光回線

人気の高い7社のプロバイダを徹底比較|分野ごとのおすすめも紹介

インターネットサービスを利用するには、プロバイダと契約する必要があります。

では、プロバイダとは一体なんでしょうか?

また、おすすめのプロバイダはどこなんでしょうか?

今回は、プロバイダの定義と概念・選ぶポイント・プロバイダと契約する注意点を解説して、おすすめのプロバイダを紹介します。

この記事を参考にして、自分に合ったプロバイダを見つけてください。

Softbank光

NURO光

auひかり

月額料金※東日本エリア
5,170円(5年自動更新プラン(TV)/5,720円(2年自動更新プラン)/6,380円(5年自動更新プラン(TV)/6,930円(2年自動更新プラン)/4,290円~6,160円(ファミリー・ライト2年自動更新プラン)※西日本エリア
6,380円(5年自動更新プラン(TV))/6,930円(2年自動更新プラン)/4,290円~6,160円ファミリー・ライト2年自動更新プラン)
・5,200円(戸建て・マンションミニプラン)
・2,090円〜2,750円(マンションタイプ)
・6,160円(auひかりホームプラン)
・4,730円(auひかりマンション)
2年間の合計実質料金113,916円〜164,076円・128,100円(戸建て・マンションミニプラン)
・53,460円〜69,300円(マンションタイプ)
・151,140円(auひかりホームプラン)
・116,800円(auひかりマンション)
提供エリア※東日本提供エリア
【北海道エリア】
北海道
【東北エリア】
宮城県、岩手県、青森県、山形県、秋田県、福島県
【甲信越エリア】
山梨県、長野県、新潟県
【関東エリア】
栃木県、千葉県、群馬県、茨城、埼玉県、東京、神奈川県※西日本提供エリア
【北陸エリア】
石川県、富山県、福井県
【東海エリア】
静岡県、福井県、石川県
【近畿関西エリア】
奈良県、兵庫県、三重県、和歌山県、大阪府、京都府、滋賀県
【中国エリア】
広島県、山口県、岡山県、島根県、鳥取県
【四国エリア】
徳島県、愛媛県、香川県、高知県
【九州エリア】
佐賀県、長崎県、福岡県、宮崎県、大分県、鹿児島県、熊本県
【沖縄エリア】
沖縄
【北海道エリア】
北海道
【関東エリア】
栃木県、千葉県、群馬県、茨城、埼玉県、東京、神奈川県
【東海エリア】
三重県、岐阜県、静岡県、愛知県
【関西エリア】
兵庫県、大阪府、京都府、滋賀県、奈良県
【中国エリア】
広島県、岡山県
【九州エリア】
福岡県、佐賀県
※ホームタイプ提供エリア
【北海道エリア
北海道
【東北エリア】
宮城県、岩手県、青森県、山形県、秋田県、福島県
【関東エリア】
栃木県、千葉県、群馬県、茨城、埼玉県、東京、神奈川県
【信越エリア】
新潟県、長野県
【中部エリア】
山梨県
【北陸エリア】
富山県、福井県、石川県
【中国エリア】
鳥取県、岡山県、島根県、広島県、山口県
【四国エリア】
香川県、徳島県、愛媛県、高知県
【九州】
福岡県、大分県、佐賀県、宮崎県、熊本県、長崎県、鹿児島県
【この記事でわかること】
・プロバイダの定義や概要
・プロバイダ7社比較や条件ごとのおすすめプロバイダ3社
・プロバイダの選び方と契約をする時の注意点

