光回線

光回線のプロバイダ全社を比較|ランキングNO.1の組み合わせ

光回線を選ぶ上で、どのプロバイダにするか悩みますよね。様々な種類があるため、どれを選んで良いのかわかりません。

そんな疑問を解決するために、今回は光回線のプロバイダを比較し、どれがおすすめなのかを紹介していきます。

また、プロバイダを選ぶ基準も気になりますよね。いくつか基準となるポイントを紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

【この記事からわかること】

  • 光回線プロバイダの比較
  • 光回線プロバイダを選ぶ基準
  • おすすめのプロバイダ

 

当サイトおすすめの光回線を見る

  1. 【2022年最新情報】プロバイダーが選べる光回線比較一覧
    1. docomo(ドコモ)光:24社から選べる
    2. au光:8社から選べる
    3. コミュファ光:10社から選べる
    4. フレッツ光:300社以上から選べる
  2. 光回線のプロバイダーは選べない?人気回線と比較してわかった選べない理由
    1. 近年ではプロバイダーは一本化されている
    2. 一本化することで安く提供可能
    3. 独自サービスによりプラスアルファのサービスが受けられる
  3. プロバイダは何を比較して選べばいい?|おすすめプロバイダを選ぶ基準
    1. 月額料金と通信速度はマッチしているか
    2. 割引キャンペーンはどのようになっているか
    3. 独自に行われているサービスはあるか
  4. プロバイダーはどこと組み合わせればいい?|ランキングTopの組み合わせ
    1. docomo(ドコモ)光と組み合わせるならGMOとくとくBB
    2. au光と組み合わせるならSo-net
    3. コミュファ光と組み合わせるならSo-net
    4. フレッツ光と組み合わせるならGMOとくとくBB
  5. プロバイダーを比較する上でよくある質問は?
    1. プロバイダを比較した時の速度が遅いランキングは?
    2. 光コラボには悪質業者が多いって聞いたけど一覧みたいなものはある?
    3. プロバイダーの料金一覧が知りたい
    4. 評判の悪い悪質なプロバイダーの特徴は?
  6. まとめ;プロバイダによって大きく差が出る|回線だけでなくプロバイダも比較して選ぼう

【2022年最新情報】プロバイダーが選べる光回線比較一覧

【2022年最新情報】プロバイダーが選べる光回線比較一覧

まずはプロバイダを自由に選べる光回線から紹介していきます。気になるプロバイダの数や速度も紹介するので、いくつか比較したい人はチェックしてみて下さいね。

ドコモ光

auひかり

コミュファ光

フレッツ光

月額料金戸建て:5,720円
マンション:4,400円
戸建て:5,610円
マンション:4,180円
戸建て:4,980円
マンション:4,980円
戸建て:6,270円
マンション:4,785円
平均速度下り:269.24Mbps
上り:206.82Mbps
下り:423.7Mbps
上り:364.16Mbps
下り:542.14Mbps
上り:370.67Mbps
下り:277.56Mbps
上り:206.19Mbps
対応エリア全国主要都市全国主要都市東海・中部地方全国主要都市
プロバイダ数24社8社10社300社以上

上記の通り、光回線ごとにプロバイダ数が異なり、フレッツ光に至っては数が多いですよね。これだけ数が多いと、プロバイダを選びにくいと感じる人も出てきます。

また、コミュファ光の提供エリアは全国ではなく一部のエリアですので、全員が利用できないという点がデメリットですよね。

これらを総合的に判断すると、ドコモ光とauひかりを選んでおけば無難です。

docomo(ドコモ)光:24社から選べる

ドコモ光の主なプロバイダは下記の通りです。

  • ドコモnet
  • GMOとくとくBB
  • @nifty
  • BIGLOBE
  • OCN
  • @TCOM

ドコモ光は提供エリアが全国規模で、料金も標準的な光回線です。プロバイダによってはキャッシュバックが高額なものや、Wi-Fiルーターのレンタルが無料で付いてくる特典もあります。

