光回線

戸建てで安い光回線はどこ? おすすめ7社をランキング形式で紹介

光回線を契約するにあたって、料金の安さを重視する人は多いです。しかし、実際にどの部分に注目すればよいか悩む人もいるのではないでしょうか。

結論として、実質料金に注目して光回線を選べば、契約で失敗するリスクを軽減できます。

この記事では、料金の安い戸建て向け光回線をランキング形式でまとめました。最後までお読みいただければ、必ず自分に合った光回線が見つかるはずです。

光回線選びに悩んでいるなら、ぜひ参考にしてください。

【この記事でわかること】
・戸建てで安い光回線を選ぶときのポイント
・戸建て向けの安い光回線ランキング
・戸建て向け光回線を安く利用するためのポイント
・戸建て向け光回線の申し込み~開通までの流れ
・戸建て向け光回線ランキングのよくある質問

↓当サイトおすすめの光回線3選↓

サービス名NURO光

NURO光 ロゴ

Softbank光

ソフトバンク光表用画像

フレッツ光

フレッツ光 ロゴ

月額料金5,200円(税込)5,170円(税込)5,940円(税込)+プロバイダ料金
実質料金
(3年間)
136,560円(税込)186,120円(税込)213,840円(税込)+プロバイダ料金
キャンペーン1年間月額980円
※3年契約の場合
工事費相当額割引特になし
  1. 戸建てで安い光回線ランキングを見るまえに | 光回線の選び方を解説
    1. 自分の住んでいる場所が対象エリアか確認する
    2. 通信速度が速い・安定している光回線か確認する
    3. 月額料金だけではなく、実質料金を確認する
    4. 困った時のサポートが利用しやすいか確認する
  2. 戸建てで安い光回線はどこ? おすすめ7社ランキング
    1. NURO光:最大2Gbpsに対応
    2. biglobe光:IPv6接続を利用できる
    3. Softbank光:Softbankユーザーがお得
    4. コミュファ光:東海地方のユーザーにおすすめ
    5. auひかり:他の回線より混雑の影響を受けにくい
    6. ドコモ光:プロバイダの選択肢が豊富
    7. フレッツ光:通信が安定している
  3. より安く戸建てで光回線を利用するためのポイント
    1. キャッシュバックなどのキャンペーンを利用する
    2. スマホセット割のある光回線を選ぶ
    3. 工事費が無料になる光回線を選ぶ
    4. 不要なオプションは解除する
    5. 解約違約金がかかる条件を確認する
  4. 戸建てで安い光回線を契約する際の注意点
    1. 対象エリア外・工事ができない場合がある
    2. 申し込んでから開通まで時間がかかることがある
    3. 工事は基本的に立ち会いが必要
  5. 戸建てで安い光回線を申し込んでから開通までの流れ
    1. Webサイト・キャンペーンページから申し込みをする
    2. 工事日程を調整する
    3. 開通工事に立ち会う
    4. 初期設定して利用を開始する
  6. 戸建てで安い光回線ランキングについてよくある質問
    1. NURO光は開通までに時間がかかるって本当?
    2. NURO光の対象エリアの調べ方は?
    3. 他社からの乗り換えの違約金を負担してくれるキャンペーンが存在する?
  7. まとめ:実質料金に注目して光回線をお得に利用しよう

戸建てで安い光回線ランキングを見るまえに | 光回線の選び方を解説

選択のイメージ

戸建てで利用できる光回線を検討するのであれば、以下4つのポイントに注目してみましょう。

しーく
しーく

上記のポイントを知っていれば、自分に合った光回線が必ず見つかります。

自分の住んでいる場所が対象エリアか確認する

光回線を利用するなら、まずは自分の住んでいる場所が対象エリアかを確認しなければなりません。というのも、光回線によっては一部地域のみがサービス提供エリアとなっているためです。

また、日本全国に対応していたとしても、詳細エリアではサービス対象外となっている可能性もあります。契約前後のトラブルにつながらないよう、対象エリアかどうかは事前に確認しておきましょう。