当サイトおすすめの光回線はこちら

  1. プロバイダを比較する前に|定義や概要を再確認
    1. プロバイダとは?
    2. プロバイダと回線事業者の違い
    3. 光回線のプランには「プロバイダ選択型」と「一体型」の2種類!違いとは?
  2. プロバイダの比較ポイントは?選ぶときのコツを5つ伝授
    1. 実質料金の差額
    2. 通信速度の実測値
    3. キャンペーン特典の充実度
    4. スマホとのセット割の有無
    5. 提供エリアの広さ
  3. 人気の高いプロバイダ(光回線)7社を徹底比較|おすすめはどれ?
    1. Softbank光:通信回線が安定している
    2. NURO光:マンションプランは他社よりも安い!
    3. auひかり:回線が混雑しにくい
    4. コミュファ光:東海地方と長野県に住んでいる人限定の光回線
    5. So-net光 プラス:全国で利用が可能!
    6. ニフティ光:スマホがauだと割引が可能
    7. Fon光:高速通信が利用可能
  4. 7社のプロバイダ(光回線)を徹底比較|条件ごとの最上位を3社紹介
    1. 【最速の実測値】Fon光
    2. 【戸建てプラン最安】Fon光
    3. 【マンションプラン最安】:NURO光
  5. プロバイダを契約するときの注意点
    1. マンションプランの開通工事は大家の許可が必要
    2. 光回線は開通までに時間が数ヶ月かかる場合がある
    3. 他社から乗り換える場合は解約違約金が発生する
  6. プロバイダの比較に関するよくある質問は?
    1. プロバイダを乗り換えるときは解約金がかかる?
    2. プロバイダを乗り換えるタイミングはいつがベスト?
    3. ドコモ光のおすすめプロバイダはどこ?
  7. まとめ:プロバイダ選びは比較ポイントを理解することが大切

プロバイダを比較する前に|定義や概要を再確認

プロバイダを比較する前にもう一度プロバイダの定義や概念を理解しておきましょう。

下記でプロバイダの定義や概念3つを詳しく紹介します。

プロバイダとは?

プロバイダとは、正式名称は、「インターネット・サービス・プロバイダー(ISP)」で、インターネットを接続するサービスを提供する事業者のことです。

プロバイダと回線事業者をよく同じと思われる方が多いですが違います。

下記でプロバイダと回線事業者の違いを解説します。

プロバイダと回線事業者の違い

プロバイダと回線事業者の違いは、そもそも提供しているサービスが違うことです。

プロバイダは上記でも説明しましたが、インターネットを接続するサービスを提供している事業者のことで、回線事業者は、インターネットを接続するための回線を提供している事業者のことを言います。

また、回線事業者はインターネットサービスを提供しておらず、プロバイダは回線接続を提供していないため、どちらか一つだけを契約してもインターネットを利用することができません。

したがって、インターネットを利用するには、インターネットサービスと回線接続を契約する必要があります。

光回線のプランには「プロバイダ選択型」と「一体型」の2種類!違いとは?

コミュファ光と呼ばれる光回線には、プランの種類が大きく分けて『プロバイダ選択型』と『一体型』の2つがあります。

プロバイダ選択型とは、回線事業者はコミファで契約をして、プロバイダは他社で契約するプランのことで、一体型とは、回線設備もプロバイダもすべてコミュファで提供するサービスです。

また、回線設備もプロバイダもすべてコミュファで契約することによって、プロバイダ料を別で支払わなくていいため、プロバイダ選択型よりも月額料金が安くなります。

当サイトおすすめの光回線はこちら

プロバイダの比較ポイントは?選ぶときのコツを5つ伝授

おすすめ

インターネットサービスを行う上でプロバイダの存在はとても大切なサービスだということはわかっていただけたと思います。

では、プロバイダを選ぶコツはどのようなことでしょうか?

それは、『実質料金の差額』や『通信速度の実測値』・「最大〇〇円キャッシュバックキャンペーンやスマホとのセット割などのお得なキャンペーンが充実している」などです。

次は、プロバイダの比較ポイントや選ぶコツを詳しく解説します。

実質料金の差額

プロバイダを選ぶコツとしては、実質料金の差額から選ぶのもいいでしょう。

なぜなら、プロバイダサービスは、多くの企業が提供しているため、様々な料金設定があるからです。

例えば、月額料金は他社と比較したら高いですが、キャンペーンやサービスを適用することによって、月額料金が安いプロバイダよりも実際支払う金額では、月額料金が高いプロバイダの方が安くなることがあります。

