光回線 光回線のおすすめ比較

光回線のキャッシュバックキャンペーンを比較|選び方や注意点も解説

光回線のキャンペーンの中には、キャッシュバックという現金やギフト券などがもらえるものがあります。このキャンペーンで数万円分程度もらえることもあるため、光回線を契約する際にキャッシュバックキャンペーンを意識している方もいるでしょう。

そこで今回は、光回線のキャッシュバックキャンペーンをチェックして光回線の契約先を探している方に向けて、キャンペーンの選び方や注意点などについて解説していきます。

この記事で分かること
・光回線を選ぶポイント
・おすすめの安い光回線
・おすすめの安い光回線の特徴
↓当サイトおすすめ光回線キャンペーン3選↓
 1番お得なキャンペーン窓口キャッシュバック金額適用条件申請方法受け取り時期
NURO光
NURO光 ロゴ
公式サイト45,000円無条件メール6か月後
auひかり
auひかり ロゴ
NNコミュニケーションズ76,000円光電話の契約電話5か月後
コミュファ光
コミュファ光 ロゴ
NNコミュニケーションズ35,000円無条件電話2か月後
 
  1. 光回線の主な申し込み窓口は4つ
    1. 光回線各社の公式サイト
    2. ネットの販売代理店
    3. 家電量販店
    4. 訪問や電話
  2. 光回線のキャッシュバックは「ネットの販売代理店」がお得
  3. 光回線のキャッシュバックを選ぶポイント7つ
    1. まずは契約したい光回線の提供エリアを確認する
    2. 光回線各社の公式キャッシュバック金額を比較する
    3. 最もキャッシュバックがお得な申し込み窓口を確認する
    4. キャッシュバックの適用条件を確認する
    5. キャッシュバックの申請方法を確認する
    6. 代理店特典に光回線の公式特典が含まれていないかを確認する
    7. 代理店から申し込む際は、事前に口コミを確認する
  4. 光回線のキャッシュバックに関する注意点3つ
    1. キャッシュバックの受け取り時期は、契約する光回線や代理店で異なる
    2. キャッシュバックの申請方法が複雑でわかりづらい窓口もある
    3. 一定期間利用しないと、キャッシュバックの適用外になる場合がある
  5. キャッシュバックがお得な光回線10社比較
  6. キャッシュバックがお得な光回線10社の特徴を解説
    1. NURO光:比較的早く公式から多額のキャッシュバックがもらえる
    2. auひかり:代理店契約で最も高額なキャッシュバックがもらえる
    3. コミュファ光:電力会社系の中で唯一代理店契約でキャッシュバックがもらえる
    4. ソフトバンク光:キャッシュバック率100%の代理店でキャッシュバックがもらえる
    5. eo光:契約してすぐに10,000円分のキャッシュバックがもらえる
    6. BIGLOBE光:キャッシュバック込みで76,400円もの特典がもらえる
    7. So-net光 プラス:2回にわけて高額キャッシュバックがもらえる
    8. OCN光:プロバイダ料金込みで毎月4,000円以内で使える
    9. fon光:高速通信がお得な月額料金で使える
  7. 光回線のキャッシュバックに関するよくある質問
    1. 新規申し込みと乗り換えで、キャッシュバック金額は違う?
    2. キャッシュバックは申請を忘れたらもらえない?
  8. まとめ:最もキャッシュバックがお得な光回線は「auひかり」

光回線の主な申し込み窓口は4つ

キャッシュバック 2

光回線のキャッシュバックについて、どの窓口で契約するのかによってもらえるキャンペーンが異なります。そのため、まずは光回線の主な申し込み窓口を押さえておくことが大事です。

光回線の申し込み窓口として、主に以下の4つがあげられます。

1つずつみていきます。

光回線各社の公式サイト

一番最初に思いつく光回線の申し込み窓口として、光回線各社の公式サイトがあげられます。

ただ、光回線のキャンペーンとしてキャッシュバックをイメージする方が多いと思われますが、意外と公式からキャッシュバックキャンペーンを提供してくれるところは少ないです。まずはその意識を間違えないようにしてください。