特に、GMOとくとくBBはキャッシュバックが20,000円に加え、工事費無料とWi-Fiルーターのレンタルが無料です。

初期費用を抑えたい人にピッタリのプロバイダが揃っていますので、良心的なプロバイダがあると安心ですよね。

また、スマホとのセット割引が用意されており、永年最大1,100円割引となっています。

セット割引

画像引用:NTTドコモ

遠く離れて暮らす家族にも適用されるので、嬉しい特典の1つです。

 

au光:8社から選べる

auひかり公式ロゴ

auひかりのプロバイダは下記の8社です。

  • So-net
  • BIGLOBE
  • au one net
  • DTI
  • GMOとくとくBB
  • Asahi Net
  • @nifty
  • @TCOM

auユーザーはもちろん、UQのスマホとセット割引が可能です。最大で1,100円が永年割引されるので、長期的に光回線を使いたい人は要チェックですね。

au割引

画像引用:au

また、auひかりはインターネット回線を自宅に引き込む工事が必要で、工事費が41,250円かかります。ただ、工事費は割引されるので、実質無料です。

プロバイダは8社あるため、それぞれのキャンペーンや特典と合算すると、相当お得な契約ができますよね。注意点としては、工事費が支払い終わっていない段階で解約すると、残りの金額を払う必要があるという点です。

もしも解約するなら、工事費が支払い終わる期間を待ったほうが良いですね。

 

コミュファ光:10社から選べる

コミュファ光のプロバイダは下記の10社です。

  • au one net
  • エディオン
  • So-net
  • @nifty
  • BIGLOBE
  • ODN
  • TNC
  • hi-ho
  • IIJ
  • MediaCat

コミュファ光の提供エリアは『愛知県、岐阜県、静岡県、三重県、長野県』です。提供エリアは限定されますが、速度も速くキャッシュバックなどのキャンペーンが充実しています。

ちなみに、速度はNURO光よりも速いと言われており、光回線の通信速度ランキングでは1位を獲得しています。

コミュファ光(1位)NURO光(2位)eo光(3位)
平均Ping値15.44ms12.5ms20.38ms
平均下り速度542.14Mbps510.11Mbps488.88Mbps
平均上り速度370.67Mbps452.8Mbps346.89Mbps

引用:みんなのネット回線速度

下り速度はNURO光よりも速く、データ受信がスムーズにできることが判明しました。動画の視聴やオンラインゲームで遊ぶ際に、ストレスを感じることは少ないでしょうね。

また、auのスマホを使っているならセット割引も適用可能です。

auセット割引

画像引用:コミュファ光

スマホセット割引で最大1,100円割引されますので、対象エリア内でauユーザーなら、コミュファ光をおすすめします。

 

フレッツ光:300社以上から選べる

フレッツ光という名称はネットに疎い人でも聞いたことがありますよね。その知名度の通り、フレッツ光のシェア数は全国で見てもトップクラスです。

nttシェア数

画像引用:株式会社MM総研

ユーザー数が多いため、プロバイダを豊富にして自由に選べる形を取っています。

しかし、300社以上の中から1つを選ばなければならないため、自分に合ったプロバイダ選びに苦戦しますよね。選択肢が多いのは嬉しい反面、絞れない人にとっては難しいかも知れません。

実際にフレッツ光でプロバイダを選ぶなら、なにを基準にして選ぶのかを明確にしたほうが決めやすいです。料金面や速度など、自分が欲しているものを考え、プロバイダを決めましょう。

 

光回線のプロバイダーは選べない?人気回線と比較してわかった選べない理由

光回線のプロバイダーは選べない?人気回線と比較してわかった選べない理由

光回線でプロバイダを選ぶことが当たり前に感じますが、なかにはプロバイダを選べない光回線も存在します。なぜプロバイダを選べないのか、選ばないとどのようなメリットがあるのかを紹介します。