しーく
しーく

申し込み後に対象エリア外が発覚すると、開通までの時間が無駄にかかってしまいます。

通信速度が速い・安定している光回線か確認する

光回線とひとまとめにしても、サービスによって速度や安定性は大きく異なります。通信品質を重視するなら、安定性や速度に関する口コミは必ずチェックしましょう。

また、「地域名+光回線+速度」のように検索すれば、自分と同じ環境で利用している人の口コミ・評判が数多く見つかります。

通信品質はエリアによっても異なるため、地域名を入れた検索を有効活用してみましょう。

しーく
しーく

実際に契約してみるまで、確実な速度や安定性がわからないのは仕方ありません。

月額料金だけではなく、実質料金を確認する

光回線を選ぶとき、月額料金はもちろん実質料金を必ず確認しましょう。実質料金とは、以下のような割引を差し引いて計算した料金のことを言います。

・キャッシュバック
・月額料金割引

たとえば月額料金が少し高くても、キャッシュバックが高額であれば実質料金は安くなるでしょう。この点を計算し忘れて、損してしまう人は意外に多いです。

しーく
しーく

少しでもお得に契約できるよう、実質料金は見落とさないようにしましょう。

困った時のサポートが利用しやすいか確認する

困った時のサポートが利用しやすいかどうかも、光回線を選ぶ際の重要なポイントです。特に光回線の接続や設定に不安があるなら、意識しておいて損はないでしょう。

サポートを比較するポイントは、電話の繋がりやすさや対応時間・オペレーターの質などがあげられます。

サポートの評判が悪い光回線は一定数存在するため、一つの比較ポイントとしてしっかりと意識しておきましょう。

しーく
しーく

なかなかサポートが利用できないと、契約時や解約時などの手続きもスムーズに進みません。

戸建てで安い光回線はどこ? おすすめ7社ランキング

ランキングのイメージ

戸建てで光回線を契約するにあたって、安さを重視する人は多いです。ここでは戸建てで契約するのにおすすめの光回線として、以下の7社を見ていきましょう。

サービス名NURO光

NURO光 ロゴ

biglobe光

ビッグローブ光表用画像

Softbank光

ソフトバンク光表用画像

コミュファ光

コミュファ光 ロゴ

auひかり

ドコモ光

フレッツ光

フレッツ光 ロゴ

月額料金5,200円(税込)5,478円(税込)5,170円(税込)5,720円(税込)5,610円(税込)5,720円 or 5,940円(税込)
※プロバイダによって異なる
5,940円(税込)+プロバイダ料金
実質料金
(3年間)
136,560円(税込)157,208円(税込)186,120円(税込)186,120円(税込)191,960円(税込)195,920円 or 203,840円(税込)
※プロバイダによって異なる
213,840円(税込)+プロバイダ料金
キャンペーン1年間月額980円
※3年契約の場合
40,000円キャッシュバック工事費相当額割引コミュファスタート割適用で550円割引au one net「ネット+電話」に新規同時で10,000円キャッシュバック新規契約でdポイント10,000pt付与特になし
契約期間3年間3年間5年間2年間3年間2年間2年間
解約違約金3,850円(税込)4,230円(税込)最大16,500円(税込)最大20,570円(税込)最大16,500円(税込)最大14,300円(税込)最大10,450円(税込)

上記の比較表をもとに、ここからは各光回線の特徴や詳細を解説します。

NURO光:最大2Gbpsに対応

引用:NURO光公式サイト

月額料金5,200円(税込)
実質料金
(3年間)
136,560円(税込)
キャンペーン1年間月額980円
※3年契約の場合
契約期間3年間
解約違約金3,850円(税込)

NURO光は、戸建て向け光回線の中でも高速通信を提供していることで有名です。通常プランが2Gbpsに対応している光回線はなく、通信速度を優先する人におすすめのサービスといえるでしょう。

料金についても非常にシンプルで、5,200円(税込)のプランのみを提供しています。また、3年契約の場合は1年間月額980円(税込)で利用できるため、料金を節約したい人にもおすすめです。

今回紹介しているサービスの中では実質料金も安く、速度・料金をどちらも両立させたいなら、ぜひ利用を検討してみてください。

しーく
しーく

工事に時間がかかる点が唯一のネックです。

biglobe光:IPv6接続を利用できる

引用:biglobe光公式サイト

月額料金5,478円(税込)
実質料金
(3年間)
157,208円(税込)
キャンペーン40,000円キャッシュバック
契約期間3年間
解約違約金4,230円(税込)

biglobe光は、IPv6接続を利用できる光回線です。IPv6接続が利用できれば通信速度が安定しやすいため、通信品質を重視する人におすすめの光回線といえるでしょう。