また、光回線各社の公式サイトで扱っているキャッシュバックキャンペーンはややお得さに欠けます。 契約しやすくて安全なのは光回線各社の公式サイトですが、他の申し込み窓口よりもらえる金額が少ない場合が多いということを理解しておきましょう。

ネットの販売代理店

最ももらえるキャッシュバック金額が大きくなるのがネットの販売代理店です。

光回線各社の公式サイトでなら1、2万円しかもらえないところでも、代理店で契約すれば5、6万円以上もらえるところも少なくありません。光回線各社の公式サイトでは店舗を設けているケースが多く、契約先の窓口を増やしています。その関係で設備費や人件費などが高くつくケースが多いです。

一方で、ネットの販売代理店は店舗などの窓口を用意しておらず、完全オンラインのみでの受付となっています。そのため、店舗運営などに関する費用がかからない分、キャンペーンにコストを割くことができています。

ただ、1つの光回線サービスにいくつもの代理店が存在しているため契約先が選びにくいです。

また、キャンペーン適用にオプション加入が必須となったり、悪質な勧誘を受けたりするところも少なくありません。 口コミ情報などを通じて、しっかりした代理店を選ぶことが大事になってきます。

家電量販店

家電量販店でも独自のキャンペーンを実施しているところもあります。

たとえば、ヨドバシカメラなどの店舗に出かけた際に、光回線サービス専用のカウンターなどを見たことがあるという方もいるかもしれません。そういったカウンターでの申し込みだと、スタッフがいるため、気軽に相談して契約プランを選びやすいというメリットがあります。

ただ、家電量販店でもらえるキャッシュバックは、その現金ではなくその店舗でしか使えない商品券などであるケースも多いです。そうなると利用用途が限られてしまいます。

もし家電量販店での買い物が少ないという方は、他の窓口での契約が望ましいです。

訪問や電話

あまりこの窓口で契約するというケースは見られませんが、光回線契約の訪問や電話などによる営業もあります。 特別この方法で契約がかなりお得になるわけではなく、キャッシュバックの金額は公式サイトによる契約とさほど変わらない程度です。

しかし、言葉巧みにお得であることをアピールしてきます。 基本的にしっかりした事業者が訪問や電話での営業を行うことはありません。

もし訪問や電話などの営業を持ちかけられた際には、詐欺を疑ってこの方法で契約を進めないようにしましょう。

光回線のキャッシュバックは「ネットの販売代理店」がお得

キャッシュバック 3

キャッシュバックの受け取り可能な窓口を紹介しました。

しかし、その中でもキャッシュバックのお得さだけで言えば「ネットの販売代理店」での契約がおすすめです。 ネットの販売代理店のキャッシュバック額が大きくなる理由は先ほど述べた通りで、他の窓口より何倍もお得な金額がもらえます。

もしお得なキャッシュバックを獲得して契約を進めたい方は、ネットの販売代理店を視野に入れてみてください。

光回線のキャッシュバックを選ぶポイント7つ

キャッシュバック 4

光回線のキャッシュバックの窓口について説明しました。そこで説明した内容も踏まえて光回線のキャッシュバックのお得な選び方について解説していきます。

光回線のキャッシュバックを選ぶポイントは以下の7つがあげられます。

1つずつみていきます。

まずは契約したい光回線の提供エリアを確認する

まずは契約したい光回線の提供エリアを確認しておいたほうがよいです。

キャッシュバックがお得な契約先であっても、契約できるエリアが限定的で、自分が住んでいるエリアでは契約できないというケースもあります。 たとえば、光回線の中には電力会社系の光回線サービスがあり、電力会社が対応しているエリアでしか契約できない場合があります。

フレッツ光などだと全国的にサービスを提供しています。しかし、そうでない回線だと一部対応していないエリアがあるケースもあるため、念のために契約したい光回線の提供エリアを確認しておきましょう。