そのため、実質料金での差額で選ばれると、実際の金額が安く、出費をおさえるこことができるでしょう。

通信速度の実測値

プロバイダを選ぶコツとしては、通信速度の実測値の数値で選ぶのもいいです。

なぜなら、通信速度の実測値が本来の実際に利用した時の速さだからです。

また、実測値は、環境や時間帯で違います。

そのため、様々なデータを集めた実測値の平均から選ばれるといいでしょう。

キャンペーン特典の充実度

プロバイダサービスを行なっている会社は多く存在します。

そのため、自社のオリジナル性を出すために、価格競争だけではなく、独自のお得なキャンペーンや特典を用意しています。

したがって、プロバイダ選びには、キャンペーンや特典の充実度もチェックしましょう。

スマホとのセット割の有無

お得なキャンペーンには、『スマホとのセット割』と呼ばれる特典が用意されていることがあります。

スマホとのセット割とは、プロバイダと一緒のスマホを契約すると、契約している間ずっとスマホの月額料金から毎月550から1,100円程度割引をされるサービスもことです。

もし、24ヶ月スマホとのセット割を契約すると26,400円割引されます。

そのため、スマホのセット割が「適用しているか」「していないか」もプロバイダの選ぶポイントになります。

提供エリアの広さ

プロバイダと契約する回線事業者によって、提供エリアの広さが違います。

もし、自分が利用したい提供エリア外であればインターネットサービスを利用することができません。

そのため、提供エリアの広さを確認する必要があります。

提供エリアを確認したい場合は、自分の契約をしたい回線事業者の公式サイトから提供エリアの確認を行なってください。

当サイトおすすめの光回線はこちら

人気の高いプロバイダ(光回線)7社を徹底比較|おすすめはどれ?

質問

選ぶポイントはおさえてもらえたと思います。

では、おすすめのプロバイダは、どこでしょうか?

次は、おすすめのプロバイダ7社を徹底的に比較してご紹介します。

Softbank光

 

NURO光

 