キャンペーンで40,000円キャッシュバックを提供していることもあり、実質料金も安い部類に入ります。

加えて大手プロバイダの安心感もあるため、信頼できる光回線を探しているなら契約を検討してみてください。

しーく
しーく

キャッシュバック重視の人におすすめの光回線とも言えます。

Softbank光:Softbankユーザーがお得

引用:Softbank光公式サイト

月額料金5,170円(税込)
実質料金
(3年間)
186,120円(税込)
キャンペーン工事費相当額割引
契約期間5年間
解約違約金最大16,500円(税込)

Softbank光は、携帯キャリアの一つであるSoftbankが提供している光回線です。Softbankユーザーであればスマホセット割が適用できる点はお得なポイントといえるでしょう。

契約期間は5年間と長期になっていますが、その分月額料金が抑えられているのはメリットの一つです。

なお、解約時の違約金は契約した時期によって異なるものの、他の光回線より高めに設定されている点は注意しましょう。

しーく
しーく

短期間の契約を考えているなら、他社利用を検討してみてもいいかもしれません。

コミュファ光:東海地方のユーザーにおすすめ

引用:コミュファ光公式サイト

月額料金5,720円(税込)
実質料金
(3年間)
186,120円(税込)
キャンペーンコミュファスタート割適用で550円割引
契約期間2年間
解約違約金最大20,570円(税込)

コミュファ光は東海地方をメインに展開している光回線です。東海地方ユーザーからは非常に評判がよく、光回線選びに悩んだら契約しておいて間違いないでしょう。

キャンペーンでコミュファスタート割適用させれば、5,720円(税込)から550円の割引が適用されるのも魅力です。なお、割引に関しては無制限の期間となっています。

エリアが限られているのはネックですが、条件さえ合えば非常にお得な光回線の一つです。

しーく
しーく

auのスマホセット割に対応しているのも特徴といえます。

auひかり:他の回線より混雑の影響を受けにくい

auひかり公式ロゴ

引用:auひかり公式サイト

月額料金5,610円(税込)
実質料金
(3年間)
191,960円(税込)
キャンペーンau one net「ネット+電話」に新規同時で10,000円キャッシュバック
契約期間3年間
解約違約金最大16,500円(税込)

auひかりはコラボ光ではなく、独自の回線でサービスを提供している光回線です。そのため、他の光回線よりも混雑・時間帯の影響を受けません。

混雑の影響があまり関係なければ、その分快適に利用できる時間帯は多いといえるでしょう。結果として通信速度や品質を重視する人にうってつけといえます。

ただし、現時点で何か光回線を使っている場合は、転用での手続きができません。工事の手間がかかる点はあらかじめ理解して申し込みを検討しましょう。

しーく
しーく

auユーザーなら、スマホセット割を適用できます。

ドコモ光:プロバイダの選択肢が豊富

ドコモ光 ロゴ

引用:ドコモ光公式サイト

月額料金5,720円 or 5,940円(税込)
※プロバイダによって異なる
実質料金
(3年間)
195,920円 or 203,840円(税込)
※プロバイダによって異なる
キャンペーン新規契約でdポイント10,000pt付与
契約期間2年間
解約違約金最大14,300円(税込)

ドコモ光は、全24種類のプロバイダから好みの契約先を選べる光回線です。具体的なプロバイダは、以下のようになっています。

タイプAタイプB
GMOとくとくBB・BIGLOBE・ドコモnet・Tigers-net.com・plala・DTI・andline・BB.excite・エディオンネット・@nifty・SYNAPSE・ic-net・楽天ブロードバンド・hi-ho・ネスク・TiKiTiKi・SISTNC・OCN・@TCOM・AsahiNet・WAKWAK・ちゃんぷるネット

プロバイダの選択肢が幅広ければ、その分自分に合った契約をしやすいのは魅力です。まずは自分が利用したいプロバイダが上記に含まれているか、一度確認してみましょう。

なお、タイプBの料金の方が200円高く設定されている点には注意が必要です。

しーく
しーく

特にプロバイダにこだわりがないなら、タイプAの中から好みのプロバイダを選びましょう。

フレッツ光:通信が安定している

フレッツ光

引用:フレッツ光公式サイト

月額料金5,940円(税込)+プロバイダ料金
実質料金
(3年間)
213,840円(税込)+プロバイダ料金
キャンペーン特になし
契約期間2年間
解約違約金最大10,450円(税込)