光回線各社の公式キャッシュバック金額を比較する

光回線のキャッシュバック金額についてみていく前に、先に光回線各社の公式のキャッシュバック金額を比較して見てください。

この段階で光回線のどのサービスを契約するかを検討してください。 それから、同じサービスをどの窓口で契約するのがお得なのかを比較していくという流れが望ましいです。

キャッシュバック金額を比較せずに契約先を選んでしまうと、あとになって本当は自分にもっとよりよい条件の契約先があったという機会損失につながってしまいます。

もし理想的なサービスがすぐに見つかったとしても、よりよい条件の契約先が他にないか探してみてください。

最もキャッシュバックがお得な申し込み窓口を確認する

先ほど軽く触れましたが、最もキャッシュバックがお得な申し込み窓口がどこか確認しておきましょう。

ネットの販売代理店が最もお得な申し込み窓口であるケースが多いと説明しましたが、必ずしもそうであるとは限りません。念のため契約を検討している光回線サービスがどの窓口で契約すれば最もキャッシュバックがお得なのかチェックしてみてください。

申し込み窓口の種類別の比較だけでなく、ネットの販売代理店にもいくつか店舗があるため、それらの比較もしっかり行うことが大事です。

キャッシュバックの適用条件を確認する

キャッシュバックには適用条件があります。

たとえば、一定期間光回線サービスの利用を継続して使ったり、課金オプションに加入したりするものが適用条件としてよく見られています。光回線サービスを契約すればすぐにキャッシュバックが適用されるものも多いです。

しかし、適用させるのに少し代償が必要なケースも少なくありません。 特にキャッシュバック金額が大きいと、もらえるようになるまでに時間がかかったり、課金を求められるケースが多い傾向にあります。

キャッシュバックの金額だけ見て契約先を選ばず、キャッシュバックの適用条件をよく確認して契約先を選んでください。

キャッシュバックの申請方法を確認する

キャッシュバックは勝手に適用されるものとは限りません。キャッシュバックの申請が必要となります。

たとえば、契約から半年後にキャッシュバックがもらえる仕組みの契約先である場合、登録したメールアドレスに契約から5ヵ月目に申請メールが届きます。それから1ヶ月以内に必要事項を入力して送信すれば、ちょうど半年のタイミングで登録した口座にキャッシュバックが振り込まれます。

この申請方法はあくまでも1つの例であるため、契約先ごとに事前にキャッシュバックの申請方法を確認しておいてください。

代理店特典に光回線の公式特典が含まれていないかを確認する

代理店特典に光回線の公式特典が含まれているケースも少なくありません。

たとえば、SoftBank光を提供しているとある代理店では、公式特典である工事費無料キャンペーンと代理店特典の最大35,000円キャッシュバックキャンペーンを提供しています。そういった形で代理店で契約した場合に公式特典が混ざっている可能性もあります。

公式特典の全てが含まれているとは限りませんが、公式特典の必要な部分だけが代理店契約でも適用されるなら、代理店で契約したほうがお得です。 代理店で契約する場合には、契約先の特典の内訳をチェックしておきましょう。

代理店から申し込む際は、事前に口コミを確認する

先ほども触れましたが、代理店はしっかりとしているところもあれば、悪質な行為を働くようなところもあります。そして、それは実際に契約して利用してみないと表面上ではわかりません。

そのため、代理店での申し込みを進める際は、特に事前に口コミ情報を確認しておいたほうがよいです。 口コミ情報は実際に利用しているユーザーからの意見が多く、信憑性の高いものが多いです。

契約してから失敗しないように、その情報を確認しておきましょう。

光回線のキャッシュバックに関する注意点3つ

キャッシュバック 5

光回線のキャッシュバックについていくつか注意する必要があります。それが以下の3つです。

1つずつみていきます。

キャッシュバックの受け取り時期は、契約する光回線や代理店で異なる

キャッシュバックの受け取り時期は、契約する光回線や代理店によって異なります。契約して条件を満たせばすぐにもらえるところもあれば、長くて1年も先になってようやくもらえるところがあります。

いつもらえるのか確認しないまま契約を進めてしまうと、結局キャッシュバックの存在を忘れてしまうということもあります。その結果、別の契約先で契約しておいたほうがお得だったということにもなりかねません。

