光回線 光回線のおすすめ比較

auひかりの料金内訳は?料金を安くできる裏技や他社との違いを解説

大手スマホキャリアが運営するインターネット回線の”auひかり”

快適にインターネットを利用するには月額料金を支払わないといけないため、少しでも安くできたらお財布にも優しいですよね。

とはいえ、月額料金や初期費用などの詳細を全て把握して、契約している方は多くありません。

実際にも

「料金を安くする方法はあるの?」
「他社との料金の差はあるの?」

などといった料金のことに関する疑問を抱えている方が多いのです。

しのまる
しのまる

そこでこの記事では、auひかりの料金の内訳やお得に利用するための方法などをどこよりも詳しく解説していきます。

月額料金や初期費用を抑えることができる裏技情報も掲載しているので、最後まで目を通していただけると幸いです。

【この記事で分かること】
◯料金プランの内訳
◯他社との費用額の違い
◯利用料金を安くするための方法
◯おすすめの代理店
◯申し込みの流れ

   ↓当サイトおすすめの光回線はこちら↓

ソフトバンク光

NURO光

auひかり

月額料金(戸建て&マンション)戸建て:5,170円
マンション:4,180円
・戸建て
契約期間なし:6,100円
2年契約5,700円
3年契約:5,200円・マンション
利用者が4世帯以上2,750円
マンション内に利用者が10世帯以上2,090円
戸建て 1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目以降:5,390円マンション 4,180円
2年間の合計金額戸建て:124,080円
マンション:100,320円
戸建て:146,400円
マンション:66,000円
戸建て:132,130円
マンション:100,320円
3年間の合計金額戸建て:186,120円
マンション:150,480円
戸建て:219,6000円
マンション:99,000円
戸建て:198,130円
マンション:150,480円
詳細ソフトバンク光NURO光auひかり
  1. auひかりの料金プランの内訳|スマートバリューとはなに?
    1. auひかりの戸建てプランの料金内訳
    2. auひかりのマンションプランの料金内訳
    3. auひかりのオプション料金
    4. auひかりの初期費用
  2. auひかりは他社と比べると安い?月額料金や初期費用額の違いを徹底比較
  3. auひかりの料金を安くできる方法がある?対応策は5種類
    1. 不要なオプションを解約する
    2. auスマートバリューを適用する
    3. クレジットカード支払いにする
    4. 【新規契約の人向け】契約縛りのあるプランから申し込む
    5. 【新規契約の人向け】お得なキャンペーンがある窓口から申し込む
  4. auひかりのおすすめ窓口はどこ?代理店からの申し込みがお得
    1. NEXT:キャッシュバック受け取りが最短1ヶ月の窓口
    2. フルコミット:不要なオプション契約をしたくない方におすすめの窓口
    3. グローバルキャスト:キャッシュバックの受け取り条件が厳しい窓口
    4. NNコミュニケーションズ:最も信頼度の高いおすすめの窓口
    5. So-net:実質月額料金が安くなる窓口
  5. 【5ステップ】auひかりに申し込むには?代理店から申し込みたいときはこの流れ
    1. STEP①:専用ページから申し込む
    2. STEP②:工事日程を調整する
    3. STEP③:開通工事をする
    4. STEP④:機器の初期設定をする
    5. STEP⑤:代理店からキャッシュバックを受け取る
  6. auひかりの料金に関するよくある質問は?
    1. auひかりの料金が高くなったと感じたときにやるべきことは?
    2. auひかりの評判や口コミはどんな感じ?
    3. auひかりの料金確認は専用アプリでしかできない?
  7. まとめ:auひかりの料金形態は他社と変わらない|auユーザーにおすすめの光回線

auひかりの料金プランの内訳|スマートバリューとはなに?

auひかりの料金内訳に触れる前に、月額料金を安くするために重要な”auスマートバリュー”について簡単に紹介します。

auスマートバリューとは、auスマホユーザーがauひかりを契約した時、1台につき最大1,100円スマホ代が安くなるといったサービスです。

しのまる
しのまる

4人家族であれば最大4,400円の割引が適用されるのでかなりお得です。

以上の内容を踏まえると、auひかりは家族向けの光回線といえます。

次に掲載してる早見表が、auひかりを契約した際に必要になる費用ですのでご覧下さい。

月額料金戸建て5,100〜6,300円
マンション3,800〜5,000円
オプション料金auひかり電話(550円)
初期費用3,300円
工事費用実質無料
キャンペーンauスマートバリュー永年割引
最大通信速度最大1〜10Gbps
解約違約金11,000円

