光回線

最安の光コラボはどこ?光コラボレーション10社の料金を比較

光回線を契約する際、サービスの種類の豊富さやキャッシュバックの窓口など、何を選んだらいいのかわからなくなってしまいますよね。

可能な限りやすいコストを抑えたい人は、光コラボレーションの契約がおすすめです。しかし「光コラボレーションて初めて聞いた」など、詳しく知らない人も多いでしょう。

本記事では、光コラボレーションの概要や人気の光コラボレーション10社の料金比較、特徴解説などを紹介します。

今後光回線の導入を検討している人は参考にしてみてくださいね。

この記事でわかること
・光コラボレーションの概要
・人気の光コラボレーション10社の料金比較/特徴解説
・戸建てタイプ/マンションタイプの最安

↓当サイトが厳選したおすすめ光回線3社↓

So-net光
auひかりフレッツ光
フレッツ光 ロゴ
月額料金(税込)4,928円~ 4,730円〜2,420円〜
平均通信速度(実測値)・平均下り速度:298.8Mbps
・平均上り速度:229.7Mbps
・平均下り速度:415.22Mbps
・平均上り速度:351.97Mbps
・平均上り速度:46.6Mbps〜
・平均下り速度:53.9Mbps〜
詳細公式URL公式URL公式URL

 

  1. 光コラボレーションとは?
  2. 人気の光コラボレーション10社の料金を比較
    1. OCN光:IPv6の高速通信を利用可能
    2. ドコモ光:全国各地で契約可能
    3. ソフトバンク光:スマホセット割がお得
    4. ビッグローブ光:高速インターネット通信で快適
    5. So-net光:auのスマホ料金がお得になる
    6. 楽天ひかり:楽天モバイルと一緒に使うのがおすすめ
    7. ぷらら光:Wi-Fiルーター無料レンタル
    8. @TCOMひかり:2年契約で1年間月額料金割引
    9. BB.excite光:使用分だけ支払う「段階料金制」
    10. Asahinet光:IPv4 over IPv6
  3. 戸建てタイプの最安はBB.excite光
  4. マンションタイプの最安はぷらら光
  5. 光コラボレーションはなぜ安い?フレッツ光を利用した回線のメリット
    1. 提供エリアが広い
    2. 開通工事までの期間が短い
    3. 無派遣工事が可能
  6. 光コラボレーションに乗り換えるデメリット|最安なのは良いことばかりじゃない
    1. 転用手続きが必要
    2. 事業者選びが大変
    3. 不適切な電話勧誘をしてくる事業者もある
    4. プロバイダー変更によってプラン変更しなければならないケースがある
    5. 回線速度が遅くなる可能性もある
  7. 絶対に損しないために|最安の光コラボレーションの選び方
    1. IPv6(IPoE)接続に対応しているか
    2. 各種キャンペーン・割引サービスはあるか
    3. お得な特典はあるか
  8. 光コラボレーションの費用についてよくある質問
    1. 光コラボレーションとその他光回線はどちらの方が安い?
    2. 光コラボレーションはどこから申し込むのがお得?
  9. まとめ:最安の光コラボレーションはBB.excite光

光コラボレーションとは?

光コラボレーションとは、プロバイダがNTT西日本、東日本が提供するフレッツ光、光回線と自社サービスを融合して提供するサービスです。

光回線の提供を受けた光コラボ事業は、各光コラボ事業者に負けないようにサービスの質を高め、料金設定を限界まで安く設定しています。

光コラボレーションでは、Wi-Fiの利用に加えてキャッシュバックなど、様々なキャンペーンが行われます。

中には10万円を超える高額キャッシュバックも存在します。

光回線を選ぶ上で、通信速度はもちろんキャッシュバックなどキャンペーンの充実さを求めている人もいますよね。キャッシュバックはもちろんケーブルテレビなど、光コラボレーションは会社独自のサービスを提供している場合も多いです。