光回線を選ぶプロバイダと選べないプロバイダを、それぞれ比較して検討してみるのもおすすめです。

近年ではプロバイダーは一本化されている

インターネットを利用するユーザーからは度々「なんでプロバイダと回線の契約が別なの?」といった声が上がります。別々に契約が必要なことで複雑化し、ややこしいのが現状です。

プロバイダの契約を忘れていて、回線が使えなかったという経験をした人もいるでしょうね。

しかし、近年ではプロバイダと回線を一本化する動きが活発となっており、ユーザーが楽に契約できるようになりました。プロバイダと回線を一本化し、速度が速いと話題になったNURO光が代表的な例ですよね。

回線もプロバイダも別でそれぞれ自分で選ぶという手間がかかっていましたが、一本化することでプロバイダ選びに時間を割かなくても良くなりました。

回線とプロバイダの一本化が好評であれば、今後一本化する業者も増えてくるかも知れませんね。

一本化することで安く提供可能

回線とプロバイダを一本化したドコモ光と、プロバイダ選択型のコミュファ光を比較してみました。

ドコモ光(1ギガ タイプA)コミュファ光(1GマンションF)
月額料金4,400円3,380円
プロバイダ料金0円1,320円
合計金額4,400円4,700円

比較した結果、回線とプロバイダを一本化したドコモ光のほうが、300円安いことが判明しました。300円を2年間支払うと考えると、7,200円も差が出ます。

少しでも安くインターネットを楽しみたい人であれば、一本化した回線を選んだほうがおすすめです。

また、プロバイダへ料金を支払う必要がないので、請求先が別々になることはありません。支払先の管理にも困りませんので、一本化はユーザーにとって便利で安いお得なものだとわかります。

独自サービスによりプラスアルファのサービスが受けられる

回線とプロバイダを一本化している業者はそれぞれ、独自のサービスを展開しています。先述したドコモ光ではスマホとのセット割引があり、更に料金を下げることが可能です。

また、eo光はeo電気とセットで契約すると、ネットの月額料金が1年間550円割引されます。

このように、携帯キャリアや電力会社がプロバイダの一本化を進めており、独自のサービスを展開しています。スマホや電気は生活必需品として使われているので、セットでネットを使いたいというニーズを上手に使っていますよね。

一本化で複雑な契約がないことに加え、独自のサービスで料金も安くなるため、ユーザーにとって良心的だと考えられます。

 

当サイトおすすめの光回線を見る

プロバイダは何を比較して選べばいい?|おすすめプロバイダを選ぶ基準

プロバイダは何を比較して選べばいい?|おすすめプロバイダを選ぶ基準

こちらでは、プロバイダをどのような基準で選べば良いかを説明します。フレッツ光のようなプロバイダが多い回線もあるため、基準を設けていないとどれを選んで良いかわかりません。

主に3つの基準が重要になってきますので、参考にしてみて下さいね。

月額料金と通信速度はマッチしているか

プロバイダを選ぶ際に1番大切なのが、料金と速度のどれを重視するかです。とりあえず料金を安くしたい人、速さに不満を持って乗り換える人がいますよね。

あらかじめ自分が欲している条件と、プロバイダの特徴を照らし合わせることが重要です。

もし料金だけでなく速度も必要であれば、いくつか比較してバランスの良いものを選びましょう。

また、回線とプロバイダが一本化していないものを選ぶと、料金が別途で必要になりますよね。安く契約したい、支払いを管理しやすくしたいと考えているなら、一本化しているものを選びましょう。

一本化している業者であれば独自回線を使用しているものがあるため、速度の安定と速さに期待できます。

割引キャンペーンはどのようになっているか

割引特典があるものを選べば、初期費用や月額料金を安く抑えることが可能です。期間が設けられている場合があるので、気になるものからチェックしていきましょう。

プロバイダによっては規模が大きいキャンペーンを実施することもあるので、こまめに確認しておきましょう。

例を挙げると、NURO光では下記のような高額な金額を貰えます。

キャッシュバック

画像引用:NURO光

このように、他社よりも目を引く高額な特典が実施されています。見落としがないように、比較しながら探しましょう。

しかし、キャッシュバックには注意点があり、案内メールが契約から数か月後に届くことがほとんどです。そのため、案内メールに気付かずに期限が過ぎてしまうトラブルも多発しています。