auひかり

コミュファ光

コミュファ光 ロゴ

So-net光 プラス

ニフティ光

Fon光

月額料金※東日本エリア
5,170円(5年自動更新プラン(TV)/5,720円(2年自動更新プラン)/6,380円(5年自動更新プラン(TV)/6,930円(2年自動更新プラン)/4,290円~6,160円(ファミリー・ライト2年自動更新プラン)※西日本エリア
6,380円(5年自動更新プラン(TV))/6,930円(2年自動更新プラン)/4,290円~6,160円ファミリー・ライト2年自動更新プラン)
・5,200円(戸建て・マンションミニプラン)
・2,090円〜2,750円(マンションタイプ)
・6,160円(auひかりホームプラン)
・4,730円(auひかりマンション)
※戸建てプラン
・3,980円(初月から12カ月目)
・5,215円(13ヶ月目以降)※マンションプラン
・3,380円(初月から12ヶ月目)
・4,000円(13ヶ月以降)
・5,580円(戸建てタイプ)
・4,480円(マンションタイプ)
・5,720円(ホームタイプ)
・4,378円(マンションタイプ)
・4,378円(戸建て・マンション共通プラン)
2年間の合計実質料金113,916円〜164,076円・128,100円(戸建て・マンションミニプラン)
・53,460円〜69,300円(マンションタイプ)
・151,140円(auひかりホームプラン)
・116,800円(auひかりマンション)
・132,740円(戸建てプラン)
・93,411円(マンションプラン)
・133,920円(戸建てタイプ)
・110,702円(マンションタイプ)
・14,580円(ホームタイプ)
・98,820円(マンションタイプ)
・108,372円
提供エリア※東日本提供エリア
【北海道エリア】
北海道
【東北エリア】
宮城県、岩手県、青森県、山形県、秋田県、福島県
【甲信越エリア】
山梨県、長野県、新潟県
【関東エリア】
栃木県、千葉県、群馬県、茨城、埼玉県、東京、神奈川県※西日本提供エリア
【北陸エリア】
石川県、富山県、福井県
【東海エリア】
静岡県、福井県、石川県
【近畿関西エリア】
奈良県、兵庫県、三重県、和歌山県、大阪府、京都府、滋賀県
【中国エリア】
広島県、山口県、岡山県、島根県、鳥取県
【四国エリア】
徳島県、愛媛県、香川県、高知県
【九州エリア】
佐賀県、長崎県、福岡県、宮崎県、大分県、鹿児島県、熊本県
【沖縄エリア】
沖縄
【北海道エリア】
北海道
【関東エリア】
栃木県、千葉県、群馬県、茨城、埼玉県、東京、神奈川県
【東海エリア】
三重県、岐阜県、静岡県、愛知県
【関西エリア】
兵庫県、大阪府、京都府、滋賀県、奈良県
【中国エリア】
広島県、岡山県
【九州エリア】
福岡県、佐賀県
※ホームタイプ提供エリア
【北海道エリア
北海道
【東北エリア】
宮城県、岩手県、青森県、山形県、秋田県、福島県
【関東エリア】
栃木県、千葉県、群馬県、茨城、埼玉県、東京、神奈川県
【信越エリア】
新潟県、長野県
【中部エリア】
山梨県
【北陸エリア】
富山県、福井県、石川県
【中国エリア】
鳥取県、岡山県、島根県、広島県、山口県
【四国エリア】
香川県、徳島県、愛媛県、高知県
【九州】
福岡県、大分県、佐賀県、宮崎県、熊本県、長崎県、鹿児島県
・愛知県、岐阜県、三重県、静岡県、長野県※東日本提供エリア
【北海道、東北エリア】
北海道、青森県、秋田県、山形県、岩手県、福島県、宮城県
【甲信越エリ】ア
新潟県、長野県、山梨県
【関東エリア】
東京、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県※西日本エリア
【北陸エリア】
富山県、福井県、石川県
【東海エリア】
静岡県、愛知県、三重県、岐阜県
【近畿エリア】
滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県
【中国エリア】
広島県、島根県、鳥取県、岡山県、山口県
【四国エリア】
香川県、徳島県、愛媛県、高知県
【九州、沖縄エリア】
福岡県、宮崎県、熊本県、大分県、佐賀県、長崎県、鹿児島県、沖縄県
※東日本エリア
東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、福島県、北海道※西日本エリア
大阪府、和歌山県、京都府、奈良県、滋賀県、兵庫県、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、広島県、岡山県、香川県、徳島県、福岡県、佐賀県の各一部の地域
【北海道エリア】
北海道
【関東エリア】
栃木県、千葉県、群馬県、茨城、埼玉県、東京、神奈川県
【東海エリア】
三重県、岐阜県、静岡県、愛知県
【関西エリア】
兵庫県、大阪府、京都府、滋賀県、奈良県
【中国エリア】
広島県、岡山県
【九州エリア】
福岡県、佐賀県
通信速度(実測値)・平均ダウンロード速度: 311.51Mbps