「できるだけ安い光回線を利用したい」「キャッシュバックが充実している光回線を知りたい」という人は、光コラボ事業者の中から選んでみてはいかがでしょうか。

人気の光コラボレーション10社の料金を比較

光コラボレーションの種類は多いので、どの回線を契約すればいいのかつい悩んでしまいますよね。

ここでは、人気の光コラボレーション10社の料金を比較しました。

月額料金や工事費をまとめたので、契約時の参考に役立ててくださいね。

OCN光ドコモ光ソフトバンク光ビッグローブ光So-net光楽天ひかりぷらら光@TCOMひかりBB.excite光Asahinet光
月額料金(マンション・戸建て)マンション:3,960円
戸建て:5,610円
マンション:4,400円
戸建て:5,720円
マンション:4,180円〜5,390円
戸建て:4,290円〜7,290円
マンション:4,488円
戸建て:5,698円
マンション:4,928円
戸建て:6,138円
マンション:4,180円
戸建て:5,280円
マンション:3,960円
戸建て:5,280円
マンション:4,180円
戸建て:5,610円
マンション:3,696円
戸建て:4,796円
マンション:4,080円
戸建て:5,180円
工事費マンション:16,500円
戸建て:19,800円
マンション:16,500円
戸建て:19.800円
26,400円マンション:16,500円
戸建て:19,800円
26,400円マンション:16,500円
戸建て:19,800円
マンション:16,500円
戸建て:19,800円
マンション:16,500円
戸建て:19,800円
マンション:16,500円
戸建て:19,800円
マンション:15,000円
戸建て:18,000円
契約時の手数料3,300円3,300円3,300円1,100円3,300円880円〜1,980円0円3,300円2,200円800円〜2,000円
キャッシュバック39,700円〜56,500円最大20,000円50,000円61,406円〜74,673円93,264円〜100,000円なし37,610円〜51,210円40,000円〜43,000円なし10,000円
2年間の合計費用71,184円〜95,640円103,400円〜140,380円80,020円〜154,660円63,912円〜82,992円75,912円〜100,272円117,000円〜148,500円
※楽天モバイルとセット利用で1年間月額料金無料
63,912円〜52824円51,744円〜79,104円107,404円〜137,104円103,720円〜134,320円

続いて各光コラボレーションの特徴について細かく紹介します。

特徴がわかると、自分に合ったもの光コラボレーションを選ぶ参考になるでしょう。

OCN光:IPv6の高速通信を利用可能

月額料金(マンション・戸建て)マンション:3,960円
戸建て:5,610円
工事費マンション:16,500円
戸建て:19,800円
契約時の手数料3,300円
キャッシュバック39,700円〜56,500円
2年間の合計費用71,184円〜95,640円

OCN光は、IPv6の高速回線を利用できるのがメリットです。

IPv6は新しいIPv4に続く、IPアドレスの最新バージョンでIPv4よりも利用できるIPアドレスの数が多いのが特徴です。IPv4よりも回線が混みづらいため、通信速度が速いので快適にインターネットを利用できるようになるでしょう。

また、通信速度が速くなる一方、IPv6に対応していないWebサイトにはアクセスできないのがデメリットです。

普及しはじめているIPv6ですが、全てのWebサイトやSNSが対応しているわけではありません。

頻繁に利用するWebサイトやSNSがIPv6未対応だと不便に感じることもあるでしょう。

ドコモ光:全国各地で契約可能

ドコモ光 ロゴ

月額料金(マンション・戸建て)マンション:4,400円
戸建て:5,720円
工事費マンション:16,500円
戸建て:19.800円
契約時の手数料3,300円
キャッシュバック最大20,000円
2年間の合計費用103,400円〜140,380円

ドコモ光は、全国的に普及しているため地方の方でも契約できる場合が多いです。

地方在住の方だと、光回線の種類によっては対応していない場合も多く、選択肢が狭まってしまいます。

三大キャリアの一つであるドコモが提供する光回線であるドコモ光。提供エリアが全国なので、地方で光回線の毛役に悩んでいる人におすすめです。

また、通信速度も速いので日常生活で不便に感じることはほとんどないでしょう。

ソフトバンク光:スマホセット割がお得

ソフトバンク光

月額料金(マンション・戸建て)マンション:4,180円〜5,390円
戸建て:4,290円〜7,290円
工事費26,400円
契約時の手数料3,300円
キャッシュバック50,000円
2年間の合計費用80,020円〜154,660円

ソフトバンクのスマホをお得に利用したい人は、ソフトバンク光がおすすめです。

ソフトバンクスマホユーザーが、ソフトバンク光を契約するとスマホ代が毎月最大1,100円割引されます。スマホ料金に加えて、光回線も使用すると毎月の出費が大きくなるので、少しでも出費を抑えられると嬉しいですよね。

ソフトバンクスマホユーザーは、第一候補にソフトバンク光を選んで損はないでしょう。

ビッグローブ光:高速インターネット通信で快適

月額料金(マンション・戸建て)マンション:4,488円
戸建て:5,698円
工事費マンション:16,500円
戸建て:19,800円
契約時の手数料1,100円
キャッシュバック61,406円〜74,673円
2年間の合計費用63,912円〜82,992円