契約後すぐにお金を受け取れる場合もありますので、比較してみるのもおすすめです。

独自に行われているサービスはあるか

様々なプロバイダが特典を全面的にアピールしており、どれも似たり寄ったりなのが特徴です。その中でも、独自に行われているサービスがあるかどうかで選ぶのもおすすめです。

例を挙げると、eo光は『Netflix』の料金が1年間割引されます。

Netflix

画像引用:eo光

光回線を導入する人の中には、映画を快適に鑑賞したいという人も多いですよね。そのような人にとって『Netflix』の料金が安くなるのは、一石二鳥です。

また、一本化している『ぷらら光』は、ひかりTVを追加料金なしで楽しめます。

ひかりTV

画像引用:株式会社NTTぷらら

映画やドラマを楽しめるのはもちろん、電子書籍やゲームも遊べるので、家族で楽しめますよね。テレワークなどで家にいる時間が多い人にもおすすめです。

以上のように、独自のサービスで他社との差別化を図っています。様々な業者を比較し、自分に合ったものを見つけましょう。

 

当サイトおすすめの光回線はこちら

 

当サイトおすすめの光回線を見る

プロバイダーはどこと組み合わせればいい?|ランキングTopの組み合わせ

プロバイダーはどこと組み合わせればいい?|ランキングTopの組み合わせ

それぞれ光回線ごとに、おすすめのプロバイダがあります。なぜおすすめなのかを紹介し、組み合わせが最適なものを選びました。

常にランキングの上位に入っているものなので、キャンペーンや速度に魅力があります。ユーザーからの満足度が高いものを選んでいるので、検討して損はないと考えられます。

組み合わせはこちらの4つです。

docomo(ドコモ)光と組み合わせるならGMOとくとくBB

ドコモ光との相性が抜群で、万人におすすめできます。おすすめできる理由がたくさんあるので、わかりやすいように下記をご覧下さい。

  • キャッシュバック20,000円
  • 2,000dポイントが貰える
  • 新規工事料が無料
  • 他社からの乗り換えで違約金20,000円負担
  • 訪問サポート初回無料
  • ルーターのレンタルが無料
  • 『マカフィー』が1年間無料

このように、お得なキャンペーンが豊富に揃っています。セキュリティソフトや訪問サポートが無料など、契約後のサポート面が充実していることもおすすめできる理由です。

初期費用が抑えられるのはもちろん、安心してインターネットが使えるのは嬉しいですよね。訪問サポートに関しては親切なサービスですので、ユーザーから評価されている大きな理由の1つとなっています。

また、下り速度が347.92Mbpsなので、高速インターネットも楽しめます。速度と安さを兼ね備えているため、おすすめです。

au光と組み合わせるならSo-net

auひかりと組み合わせるなら、So-netがおすすめです。おすすめできるポイントは下記の通りです。

  • キャッシュバック55,000円
  • 最短振込1ヶ月
  • 訪問サポート初回無料
  • 戸建て料金1,130円~2,567円割引
  • マンション料金1,304円~3,112円割引
  • 他社からの乗り換えで違約金30,000円負担

キャッシュバック額が55,000円は破格の金額ですよね。それに加えて、最短で1ヶ月後に振り込まれます。短期間で金額が振り込まれるので、安心感が他社とは違います。

主なプロバイダは、キャッシュバックの案内メールが申し込みから数カ月に送られてきます。遅い業者だと1年かかるところもあるので、So-netがいかに迅速な対応をしているのかがわかりますよね。