ここからは、以上の早見表をもとにauひかりの

といった内容について深掘りしていきます。

auひかりの戸建てプランの料金内訳

auひかりの戸建てで利用ができるプランは3つになります。

・ずっとギガ得プラン:3年
・ギガ得プラン:2年
・標準プラン:縛りなし

なかでもギガ得プランが最も人気の高いプランです。

ギガ得プランは5,200円から利用することができ、通信速度も最大1Gbpsもでるので、インターネットをさくさく利用することができます。

〜補足〜
最大通信速度が1Gbpsのコースを紹介しましたが、そのほかにも最大通信速度が5Gbps・10Gbpsといったコースも展開しています。実際には1Gbpsで十分にインターネットを快適に利用することが可能です。

auひかりのマンションプランの料金内訳

auひかりをマンションで利用するためには合計8つのプランから選ぶことになりますが、住んでいる物件によっても利用ができるプランが異なります。

参考までに契約期間が2年の場合の各プランの料金内訳をご覧下さい。

・auひかり マンションタイプG:3,800円
・auひかり マンションタイプV:3,800円
・auひかり マンションタイプ都市機構:3,800円
・auひかり マンションタイプ都市機構G:3,800円
・auひかり マンションタイプE:3,400円
・auひかり マンションタイプF:3,900円
・auひかり マンションタイプギガ:4,050円
・auひかり マンションタイプミニギガ:5,000円

以上からもプランによって月額料金が異なり、合わせて最大通信速度も異なることがわかります。

しのまる
しのまる

最大通信速度が速いのは、auひかりマンションタイプギガ・ミニギガの2つです。

冒頭でもお伝えした通り、auひかりをマンションで利用する場合は、住んでいる物件によって契約プランが異なります。

 

「自宅でどのプランが利用できるのか確認できるの?」

 

どのプランが利用できるのか確認することが可能で、auひかりの公式サイトから簡単に確認することができます。

マンションプランを確認する

auひかりのオプション料金

auひかりの有料オプションは次の6つになります。

・auひかり電話:500円
・auひかりテレビ:500円
・au HOME:490〜980円
・かけつけ設定サポート:2,000円〜
・安心ネットフィルター:190円
・無線LAN機器レンタル:500円〜
以上6つのオプションは、戸建て・マンション問わず契約することが可能です。

auひかりの初期費用

auひかりの初期費用は大きく次の2つにわけられます。

新規登録料

新規登録料とは、契約事務手数料ともいわれ、戸建て・マンションいずれの契約でも必要になる費用になります。

新規登録料は3,000円です。

工事費用

工事費用は戸建て・マンションで異なります。

・戸建て:37,500円
・マンション:30,000円

以上の金額は一見すると高額ですが”初期費用相当額割引”というサービスを利用することで工事費用の支払いは発生しません。

〜初期費用相当額割引とは〜
工事費用を分割払いにすることで、月々必要になる費用の割引を行ってくれるサービスになります。分割払いの途中で解約してしまうと、残りの工事費用を一括で請求されるため注意が必要です。

auひかりは他社と比べると安い?月額料金や初期費用額の違いを徹底比較

結論をお伝えすると、auひかりは他社と月額料金を比較した時、最安値ではありません。

しかし、2年間で必要になる費用を比較すると格安級といえます。

詳しくは、次の表をご覧ください。

auひかりソフトバンク光ドコモ光 フレッツ光
月額料金戸建て5,100〜6,300円4,180円5,720円6,270
マンション3,800〜5,000円4,180円4,400円3,135〜4,235円
総額費用(2年)96,140円102,580円118,580円166,160円
初期費用3,300円3,300円3,300円※0円
オプション料金auひかり電話(550円)電話オプション(110〜550円)ドコモ光電話(550円)光電話(1,650円)
契約期間2年・3年2年・5年2年2年
解約違約金11,000円16,500円8,800〜14,300円10,450円

