から可能です。

場合によっては、回線撤去を行う必要もあります。

そのようなケースの時は、引越し先の光回線の工事日とかぶらないようにしましょう。

3.新規回線の開通工事を行う

新規回線の工事日になったら、いよいよ開通工事が始まります。

2回分けて工事を行うNURO光とは異なり、ほとんどの光回線は1日で工事が終了します。

ただ、こちらもNUROと同様に立ち合いが必要になりますので忘れないようにしてください。

工事終了後は、各接続機器の設定が終了次第、引越し先でもインターネットを利用することができます。

4.NURO光の機器を返却する

新規回線の開通と並行して、NURO光の開通手続きも進めていきましょう。

事前に予約しておいたレンタル品の返却日になると運送会社がレンタル品の回収にきます。

ひとつでも返却を忘れてしまった場合、違約金を請求されることがありますので注意しましょう。

レンタル品の返却が完了し、新規回線の開通を終えたら、光回線の乗り換えは完了です。

 

引越しを機にNURO光から乗り換える場合|検討したいおすすめの光回線は?

引越しを機にNURO光から乗り換える場合|検討したいおすすめの光回線は?

「引越しを機にNURO光から他の回線に乗り換えたいけど、どの回線を選べば良いのかわからない……」

このような方も多いはずです。

そこで、ここからは乗り換えにおすすめの光回線を紹介していきます。

速度が魅力のNURO光からの乗り換えということもあり、回線速度を重視した回線を集めました。
各回線の比較表を以下のとおり。
サービス名NURO光
auひかり
eo光
eo光表用画像
ソフトバンク光
運営会社ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社KDDI株式会社株式会社オプテージソフトバンク株式会社
実質速度上り平均:443.25Mbps
下り平均:502.4Mbps
Ping平均:12.64ms
上り平均:365.36Mbps
下り平均:430.2Mbps
Ping平均:19.93ms
上り平均:358.65Mbps
下り平均:506.17Mbps
Ping平均:21.0ms
上り平均:209.03Mbps
下り平均:313.61Mbps
Ping平均:17.25ms
月額料金【戸建プラン:契約縛りなし】
6,100円
【戸建プラン:2年契約】
5,700円
【戸建プラン:3年契約】
5,200円
【集合住宅プラン:契約縛りなし】
2,970〜3,630円
【集合住宅プラン:2年契約】
2,530〜3,190円
【集合住宅プラン:3年契約】
2,090〜2,750円
【戸建プラン:契約縛りなし】
6,930円
【戸建プラン:2年契約】
5,720円
【戸建プラン:3年契約】
5,610円
【集合住宅プラン:契約縛りなし】
4,180〜5,720円
【集合住宅プラン:2年契約】
4,180〜5,500円
【戸建プラン:2年契約】
5,720円
【戸建プラン:5年契約】
5,170円
【集合住宅プラン:2年契約】
4,180円
【戸建プラン:2年契約】
5,720円
【戸建プラン:5年契約】
5,170円
【集合住宅プラン:2年契約】
4,180円
公式キャッシュバック最大43,000円なし10,000円分の商品券最大24,000円

それでは、各回線の特徴について解説していきます。

auひかり

auひかり公式ロゴ

サービス名auひかり
運営会社KDDI株式会社
実質速度上り平均:365.36Mbps
下り平均:430.2Mbps
Ping平均:19.93ms
月額料金【戸建プラン:契約縛りなし】
6,930円
【戸建プラン:2年契約】
5,720円
【戸建プラン:3年契約】
5,610円
【集合住宅プラン:契約縛りなし】
4,180〜5,720円
【集合住宅プラン:2年契約】
4,180〜5,500円
公式キャッシュバックなし

auひかりは大手通信会社であるKDDI株式会社が運営している光回線です。

本回線の魅力はなんといってもauユーザー限定のスマホ料金割引である『auスマートバリュー』。

『auスマートバリュー』を適用することで、auユーザーのスマホ料金を1台あたり最大1,100円抑えることができます。

また、auひかりでは安定した接続を可能にするIPv6接続を無料で利用可能。

他の回線では有料オプションとして用意されていることもあるため、0円で利用できるのは大きなメリットと言えますね。

auユーザーには自信を持っておすすめできる光回線です。

 

eo光

サービス名eo光
運営会社株式会社オプテージ
実質速度上り平均:358.65Mbps
下り平均:506.17Mbps
Ping平均:21.0ms
月額料金【戸建プラン:2年契約】
5,720円
【戸建プラン:5年契約】
5,170円
【集合住宅プラン:2年契約】
4,180円
公式キャッシュバック10,000円分の商品券

eo光は株式会社オプテーじが提供している通信サービス。

提供エリアは関西エリア限定とかなり狭いですが、サービス内容はかなり優秀です。

下りの平均実質速度は506.17Mbpsという業界トップクラスの速さを記録しています。

サポートが充実していることも特徴で、電話や訪問による初期設定のサポートを無料で利用可能。

関西に引越すのであれば、絶対にチェックしておきたい光回線です。

 