また、他社からの乗り換えにかかる解約金や工事費を、全額負担してくれます。金額は30,000円も負担してくれるので、楽に乗り換えることが可能です。

すぐに高額な金額を受け取りたいなら、So-netをおすすめします。

コミュファ光と組み合わせるならSo-net

コミュファ光と組み合わせて1番お得なのは、So-netです。おすすめできるポイントは下記の通りです。

  • キャッシュバック30,000円
  • 初期費用無料キャンペーン
  • 戸建て973円~1,795円割引
  • マンション668円~2,395円割引
  • パソコンやネットサポートが6ヶ月無料
    乗り換えにかかる費用を全額負担
  • U-NEXTが31日間無料

以上のように、費用面で大幅な割引を実施しています。初期費用が無料なのも嬉しいですよね。それに加えて乗り換え費用も全額負担してくれるので、乗り換えしやすい環境が整っています。

また、サポートやU-NEXTの無料期間が長いのも特徴的です。サポートに関しては長期的に寄り添ってくれるので、わからないところをその都度無料で聞けるのが安心ですよね。

契約してからサポートの対応が悪い業者もある中で、ここまで親身になってくれるのは珍しい気がします。

それから、U-NEXTも無料期間で映画やドラマを楽しめるので、気になる作品があれば期間内に見ておきましょう。もし気に入ったら、そのまま契約することも可能ですよ。

フレッツ光と組み合わせるならGMOとくとくBB

フレッツ光と相性が良いのはGMOとくとくBBです。光回線とプロバイダが一本化しているため、シンプルでわかりやすいのが嬉しいポイントです。

プランも複雑化されていないので、初めてネットを導入する人でも安心して契約できますよ。

ほかにおすすめできるポイントは下記の通りです。

  • 月額料金が他社よりも安い
  • 下り速度が347.92Mbps
  • ルーターのレンタルが無料
  • 月額料金の中に開通工事費も入っている

速度が速いのも特徴的で、安さに関しては他社よりも安く、月額料金は4,000円を切っています。下記の画像をご覧下さい。

料金グラフ

画像引用:GMO

この金額は回線料金とプロバイダ料金が合算されたものですので、いかに安いかがわかりますよね。

また、速度に関してもIPv6を採用しているため、高速通信が可能です。IPv6に対応したルーターを無料でレンタルできるのも嬉しいですよね。

料金が安いからと言って、通信の品質が悪いわけではないので、安心して使用できます。使っていて速度でストレスを感じることはないと考えられます。

 

当サイトおすすめの光回線を見る

プロバイダーを比較する上でよくある質問は?

プロバイダーを比較する上でよくある質問は?

プロバイダを比較する人にとって、プロバイダの評判や速度が気になりますよね。こちらでは、プロバイダに関する良くある質問をまとめています。

主に下記の4つが質問として多かったので、気になる人はチェックしてみて下さいね。

プロバイダを比較した時の速度が遅いランキングは?

プロバイダを検討する際に、速度が遅いランキングを知っておけば、候補から除外できますよね。あらかじめ速度の遅いプロバイダを把握して、効率良くプロバイダを比較しましょう。

ドコモ光とフレッツ光のプロバイダを参考にし、速度が遅いランキングを作成しました。

プロバイダ平均下り速度平均上り速度
ワースト1位hi-hoドコモ光:146.35Mbps
フレッツ光:100.12Mbps
ドコモ光:179.89Mbps
フレッツ光:151.73Mbps
ワースト2位楽天ブロードバンドドコモ光:154.12Mbps
フレッツ光:214.73Mbps
ドコモ光:160.58Mbps
フレッツ光:179.76Mbps
ワースト3位WAKWAKドコモ光:221.52Mbps
フレッツ光:209.48Mbps
ドコモ光:182.75Mbps
フレッツ光:239.71Mbps
ワースト4位BB.exciteドコモ光:228.2Mbps
フレッツ光:244.17Mbps
ドコモ光:182.87Mbps
フレッツ光:189.41Mbps
ワースト5位@TCOMドコモ光:273.9Mbps
フレッツ光:272.69Mbps
ドコモ光:199.26Mbps
フレッツ光:184.98Mbps

このように、速度を比較してランキングにすると、hi-hoが断トツで速度が遅いと判明しました。データを受信する平均速度が極端に遅いので、スムーズな通信は期待できません。

快適なネット環境を整えたいなら、最低でも200Mbpsを上回るものを選びましょう。

光コラボには悪質業者が多いって聞いたけど一覧みたいなものはある?