実際、キャッシュバック受け取り期間が長いところだと、キャッシュバックが受け取れないという方が半数近くいるという光回線サービスも少なくありません。

キャッシュバックの受け取り期間はどの契約先も確認しておきましょう。

キャッシュバックの申請方法が複雑でわかりづらい窓口もある

キャッシュバックの申請方法についてもチェックしておいたほうがよいです。契約先によってキャッシュバックの申請方法が複雑でわかりづらい窓口もあります。

せっかくもらえるキャッシュバックはしっかりもらいたいところですが、申請方法が複雑だからキャッシュバックの申請を諦めてしまうことも少なくありません。

そのため、あまりキャッシュバックの申請方法が複雑なところで契約を進めないほうが得策と言えるでしょう。

事前にキャッシュバックの申請方法をチェックし、複雑かどうかを確認しておいてください。

一定期間利用しないと、キャッシュバックの適用外になる場合がある

先ほどキャッシュバックの適用期間が異なることを説明しましたが、一定期間利用しないと、キャッシュバックの適用外になる場合があります。

たとえば、1年後にもらえるようなキャッシュバックなのに、1日サービスを利用するだけでキャッシュバックがもらえてしまうとサービス提供側は大きく損してしまいます。そういったケースを防止する目的で最低利用期間が設けられています。

ャッシュバックがもらえるからといって早々にサービスを解約しないように注意してください。

キャッシュバックがお得な光回線10社比較

キャッシュバック 6

ここまで光回線のキャッシュバックについてみていきました。そこでの内容を踏まえ、キャッシュバックがお得な光回線と一番お得なキャンペーン窓口についてみていきます。

キャッシュバックがお得な光回線として以下の10社があげられます。

これらの光回線サービスのキャッシュバックについて以下の表にまとめました。

 1番お得なキャンペーン窓口キャッシュバック金額適用条件申請方法受け取り時期
NURO光
NURO光 ロゴ
公式サイト45,000円無条件メール6か月後
auひかり
auひかり ロゴ
NNコミュニケーションズ76,000円光電話の契約電話5か月後
コミュファ光
コミュファ光 ロゴ
NNコミュニケーションズ35,000円無条件電話2か月後
ソフトバンク光
ソフトバンク光 ロゴ
エヌズカンパニー37,000円無条件電話2か月後
eo光
eo光
公式サイト10,000円無条件申請不要1か月後
BIGLOBE光
BIGLOBE 光 ロゴ
公式サイト40,000円無条件メール12か月後
So-net光 プラス 
So-net光プラス
公式サイト60,000円無条件メール3か月後,15か月後
OCN光
ocn光 ロゴ
公式サイトなし
fon光
fon 光 ロゴ
公式サイトなし

 

 

キャッシュバックがお得な光回線10社の特徴を解説

キャッシュバック 7

キャッシュバックがお得な光回線についてまとめました。

その内容を基に、それぞれの光回線サービスの特徴についてまとめていきます。

NURO光:比較的早く公式から多額のキャッシュバックがもらえる

NURO光

NURO光は比較的早く公式から多額のキャッシュバックがもらえる光回線サービスです。

基本的に公式より代理店での契約のほうがキャッシュバック金額が高い場合が多いです。しかし、NURO光は公式からのキャンペーンにもかかわらず45,000円ももらえます。

また、本来なら45,000円もの金額がもらえるとなると、1年くらい先にならないともらえないのが一般的です。ただ、NURO光なら半年待てばそれだけの金額がもらえます。

たいていの方は知ってるかもしれませんが、NURO光は通信速度の速さが業界一速いと言われています。その点も踏まえると、ほとんど文句のない光回線サービスと言えるでしょう。

 

auひかり:代理店契約で最も高額なキャッシュバックがもらえる

auひかり

auひかりはNNコミュニケーションズという代理店での契約で最大76,000円もの高額なキャッシュバックがもらえます。

ただ、このキャッシュバックには以下の適用条件が設けられています。

NNコミュニケーションズのキャッシュバック条件
・ネットと光電話の両方の申し込み
・プロバイダをSo-net、BIGLOBE、@niftyのいずれかで契約すること