ソフトバンク光

ソフトバンク光

サービス名ソフトバンク光
運営会社ソフトバンク株式会社
実質速度上り平均:209.03Mbps
下り平均:313.61Mbps
Ping平均:17.25ms
月額料金【戸建プラン:2年契約】
5,720円
【戸建プラン:5年契約】
5,170円
【集合住宅プラン:2年契約】
4,180円
公式キャッシュバック最大24,000円

ソフトバンク株式会社が運営しているソフトバンク光も乗り換えにおすすめの光回線です。

ソフトバンクのスマホユーザーは、『おうち割』を利用することでスマホ料金の割引が可能に。

家族で使っている場合は、大幅に毎月の料金を抑えることができますよ。

実質速度は今回ピックアップした回線の中では遅めですが、オンラインゲームやビデオ会議などでも問題なく利用できます。

スマホキャリアにソフトバンクを利用している方には、特におすすめしたい光回線です。

 

Softbank光の詳細はこちら

NURO光の引越しに関するよくある質問は?

NURO光の引越しに関するよくある質問は?

次にNURO光の引越しに関するよくある質問をいくつか紹介していきます。

今回紹介するNURO光の引越しに関する質問は以下のとおり。

それでは各質問に回答していきます。

NURO光回線は引越しする時に撤去工事は必要?

NURO光回線は引越しをする時に撤去工事が必要になるケースがあります。

それは住居の管理人や管理会社から撤去を頼まれた場合です。

撤去費用の11,000は自己負担となりますが、今後の入居者のためにも撤去を頼まれた場合は必ず応じるようにしましょう。

また、管理人や管理会社側から頼まれなくても一度連絡してみることも大事です。

NURO光回線のことを忘れている可能性があるためですね。

後でトラブルになることを避けるためにも、引っ越し前には必ず相談しておきましょう。

NURO光が新居に通ってるか確認する方法は?

新居のある地域がNURO光に対応しているかどうか確認したい場合は、NURO光の公式ページ内にあるエリア確認ページを利用しましょう。

>>NURO光エリア確認ページ 

確認手順は次のとおり。

【新居に通ってるかどうか確認の手順】
1.NURO光のエリア確認ページに移動
2.新居の郵便番号または住所を入力
3.『提供状況を確認する』を選択

上記したページからであれば、通常のプランだけでなく、マンション向けや高速プランなの検索も可能です。

気になる方は1度確認してみてください。

NUROでんきは引っ越し後もそのまま使える?

NUROでんきはNURO光を解約してしまうと自動的に解約されてしまいます。

そのため、引越しの際でもNUROでんきを利用したい場合再度契約が必要です。

また、NUROでんきとNURO光の提供エリアはほとんど同じですが、細かな提供エリアの違いがあります。

場所によっては、NURO光は利用できるがNURO電気は使えないということもありますので、事前に確認しておきましょう。

NURO光を引越しに合わせて解約する方法が知りたい

NURO光を利用している方の中には、引っ越しに合わせてNURO光を解約したいという方もいるはずです。

そのような方は以下の手順で解約を進めましょう。

【解約の手順】
・乗り換え先の回線に申し込む
・工事日を調整・NURO光の解約手続きを行う
・新規回線の開通工事を行う
・NURO光の機器を返却する

なお、移動先で光回線を利用する予定がない場合は、手順1と手順3は不要です。

NURO光の解約だけを行いましょう。

 

まとめ:NURO光なら引越し先でもお得に使える|引越しサポート適用だけ要確認

本記事ではNURO光の引越しについて詳しく解説してきました。

NURO光を引越し先でも利用したい場合は、『引越しサポート』を使いましょう。

解約金や工事残債などを負担してくれるので、引越し時にかかる費用を大幅に抑えることができますよ。

また、他の光回線への乗り換えもおすすめです。

NURO光の引越しを考えている方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。