ビッグローブ光は、通信速度が速く快適にインターネットを利用できます。

ビッグローブ光の最大通信速度は1Gbps。平均下り速度は282.04Mbpsで平均上り速度は206.35Mbpsと、実測値も十分な数値です。

ただし、光回線の実測値は環境で変わるので、全てを鵜呑みにしないように気をつけましょう。

動画視聴やオンラインゲームをする場合でも、快適に利用できること間違いなでしょう。

So-net光:auのスマホ料金がお得になる

月額料金(マンション・戸建て)マンション:4,928円
戸建て:6,138円
工事費26,400円
契約時の手数料3,300円
キャッシュバック93,264円〜100,000円
2年間の合計費用75,912円〜100,272円

So-net光を契約すると、auスマホ料金が永年割引されるのが魅力です。

「auスマートバリュー」を申し込むと、auスマホユーザーは毎月最大1,100円割引されます。永年割引されるので、長期的にみてもお得に利用できるのが嬉しいですよね。

また、auスマホユーザであれば自分だけではなく、一緒に暮らすや離れて暮らす親なども割引対象になります。

家族で一緒にauを契約している人は、So-net光を契約するとかなりお得にスマホを利用できるでしょう。

楽天ひかり:楽天モバイルと一緒に使うのがおすすめ

月額料金(マンション・戸建て)マンション:4,180円
戸建て:5,280円
工事費マンション:16,500円
戸建て:19,800円
契約時の手数料880円〜1,980円
キャッシュバックなし
2年間の合計費用117,000円〜148,500円
※楽天モバイルとセット利用で1年間月額料金無料

楽天ひかりは、楽天モバイルとのセット利用がおすすめです。

セット利用により、楽天ひかりの料金は1年間無料です。楽天ひかりはマンションタイプで月額4,180円、戸建てタイプで月額5,280円かかります。

毎月の光回線料金を抑えられるのは出費を抑えられるので嬉しいですよね。

また、楽天モバイルとのセット利用で楽天ポイントも貯まりやすくなるので、楽天ユーザーは楽天ひかりの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

ぷらら光:Wi-Fiルーター無料レンタル

月額料金(マンション・戸建て)マンション:3,960円
戸建て:5,280円
工事費マンション:16,500円
戸建て:19,800円
契約時の手数料0円
キャッシュバック37,610円〜51,210円
2年間の合計費用63,912円〜52824円

ぷらら光は、Wi-Fiルーターを無料レンタルできるのがおすすめポイントです。

光回線を契約しても、Wi-Fiルーターのレンタルに料金を支払うことも少なくありません。光回線の月額に加え、Wi-Fiルーター代もかかると、毎月の出費は大きくなります。

Wi-Fiルーターを無料でレンタルしたい人は、ぷらら光がおすすめです。

@TCOMひかり:2年契約で1年間月額料金割引

月額料金(マンション・戸建て)マンション:4,180円
戸建て:5,610円
工事費マンション:16,500円
戸建て:19,800円
契約時の手数料3,300円
キャッシュバック40,000円〜43,000円
2年間の合計費用51,744円〜79,104円

@TCOMひかりは、2年契約することで1年間月額料金が割引されます。

2年契約にするとマンションタイプを月額3,190円、戸建てタイプを4,290円で利用可能です。

約1,000円〜1,500円安くなるので、かなりお得ですよね。

また、auスマホの月額料金割引など、ユーザーがお得に利用できるサービスが充実しています。お得なサービスを利用し、少しでも安い料金で光回線とスマホを利用してくださいね。

BB.excite光:使用分だけ支払う「段階料金制」

月額料金(マンション・戸建て)マンション:3,696円
戸建て:4,796円
工事費マンション:16,500円
戸建て:19,800円
契約時の手数料2,200円
キャッシュバックなし
2年間の合計費用107,404円〜137,104円

BB.excite光は段階料金制を採用しています。

光回線では珍しい段階料金制。使った分だけの料金を支払う制度なので「使っていない分の通信量まで払わないといけない」などの不満を感じることがありません。

「30GB」「200GB」「500GB未満」「500GB以上」で料金が異なり、毎月の利用量に応じて料金が変化します。

自分が毎月どれくらいの通信量を使うのか把握している人にBB.excite光はおすすめです。

Asahinet光:IPv4 over IPv6

月額料金(マンション・戸建て)マンション:4,080円
戸建て:5,180円
工事費マンション:15,000円
戸建て:18,000円
契約時の手数料800円〜2,000円
キャッシュバック10,000円
2年間の合計費用103,720円〜134,320円