フレッツ光は、光回線の中でも安定していると評判です。というのも、フレッツ光はコラボ光の大元回線となっており、光回線の元祖となっています。

料金の面で見れば他のサービスよりも高く、プロバイダ料金が別途かかるのはデメリットです。しかしその分、速度や安定性が保証されるのはメリットといえるでしょう。

料金の安さよりも安定性・快適性を求めるのであれば、フレッツ光での契約を検討してみてください。

しーく
しーく

プロバイダ料金は1,000円前後となっています。

より安く戸建てで光回線を利用するためのポイント

チェックリスト

戸建てでの光回線をとにかく安く利用したいなら、以下5つのポイントを重視してみましょう。

しーく
しーく

せっかく利用するなら、少しでも安くなるに越したことはありません。

キャッシュバックなどのキャンペーンを利用する

戸建て向け光回線を安く利用したいなら、キャッシュバックや月額料金割引などのキャンペーンを有効活用しましょう。当然ですが、利用しないで契約するよりも圧倒的にお得です。

また、キャンペーンの内容は各社異なるだけでなく、時期によっても変わります。キャンペーンの内容を随時チェックしておけば、最もお得なタイミングで光回線を契約できるでしょう。

しーく
しーく

基本的に、キャンペーンなしで契約するのはもったいないです。

スマホセット割のある光回線を選ぶ

スマホセット割が適用できる光回線を選べば、その分月々の通信費を節約できます。なお、スマホセット割はスマートフォン側の料金が割り引かれるため、光回線の料金がそのままになることは覚えておきましょう。

スマホセット割は1台あたり1,100円(税込)であることが多く、スマートフォンのプランによって割引額は変動します。

台数や適用条件についても各社基準が設けられているため、利用前に一度確認しておきましょう。

しーく
しーく

なお、スマホセット割が適用できるのは大手キャリアがほとんどです。

工事費が無料になる光回線を選ぶ

光回線を導入する場合、数万円の工事費が発生するケースが大半です。少しでも料金を安くしたいなら、工事費が無料になる光回線を選ぶのが良いといえるでしょう。

なお、工事費については実質無料と完全無料の2種類に分かれます。実質無料の場合は、指定の契約期間を使い切ることで工事費が相殺され、途中解約時は工事費残債を負担しなければなりません。

自分が損しないためにも、実質無料と完全無料のどちらになっているかは必ず確認しておきましょう。

しーく
しーく

工事費に関しては、ほとんどの光回線が実質無料で提供しています。

不要なオプションは解除する

料金を気にするのであれば、不要なオプションは必ず解除しましょう。月に数百円だとしても、無駄な出費であることには変わりません。

キャンペーンを適用するためにオプションを契約して、そのままになってしまっている人は多いです。そのため、まずは自分の契約内容がどうなっているか確認する必要があります。

契約している光回線のマイページへアクセスしたり、契約内容の書類を確認したりすることですぐにわかるため、一度確認してみましょう。

しーく
しーく

仮に500円のオプションだったとしても、年間では6,000円の出費です。

解約違約金がかかる条件を確認する

解約違約金の条件についても、光回線の料金を安くするうえで確認しておくべきポイントです。解約違約金の条件を確認せずに契約・解約すると、それだけで数万円の負担が増えてしまいます。