平均アップロード速度: 224.93Mbps
平均ダウンロード速度: 508.91Mbps

平均アップロード速度: 469.07Mbps
平均ダウンロード速度: 460.04Mbps

平均アップロード速度: 404.77Mbps
平均ダウンロード速度: 592.25Mbps

平均アップロード速度: 526.77Mbps

平均ダウンロード速度: 264.67Mbps

平均アップロード速度: 237.94Mbps
平均ダウンロード速度: 228.73Mbps

平均アップロード速度: 208.15Mbps
平均ダウンロード速度: 628.88Mbps

平均アップロード速度: 660.06Mbps
キャンペーン【公式】SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン/【公式】おうち割 光セット/【公式】SoftBank 光加入特典/【公式】SoftBank 光乗り換え新規で割引きキャンペーンNURO 光の1年間の月額料金が980円(税込)/ひかりTVのセット割引で1年間月額料金が0〜500円(税込)/NURO でんきセット割引で1年間月額基本料金が0円/NURO 光を月額500円(税込)のワンコインでお試し/特典5. 43,000円(税込)のキャッシュバック/他社サービスの解約金を最大6万円(税込)まで補填初期工事費実質無料キャンペーン/【乗りかえ限定】他社解約違約金分負担キャッシュバック/au・UQモバイルスマホとのセット割/auひかりテレビ2か月無料/【戸建て限定】超高速スタートプログラム/【プロバイダ限定】auルーター→auひかり ピカ得プログラム最大25,000円キャッシュバック/auのスマホ利用料が最大1,100円引き/1年目の月額料金が割引/他社の解約費用を全額還元/工事費含む初期費用が実質無料/Netflixパックや10ギガプランの特典キャッシュバック特典/ネット月額料金 割引特典/So-net v6プラス対応ルーター同時申し込みで月額料金 永年無料/無料訪問設定サポート現金20,000円orニフティポイント20,000P還元キャンペーン3,000円分Amazonギフト券プレゼントキャンペーン開催中/「おうち割」光電話とセットで家族みんなのスマホが永年 毎月最大1,100円おトクに/「501円割引」セット利用で光回線の月額料金がずっと501円(税込)割引
セット割有り有り有り有り有り有り有り

Softbank光:通信回線が安定している

ソフトバンク光

Softbank光の特徴は、IPv6高速ハイブリッドと呼ばれる新しい接続方法を採用しているため、通信回線が安定していることです。

なぜかというと現在、主流になっているIPv4よりもアドレス長は32ビットに対してIPv6は、128ビットと4倍のアドレス長を持っているため、安定した通信回線を提供できるからです。

アドレス帳の数が多いと、通信回線の電波を個々にスムーズに送ることができます。

したがって、IPv6高速ハイブリッドを採用しているSoftbank光は、通信回線が安定しているといえるでしょう。

NURO光:マンションプランは他社よりも安い!

NURO光のマンションプランは、他社と比較をしても安いです。

他社のマンションプランは、月額料金が3,000円を越えますが、NURO光のマンションプランは、契約するマンションがすでにNURO光回線が導入されていた場合、月額料金が2,090円と最安値で契約ができます。

そのため、契約するマンションがすでにNURO光回線が導入されていた場合は、NURO光のマンションプランを選ばれるといいでしょう。

また、最大通信速度が下り2GBで上り1GBなため、理論上では通信速度が速いです。

住んでいる環境や状況にもよって通信速度が変わりますが、NURO光は最大通信速度と比例して実測値も高くなるため、通信速度が速く利用できる可能性が高いでしょう。

auひかり:回線が混雑しにくい

auひかり公式ロゴ

au光の特徴は、回線が混雑をしにくいことです。

なぜなら、au光は、光フレッツや光コラボなどとNTTが運営している光回線ではなく、独自の光回線網を保有してサービスを提供しているからです。

独自の光回線を保有しているため、NTTが運営している光フレッツや光コラボよりもユーザー数が比較的少ないですが、回線が混雑することが少ないです。

他には、『月額費用相当額を月額料金から割引』などのお得なキャンペーンを豊富に用意しているのも特徴です。

コミュファ光:東海地方と長野県に住んでいる人限定の光回線

コミュファ光の特徴は、東海地方と長野県に住んでいる人限定で独自の光回線ということです。

独自回線で提供エリアが限定的なため、全国に提供エリアがある光回線よりも通信回線の混雑が少なく、安定した通信速度で利用することが可能です。

そのため、東海地方と長野県に住んでいる人にはおすすめな光回線といえます。

また、最大10Gbpsの高速インターネットなため、動画やオンラインゲームなどで利用される人には特におすすめです。

So-net光 プラス:全国で利用が可能!