以上の表では

・ソフトバンク光
・ドコモ光
・フレッツ光

といった3つの光回線とauひかりを比較していますが、その中で最も月額料金が安いのがソフトバンク光になります。

紹介した光回線の中では2番目に安いauひかりが安いのですが、ソフトバンク光と比較すると920円もauひかりが高いです。

とはいえ、auひかりは、2年間利用するときに必要になる費用の合計が96,140円と、紹介した光回線の中では最も安いことがわかります。

2番目に安いソフトバンク光と比較すると、6,440円もauひかりが安いです。

このことから、auひかりは月額料金は最安値ではないが、長期的に契約することで光回線をお得に利用することができます。

auひかりの料金を安くできる方法がある?対応策は5種類

「auひかりで必要になる費用を安くすることはできるの?」

結論をお伝えすると、費用を安くすることは可能です。

費用を抑える方法はさまざまで、契約内容や支払方法などを見直したりすることで、無駄な費用を避けることができます。

そこでここからは、auひかりを利用する上で無駄な費用を抑えるための方法を5つ紹介します。

不要なオプションを解約する

auひかりの料金を安くするために最も重要になるのが”不要なオプションの解約”になります。

オプション自体は1つ500円といったように少額のものが多いのですが、それをいくつも加入する結果、月に余計な費用を支払わなければなりません。

しのまる
しのまる

これを年間にするとかなりの額を支払うことになります。

auひかりと契約した当初は、

「とりあえずオプションに加入して後日解約をしよう」

と考えている方も、実際には解約することを忘れてしまうことが多いので、不要なオプションは必ず解約しましょう。

auスマートバリューを適用する

auひかりを安く利用するためにauスマートバリューに加入しましょう。

auスマートバリューは「auひかりの料金プランの内訳|スマートバリューとはなに?」でお伝えした通り、auスマホを利用している方であれば、1台につき最大1,100円の割引が適用されるサービスになります。

特に、家族1人1人がスマホを持っている家庭だと、スマホ代もかなり高額になることが考えられるので、auスマートバリューを活用し、お得にスマホを利用することがおすすめです。

クレジットカード支払いにする

auひかり安く利用するためには、支払方法をクレジットカードにすることが重要です。

なぜなら、口座振替で支払うと手数料も差し引かれるからです。

手数料は契約するプロバイダによっても異なりますが、220〜440円といった費用が発生します。

一方でクレジットカード払いであれば、手数料は一切かかりません。

さらには、auPAYカードで支払うことで100円につき1ポイントのpontaポイントが付与されるので、よりお得にauひかりを利用することが可能です。

【新規契約の人向け】契約縛りのあるプランから申し込む

新規契約の人におすすめなのが、契約期間に縛りのあるプランを申し込むことになります。

auひかりには

・2年
・3年
・縛りなし

といったプランがありますが、縛りなしのプランは縛りのあるプランと比べ月額料金が割高です。

また、光回線をすぐに乗り換える方は少なく、最低でも2〜3年ほど利用するものですので、契約期間に縛りのあるプランの方が年間を通して安く利用することができます。

【新規契約の人向け】お得なキャンペーンがある窓口から申し込む

新規でauひかりを契約する方は、お得なキャンペーンがある窓口から申し込みましょう。

詳しくは「auひかりのおすすめ窓口はどこ?代理店からの申し込みがお得」でお伝えしていますが、auひかりの窓口によって

・キャンペーン内容
・キャッシュバック額

などといったものが異なります。

特に、auひかりを安く利用したい方は”キャッシュバックは高額なのか”といったポイントをしっかり確認することが重要です。

auひかりのおすすめ窓口はどこ?代理店からの申し込みがお得

auひかりを契約するにあたって窓口選びも重要です。

「窓口で何が違うの?」

auひかりを取り扱っている窓口によって、特典の充実さや月額料金などが大きく異なります。

しのまる
しのまる

窓口を比較して選ぶことで、よりお得にauひかりと契約することが可能です。

次の表は、私がおすすめするauひかりのおすすめ窓口5つになります。

キャンペーン特典実質月額料金キャンペーンの受け取りやすさ特典適用までの期間
戸建てマンション戸建てマンション
NEXT
最大75,000円CB最大75,000円CB3,903円1,777円最短1ヶ月後
フルコミット最大63,000円CB最大63,000円CB4,236円2,068円最短翌月・4ヶ月後
グローバルキャスト最大66,000円CB最大45,000円CB4,153円2,818円×最短翌月・4ヶ月後
NNコミュニケーションズ最大66,000円CB最大66,000円CB4,153円1,943円最短7ヶ月後
So-net最大70,000円CB最大70,000円CB3,961円2,796円×最短10ヶ月後

ここからは、以上の表で紹介した

といった5つの窓口のおすすめポイントなどを深掘りしていきます。

NEXT:キャッシュバック受け取りが最短1ヶ月の窓口

NEXTは、auひかりと契約ができる窓口の中でも、キャッシュバックを早く受け取ることができる窓口になります。

多くの窓口は契約から半年後・1年後といったように、キャッシュバックを受け取るまでに長い時間を要します。

さらには、キャッシュバックを受け取るには個人で手続きを行わないといけない窓口もあるため、時間が空くことでキャッシュバックの受け取りを忘れる方が多いのです。

しかし、NEXTはauひかりと契約から最短で1ヶ月後には振り込まれ、手続き自体も契約時に口座番号を伝えるだけですので、非常に簡単となっています。

キャッシュバック額は、auひかり電話と合わせて契約することで最大52,00円受け取ることができるほか、ネットのみの契約でも45,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。