ネットと光電話の両方に申し込み、かつ指定されたプロバイダで契約した場合に76,000円もらえます。

ちなみに、ネットだけの申し込みの場合は金額が60,000円となります。その点を踏まえ、光電話の契約をどうするか考えてみてください。

コミュファ光:電力会社系の中で唯一代理店契約でキャッシュバックがもらえる

コミュファ光

コミュファ光は電力会社系の光回線サービスの中で唯一代理店契約ができ、かつキャッシュバックがもらえる光回線サービスです。

電力会社系の光回線サービスはその地域の電力会社に根付いたサービスで、公式のみの受付となっているのが一般的です。しかし、コミュファ光ではいくつかの代理店でもサービスが提供されています。

その中でも、auひかりと同じNNコミュニケーションズでコミュファ光を契約すると、マンションで35,000円、戸建てで30,000円がもらえます。

特別複雑な条件はなく、2ヵ月後には受け取れるため、コミュファ光を契約する際には、気軽にNNコミュニケーションズで契約を進めてみてください。

ソフトバンク光:キャッシュバック率100%の代理店でキャッシュバックがもらえる

ソフトバンク光

ソフトバンク光はキャッシュバック率100%の代理店でキャッシュバックがもらうことが可能です。

エヌズカンパニーという代理店で契約することで最大37,000円がもらえます。契約して2ヵ月ほど利用し続けていれば問題なくキャッシュバックがもらえます。

実際、エヌズカンパニーの発表によるとキャッシュバックが受け取れなかったという方はかつていなかったというほどのようです。

もしキャッシュバックが受け取れるかどうか心配だという方は、エヌズカンパニーでソフトバンク光の契約を視野に入れてみましょう。

eo光:契約してすぐに10,000円分のキャッシュバックがもらえる

eo光 ロゴ

eo光は公式からの特典で契約してすぐに10,000円分のキャッシュバックがもらえます。

適用条件も特別難しくなく、eo光ネットの「ホームタイプ」あるいは「メゾンタイプ」のいずれかの開通から1か月後にすぐに適用されます。

契約してすぐにキャッシュバックが適用されるところはあまり多くありません。さらに、eo光は電力会社系の光回線サービスで通信速度が速く、かつ業界の中でも月額料金が安いサービスとしても名高いです。

関西エリアでしか契約できませんが、関西に住んでいる方は視野に入れてみてください。

ただ、eo光でもらえるキャッシュバックは現金ではなく商品券です。そのため、利用用途がかなり限定されてしまいます。その点を理解した上でeo光で構わないか考えてみましょう。

BIGLOBE光:キャッシュバック込みで76,400円もの特典がもらえる

BIGLOBE 光

BIGLOBE光はキャッシュバックも込みで76,400円もの特典がもらえます。

キャッシュバックだけで40,000円がもらえ、今だと10,000円が増額されます。それに加え、新規工事費割引と無線LANルーター割引で、計76,400円もお得になります。

ただ、BIGLOBE光のキャッシュバックはすぐにもらえるわけではありません。他の契約先では数ヶ月や半年でもらえますが、BIGLOBE光の場合は1年も先になってしまいます。

そのため、キャッシュバックの受け取り期間のことを忘れないようにして、きちんとキャッシュバックを受け取るようにしてください。

So-net光 プラス:2回にわけて高額キャッシュバックがもらえる

So-net光プラス ロゴ

So-net光 プラスのキャッシュバックは2回に分けて3万円ずつもらえます。

1回目はサービス利用開始から3か月後、2回目はサービス利用開始から15か月後にもらえる流れとなります。2回目のキャッシュバックがもらえる時期がかなり先になってしまうため、NNコミュニケーションズを通じたauひかりほどよい条件とは言えないでしょう。