So-net光 プラスの特徴は、全国で光回線が利用可能ということです。

なぜ全国で利用が可能と言えるかというと、NTT回線だからです。

NTT回線は全国に基地局を設置しているため、日本のどこにいてもSo-net光 プラスを利用することができます。

そのため、提供エリアを考えないで利用することができます。

また、『v6プラス』と呼ばれる無料オプションを利用すると高速通信も利用することができます。

ニフティ光:スマホがauだと割引が可能

ニフティ光の特徴は、利用しているスマホがauだとセット割が適用されることです。

ニフティ光の『auスマートバリュー』と呼ばれるサービスを適用するとスマホの月額料金から毎月550円から最大で1,100円の割引が適用されます。

もし、24ヶ月間auスマートバリューを契約していた場合、最大26,400円の割引になります。

そのため、利用しているスマホがauの人には特にニフティ光はおすすめです。

また、『現金20,000円orニフティポイント20,000P還元キャンペーン』などの高額キャッシュバックキャンペーンも用意しているのも特徴です。

Fon光:高速通信が利用可能

FON光公式ロゴ

Fon光の特徴は、高速通信が利用することが可能ということです。

なぜなら、Fon光は、NURO光の回線を使用しているため、最大通信速度が下り2GBで上り1GBだからです。

そのため、最大通信速度は、理論上の数値なのでそこまでは2GBまでの速さには届かないですが、最大通信速度と比例して実測値は高くなるため、最大通信速度が高いFon光は高速通信でインターネットを利用することが可能といえます。

また、スマホがソフトバンクを利用していた場合は、最大1,100円をスマホの月額料金から毎月割引されます。

7社のプロバイダ(光回線)を徹底比較|条件ごとの最上位を3社紹介

おすすめのプロバイダを比較してみるとプランやオプション・サポートなど各社それぞれ特徴や評判がありました。

では、プランやオプションなどの条件をつけた時のおすすめのプロバイダはどこがいいのでしょうか?

下記で、プランやオプションなどの条件ごとにおすすめのプロバイダをご紹介します。

【最速の実測値】Fon光

7社のプロバイダの光回線を比較して最速の実測値だったのは、Fon光でした。

Fon光の実測値は、平均ダウンロード速度: 628.88Mbpsで平均アップロード速度: 660.06Mbpsという数値が出ました。

他社でも500Mbps程度出るところもありましたが、600Mbps以上の実測値が出るのは、Fon光だけです。

そのため、7社のプロバイダの光回線の中で最速の実測値なのは、Fon光です。

【戸建てプラン最安】Fon光

7社のプロバイダの光回線を比較して戸建てプランの最安値はFon光です。

他社の戸建てプランは、2年間の合計実質料金が安くても110,000円以上ですが、Fon光の場合は、100,000円台でした。

そのため、戸建てプランの最安値はFon光です。

【マンションプラン最安】:NURO光

7社のプロバイダの光回線を比較してマンションプラン最安値は、NURO光です。

他社のマンションプランは、月額料金が3,000円を越えますが、NURO光のマンションプランは、契約するマンションがすでにNURO光回線が導入されていた場合、月額料金が2,090円と最安値で契約ができます。

2年間の合計実質料金だと53,460円〜69,300円です。

そして、他社のマンションタイプの2年間の合計実質料金だと安くても90,000円を越えてしまいます。

したがって、他社のマンションタイプの最安値はNURO光です。

当サイトおすすめの光回線はこちら

プロバイダを契約するときの注意点

 