Asahinet光は、IPv4 over IPv6接続が魅力です。

高速通信が魅力のIPv6には、IPv6未対応のWebサイト、SNSは閲覧できないというデメリットがありました。

IPv4 over IPv6接続であればIPv6の高速通信を利用しながら、IPV6未対応のWebサイトやSNSも閲覧可能です。

高速回線を使いながら自分の好きなWebサイトとSNSを閲覧できるのは嬉しいですよね。

戸建てタイプの最安はBB.excite光

戸建てタイプの最安はBB.excite光です。

業界最安水準のBB.excite光の戸建てタイプは、月額4,796円で利用できます。

また、最低利用期間もないので自分の好きなタイミングで解約可能です。

契約期間やキャンペーンなどで、月額料金が変動することもないので、長期間利用してもずっとお得な料金で利用できます。

マンションタイプの最安はぷらら光

マンションタイプの最安はぷらら光です。

ぷらら光のマンションタイプは月額3,960円で利用でき、光回線を初めて契約する方を対象に50,000円のキャッシュバックも行っています。

少しでも安く光回線を利用したい、キャッシュバックももらいたい人はぷらら光がおすすめです。

光コラボレーションはなぜ安い?フレッツ光を利用した回線のメリット

光コラボレーションはどうして安いのでしょうか。

ここでは、フレッツ光を利用した回線のメリットを紹介します。

提供エリアが広い

フレッツ光を利用した回線だと、提供エリアが広くなります。

光回線を契約する際の懸念点「居住地で回線が通っていない」ことではないでしょうか。気に光回線があっても、回線が通っていないと、利用不可能です。

しかし、フレッツ光は全国に回線が通っています。そのため、フレッツ光を利用した回線の場合、居住地を問わず利用できることが多いです、

地方に住んでいる人も利用できる可能性が高いので、光コラボレーションの契約を検討してみましょう。

開通工事までの期間が短い

フレッツ光の場合、開通工事が2週間ほどで終了します。

光回線は、回線開通工事が必要不可欠です。光回線を契約した後、すぐに工事がスタートして利用できるようになって方が嬉しいですよね。

多くの光回線は開通工事終了まで2〜3ヵ月、早くても1ヵ月はかかります。それと比較すると、フレッツ光の開通工事の早さは魅力ですよね。

少しでも早く回線を開通させたい人は、光コラボレーションの契約がおすすめです。

無派遣工事が可能

フレッツ光は無派遣工事可能です。

光回線の回線開通工事には、基本的に立ち合いが必要なのですが、立ち合いを手間に感じる人は多いでしょう。フレッツ光は全国的に回線が通っている普及率の高い回線です。

マンションにフレッツ光が通っている場合、立ち合う必要がない無派遣工事ができる可能性があります。

無派遣工事を望む人は、現在住んでいるマンションに光回線が通っているか確認しましょう。

光コラボレーションに乗り換えるデメリット|最安なのは良いことばかりじゃない

光コラボに乗り換えを検討している人は、デメリットについても理解しておくべきです。

提供エリアが広いなどメリットが多い光コラボですが、ユーザーによってはデメリットに感じる点も少なくないでしょう。

ここでは、光コラボに乗り換えることで考えうるデメリットを5つ紹介します。

転用手続きが必要

光コラボに乗り換える際、転用手続きが必要です

転用とはフレッツ光を解約し、光コラボレーションの回線に乗り換えられることを意味します。フレッツ光の回線を再利用できるため、再び工事する必要はありませんが手続きが必要な点は手間に感じるでしょう。

まずは、転用承諾番号を取得した段階でフレッツ光を解約し、光コラボとの契約に移ります。

大まかな流れはこちらからご覧ください。

事業者選びが大変

光コラボへ乗り換える際、事業者選びが大変です。

事業者選びはとても重要で、事業者ごとに提供しているサービスが異なるので、事業者によって通信速度なども差があります。

例えば、スマホとのセット割引やキャッシュバックキャンペーンなどを提供している事業者もあるでしょう。スマホとのセット割引を提供している事業者を選ぶと、生活コストが下り節約にも繋がりますよね。