フルコミット:不要なオプション契約をしたくない方におすすめの窓口

フルコミットは不要なオプションなどを契約したくない方におすすめの窓口です。

なぜなら、フルコミットは有料オプションに加入せずとも、最大で50,000円のキャッシュバックを受け取ることができるからです。

auひかり電話と合わせて契約することで、最大63,000円のキャッシュバックを受け取ることが可能ですが、契約せずとも先ほど紹介したNEXTとほとんど変わらないキャッシュバック額を受け取ることができます。

また、フルコミットは他社からの乗り換えキャンペーンも行なっており

「解約金が高くて乗り換えるか迷う」

といった方に最大55,000円まで違約金を補償してくれるため、高額な違約金を心配することなく乗り換えることが可能です。

〜補足〜
フルコミットではauひかり公式サイトのキャンペーンと併用することができます。その結果、最大で131,000円もの高額なキャッシュバックを受け取ることが可能です。

グローバルキャスト:キャッシュバックの受け取り条件が厳しい窓口

グローバルキャストはauひかりの窓口の中でもキャッシュバックの受け取り条件が厳しいです。

なぜなら、グローバルキャストでキャッシュバックを受け取るためには合計で8つのオプションに加入しないといけないからです。

加入必須のオプションが次のとおりになります。

・auひかり電話:550円
・カスペルスキー:550円
・安心サポート:550円
・えらべる倶楽部:550円
・インターネットサギウォール:330円
・住まいと暮らしの相談:495円
・らくらくバックアップ:550

※auひかり電話と住まいと暮らしの相談・らくらくバックアップ以外は12ヶ月間無料のオプションになります。

この条件にプラスして24ヶ月間オプションを利用しないといけないため、かなりキャッシュバック受け取り条件が厳しいです。

また、紹介したオプションを2年間利用するとなると、オプション料だけで60,000円を超えるため、最大66,000円のキャッシュバックの良さが薄れてしまうことが確実になります。

NNコミュニケーションズ:最も信頼度の高いおすすめの窓口

NNコミュニケーションズは、auひかりの窓口の中で最も信頼度の高いおすすめの窓口です。

というのも、NNコミュニケーションズは確実に受け取ることができるキャッシュバック額をしっかりと公開しているからです。

高額のキャッシュバックを公開している窓口で契約をしてみると

「受け取り条件が厳しくて満額もらえない」

といった悪質なケースが多くあります。

しかし、NNコミュニケーションズでは、契約をすると必ず60,000円のキャッシュバックを受け取れるほかauひかり電話と合わせて契約することで、66,000円のキャッシュバックを受け取ることが可能です。

また、NNコミュニケーションズは、KDDIから12期連続で表彰されている唯一の代理店ですので、どこの代理店よりも信頼度の高いことは間違いありません。

So-net:実質月額料金が安くなる窓口

So-netは、実質月額料金が安くなる窓口になります。

というのも、auひかり窓口の実質月額料金の相場が3,900〜4,200円のところ、So-netは3,961円で利用することが可能です。

ちなみに、auひかり窓口のなかでも実質月額料金が高いフルコミットと比較すると、2年間で6,600円もSo-netの方が安くてお得という結果になります。

So-netには、もう1つの特徴があり、auひかり電話が5年間無料で利用が可能です。

auひかり電話の月額料金が550円ですので、2年間にすると13,200円お得にauひかり電話オプションを利用することができます。

【5ステップ】auひかりに申し込むには?代理店から申し込みたいときはこの流れ

auひかりを契約するにあたって失敗しない窓口の選び方に触れたところで

「代理店から申し込む場合はどのするの?」

といった疑問に分かり安くお答えしていきます。

窓口からの申し込み手順は大きく次の5つのステップに分けることができます。

STEP①:専用ページから申し込む

まず前提として「auひかり 申し込み」とネットで検索をかけても様々なauひかり窓口の申し込みサイトが表示されてしまいます。

ですので、申し込みたい窓口が決まっているいるのであれば「auひかり NEXT 申し込み」といったように窓口名を検索欄に入力することで、間違えることなく申し込むことが可能です。