プロバイダを徹底的に比較して、自分に合ったプロバイダが見つかった方もいるでしょう。

見つかった後は、契約をしないとプロバイダのサービスを受けることができません。

次は、プロバイダと契約するときの注意点3つを詳しくご紹介します。

マンションプランの開通工事は大家の許可が必要

マンションプランの開通工事は大家の許可が必要になります。

なぜなら、通信回線の工事は、建物に傷がついたりするからです。

また、傷がつかないとしても、建物に穴を空けるなどの外観に変化が起きるのを嫌がる大家さんもいます。

そのため、マンションはプランの場合は、大家や管理会社に許可が必要になります。

しかし、もともとマンションに契約したい回線の工事がされている場合は、大家さんや管理会社の許可は必要ないです。

光回線は開通までに時間が数ヶ月かかる場合がある

光回線は開通するまでに時間が数ヶ月かかる場合があります。

なぜなら、申し込み者が多い月などは、工事の予約が取れなくなってしまうため、工事開始が遅くなるからです。

通常の時期であれば、2週間から1ヶ月程度で開通工事が行えるのですが、引っ越しなどが多い3月から5月は申込みが多くなります。

そのため、光回線は開通までに時間が数ヶ月かかる場合があるでしょう。

したがって、光回線を契約する場合は、時間にゆとりを持って申し込みをしてください。

他社から乗り換える場合は解約違約金が発生する

他社から乗り換える場合は解約違約金が発生する場合があります。

解約金が発生する場合は、「契約期間の縛りがあるプランを選んでいて契約期間内に解約した時」と「契約が自動更新の契約をしていて、契約更新月以外で解約をしてしまう」などです。

そのため、乗り換えるタイミングを間違えないようにしましょう。

しかし、最近では、他社からの乗り換え時の解約金を負担してもらえるプロバイダもあります。

当サイトおすすめの光回線はこちら

プロバイダの比較に関するよくある質問は?

契約の注意点は理解できたと思います。

では、プロバイダの比較に関するよくある質問は、どのようなことがあるのでしょうか?

下記でプロバイダの比較に関するよくある質問3つを紹介します。

プロバイダを乗り換えるときは解約金がかかる?

プロバイダを乗り換える時は、解約金がかかる場合があります。

解約金がかかる場合は、大きく分けて「契約期間の縛りがある」と「契約の更新月以外で解約をしてしまった時」の2つがあります。

契約期間の縛りとは、サービスを最低利用してもらいたい期間内に解約をしてしまうと解約金がかかってしまいます。

そのため、解約金が支払いたくなければ、最低利用期間内に解約をしないようにしましょう。

そして、契約更新月以外で解約をしてしまって違約金がかかる場合は、契約内容が、ある一定の契約期間を満了したら、解約の手続きをしないと自動更新されてしまう契約だとタイミングが悪いと解約金が発生します。

契約金をかからないようするには、契約更新月と呼ばれる呼ばれる1〜2ヶ月程度の猶予期間内に解約をされると解約金が発生しません。

プロバイダを乗り換えるタイミングはいつがベスト?

プロバイダを乗り換えるタイミングは、やはり解約金が発生しないタイミングがベストです。

なぜなら、乗り換えのタイミングを間違えると解約金と呼ばれる違約金が発生してしまうからです。

そのため、解約金がかからないために、最低利用期間の縛りがある場合は、契約期間内が満了したタイミングで乗り換えて」、契約期間が自動更新される契約をされている場合は、「契約更新月のタイミングで解約をしてください。

ドコモ光のおすすめプロバイダはどこ?

ドコモの光のおすすめのプロバイダは、『GMOとくとくBB』です。

なぜかというと、オプションなしで20,000円キャッシュバックが受け取れて、実測値もドコモ光のプロバイダの中で一番実測値が速いからです。

そのため、ドコモ光のおすすめのプロバイダは、GMOとくとくBBといえるでしょう。

当サイトおすすめの光回線はこちら

まとめ:プロバイダ選びは比較ポイントを理解することが大切

今回は、プロバイダの定義と概念・選ぶポイント・プロバイダと契約する注意点を解説して、おすすめのプロバイダを紹介しました。

プロバイダの戸建タイプやマンションタイプの月額料金・実測値など、各社に様々な特徴がありました。

結果は、プロバイダそれぞれ強みがあるため、自分が利用したいポイントで選ぶのがいいでしょう。

そのため、プロバイダ選びは、比較ポイントを理解することが大切です。

したがって、この記事を参考にしてプロバイダ選びの比較ポイントをおさえて自分に合ったプロバイダを選んでください。

当サイトおすすめの光回線はこちら