NTTの回線を借りた業者が代理店として仲介しており、光コラボとして利用者へ回線を提供します。業者が多く競争しているため、営業電話やセールスが多いと言われています。

実際に代理店から悪質な営業を受けた人は、Twitterで被害を報告する傾向にあるので、それらをまとめて一覧を作りました。

主な悪質業者一覧は下記の通りです。

  • 有限会社メルヴェイユ
  • 株式会社Wiz
  • 株式会社AKALA
  • 株式会社エムズライン
  • ネクストサポート
  • イーキャスト
  • @nifty
  • BIGLOBE

上記の業者はほんの一部ですので、悪質な業者はほかにも存在しています。社名を名乗らずに一方的に勧誘し、断ると電話をガチャ切りするため、社名がわからない場合もあるようです。

怪しいと思った場合は、すぐに電話を切りましょう。

光コラボはやめとけと言われるのはなぜ?光コラボの実際の評判

プロバイダーの料金一覧が知りたい

プロバイダの料金が見やすいように、料金一覧を作りました。様々なプロバイダを検討する上で、料金は1番気になるポイントですよね。

パッと見てわかるようにシンプルにまとめましたので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

主なプロバイダの料金一覧はこちらです。

So-net光ぷらら光So-net光OCN光BIGLOBE光コミュファ光auひかり
タイプマンションV16マンションタイプマンションタイプマンションタイプマンションタイプ5GマンションF EXお得プランA
標準プラン
月額料金2,200円3,960円4,928円5,170円2,750円4,780円4,730円
GMOとくとくBB(ドコモ光)Yahoo!BB(SoftBank光)@nifty光@TCOM(ドコモ光)BB.excite(フレッツ光)eo光GMOとくとくBB(auひかり)
タイプドコモ光タイプAマンションプランマンションタイプマンションタイプマンションタイプメゾンタイプマンションタイプV16
月額料金4,400円4,180円2,200円4,620円2,640円3,280円4,180円

特に人気のあるプロバイダを選び、料金一覧を作成しています。月額料金以外にもお得なキャンペーンを実施しているプロバイダが多いので、たくさん比較することをおすすめします。

評判の悪い悪質なプロバイダーの特徴は?

プロバイダを検討する人の中には、会社の評判が気になるという人もいますよね。悪質で評判が悪いプロバイダの特徴は、勧誘がしつこいという点が挙げられます。

評判の悪いプロバイダから勧誘を受けた人がTwitterで口コミを投稿していたので、参考までにご覧下さい。

この口コミのように、勧誘電話が何度もかかってきてしつこいようです。着信拒否しても別の電話番号で電話をかけてくるので、厄介ですよね。

もしプロバイダを検討する際には、ネット上で口コミや評判がどうなのか調べてみると良いかも知れません。評判が悪い場合、契約した後のサポート対応が悪い可能性があります。

キャッシュバックやお得なキャンペーンで契約者を増やし、あとはなんのサポートもないという業者も中には存在します。あとから失敗しないように、事前に情報を仕入れておきましょう。

 

当サイトおすすめの光回線を見る

まとめ;プロバイダによって大きく差が出る|回線だけでなくプロバイダも比較して選ぼう

様々なプロバイダを比較した結果、プロバイダによって速度も料金も異なり、お得になるものとならないものがあると判明しました。

自分とマッチした料金やキャンペーンを慎重に選ばないと、損する可能性があります。あとから後悔しないように、徹底して比較したほうが良いですね。

また、光回線によってはプロバイダの数が多いので、自分の中で優先順位を付けていないと悩んでしまいます。どれを重視して契約するのか、検討しながら考えてみましょう。

 

 

当サイトおすすめの光回線を見る