上記の例で出したような、セット割引やキャンペーンもあるので、事業者を選ぶ際は比較検討し慎重に選びましょう。

不適切な電話勧誘をしてくる事業者もある

事業者によっては、不適切な電話勧誘をしてくることが考えられます。

不適切な電話勧誘は1日に何度もかけてくることがあります。何度も断っているのに、同じ内容の電話がかかってくるのはかなりストレスを感じてしまいますよね。

不適切な電話勧誘をしてくる事業者への対応は以下の通りです。

転用が完了したことを伝える迷惑番号へ登録
勧誘停止登録詐欺を疑う

こちらがストレスを感じないように、上記のような対応を心がけましょう。

プロバイダー変更によってプラン変更しなければならないケースがある

プロバイダー変更によりプランを変更しなければならないことがあるため、プロバイダーは慎重に選びましょう。

元々契約していたプロバイダのプランを使用している場合、乗り換えにより新しいプロバイダのプランを使用しなければいけないことがあります。

以前のプラン内容を気に入っていた場合、新しいプランに変更しないといけないと不満に感じてもおかしくないですよね。

「現在のプランを継続可能か」「新しいプランに変更する必要しなくてはいけないのか」をプロバイダ選びの段階で確認しておきましょう。

回線速度が遅くなる可能性もある

乗り換えにより、回線速度が遅くなる可能性があるので注意しましょう。

回線速度は、住居環境やマンションの立地などにより差が生まれます。各種光回線の口コミを見てもわかる通り同じの光回線を使っている人でも、満足感を得られる人とそうでない人がいますよね。

回線速度は新しく契約したプロバイダにより異なります。

利用者が多い光コラボほど、回線が混み合ってしまい回線速度が遅くなることもあるので、光コラボ選びは慎重に行いましょう。

絶対に損しないために|最安の光コラボレーションの選び方

光コラボへ乗り換えるなら、絶対に損をしたくないですよね。

満足できる光コラボを選ぶ参考になるように、ここでは最安の光コラボレーションの選び方を紹介します。

IPv6(IPoE)接続に対応しているか

光コラボへ乗り換えを検討している人は、IPv6(IPoE)接続に対応しているか確認しましょう。

IPv6接続に対応していると、回線接続がスムーズで快適にインターネットを利用しやすいです。IPv6接続に対応していないWebサイトやSNSは利用できないというデメリットもありますが、回線速度に重点を置いている人には必要不可欠な要素でしょう。

IPv4対応でIPv6には対応していないものもあるので、事前に確認するのがおすすめです。

各種キャンペーン・割引サービスはあるか

各種キャンペーンや割引サービスの確認は必須です。

光回線は初期費用や基本料金が高い傾向にあり、導入に躊躇する人も多いでしょう。あまりにもコストが高いと、ホームルーターにしてしまう人もいるかもしれませんよね。

光コラボではキャッシュバックキャンペーンやスマホとのセット割など、ユーザーがお得に利用できるサービスを提供していることが多いです。

少しでも光回線をお得に利用できるように、各種キャンペーや割引サービスがあるものを選びましょう。

お得な特典はあるか

キャンペーンに加えてお得な特典があるかは、重要な判断基準です。

キャッシュバックキャンペーンはもちろん、基本料金が割引されるような特典があると嬉しいですよね。

プロバイダごとにサービスに付随する特典があるので、様々なプロバイダを確認し自分がお得に感じるものを選びましょう。

光コラボレーションの費用についてよくある質問

ここからは光コラボレーションの費用に関するよくある質問に回答していきます。

光コラボレーションの契約を検討している人は、疑問を解消しておきましょう。

光コラボレーションとその他光回線はどちらの方が安い?

光コラボレーションとその他の光回線は、光コラボレーションの方が安い傾向にあります。

月額料金で比較すると、光コラボレーションの方が安い場合が多いですが工事費やキャッシュバックを含むと、高くなる可能性があるので注意しましょう。

光コラボレーションはどこから申し込むのがお得?

光コラボレーションは、ホームページから申し込むのがおすすめです。

代理店からの申し込みも良いですが、各光コラボレーションのホームページから申し込むことにより、独自のサービスを受けられます。

代理店も種類が多く選ぶのが手間がかかるので、ホームページから申し込みましょう。

まとめ:最安の光コラボレーションはBB.excite光

ここまで、光コラボレーションの概要や人気の光コラボレーション10社の料金比較、特徴解説などを紹介しました。

様々な光コラボレーションを比較した結果、最安の光コラボレーションはBB.excite光ということがわかりました。

BB.excite光は段階料金制を導入しているので、支払う金額は使った金額だけです。

無駄な料金を支払うことがないので、不満も少なくなるでしょう。光コラボレーションの契約に悩んでいる人には、BB.excite光を検討してみてください。