ただ、公式でここまで大々的なキャンペーンを提供してくれるところはありません。公式からもらえるキャンペーンなら代理店よりも安心できますね。

OCN光:プロバイダ料金込みで毎月4,000円以内で使える

ocn光

OCN光は現在キャッシュバックを実施していない光回線サービスとなっています。しかし、OCN光はプロバイダ料金込みで毎月4,000円以内で使えます。

たいていの場合、光回線サービスの月額料金は6,000円以上かかることも少なくありません。ですが、OCN光はそれよりもずっと安い料金で使えるため、キャッシュバックがなくても十分にお得に使えます。

実際、キャッシュバックは一時的に見ればお得になりますが、月額料金の安さはサービスを利用し続ける限り適用されます。そのため、月額料金の安さのほうがお得になる場合もよくあります。

とにかく光回線サービスの料金が安くなればいいという方は、月額料金の安い光回線サービスにも目を向けてみてください。

 

 

fon光:高速通信がお得な月額料金で使える

fon 光

fon光もOCN光と同じであまりしっかりしたキャッシュバックキャンペーンは実施していません。しかし、高速通信がかなり安い月額料金で利用可能です。

fon光はNURO光の回線を借りる形でサービスを提供しているため、NURO光と遜色ない通信速度でインターネットが利用できます。通信速度の速さと料金のお得さは特に重視されやすい項目であるため、それを満たすfon光は誰にでもおすすめできます。

ちなみに、fon光は最近になってAmazonギフト券3,000円のプレゼントキャンペーンを実施しています。ちょっとした金額ではありますが、普段からAmazonを利用している方はなるべく受け取るようにしましょう。

 

光回線のキャッシュバックに関するよくある質問

キャッシュバック 8

光回線のキャッシュバックだけとっても、窓口や申請方法がいくつも存在するため、やや複雑な仕組みとなっています。そのため、光回線のキャッシュバックについてさまざまな質問がインターネット上に飛び交っています。

その中でも特に質問されることの多かった以下の質問について回答していきます。

1つずつみていきます。        

新規申し込みと乗り換えで、キャッシュバック金額は違う?

新規申し込みと乗り換えでもらえるキャッシュバックを比較すると、新規申し込みのほうがキャッシュバック金額がお得な場合が多いです。

乗り換えでもキャッシュバックをもらえるところもありますが、2、3万円程度が限度であるように見受けられます。しかし、新規申し込みなら先ほど見たように6、7万円ももらえるところも少なくありません。

もし大きな金額のキャッシュバックをもらいたいなら、新規申し込みでの契約がおすすめです。

ただ、無理に新規申し込みをしようとすると、それまで使っていた光回線サービスの解約時に発生する違約金が取られてしまいます。その違約金分を差し引くと、せっかく新規申し込みでもらった高額キャッシュバックが無駄になってしまうこともあります。

違約金とキャッシュバック金額の両方を踏まえて契約先と契約方法を考えてみてください。

キャッシュバックは申請を忘れたらもらえない?

キャッシュバックは申請し忘れてしまうともらえなくなってしまいます。

契約すると同時に自然と適用されるものならともかく、きちんと申請する必要のあるものの場合、キャッシュバック申請の期限があります。その期限内に申請が行われないとキャッシュバックを受け取る権利を失ってしまいます。

気付いていてもうっかり忘れをしてしまう場合もあるため、キャッシュバックの申請が可能となったら、早めに申請を済ませておいたほうがよいです。

まとめ:最もキャッシュバックがお得な光回線は「auひかり」

キャッシュバックがお得な光回線についてみていきましたが、今回紹介した光回線の中でも、特に「auひかり」がおすすめです。

auひかりはNNコミュニケーションズという代理店で契約することで、最大76,000円ものキャッシュバックがサービス利用開始から5か月後に受け取れます。他の光回線や代理店だと、このキャッシュバックより安い金額が1年も先になってようやく受け取れるということも多いです。

ただ、光電話の契約や契約先のプロバイダが適用条件となっています。その点を忘れないようにしてください。

NNコミュニケーションズだけに限らず、光回線の契約をすれば勝手にキャッシュバックが適用されるわけではないところも多いです。キャッシュバックの内容はもちろん、適用条件や配布時期などを確認した上で契約先を選ぶようにしましょう。