申し込みの専用ページを開くと

・提供エリアの確認
・プランの選択
・個人情報の入力

などといった情報の入力を行わないといけません。

申し込みページの内容入力は5〜10分ほどで完結するので、手間なく申し込むことができます。

〜補足〜
個人情報の入力の際は、免許証やクレジットカードなどをあらかじめ準備しておくことで、スムーズに申し込むことが可能です。

STEP②:工事日程を調整する

auひかり窓口の申し込み専用ページの入力を終えると、2〜3日後に窓口の方から連絡があり、そこで工事日程の調節を行います。

しのまる
しのまる

回線工事は基本的に立ち合いになりますので、時間を気にせずに立ち会える日程を調節しましょう。

また、工事日程の調節連絡と合わせて希望のプロバイダを聞かれるため

・So-net
・@nifty
・@T COM
・ASAHIネット
・BIGLOBE
・DTI

といった以上6つの中から選ばないといけません。

この6つのプロバイダの中でも、So-netをおすすめします。なぜなら、通信速度の速さに定評があるからです。

利用者の口コミをみても、So-netの通信速度は速いことがわかります。

STEP③:開通工事をする

開通工事にかかる所要時間は、戸建て・マンションいずれも1〜2時間程度で終します。

戸建ての回線工事はスムーズに行えるのですが、マンションの回線工事となると電柱から建物までに光ファイバーケーブルが伸びていない場合、屋外の工事も必要となります。

しのまる
しのまる

したがって、再度工事が必要になるか・工事にかかる所要時間が伸びてしまう可能性が高いです。

マンションでauひかりの利用を検討しているのであれば、回線工事の手間を増やさないためにもマンションの管理会社にあらかじめ”光ファイバーケーブルが伸びているか”といった確認が重要になります。

STEP④:機器の初期設定をする

インターネットを利用するにあたって、ルータなどの機器が必要になります。

その機器などは工事の2日前まで届くので、回線工事までに初期設定を済ませておくとがおすすめです。

初期設定を終え、回線工事も終えるとインターネットが開通します。

STEP⑤:代理店からキャッシュバックを受け取る

開通工事を終え、問題なくインターネットを利用することができる確認が取れたら、キャッシュバックの受け取り申請を行いましょう。

契約後、窓口の方からキャッシュバックの連絡を行うところもありますが、多く場合は個人で申請を行わなければなりません。

手続き自体はキャッシュバックを受け取る際に振り込まれる口座番号などを伝えるだけですので、3〜5分ほどで終了です。

auひかりの料金に関するよくある質問は?

「auひかりの利用者が寄せる質問はどのようなものが多い?」

しのまる
しのまる

auひかりの利用者からは利用料金に関する質問が多いです。

そこでこちらでは、auひかりの料金に関する質問にお答えしてきます。

多く寄せられる質問が次の3つです。

auひかりの料金が高くなったと感じたときにやるべきことは?

auひかりの料金が高くなったと感じた時、次のやることリストを参考にして下さい。

・不要なオプションに加入していないか
・支払い方法はクレジットカードを選択しているか

以上のやることリストは、今すぐにでも確認できることですので、無駄な費用を支払わないよう早急に確認することをおすすめします。

auひかりの評判や口コミはどんな感じ?

auひかりの評判や口コミを良いです。なかでも通信速度に定評があります。

・auひかり:469.8Mbps
・ドコモ光:274.4Mbps
・ソフトバンク光:314.5Mbps

以上の数値は大手スマホキャリアが運営する光回線の実測値になりますが、auひかりが最も速いことがわかります。

実際にSNSの口コミをご覧下さい。

以上の口コミから、インターネットを利用する上で十分な通信速度が出ていることがわかります。

auひかりの料金確認は専用アプリでしかできない?

auひかりの料金確認をする方法は

・WEB
・スマホアプリ

といった2種類に分けられます。

したがって、確認方法は専用アプリ以外にもあるのです。

とはいえ、auひかりの専用アプリでは、WEB確認のように毎度ログインパスワードを入力する必要がないため、手間をかけることなく確認することができます。

まとめ:auひかりの料金形態は他社と変わらない|auユーザーにおすすめの光回線

auひかりと他社の光回線の料金形態やサービス内容は大きく変わることはありません。

しかし、光回線独自の割引特典やキャッシュバックを適用することで光回線をよりお得に利用することが可能です。

例えば、auひかりであればauユーザーであればスマホ1台につき1,100円の割引が適用されるため、4人家族であれば最大4,400円スマホ代が安くなります。

このようなサービスは、ドコモ光やソフトバンク光・NURO光などといった様々な光回線が展開しているため、自分が利用しているスマホキャリアをもとに光回線を選ぶことがおすすめです。

このことから、auひかりはauユーザーにおすすめの光回線といえます。