一般的には契約期間を満たさずに解約した場合、違約金が発生する光回線がほとんどです。

中には契約年数によって違約金が変動する光回線もあるため、条件については必ず確認してから契約を進めましょう。

しーく
しーく

違約金だけでなく、設備撤去費もチェックしてみてください。

戸建てで安い光回線を契約する際の注意点

warning

戸建て契約で光回線を安く契約するなら、以下3つのポイントには注意しましょう。

しーく
しーく

契約前後のトラブルを防ぐためにも、覚えておきたいポイントばかりです。

対象エリア外・工事ができない場合がある

光回線を利用するとき、対象エリア外だと間違いなく契約はできません。加えて、エリア内だったとしても、工事できない場合があることは覚えておきましょう。

具体的には、以下のような場合に工事できないことがあります。

・近くの電柱に光回線の設備が来ていない
・建物に他のインターネット回線設備が入ってしまっている

状況によっては光回線の導入自体が難しいこともあるため、その場合は他の方法でインターネットの導入を検討しましょう。

しーく
しーく

ホームルーターやポケット型Wi-Fiなどがあげられます。

申し込んでから開通まで時間がかかることがある

基本的に、光回線は申し込みから開通までにある程度の時間が必要です。早くても2~3週間、平均すると1か月前後は利用開始までの時間がかかることを覚えておきましょう。

新規で光回線を申し込む場合は特に注意が必要で、実際に利用開始したい時期から逆算して申し込まなければなりません。

ギリギリで申し込むとインターネットが利用できない期間が発生します。自分が困ってしまうため、余裕をもって申し込むように心がけましょう。

しーく
しーく

1か月半前から申し込みを進めておけば間違いありません。

工事は基本的に立ち会いが必要

光回線を申し込む場合、開通の際には工事が発生します。この工事について、基本的に立ち会いが必要になる点は注意しなければなりません。

工事は1時間程度で完結することがほとんどです。立ち会いについても、必ず契約者が立ち会う必要はありません。

ただし、土日祝日の工事の場合は追加料金が発生します。少しでも料金を抑えたいなら、平日の立ち合いで時間確保するようにしましょう。

しーく
しーく

ごく稀に立ち会いなしの工事で完結する場合があります。

戸建てで安い光回線を申し込んでから開通までの流れ

申し込みのイメージ

料金の安い戸建ての光回線を申し込んだ場合、開通までは以下の流れで進んでいきます。

しーく
しーく

開通までの流れを把握して、スムーズな手続きを心がけましょう。

Webサイト・キャンペーンページから申し込みをする

まずは申し込みを希望するWebサイト・キャンペーンページにアクセスしましょう。アクセス後は申し込みフォームで、契約者情報やプランなどを入力します。

すべての入力が終わったら、申込内容を確認しましょう。問題がなければ、光回線の申し込み手続きは完了です。

しーく
しーく

なお、このタイミングでは工事日が確定しません。

工事日程を調整する

申し込み手続きが完了すると、数日以内に担当者から工事日程の調整連絡が来ます。このタイミングで工事日を決めると、後は特別な手続きを必要としません。

なお、工事日程は2~3日の候補日を用意しておきましょう。必ずしも第一希望の日程で調整できるとは限りません。

しーく
しーく

万が一ここで決めた工事日の都合が悪くなったら、早めにサポートセンターへ連絡しましょう。

開通工事に立ち会う

工事日を迎えたら、実際に開通工事への立ち会いが必要になります。開通工事は1~2時間程度となるため、当日は余裕をもって時間を確保しておきましょう。

開通工事は自宅に工事業者が立ち入ります。外壁工事だけでは完結しないため、この点もあらかじめ覚えておきましょう。

しーく
しーく

開通工事の内容によっては、壁への穴あけが発生する場合もあります。

初期設定して利用を開始する

開通工事が終わったら、インターネットの初期設定を実施します。パソコンやスマートフォンなど、接続設定を完了させましょう。

初期設定は画面の指示に従って進めれば問題ありません。

しーく
しーく

設定が不安な人は、光回線事業者が提供しているサポートを利用するのもおすすめです。

戸建てで安い光回線ランキングについてよくある質問

Question

戸建てで安い光回線ランキングについて調べていくと、以下の疑問を抱いたユーザーが多く見られました。

しーく
しーく

契約を考えているなら、あらかじめ各疑問を解消しておきましょう。

NURO光は開通までに時間がかかるって本当?

結論として、NURO光は他の光回線と比べて開通まで時間がかかります。というのも、宅内工事のほかに外壁への設備工事が必要になるためです。

工事は2回に分けて実施されるため、その分時間がかかることを覚えておきましょう。

しーく
しーく

申し込み状況によっては、2か月以上の期間が必要になります。

NURO光の対象エリアの調べ方は?

NURO光の対象エリアは、NURO光の公式ページから検索可能です。

郵便番号・住所・住居タイプを入力すれば簡単に調べられるため、一度確認してみるのが良いでしょう。

しーく
しーく

エリア検索だけなら、当然申し込みにはなりません。

他社からの乗り換えの違約金を負担してくれるキャンペーンが存在する?

光回線事業者の多くは、他社で発生した違約金を負担するキャンペーンを実施しています。上限は設けられていますが、基本的に違約金すべてを賄えないことはありません。

違約金がネックになって乗り換えを見送っているなら、違約金負担してくれる光回線事業者での申し込みを進めましょう。

しーく
しーく

違約金を負担してもらう場合は、解約時の料金がわかる明細が必要です。

まとめ:実質料金に注目して光回線をお得に利用しよう

今回は、戸建てで安く利用できる光回線をランキング形式で紹介しました。結論、光回線を選ぶときは「実質料金」に注目して契約を検討しましょう。

もちろん料金以外にも、通信速度や安定性、サポートの質などはチェックすべき項目です。まずは自分が重視するポイントを整理すれば、より自分に合ったサービスが見つかるでしょう。

この記事で紹介した内容をもとに、料金が安くてお得な光回線を見つけてください。